JICKY のブログ

フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 有馬山 バラ尾根から中尾根 | トップページ | 千鹿谷鉱泉 »

2020年8月 6日 (木)

久しぶりのイワナ釣り

今年初めてのイワナ釣りに行ってきた。
 
コロナと長梅雨に阻まれ、なかなか釣りに行けないまま、気が付けば8月。
もうシーズンも終盤である。
このままではせっかく買った年券が無駄になってしまう。
 
水位計の数値を見ると、まだ奥秩父の渓は増水が治まっていないようだったが、そんな事を言ってたらいつ行けるかわからないので、一か八か出かけてみた。
 
出発が遅れてしまい、入渓点に着いたのは7時ごろ。
下降路に新しいスリップ跡があったので心配だったが、どうやら先行者はいないようで一安心。
Dscf4211
平水より10センチくらい水が高いが、なんとか遡行できそう。
久しぶりの竿の感覚を確かめながら慎重に釣りあがって行く。

すぐに5寸くらいのチビが飛びついてきた、思ったより活性は高いかも。 
Dscf4212
 
ただ、水量が多くてポイントが少ない。
窓が開いていない、と言うのだが、白泡に覆われて毛鉤を置けるところがあまり無い。
小さな巻き返しや流れの脇のタルミを探しながらの釣り。
Dscf4214
 
7寸ちょい、ようやく少しまともなサイズが出た。
Dscf4220
 
こういうポイントは貴重である。慎重にアプローチして毛鉤を振り込む。 
Dscf4227
 
良い場所の割には型は今一つ。まあ、この区間は釣り人が多くて魚影も薄いので贅沢は言えない。
Dscf4231
 
昨年の台風の影響で、渓がずいぶん埋まっていた。おかげでさらにポイントが減る。
Dscf4233

何匹目かの7寸クラスをかけた時に竿が折れた。
どこかで小さな傷をつけてしまったようで、合わせた途端に派手な音がして真ん中辺りがポッキリ逝った。
スペアの竿に替えて釣りあがる。

すると、いくらも行かないうちに、何でも無い渡渉でつまづいて転倒。
やっちまったか?と思ったが竿は無事だった。
さすがに一日に2回も竿を折るとやってられない。
 
最初の沢の出合いを過ぎて少し行った所で、岩の裏にぽっかりと空いた絶好のポイント。
Dscf4242
一投目で出たが掛けそこなう。
二投目で掛けたがバレた。
さすがにもう出ないだろうともう一度毛鉤を振り込むと、派手なスプラッシュで良型がヒット。
 
型のわりによく走るな、と思ったらヤマメだった。
Dscf4236
8寸ほどのいいヤマメ。このクラスのヤマメは尺イワナより嬉しい。
 
入れ食い、と言うほどではないが活性はまずまずで、飽きない程度に釣れる。
Dscf4249
遡行するにつれ、型も良くなってきた。
 
3つ目の沢の出合い。
ここは開けて日当たりが良く、エメラルドグリーンに輝く綺麗な淵だったのだが、無残に埋まってしまっていた。
Dscf4250
 
その先はちょっとしたゴルジュ帯。
Dscf4252
 
入り口で9寸が出た、重い流れに乗って走られて竿が伸されそうになった。
Dscf4255
 
 
雨どいの様にえぐれた岩場を、トラロープに掴まってズリ登ると平坦な河原になる。
ここも大量の土砂が堆積していた。
Dscf4264
 
平瀬の流心脇から出た今日最大のイワナ。尺には届かなかったが良く引いてくれた。
Dscf4262
 
本日の終了点、ヤマメ止めの淵に到着。
Dscf4265
 
ここも大きな淵だったのだが、見る影も無く埋まってしまっていた。
奥の狭間も泳げば水線突破できそうに見える。
Dscf4266

ここで納竿。
渓相はすっかり変わってしまっていたが、思ったよりいい釣りができた。
満足して昼飯を食い、アヤシイ踏み跡を登って帰路についた。 

ムラサキホウキタケ、初めて見た。
Dscf4268
 
最後の林道がすっぱり切れ落ちていた。600mmの雨の破壊力は凄まじい。
Dscf4271
 
2時前に帰着。
山の上に黒い雲が湧き始めていた。
山沿いは午後から雷雨の予報が出ていたが、降り出す前に戻って来れて良かった。



« 有馬山 バラ尾根から中尾根 | トップページ | 千鹿谷鉱泉 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

数日前に、近くの沢で竿を振りましたが、アブラハヤが釣れました。力が抜けました。さすがT川、さすがJICKYさんですね。

安谷さん。
今回は増水が懸念されたので、いざとなったら途中でエスケープできる川、ということであの区間に入りました。
ご存じのとおり釣り人が多い場所ですが、今回は何故か良い釣りが出来ました。
コロナと長雨で人が入っていなかったのかも知れませんね。
釣りに行くなら今がチャンスかも知れません。

ちなみに、雑魚を釣るのは源流でイワナを釣るより難しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 有馬山 バラ尾根から中尾根 | トップページ | 千鹿谷鉱泉 »

最近のトラックバック