JICKY のブログ

フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

« 2023年3月 | トップページ | 2023年5月 »

2023年4月

2023年4月30日 (日)

新緑のヤマメ釣り

今季2回目の釣りに行って来た。
記事にしなかったが、2週間前にも同じ溪に入った。
数は釣れたものの型が出なかったので、そのリベンジをしに行ったのだ。

前回はまだ芽吹き始めだったが、溪はすっかり新緑に覆われていた。
この時期の沢歩きは本当に気持ちが良い。
Dscf7051
 
釣り始めてすぐに反応はあるものの、前回と同じくチビばかり。
最初の1匹は4寸くらいで、合わせた途端にすっ飛んできた。

その先のこのポイント。真ん中の浮石の手前で派手な水飛沫が上がる。
Dscf7043
 
小気味よい引きで上がってきたのは6寸ほどのヤマメ。前回もこのサイズのオンパレードだった。
Dscf7037
 
少しサイズアップ。7寸にちょっと足りないかな。
Dscf7060
 
この狭いポイント、白泡の消えるあたりで出た。
下から浮かび上がって反転するところまで見えて、気持ちのいい一匹。
Dscf7062
 
その後も反応は良かったが、全部6寸クラス。
釣れないよりはいいが、釣れたら釣れたで欲が出てくる。
Dscf7063

遡行するにつれ、何故か反応が悪くなってきた。
ここまでほぼポイント毎に出ていたのに、打ち込んだ途端に走られたり、出ても手前でUターンされたりするようになった。

こういう時は毛鉤を小さくするのが定石だが、ここまで使っていたのが#14でこれ以上小さいのは持ち合わせていない。
他に打つ手もないのでそのまま釣りあがる。

相変わらず状況は渋いままだったが、ちょっと大きな淵の巻き返しで反応があった。
合わせた瞬間にグッと重量感が伝わり、「これはデカい!」と思ったとたんにバレた。。
ちょっと合わせが早かったかな?今のは8寸はあったのでは。勿体ない事をした。

ここで毛鉤を#12に変える。
小さな鉤はフトコロも小さいので、掛かりが浅くなってバレやすい。
大きくすると見切られる確率も増えるが、大物掛けてバラすよりはいい。

その先の大場所でもミスをした。
出たのに気付かず、ラインが引っ張られたのを見て慌てて合わせたが、一瞬重みを感じただけで掛け損なった。。
ちょっと集中力が切れてきたかな。

なんとなく悪い流れになっているような感じがしたので、一度竿を置いて早めの昼食を取ることにした。
日当たりのいい河原で大休止して気分転換。沢音を聞きながら食べる弁当は実に美味しい。

この日は気温が高く、朝はユスリカばかりだったのが、カゲロウやガガンボなども飛び始めた。
毛鉤で釣るには絶好の日和だが、早くも目つぶしが纏わりついて鬱陶しい。

そろそろ終了点が近くなったこのポイント。
目つぶしを払い除けながら振り込むと、左の岩壁沿いでスッと魚が浮かんできて毛鉤を咥えた。
Dscf7073

 合わせた途端に潜り、底の方でグリグリを頭を振るのでイワナかと思ったが、上がってきたのはこの日最大のヤマメ。
8寸にはちょっと届かなかったが、この溪にしては良いサイズである。
Dscf7066
この1匹で満足して納竿。
まあまあ良い釣りが出来た。

脱溪点に咲いていたニリンソウ。
Dscf7075

2023年4月 1日 (土)

蕨山のアカヤシオ

蕨山にアカヤシオを見に行ってきた。
名郷から登って金比羅尾根で河又に下る一般道ルート。

ルート図

そろそろ渓流釣りの準備を始めようか、と思っていたら、もうアカヤシオが咲き始めたと聞いて慌てて出かけた。
さわらびの湯の駐車場に車を置かせてもらって、バスで名郷へ。

今回は全線一般登山道を使った。
人見や小殿から登ることも考えたが、今日は花見が目的。

植林帯の急登をこなし、尾根に乗ると標高800m付近からアカヤシオがちらほら。
Img_7516
 
この花は美しさだけでなく優しさを感じさせる。まるでお姫様が微笑んでいるよう。
Img_7521

登るにつれて花が減ってきて、山頂付近はまだ蕾だった。あと1週間くらいかな? 
Img_7537c
 
ミツバツツジも少々。こちらはこれからかな。
Img_7539
 
金比羅尾根を下ると、大ヨケノ頭付近がちょうど満開。
Img_7551
 
Img_7559
 
今年は花付きが良い感じ。
Img_7569
 
Img_7583
足が前に進まない
 
Img_7588
 
アカヤシオの道。
Img_7594
 
Img_7597
名栗の春は良いねえ。。

 
天気も良くて、十分に花を堪能した春の一日だった。

« 2023年3月 | トップページ | 2023年5月 »