JICKY のブログ

フォト
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2022年10月 | トップページ | 2022年12月 »

2022年11月

2022年11月21日 (月)

トヤド浅間から陣馬山

赤線つなぎで都県境の尾根を歩いてきた。
トヤド浅間というピークを越えて浅間峠に乗り、尾根伝いに陣馬山まで歩いた。

ルート図

そろそろ低山の紅葉も終わりに近づいてきた。
最後に標高の低い山を、と思って都県境の残りの区間を歩くことにした。
前回浅間峠まで歩いたので、そこからのスタートなのだが、同じ道で登るのはつまらない。
ちょうどトヤド浅間というマイナーなピークがあるので、そこを経由して歩いてみようと思った。

武蔵五日市からバスに乗り、下川乗バス停で下車。
準備をして歩き出す。

このルートは昭文社マップでは破線だが、ヤマレコなどを見ると結構歩いた記録があるので、簡単に取り付けるだろうとあまり下調べをしないで来てしまった。
バス停に近い橋を渡り、対岸の中央区の森の標識を追って登ってゆく。
Img_7182
この辺でちょっと迷った。
植栽地の中に、一応整備されたような道がついているのだが、作業道やケモノ道と交錯して非常に分かりにくい。

迷いながらもなんとか正規のルートと思われる踏み跡に乗った。
尾根の直登で結構キツい。
Img_7184
 
対岸に浅間尾根。
Img_7185
 
トヤド浅間に到着。
Img_7186
思ったよりキツかった。
今日は結構長い距離を歩くのに、最初からこんなに体力使って大丈夫だろうか。

この辺はもう葉が落ちて冬の森。 
Img_7187

一度下って登山道に入ると、そこここで残ったモミジが色づいていた。 
Img_7193

浅間峠。ここから前回の続き。
Img_7197
 
しばらくは南側が植林で暗い尾根だが、熊倉山辺りから雑木林が多くなり明るい道になる。
Img_7205
 
三国山。ここが山梨県、神奈川県との三県境になる。
Img_7207
 
生籐山。何故かこの辺だけ人が多かった。
Img_7208
 
この日一番の紅葉。
Img_7209
 
そして、心配していた通り、連行峰を過ぎた辺りから本格的に疲れてきた。
やっぱりトヤド浅間は余計だったな、と後悔しながら歩く。

なんとか醍醐丸に着いた時にはかなりバテてしまった。
これから和田峠に下って、そこから陣馬山に登り返し、さらに藤野まで歩くとかどう考えても無理そう。
峠からバス停に降りちゃおうか?とも考えるが、和田峠~陣馬山の区間だけ残してしまったらもう絶対に歩きに来ないだろう。

とりあえず和田峠へ。
Img_7211
 
陣馬山への道は真新しい階段がつけられていた。見るだけで眩暈がしそう。
Img_7212
もうこの登りが本当にキツかった。
しかも、階段だと歩幅が決められてしまうので、ペースが乱れて余計に疲れるのだ。

ヘロヘロになって山頂へ。 
Img_7213
予想以上に人であふれ返っていた。
ここはホントに山なのか?
なんか突然別世界に放り込まれたような錯覚に陥る。

人の少ない芝生の斜面に腰を下ろしてしばし休憩。
あとはもう下りだけだ、ゆっくり下ればなんとか藤野まで歩けるだろう。

休憩後、一ノ尾根を下る。
Img_7214
この尾根、途中からずっと緩い斜面の下りで、実に膝にやさしい道だった。
アップダウンもなくて、さっきまでバテバテだったのがウソのようにいいペースで下れた。

下の方はまだ緑が残る。 
Img_7217
 
赤いモミジは少なかったけど、ダンコウバイが多くて、黄色が綺麗だった。
Img_7220

途中、上沢井分岐で女性二人組に道を尋ねられた。
見たところ観光協会とかで配っているハイキングマップしか持っていない様子。
本当に地図持たないで山に登る人がいるのだな。

しかも、もう2時になろうかという時間なのに、まだ登ってくる人がいる。
今の時期だと、下山する頃にはもう暗くなってしまうだろうに。。
低山での遭難事故が絶えないわけである。


無事に車道に降りて、あとは駅まで30分の歩き。 
Img_7223
バスを待っても良かったが、満員のバスに10分揺られるくらいなら30分歩いたほうが良い。

駅に着くと、ちょうど列車が到着して、駆け込むように飛び乗った。
高尾からの上りは乗客の半分くらいがハイキング客だった。


これで南側の残りは小仏城山以南。市街地は歩くつもりがないので、あと一日で終わりそうだ。 
最奥の長沢山~芋ノ木ドッケはどうやってアクセスするか悩むところだ。
Png1

2022年11月14日 (月)

榧ノ木尾根の紅葉

紅葉を見に奥多摩の山を歩いてきた。
榧ノ木尾根を登って、水根沢沿いを下るルート。

ルート図

記事にはしなかったが、先週も奥多摩の山を歩いてきた。
日原からタル沢尾根で石尾根に登り、奥多摩駅に下ったのだ。

紅葉は綺麗だったが、タル沢尾根の登りで思いっきりバテてしまい、楽しむ余裕がなかった。
夏の間に鈍った足で石尾根のバリエーションはさすがに厳しすぎたようで、最後の下りでは膝に力が入らなくなってしまい、私より一回りほど年上のばあさんにまでブチ抜かれた。

帰ってから酷い筋肉痛に見舞われ、2日ほど階段の上り下りにも難儀するほどだった。
実はこの日もまだ少し足が痛かったのだが、行ける時に行っておかないと後悔すると思って強行したのである。
山は逃げないが紅葉は待ってくれない。

水根の駐車場に車を置き、女の湯までバスを使う。
この区間、ほんの数キロなのに290円も取られるのが納得いかない。

バスを降り、トンネルの横から登山道へ。
Img_7136
女の湯から倉戸山への道は破線ルートになっていたようだが、最近整備されたみたいで良い道だった。

湖畔の木々も色づき始め。
Img_7138
 
先週も思ったけど奥多摩の山はホオノキが多い。大きな落ち葉が結構厄介だ。
Img_7141
 
紅葉は良い感じ。
Img_7145
 
結構キツい登りなのだが、先週と違って道がついているのでずいぶん楽だった。
やっぱり道って偉大だなあ。
Img_7147

色の抜けた黄葉。コシアブラかと思ったが三出複葉。タカノツメだった。 
Img_7149

コハウチワカエデの紅葉。カエデの中でこれが一番好きだ。
Img_7152
 
倉戸山あたりはもう葉が落ちて、そろそろ冬の装い。
Img_7154
 
それでも、尾根を登ってゆくと所々にカエデが残っていた。
Img_7158
 
カラマツの黄葉はもう終盤。
Img_7165
 
メグスリノキの赤にオオモミジの黄色。
Img_7166
天気がいいと紅葉も映える。
 
予想通り、榧ノ木山を過ぎたあたりでバテた。
水根山はパスして巻き道から水根沢へ下る。
Img_7172
 
沢筋の紅葉もなかなか。
Img_7173
途中、覗き込んだ淵でヤマメが悠々と定位していた。
禁漁期になると何故か大胆になるようで、側に立っても逃げない。
 
このルートは植林帯が長いのだが、所々で紅葉が楽しめた。
Img_7178
 
Img_7179

ゆっくり歩いて、2時前に無事下山。
これくらい余裕があると景色も楽しめる。
やっぱり紅葉狩りは一般道使った方がいいな。




« 2022年10月 | トップページ | 2022年12月 »

最近のトラックバック