JICKY のブログ

フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »

2024年1月

2024年1月15日 (月)

吾野の低山を徘徊

タイトルの通り、吾野の低山を彷徨ってきた。

ルート図

今年初めての山歩きは、干支にちなんで龍のつく山に登ろうと考えた。
真っ先に思い付いたのは奥秩父の飛龍山だけど、日帰りはかなりキツいし、あそこまで行って日帰りは勿体ない。
・・などと考えているうちに時間が経ってしまった。

とっくに松も明けてもう新年という感じではなくなってしまったが、
手近な奥武蔵にも龍崖山という山があるので、その辺でお茶を濁すことにした。

ちなみに飯能にも同じ名前の山があって、そちらの方が一般的なようだ。
その他にも龍谷山とか竜ヶ谷山とか、この辺には同じような名前の山が多い。
これは山城の要害から転訛したらしい。

今日は行程もさほどではないので、ゆっくり家を出て9時過ぎに吾野駅に到着。
駅から道に降りる急階段が昨夜の雪で凍結していて気を使った。

道からちょっと入った白髭神社にお参りして山に入る。
Img_8616
 
線路をくぐり、作業場のようなプレハブの建物の裏から藪っぽい踏み跡を登る。
Img_8617
 
すぐに愛宕山という平地に出る。
ここは館の跡地だったようで、大岩の裏に小さな祠が祀られている。
Img_8618
 
さらに踏み跡を追って急斜面を登ると
Img_8619
 
龍崖山に到着。
Img_8622
一応今日の目的地なのだが、ここだけで帰るのは馬鹿馬鹿しいので、近くのマイナーな山をいくつか回ってみる。
 
山頂から踏み跡を追って西に下った鞍部から、東南に広がる窪を下ると
Img_8623
 
荒れた道が続いていた。
Img_8625
 
倒木を乗り越え
Img_8626
 
細い道を追って
Img_8627
 
水が出てきた沢を小堰堤で渡り
Img_8628
 
左岸に続く道で堰堤を巻き越えると林道に出た。
Img_8629
 
林道を進んで舗装路に出た所にこんな碑が建てられていた。
Img_8631
明治43年に土石流災害があったというむじな久保。

ここからしばらくは退屈な車道歩き。
国道299号に出ると、目指す鷹ノ巣山が見えてくる。
Img_8632

国道からこの清美橋を渡り 
Img_8634

川沿いの道を進むといきなり竹藪。 
Img_8635
 
藪を抜けて廃屋の横を進むと尾根に踏み跡があった。
Img_8636

一登りで鷹ノ巣山へ 
Img_8639
 
糸引き山とも言うらしい。
Img_8640_20240115140601
 
ここからは踏み跡もあるような無いような。。
Img_8641
 
吾野線の鉄塔はススキの藪こぎで越える。だんだん楽しくなってきた。(笑)
Img_8643
 
薄い踏み跡を追って鎌倉峠へ。
Img_8645
ほとんど通る人もいないようで、荒れた道が横切っていた。

さらに獣道程度の踏み跡でひと山越えて林道に出る。
Img_8647
 
ここから尾根末端まで林道歩き、日陰はまだ雪が残っていた。
Img_8648
 
取りつきが分からなかったので、適当にここから取りつく。
Img_8649
 
尾根上は割としっかりした道。結構坂がキツイ。
Img_8651
 
傾斜が緩んで、小ピークを越えた先に日和岳。ここで昼食休憩。
Img_8654
 
さらに岩がちな痩せ尾根を登って
Img_8655
 
天狗嶽へ。
Img_8658
 
ここから大高山の稜線までがキツかった。
Img_8659
 
ヒイヒイ言いながら登山道に出て、天覚山経由で東吾野に下山した。

 


 

« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »