JICKY のブログ

フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

« 増水のイワナ釣り | トップページ | ハゼ釣り開幕 »

2021年7月23日 (金)

イワナリベンジ

先週惨敗したイワナ釣りのリベンジに行ってきた。
今回は隣の川へ。

朝5時に駐車地を出発。
約2時間の歩きで入渓点に降り立つ。
Dscf4651
ここは大きな支流の出合いの少し上流。そちらも魅力的な沢だが、今日は本流を釣りあがる。

最初のポイントですぐに7寸が出た。今日はイワナの活性が高そう。 
Dscf4653
 
その後も立て続けに同サイズが2匹釣れた。
この分なら先週のリベンジが果たせそう。

今日唯一の難所、箱淵。
Dscf4655
昔は名前の通りの深い淵で、右手の岩に取りつくのに苦労したものだが、今は埋まって簡単に乗り越せる。
遡行は楽になったけど、ちょっと寂しい。

水量は多少多めかな?という程度。この先は悪いところも無く快適に釣りあがる。 
Dscf4658
 
イワナの反応は相変わらず良好。このサイズがほぼポイント毎に釣れる。
Dscf4668
このイワナはちょっと色がおかしい。この川はこういうのが混じる。

 
朽ちてワイヤーだけになった吊り橋。
Dscf4672

その上で完全に倒壊した小屋。
そこそこ広い小屋だと思っていたけど、潰れてしまうとずいぶん小さく感じる。
Dscf4673
 
ここまでですでにツ抜け。その後も快調に釣れるが、全部7寸どまり。
Dscf4675
もしかして、魚影が濃すぎて大きくなれないのだろうか?
以前、朝日の源流に入った時も、これくらいのイワナが入れ食いだった。

 
このポイントで、底から飛び出して反転するのが見えた。
Dscf4686

やはり同サイズだけど、こういう釣れ方をすると気持ちがいい。
Dscf4681

釣れすぎると釣りが雑になりがちなので、今日は意識して丁寧にポイントを攻める。
適当にやっても釣れるけど、1匹の満足度が違う。

ここも、手前の浅瀬から毛鉤を置いてゆくと、すぐ目の前で派手にヒット。 
Dscf4690

この日初めての8寸が出た。
Dscf4689  
こういうポイントで良型が出てくれると楽しい。

広いポイント。
絶対に出ると思って、動画に収めようとしたが失敗。静止画になってしまった。
Dscf4692
 
アップで。
Dscf4692c
 
8寸弱のきれいなイワナ。動画で撮りたかった。
Dscf4696

あろうことか、釣れすぎて持ってきた黒毛鉤が全部ボロボロになってしまった。
もう十分すぎるほど釣ったけど、最後にドライフライを試してみる事にする。

以前、しげさんにいただいた黄色いカディスに替えて釣りあがる。

いきなり今日最大の9寸が釣れた、しげカディス恐るべし。(笑) 
Dscf4697
体長はあるけど、痩せていて痛々しい。
やはり魚影が濃すぎてエサが足りないのだろうか? 

まだまだ釣れるが、この先で谷は急に幅を狭めて険阻になる。
若い頃は平気で突っ込んだが、今はもう一人で行く勇気が出ない。

時間も良いので、ここで納竿とした。
Dscf4699
 
無事に先週のリベンジを果たしてスッキリした。
イワナは簡単に釣れてつまらない、などと偉そうな事を書いてたけど、綺麗な渓で魚と戯れるのは純粋に楽しかった。
今回、この川に未釣の区間がある事に気が付いたので、次回はそこを釣ってみようと思う。


 

« 増水のイワナ釣り | トップページ | ハゼ釣り開幕 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

 やっぱ、白斑が目立ちますね。20年も定着してるんですが、ネイティブとは違うなあ。イワナに罪はないとはいえ。
 川に降りる踏みあとなんかは、まだ健在なんですか?

安谷さん
釣った時は気にならないレベルですが、後で写真を見ると結構違和感がありますね。
一度変な血が混じってしまうと、時間が経っても元には戻らないみたいです。

川への踏み跡、思ったより踏まれてました。
ただ、スズタケが枯れた後、今回降りたルートが有力になってしまって、廃小屋へのメインルートの方がわかりにくくなった感じです。
帰路は小屋から登りましたが下部のガレ場なんかかなり怪しくなってました。

おはようございます。
しげカディス、使っていただいて嬉しいです^^
最近、ボディ材を変えた新型もあるので、コロナが収まってお会いできたらお渡ししたいです♪

前回の増水の沢ですが、私も今季行ってきました。
その時釣れた岩魚も、初めてJICKYさんに連れて行って頂いた頃よりも赤味が薄れてきたように感じています…
気のせいならいいのですが…

しげさん
いただいた毛鉤のおかげで、なんとか良型を手にすることができました。
以前にも良型が出ましたし、あの毛鉤は凄いですね。
改良版、楽しみにしてます。(笑)

あの川に行かれましたか。
イワナの赤みが薄れているのは、私も気が付いていました。
あそこは源流部が花崗岩で構成されていて、数年前の崩落で砂が流れた事により、渓が白っぽい砂で埋まった事が原因だと思われます。
今回の渓と違って、他水系のイワナとの交雑はないので、心配ないと思いますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 増水のイワナ釣り | トップページ | ハゼ釣り開幕 »