JICKY のブログ

フォト
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »

2021年3月

2021年3月16日 (火)

鹿柵地獄の大麦尾根

昨秋歩いた榧ノ木尾根の支尾根(大麦尾根)を再び下ってみた。
前回は鹿柵に阻まれて最後に崖の下降を強いられたが、ネット情報では柵を開けて入れるところがあるという事なので、再挑戦してみたのである。
今回は水根沢から登った。

ルート図

水根沢ルートは崩落で通行注意となっていたが、巻き道がつけられて問題なく通過できた。
この道は沢沿いにつけられているのだけど、左岸を高くトラバースするため沢からは離れている。
沢床に降りるのはワサビ田跡から対岸に渡る一部分だけで、あまり気持ちの良い道ではない。
最後は植林帯の急登で、結構キツかった。

尾根に乗った所で昼食をとり、冬枯れの明るい尾根を下る。

前回同様950点から登山道を離れ、東に広がる広い尾根を下ると件の鹿柵にぶち当たる。
昨年は左に行ったが、今回は入り口を探して右方向に下った。

しかし入れそうな所はない。
戻って探してみると、どうやらここが入り口らしい。
Img_4924
紐をほどいて支柱を開き、なんとか滑り込む。

柵に沿って下ると、すぐにまたネットが現れる。
Img_4925
開口部はネットが2重になっているので、紐をほどいて開けてまた閉めて結びなおす、という事をやっているとそれだけで10分くらいかかってしまう。

少し下るとまた同じようにネットが現れ、また開け閉めして通過。
何の嫌がらせか、これが3~4回続いた。

700m辺りから柵を逸れて湖側に下ると、今度は古い金網の柵が行く手をふさぐ。
出口を探して西方向に戻るように登り返すと、ようやくゲートにたどり着いた。
Img_4926
無事に湖岸の遊歩道に出て一安心。やれやれ。。

ネットの開閉作業だけで小一時間かかってしまった。
この尾根はもう歩けないと思った方が良さそうだ。

展望台から。先月登った大ブナ尾根と御前山。 
Img_4929
あとは遊歩道を下って水根に降りた。


今回、クマ除けに新兵器を使ってみた。
アマゾンで500円くらいで買ったオモチャのピストル。 
Img_4914
カネキャップという8連の火薬をセットして使用する。もちろん音だけで弾は出ない。
着火部以外はプラスチックで実に安っぽいのだが、ちゃんとダブルアクションで連続して撃てる。
軽くて小さいので持ち歩くのにも大して邪魔にならない。

音は思ったより大きくて爆竹の単発くらい。街中で鳴らすと通報されそうなレベル。

今回はちょうど良いタイミングで、榧ノ木尾根の下りで猿の群れに出会った。
また数匹、逃げずにこちらをうかがっている奴がいる。
Img_4916
ホイッスルを鳴らしても知らん顔だったが、これを鳴らしたら飛び上がって逃げて行った。
なかなか気持ちがいい。(笑)

クマも同じように逃げて行ってくれればいいんだけど。




 

« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »