JICKY のブログ

フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 連休あれこれ | トップページ | 雁坂峠を周回 »

2019年5月15日 (水)

新緑のイワナ釣り

 5月11日、今年初のイワナ釣りに行ってきた。
 
連休中に、大持山からの下りで無理をしたせいか、左ひざに違和感があった。
痛みは無いので山に行けないことも無さそうだったが、今週は大事を取って山歩きはお休みするつもりだった。
 
とはいえ、天気の良い週末に出かけないのも勿体ない。
どこか安楽な里川にヤマメでも釣りに行くかな、と漠然と考えていた。
 
ところが、前日の金曜日は好天で真夏日、汗をかきながら仕事をしていたら、無性に源流域に行きたくなってしまった。
帰宅後、すぐに準備を整えて早めに就寝。
翌朝は2時に家を出て、車止めに4時過ぎに到着した。そろそろこういう強行軍が辛くなってきた。

連休後の週末とあってか、先行者の車は無い。安堵しながら準備を済ませて歩き出す。
歩き始めてから膝の不安を思い出した。今日の行程は普通の山登りなみに歩くのだが、大丈夫だろうか。
 
この時期になると夜明けが早い、10分も歩くとヘッデンが必要なくなった。
明るくなった林道沿いはミツバツツジが終わってヤマツツジが満開。
この花を見るようになると、奥秩父のイワナ釣りも本格的にシーズン入りする。
 
2時間半の歩きで入渓点へ。
朝食代わりの行動食をとって、ゆっくりと釣り支度。
膝の具合は問題ないようで一安心。
この時期にしては気温も高く、これならウエーディングもさほど苦にならないだろう。
 
最初は腕慣らしで、感覚を確かめるように目の前のポイントに毛鉤を流す。
Dscf3977
と、白泡の脇で魚体が反転するのが見えた。
出ると思っていなかったのでアワセが遅れたけど、しっかり掛かった。 
 
いきなり1匹目。
Dscf3975
7寸のチビだが、この辺から反応があると今日は期待できそう。
 
その後もすぐに同サイズを追加。
こうも順調に釣れると、悪い癖で釣り方が雑になる。
 
不用意に近づいたり、ラインで水面を叩いて走られたりと、ミスが続いた。
 
Dscf3982
ちょっと水量が多い。まだ雪シロが残っているのだろうか。
 
最初の高巻きを越えるとこの川の核心部。
Dscf3984
 
綺麗なイワナが次々と顔を出してくれた。
Dscf3987
 
岩陰の暗い巻き返しで出た、今日最大の9寸。
Dscf3994
丸々と太って、竿を絞り込んでくれた。
 
またどこかで崩落があったのだろうか、河原が埋まって渓相が変わっていた。
Dscf4001
そういえば、去年はこの川で釣ってないかも?
 
イワナの反応はまずまず。
Dscf4004
 
これも良い型、顔つきが精悍でカッコいい。
Dscf3999
 
天気も良くて、遡行も気持ちいい。
Dscf4007
 
反応が良いので、一か所で粘らずポンポンと釣りあがっていたら、2時間で予定していた脱渓点に着いてしまった。
ここまでで十分釣ったので竿を納めても良かったけど、まだ10時半。
この時間で帰るのも勿体ないので、さらに先へ。

相変わらず反応は良いが、型が落ちて7寸が平均になる。
Dscf4012
そろそろ飽きてきて、さらに雑な釣りになってくる。

自分の好きなポイントだけ拾って釣って行くので遡行ペースが上がる。
もともと私は釣り上がりが早い方だが、今回はさらに早かった。
帰ってからトラックログを確認したら、2kmちょっとの区間を4時間で遡行していた。
竿を出さない沢登りでも大体時速1キロくらいなので、その半分くらいのペースである。
いかに適当に釣り上がっていたのかよく分かる。

やっぱり斜面が崩落していた。
Dscf4009
この感じでは、大雨が降ったらまた崩れそう。

瀬続きの区間に入ると終了点が近い。
Dscf4013
もう釣りもお腹いっぱいで、気が緩んでいた。
何でも無い浅瀬の渡渉でつまづいて転倒。
 
幸い怪我は無く、右ひじをちょっと擦りむいたくらいで済んだが、起き上がって竿を持つと、嫌な音とともにグニャリと垂れ下がった。
手元の部分、グリップの上が裂けるように折れていた。。
やってしまった・・バランスを崩した瞬間に竿を放していれば良かったのに、持ちこたえようとして握ったまま手をついてしまった。

これではもう釣りにはならないので、今日はここまで。 
一応予備の竿も持ってきてはいるが、実はこちらも手元にヒビが入っていて使えないのだ。
同じ個所を折らなければブランクを差し替えて使えば良い、と思っていたら見事に同じ所を折ってしまった。。
手元は部品代高いんだよなあ・・・
 
かなり精神的ダメージを負って(正確には金銭的ダメージだが・・)とぼとぼと帰路に着いた。
 
帰りの山道では新緑の洪水。
Dscf4018_1  
体中が薄緑に染まってしまいそう。
 
途中の小尾根でシャクナゲが綺麗に咲いていた。
今年は当たり年かも知れない。
Dscf4016_1
 
フデリンドウ。
Dscf4021_1
この道沿いで初めて見たかも。
毎年、この辺に来る頃には林床の花は大方終っていた。
 

新緑と花に癒されて、竿を折ったダメージがだいぶ回復した。
山歩きはセラピー効果がすごい。

 
 
 

 

« 連休あれこれ | トップページ | 雁坂峠を周回 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 連休あれこれ | トップページ | 雁坂峠を周回 »

最近のトラックバック