JICKY のブログ

フォト
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 榧ノ木尾根の紅葉 | トップページ | 長沢山から芋ノ木ドッケ »

2022年11月21日 (月)

トヤド浅間から陣馬山

赤線つなぎで都県境の尾根を歩いてきた。
トヤド浅間というピークを越えて浅間峠に乗り、尾根伝いに陣馬山まで歩いた。

ルート図

そろそろ低山の紅葉も終わりに近づいてきた。
最後に標高の低い山を、と思って都県境の残りの区間を歩くことにした。
前回浅間峠まで歩いたので、そこからのスタートなのだが、同じ道で登るのはつまらない。
ちょうどトヤド浅間というマイナーなピークがあるので、そこを経由して歩いてみようと思った。

武蔵五日市からバスに乗り、下川乗バス停で下車。
準備をして歩き出す。

このルートは昭文社マップでは破線だが、ヤマレコなどを見ると結構歩いた記録があるので、簡単に取り付けるだろうとあまり下調べをしないで来てしまった。
バス停に近い橋を渡り、対岸の中央区の森の標識を追って登ってゆく。
Img_7182
この辺でちょっと迷った。
植栽地の中に、一応整備されたような道がついているのだが、作業道やケモノ道と交錯して非常に分かりにくい。

迷いながらもなんとか正規のルートと思われる踏み跡に乗った。
尾根の直登で結構キツい。
Img_7184
 
対岸に浅間尾根。
Img_7185
 
トヤド浅間に到着。
Img_7186
思ったよりキツかった。
今日は結構長い距離を歩くのに、最初からこんなに体力使って大丈夫だろうか。

この辺はもう葉が落ちて冬の森。 
Img_7187

一度下って登山道に入ると、そこここで残ったモミジが色づいていた。 
Img_7193

浅間峠。ここから前回の続き。
Img_7197
 
しばらくは南側が植林で暗い尾根だが、熊倉山辺りから雑木林が多くなり明るい道になる。
Img_7205
 
三国山。ここが山梨県、神奈川県との三県境になる。
Img_7207
 
生籐山。何故かこの辺だけ人が多かった。
Img_7208
 
この日一番の紅葉。
Img_7209
 
そして、心配していた通り、連行峰を過ぎた辺りから本格的に疲れてきた。
やっぱりトヤド浅間は余計だったな、と後悔しながら歩く。

なんとか醍醐丸に着いた時にはかなりバテてしまった。
これから和田峠に下って、そこから陣馬山に登り返し、さらに藤野まで歩くとかどう考えても無理そう。
峠からバス停に降りちゃおうか?とも考えるが、和田峠~陣馬山の区間だけ残してしまったらもう絶対に歩きに来ないだろう。

とりあえず和田峠へ。
Img_7211
 
陣馬山への道は真新しい階段がつけられていた。見るだけで眩暈がしそう。
Img_7212
もうこの登りが本当にキツかった。
しかも、階段だと歩幅が決められてしまうので、ペースが乱れて余計に疲れるのだ。

ヘロヘロになって山頂へ。 
Img_7213
予想以上に人であふれ返っていた。
ここはホントに山なのか?
なんか突然別世界に放り込まれたような錯覚に陥る。

人の少ない芝生の斜面に腰を下ろしてしばし休憩。
あとはもう下りだけだ、ゆっくり下ればなんとか藤野まで歩けるだろう。

休憩後、一ノ尾根を下る。
Img_7214
この尾根、途中からずっと緩い斜面の下りで、実に膝にやさしい道だった。
アップダウンもなくて、さっきまでバテバテだったのがウソのようにいいペースで下れた。

下の方はまだ緑が残る。 
Img_7217
 
赤いモミジは少なかったけど、ダンコウバイが多くて、黄色が綺麗だった。
Img_7220

途中、上沢井分岐で女性二人組に道を尋ねられた。
見たところ観光協会とかで配っているハイキングマップしか持っていない様子。
本当に地図持たないで山に登る人がいるのだな。

しかも、もう2時になろうかという時間なのに、まだ登ってくる人がいる。
今の時期だと、下山する頃にはもう暗くなってしまうだろうに。。
低山での遭難事故が絶えないわけである。


無事に車道に降りて、あとは駅まで30分の歩き。 
Img_7223
バスを待っても良かったが、満員のバスに10分揺られるくらいなら30分歩いたほうが良い。

駅に着くと、ちょうど列車が到着して、駆け込むように飛び乗った。
高尾からの上りは乗客の半分くらいがハイキング客だった。


これで南側の残りは小仏城山以南。市街地は歩くつもりがないので、あと一日で終わりそうだ。 
最奥の長沢山~芋ノ木ドッケはどうやってアクセスするか悩むところだ。
Png1

« 榧ノ木尾根の紅葉 | トップページ | 長沢山から芋ノ木ドッケ »

トレッキング」カテゴリの記事

コメント

すごいロングコースで、とてもきつそうです。とはいえ、長沢山~芋ノ木ドッケを自分はどうやって歩いたか調べてみたら、大日向の釣り堀から周回していて、ちょっと呆れました。
http://www.yasutani.com/Yamaniki/okutama/19991123.htm

安谷さん
今回はさすがに長すぎて疲れました。2回に分けるのも面倒なので一気に歩きましたけど、もう無理は出来ないなと痛感しました。(笑)
山行記拝読しましたが、私には絶対に無理な行程ですね。大日向から酉谷山の道もすでに歩けませんし。バリルートで長沢山に直登してギリギリ行けるかな?という感じですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 榧ノ木尾根の紅葉 | トップページ | 長沢山から芋ノ木ドッケ »

最近のトラックバック