JICKY のブログ

フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 花を求めて蕨山へ | トップページ | 五輪山東尾根 »

2024年4月21日 (日)

早春の溪でヤマメと遊ぶ

今年の初釣行に行って来た。

釣り場に行く前に釣り券を購入。
今年から遊漁料が値上がりして、渓流の年券は9000円になっていた。
日釣り券は2500円、現場売りに至っては5000円というふざけた価格設定である。

秩父漁協は燃料代などの経費の高騰と説明していたが、この値上げははっきり言って愚策である。
値段が高くなれば券を買わずに釣りをする人が増えるだけだ。
その対策で現場売りを高くしたのだろうが、2500円をケチる人がいきなり釣り場で5000円払え、と言われて素直に払うとは思えない。
去年までの3000円だって文句言う人がいたのに、トラブルになる事間違いなしである。
監視員もたかが数千円の手数料のために、そんな面倒な事をしたくないはずだ。

私が行く沢などは漁協の放流がされてないし、監視員なんか20年近く会ったことが無い。
正直買うかどうか少し迷ったが、私は基本的に「悪法と言えども法なり」というスタンスである。
遊びに行くのにコソコソするのは嫌だ、釣りくらい大手を振って楽しみたいと思う。


朝から少々嫌な気分になってしまったが、気を取り直して釣り場へ。
今回はヤマメの沢に入る。
30分ほどの歩きで入渓点へ。

沢装備に履き替えて釣り開始。
芽吹き始めた山にミソサザイの囀りが響く。
今年もやっとこの季節がやってきた。
Dscf7232

久しぶりの竿の感触を確かめながら沢を歩くと、最初のトロ場で5センチくらいのチビヤマメがワラワラと散ってゆく。
今年は魚影が濃くなったかも?

今年最初の1匹は5寸くらいのチビ。とりあえずボウズは回避。
Dscf7241
 
その後も反応は良く、6~7寸が飽きない程度に釣れる。
これは結構良い型。
Dscf7249
 
奥の白泡の下から毛鉤を追ってきて、咥えて反転するまでしっかり見えた。
こういう一匹は価値が違う。
Dscf7251
 
このポイントでここでは珍しいイワナが出た。
Dscf7252
岩の上から竿を出していたので、下に降りて取り込もうとモタモタしていたらバレてしまった。
まだ足が沢に慣れていなくて、動作がぎこちない。
 
今日は型は出ないけど、数はそこそこ釣れた。
Dscf7255
 
これが一番大きかったかな?それでも7寸ちょっと。
Dscf7266
 
最後は流れが細くなって、チビばかりになる。
Dscf7279
脱溪点まで沢筋の花を愛でながら歩く。

 
チャルメルソウ
Dscf7285
 
ニッコウネコノメかな?
Dscf7228
 
ヒトリシズカ
Dscf7230
 
キブシ
Dscf7288

春の沢歩きを満喫した一日だった。

« 花を求めて蕨山へ | トップページ | 五輪山東尾根 »

釣り」カテゴリの記事

沢登り」カテゴリの記事

コメント

二年前に訪れた青森県東通村では、日券500円、年券1500円でした。こんなんで釣れるのかと思いましたが、小さいながらイワナの顔を見ることができました。秩父はどうなってるんでしょう。

安谷さん
本当に秩父漁協はどうかしてますね。
すぐに釣りきられてしまうような場所に放流して、その後はさっぱりという川で釣るのに釣り堀並みの入漁料って、釣り人を馬鹿にしてます。
成魚放流なんか止めて、発眼卵の放流と産卵床の整備だけしてくれればいいのにと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 花を求めて蕨山へ | トップページ | 五輪山東尾根 »

最近のトラックバック