JICKY のブログ

フォト
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 熊倉山 勝ちゃん新道 | トップページ | 紅葉の大ネド尾根 »

2018年11月 5日 (月)

清掃山行2018

 11月4日、この時期恒例の清掃山行に行ってきた。

今年は浦山川支流の細久保谷の中流部を遡行してゴミを拾った。
参加者は安谷さん、なんさん、私の3人。

ルート図


9時20分ゲートを越えてスタート、最初は林道を歩く。

Dscf3851

仙元谷を分けた先の堰堤の上から入渓、しばらくは平坦な渓相。
Dscf3856
ゴミはほとんど見当たらず。

次の堰堤を越えると落差が出て渓相が良くなる。
この辺がこの渓の核心部。
久しぶりの沢歩きで、ようやく感覚が戻ってきた。
 
横向きの美瀑があった。
Dscf3858
登れないので高巻き。

斜面につけられた目印を追って右から巻く、かなり上まで追い上げられた。
Dscf3859
下降点にトラロープがあったのでこれに掴まって降りる。

滝を越えて少し歩いたところで小休止。
倒木にムキタケが出ていた。
Dscf3862

休憩後、再び遡行開始。
ゴミも少なくて気持ちよく遡行する。
Dscf3864

そこここで瀬尻から魚が走るが、かなり抜かれているようで小型ばかり。
Dscf3865

渓畔林も色づき始めており、グラデーションが美しい。
Dscf3866

Dscf3867

気持よく遡行していたらまた堰堤、左から巻く。
Dscf3869

トラロープにつかまって斜面をヘツる、ちょっといやらしい。
Dscf3872
ここは堰堤さえなければいい渓なんだけど。。

この辺までくるとほとんどゴミも無くなった。
Dscf3874

チガオの沢出合。
Dscf3876

巨岩があったり、登れる滝があったりで、思ったより遡りごたえがある。
Dscf3879

左手の斜面に林道が近づいてきた、そろそろ終了点が近い。
 
林道が左岸に渡る橋に到着。今日はここで遡行終了。
Dscf3881

あとは林道を歩いて下山。
Dscf3885

落葉の絨毯。
Dscf3889_2

色づいた大ネド尾根。
Dscf3890
この時期に歩いたら気持ちいいだろうなあ、熊が怖いけど。。

きょうの収穫。
Dscf3891
釣り人のゴミはほとんど無くて、山仕事の廃棄物がいくつかあっただけ。
以前は必ず落ちていたブドウ虫の容器やりんたろうの箱なんかはめっきり見かけなくなった。
最近の釣り人は本当にゴミを捨てなくなったのだなあ。
 
 
心配された天気も持ってくれて、いい秋の一日になった。

参加された安谷さん、なんさん、どうもありがとうございました。







 

« 熊倉山 勝ちゃん新道 | トップページ | 紅葉の大ネド尾根 »

沢登り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 清掃山行2018:

« 熊倉山 勝ちゃん新道 | トップページ | 紅葉の大ネド尾根 »

最近のトラックバック