JICKY のブログ

フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

« 2023年8月 | トップページ | 2023年12月 »

2023年10月

2023年10月28日 (土)

紅葉の奥多摩へ

久しぶりに石尾根の山を歩いてきた。
倉戸口から榧ノ木尾根で水根山に登り、六ツ石山から水根に降りた。

ルート図

いよいよ関東の山でも紅葉の便りが聞かれるようになってきた。
まだ1500m付近まで登らないと見られないようなので、石尾根の未踏ルートを絡めて歩いてみた。

水根の駐車場に車を置いて、バスで倉戸口へ。
Img_8336
 
最初は車道歩き。
温泉神社を過ぎて登山道へ。
Img_8338
 
この辺はまだ緑一色。
Img_8340

最近、奥多摩や秩父でもカシナガの被害が出始めた。何か対策を取れないものか。
Img_8339

たっぷり1時間半の急登をこなして倉戸山へ。鬼キツかった。。
Img_8341
このところ楽な山しか登ってなかったので脚が鈍ってしまった。

ここまで登ると色づいた木々が見られるようになってきた。 
Img_8346
 
キノコはもう終盤だが、くたびれたヌメリスギタケモドキが残っていた。
Img_8343
 
榧ノ木尾根ではあちこちで紅葉が始まっていた。
ヒトツバカエデの黄色に
Img_8351_20231028112301
 
ウリハダカエデの赤。
Img_8352_20231028112301
 
グラデーションも美しい。
Img_8354
 
倉戸山ではかなりヘバったが、紅葉に励まされながらなんとか水根山に到着。
Img_8365
いつもここは縦走路で巻いてしまっていたので初めてピークを踏んだ。

早めに飯を食って、尾根道を東へ。
今年は猛暑の影響か、色づく前に枯れてしまった葉が目立つ。
Img_8372
 
Img_8376
 
人もいなくて気持ちの良い尾根道。ここを巻いてしまうのは勿体ないな。次からはこの道を歩こう。
Img_8379_20231028112601
 
石尾根城山へ。
Img_8390_20231028112701
 
カラ沢ノ頭にはブナの巨木が立っていた。
Img_8386_20231028112801
奥多摩で見たブナでは一番大きいかも。
開けたピークに1本だけ立つ姿が格好いい、まさに孤高のブナ。
勝手に石尾根の主と名付けた。

尾根が広がった所からカラマツ林を進むと
Img_8393_20231028112801
 
将門馬場。
Img_8394
 
あとは縦走路で
Img_8397
 
六ツ石山へ。
Img_8402
 
榛ノ木尾根もちらほら紅葉。
Img_8408

最後の植林帯の下りで膝がガクガクになった。




2023年10月 6日 (金)

紅葉の月山へ

月山に登ってきた。

ルート図

栗駒山敗退の翌日は山形へ移動し、寒河江の友人を訪問して楽しいひと時を過ごした。
かつては年に何度もお邪魔して、一緒にイワナ釣りを楽しんだテンカラ仲間である。
実に20年ぶりくらいの再会だったが、直前の連絡にもかかわらず暖かくもてなしていただいた。
本当に感謝である。


翌日、天童の宿を出るタイミングで雨が降り出し、一気にテンションが下がる。
天気とくらすの予報では晴れだったのに。。

朝8時に姥沢駐車場に着くと、こんな天気でも結構な人がいる。
着いた時には雨交じりだったが、準備をして歩き出すころには雲が切れてきた。
Img_8151
リフト乗り場まで、車道の急坂が結構キツい。
昨日「ここが一番キツいよ」と教えられたが、あながちウソでもなかった。

今回は安楽に往復ともリフトを利用。
このリフト、雪の無い時期にはワイヤーを一段下げているのだそう。
下草が足に当たるくらいの高さで登ってゆく。
Img_8153

リフトを降りると目の前に姥ケ岳。 
Img_8155
 
急坂を登って
Img_8158

右手には色づいた月山と一面の草紅葉。
Img_8159
 
傾斜が緩むと高層湿原の木道になる。
Img_8160
 
ほどなく山頂へ。
Img_8163
ここから西側を周回できる木道がつけられている。


山頂西側は見事な紅葉。すごい!
Img_8165
 
庄内平野と
Img_8166
 
鳥海山が間近に見える。
Img_8167
 
稜線の先に湯殿山。
Img_8170
素晴らしい展望だった。
直接山頂に登ったらこの景色を見られなかった、昨日教えてもらって良かった。

 
景色を堪能して月山へ。
Img_8174
 
この辺も紅葉
Img_8176
 
雲が切れてきて、ミネカエデの赤が青空に映える。
Img_8178
 
Img_8179_20231006134101
 
牛首が近くなると、リフト駅から直接登る人が合流してくるのが見えてきた。
Img_8190

そして、見事にツアー登山の渋滞に巻き込まれた。。
Img_8193_20231006134301
3パーティーくらいつながっていて、かなりストレスがたまった。
所々で写真撮ったりで足を止めるので、何度も止まって待たされる。

リーダーの人は気を使って道を譲ってくれるのだが、家内のペースとほぼ一緒なので、追い抜くこともできない。

まあ、おかげでゆっくり紅葉を楽しめたので良しとしよう。 
Img_8196_20231006134401

晴れてくれると紅葉も輝きを増す。この辺はまさに最盛期。
Img_8198
 
鍛冶稲荷神社からはひと登りで
Img_8199
 
山頂へ。
Img_8210
ここは山名版とかは無いのだな。

月山神社。今は無人だが中には入れる。
Img_8207
 
一応お参りしたけど、狭い境内に登山客があふれていて、早々に退散した。
Img_8208_20231006134501
 
展望はなかなか、遠くに蔵王のゆったりした山容が見える。
Img_8213c
 
北東に見えるのは栗駒山かな?今日登ったら最高だったろうな。
Img_8216_20231006134701
 
朝日の山々。こっち方面は山が深い。
Img_8217_20231006134701
 
稲荷神社まで下って昼食をとり、ツアー客が降りてくる前に下山。
Img_8222
 
綺麗に晴れてくれて実に気持ちがいい。何度も振り返りながら下る。
Img_8235
 
遠ざかってゆく山頂、名残惜しい。
Img_8243_20231006134801
 
1時過ぎに無事にリフト駅に到着。
Img_8250

天気にも恵まれて、紅葉の月山を満喫した一日だった。



栗駒山 強風で敗退

家族サービスで東北に行って来た。

家内がどうしても栗駒山の紅葉を見たいというので、日程を調整して遠征したのである。
事前の情報では、今年は猛暑の影響で紅葉が遅れていて、まだ見ごろには1週間ほど早かったのだが、直前では延期もできない。
色づき始めでも仕方ないかと強行した。

朝4時に自宅を出て、ひたすら東北道を北に走る。
6時間かかってなんとか栗駒山へ到着。
登山口のいわかがみ平は、紅葉シーズンの渋滞対策で一般車は入れなくなっており、下の駐車場からシャトルバスを使う。

いわかがみ平から山頂へのルートは、直接登る中央コースと東栗駒を経由するコースがある。
歩き始めが10時をまわっていて、時間的にはギリギリかな?と思ったが、中央コースのピストンでは面白くないので、予定通り東栗駒コースで登り始める。
Img_8132

ブナもまだ色づき始め。
Img_8134

ムシカリも 
Img_8136
 
ずっと樹林帯のルートだが、一瞬展望が得られた。
Img_8137

1300付近で沢に出て、ここから100mほど沢を登る。 
Img_8138
 
ミヤマリンドウかな。
Img_8139
 
上の方は気持ちの良いナメが続いて、沢装備ならこのまま稜線まで登りたかった。
Img_8145
 
沢を離れて尾根に出ると、山頂南東の斜面が色づいていた。
神の絨毯には程遠いが、まあ予想よりは綺麗かな。
Img_8150

ここまでは予定通りだったが、ここから風が猛烈に吹き付けてきた。
下でも吹いていたが、この辺はもう台風並み。
瞬間では30m近くあったのではないだろうか、耐風姿勢取らないと立っていられないくらい。
弱まった時を狙って歩くが、10m進んでは風をやり過ごして、という状況。

さっきまで見えていた山頂も黒い雲に覆われ、雨が叩きつけるような勢いで降ってきた。
この先は稜線の道なので風を避けるところもない。
一人でも危険を感じるような状況で、家内を連れて歩くのは無理と考えた。

ここで撤退。来た道を引き返す。

無理して山頂まで行ってもガスで展望は期待できないし、紅葉もまだまだの状況。
栗駒の神様に「また出直しておいで」と言われたような気がした。


無事に下山して、ちょっと早めに今夜の宿であるくりこま荘へ。

家内の希望でここに宿を取ったのだけど、思ったよりもいい宿だった。
お湯は白濁した硫黄泉で、今まで入った中で一番硫黄が強く感じられた。

夕食もとても美味しかった。
イワナの刺身にはこの時期ならではの卵が添えられ、
1696494761282

イワナの田楽焼と
1696494761357

イワナ天丼。
1696494761415

正直イワナという魚を侮っていた、ちゃんと料理すればこんなに美味しくなるのだな。

« 2023年8月 | トップページ | 2023年12月 »