JICKY のブログ

フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

« 2023年1月 | トップページ | 2023年3月 »

2023年2月

2023年2月19日 (日)

早春の六ツ石山

 奥多摩の六ツ石山を歩いてきた。
境集落から榛ノ木尾根を登り、三ノ木戸林道の城集落から廃道で檜村に下った。

ルート図

朝7時半、檜村浄水場下の駐車スペースに車を置いて歩き出す。
多分気温は氷点下、寒い!

鼻水をすすりながら奥多摩むかし道を歩いて境集落へ。
集落外れのここから登る。
Img_7340
 
廃屋や放棄された畑を縫うように登ってゆく。かつては生活道だったであろう良い道。
Img_7341
 
一番奥の廃屋。さほど古くないようだが、車道から30分も登るのでは今の感覚では住めないかな。
Img_7344
 
日当たりのいい斜面ではヤマザクラの芽が開き始めていた。
Mdg_7342-frame-at-0m28s
 
この先で道が悪くなると思ったが、何故かブル道に変わった。
Img_7350
 
が、すぐにネットに阻まれる。
ピンクテープを追ってネット沿いに登ってゆく。
Img_7352
 
日陰はまだ雪が残る。
Img_7353
 
800mを越えた辺りで踏み跡に乗った。
地図の破線はもっと右を通るようだが、ネットに囲まれた作業小屋の方から続いていたのでおそらくこれが元々の道だったのだろう。
Img_7354
 
古い鳥居と祠。
Img_7355
 
サルが日向ぼっこしていた。こちらに気づいても知らん顔。奥多摩のサルは人馴れしている。
Img_7359

水根からの道を合わせると防火帯の広い尾根道。ここはいつ歩いても気持ちがいい。
Img_7362_20230219161001

榛ノ木尾山。こんな山名版あったかな?
Img_7363

山頂直下はまだ雪が残っていた。
Img_7364
 
鷹ノ巣山はまだ結構雪がついている。
Img_7365
 
山頂に到着。風も無くて暖かいのでここで早めの昼食休憩。
Img_7366
 
ここから富士山は木の枝が邪魔になるが、南アルプスの山々は良く見えた。
Img_7368
 
休憩後、石尾根縦走路を東へ。
山頂からの下りだけ雪が凍って怖かったが、その先は全く問題なく下れた。

分岐から三ノ木戸林道へ、石尾根は何度も歩いたがここを下るのは初めて。
Img_7369
 
予想通り植林帯のトラバースであまり面白い道ではないが、エスケープルートとしては良いかも。

林道を下って城集落へ。
ここから下るのだが、気が付かずに通り過ぎて引き返した。
Img_7370
 
その下でも道が交錯してちょっと迷ったが、何度も地図を見ながらなんとか正規の道に乗った。
Img_7371
 
最初は明確な道だったが、すぐに不明瞭になり植林の中の薄い踏み跡を追う。
Img_7372
地図の破線は真っすぐに尾根を下っているが、道は一度南南西の支尾根を下ってからトラバースして元の尾根に戻っていた。
破線を追うと岩がちの急斜面の下りになるので、この道を使うのが正解だろう。
ここは登山詳細図の記述を見てなかったら下れなかった。

尾根に乗ると踏み跡が明瞭になり、あっという間に浄水場に降り着いた。 
Img_7373
 

« 2023年1月 | トップページ | 2023年3月 »