JICKY のブログ

フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 大ドッケ バラモ尾根から峠ノ尾根 | トップページ | 鉄砲沢から新山沢 »

2018年7月 3日 (火)

栗原川 ツバメ沢からケヤキ沢へ

 フライング気味に梅雨明け宣言が出された6月30日~7月1日、一泊で足尾の沢を歩いてきた。

栗原川を遡行し、支流のツバメ沢を詰めてケヤキ沢を下降する周回コース。

ルート図

今回はなんさん、Sさんと3人での山行、Sさんとは以前井戸沢でご一緒させていただいた事がある。お二人ともベテランの沢屋で、私は2人に連れて行ってもらう形。
 
金曜の夜に東京を立ち、白沢の道の駅で入山祝いをしてから仮眠して早朝に出発。
栗原川林道を走って入渓点へ。

ちょうど下降点にある駐車スペースから沢への踏み跡を下って行く。
00180001
この道、尾根伝いに下ってしまうと末端が崖になっているらしい。なんさんは昨年来た時に3ピッチの懸垂を強いられたそうである。
今回は尾根の左側の広い斜面につけられた踏み跡を辿って問題なく沢へ降り立った。

急斜面を下った先は意外に広い河原。
00220001_0001
 
毛鉤を振ったら気持ちよさそうなゴーロと、白い岩盤のきれいなナメが続いていた。
00270001

明るいナメ床の沢を気持ちよく遡って行く。
00240001
天気も良くて実に気持が良い。

いつも秩父の井戸の底のような沢ばかり歩いているので、こんなに明るく開放的な沢は異次元の世界である。

美しいナメを堪能しながら歩いてゆくと右岸の台地に石垣が見えた。源公という集落の跡だそうだ。
 
源公の滝。
00310002
 
遡るにつれ、川幅が狭くなって落差が出てくる。
00350001
 
不動沢出会いが近くなるといよいよゴルジュ帯の入り口。
ここは手前から大高巻きになるのだが、せっかくなので大膳の滝を見にゆく。
 
大膳の滝。
Dsc_0016  
胸まで浸かって左から取りつけば登れるそうだが、その先にも難しい滝があるらしい。
我々はゴルジュ突破が目的ではないので、大人しく戻って右岸の斜面に取りつく。
00360002  
結構な急斜面をヒイコラ登ってゆくと古い道が現れて集落跡へ導かれた。
ここが円覚集落の跡。かなり大きな集落であった事がしのばれる。
 
そこから尾根を少し登ると右手に大きな滝が見えてくる。
00370001_0001
これが円覚の滝。地形図では不動滝と記されているが円覚滝が正しいようだ。
 
滝の上が円覚停車場跡の平地。
ここに索道の基地があったとの事、なんでも水車の動力で索道を動かしていたのだとか。
作られたのは明治の頃だそうだが、よくそんな技術があったものだと思う。
昔の人はすごい。

滝上、ここに水車があったのだろうか。
00380001_0001  

この不動沢から尾根越えで本流を目指す。
対岸に古いロープが下がっているが、ここから上ると1105のピークに登らなければならないので、不動沢を少し遡行し、1105峰の南東のコルを乗り越して本流に降りる事にする。
 
その前に、ここまで良いペースで来れているので、不動沢を釣り上がってみた。
00390001_0001
そこそこ反応は良いが、釣れてくるのは7寸平均で少々物足りない。
ここは釣り人が多いのでかなり抜かれているのだろう。
 
適当なところで切り上げて本流へ移動。
 
左岸の斜面を上がって尾根に乗ると、明確な道が通っていた。
道は栗原川本流の右岸沿いに斜面をトラバースしており、これを少し辿った先の広い尾根を下って沢床に降りる。
降りたところが滝の上のテン場適地。

早速ビールを冷やしてタープを設営。
00430001_0001  

その後、なんさんと2人で、夕食用のイワナを釣りに行く。
00440001_0001  
すぐに7寸クラスが続けて釣れた。
これは楽勝だと余裕ぶっこいてたら、その後はバラしたり掛け損なったりで、結局なんさんが釣った良型1匹だけしかキープできなかった。。

貴重な1匹はSさんが刺身にしてくれた。
 
夜は焚き火を起こして、飯を食い酒を飲む。
00450001_0001
火を囲んで酒を飲むという至福の時間、やっぱり沢は楽しい。
 
日が暮れた頃から雷鳴が聞こえてきて、一雨来るかな?と思ったら猛烈な雷雨に見舞われた。
タープに避難して飲み続けたが、外が白く見えるほどの雨で、帰って聞いたらこの辺りは時間100㎜級の豪雨だったらしい。
 
明らかに大きくなった沢音を聞きながらシュラフに入るとすぐに眠ってしまった。
 
翌朝は5時起床。昨夜の雨もすっかり上がって青空が広がっている。
 
早起きしてSさんが焚いてくれたご飯を食べて7時に出発。

すぐに右から入るツバメ沢を遡行する。
00480001_0001   
 
広い二股を右へ、特に難所も無く順調に遡る。
Dsc_0036
 
上部はV字状の狭い谷。
Dsc_0037
 
地形図を見て現在地を確認しながら歩くが、沢は尾根を歩くのとは勝手が違って難しい。
Dsc_0038  
稜線が見えてきた辺りから左手の尾根状に逃げ、最後は低い笹の繁る斜面を登ってあっけなく林道に出た。
Dsc_0039
ちょうど9時。
予定通り林道ツバメ沢支線の入り口付近に出ることができた、いつもながら沢屋さんの読図力はすごい。
 
小休止の後、林道を少し下ってケヤキ沢へ。
Dsc_0040  

広い窪を下ってゆくと沢型が現れ
Dsc_0042
水が出てきて沢になる。
 
この沢も所々でナメがある、下りは滑りやすいので注意しながら歩く。
Dsc_0043  
水量が増えてきた沢を下り、視界が開けたところが大滝。
 
ここは一度右に巻いてから懸垂で右岸のガレたルンゼに降りた。
Dsc_0048
 
Gr001320
(なんさん撮影)

30mの大滝、下部がナメになっていてなかなかの美瀑である。
Dsc_0052
 
さらに下ってゆくと水が消える、ゴルジュやナメ床も涸れていて、さっきまでの水はどこを伏流しているのだろう?と不思議に思う。
Dsc_0053
 
しばらく涸れ沢を下ると突然といった感じで水音が聞こえてきて、一気に流れが復活する。
ここから全水量が流れ出ていた。
Dsc_0054  

ここからは特に悪い所も無く、最後はきれいなナメを下って、
Dsc_0055  
 
本流に出合う。
Dsc_0057

昨日の下降点まで美しいナメを楽しみながら歩いて
Dsc_0063  
踏み跡を登って駐車地点に帰りついた。
 
まだ14時半、予定より早く下山できたが、帰りは関越の事故渋滞にハマって、家に着いたのは19時を過ぎてしまった。
 
 
夜に雷雨があったが、行動中ずっと好天に恵まれたのは良かった。
関東髄一と言われるきれいなナメを堪能した2日間、実に楽しい沢旅だった。
 
 
連れて行ってくれたなんさん、Sさん、どうもありがとうございました。



 

« 大ドッケ バラモ尾根から峠ノ尾根 | トップページ | 鉄砲沢から新山沢 »

沢登り」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

コメント

 いやー、沢はほんとにいいですね。
 これからも沢のご報告を楽しみにしております。
 私は、余生を普通のウォーキングで過ごします。
 しかし焚き火はやりたい。(^^;

安谷さん

沢歩きは楽しいですね。変化があって飽きませんしこれからの時期は涼しくて気持ち良いです。なによりも焚火ができるのが良いです。
せっかく年券も購入したのですから、一度安楽な沢に焚き火しに行きませんか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1662162/73792336

この記事へのトラックバック一覧です: 栗原川 ツバメ沢からケヤキ沢へ:

« 大ドッケ バラモ尾根から峠ノ尾根 | トップページ | 鉄砲沢から新山沢 »

最近のトラックバック