JICKY のブログ

フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

« 吾野の低山を徘徊 | トップページ | 雪の丸山へ »

2024年2月 4日 (日)

天地山

奥多摩のマイナールートを歩いてきた。
江戸小屋尾根を登り、天地山経由で下った。

ルート図


登計の奥多摩町総合運動公園に車を停め、奥多摩病院まで車道を歩く。
薄着で歩き出したら震えが止まらないくらい寒い!

病院の横の道を登り、墓地の中を登ると明確な踏み跡があり、これを登ってゆく。
Img_8661
白いスズランテープがやたらと付けられていた。
何だろう?

若い木が多いと思ったらドコモが植林したらしい。
Img_8663

100mほど登ると林道に出て
Img_8664

左に回り込んだこの梯子から尾根に取りつく。 
Img_8665

そこからは急な尾根の直登、かなりキツい。
Img_8668
 
いつもの事だが、計画段階だと等高線の間隔を錯覚してしまうようだ。
現地で「あれ?こんなに登りキツかったっけ?」と地図を確認して後悔するという事を繰り返している。
Img_8666
 
400mほど登った所でようやく傾斜が緩み、今日初めての展望。
奥多摩湖の奥に大菩薩から黒川鶏冠山の山並みが見えた。
Img_8670
 
すぐに九竜山。
Img_8671
 
その先は緩いアップダウンで快適な尾根道。
右側が伐採された所で御前山が見えた。
Img_8674
あれ?このルート初めてのはずだけど、この角度からの御前山は既視感があるな?

と、下の栃寄の集落を見て思い出した。
Img_8675
一昨年、あそこに車を置いて山ビコ尾根からここを登ったのだった。
すっかり忘れていた。。

江戸小屋山。
2年前にはこの山名版は無かったので、最近掛け替えられたのだろう。
先ほどの九竜山も「九重山」という古い山名版だったと思う。 
Img_8676
 
950mを過ぎた辺りでこのトラバース道に入る。
前回「何だこの道?」と思ったのだった。
Img_8679
 
思ったよりちゃんとした道。
この道は途中から下の遊歩道に下ってしまうが、上に続く踏み跡を追って
Img_8680
 
登山道に出た。鞘口山を巻けたのでずいぶん楽が出来た。
Img_8681

しばらくは一般道歩き。
鋸山の山頂はパスして奥多摩駅方面に下り、最初のコルから天地山の尾根に乗り換える。

下ってゆくと天地山が見えてきた。
奥多摩の町から見てもとんがり帽子の様な山だが、ここからだとさらに鋭鋒に見える。
Img_8684
 
山頂への登りは岩場が続く。
ずっとロープが張られており、ホールドが多いのでさほど怖くは無い。
Img_8685
 
山頂に到着。
Img_8686

都県境の山々が望めた。右端の三ツドッケが目立つ。
Img_8687

下りは平和な尾根で 
Img_8689
 
無事に林道に降りた。
Img_8690
 
ここからの車道歩きが長かった。

« 吾野の低山を徘徊 | トップページ | 雪の丸山へ »

トレッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 吾野の低山を徘徊 | トップページ | 雪の丸山へ »