JICKY のブログ

フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 酉谷山 檜尾根から立橋尾根 | トップページ | 大ドッケ バラモ尾根から峠ノ尾根 »

2018年6月11日 (月)

ヤマメに遊ばれる

 6月9日、ヤマメ釣りに行ってきた。

例年この時期はもう源流域のイワナ釣りがメインなのだけど、何故かふと「源流のイワナばかり釣っていたのではイカン!釣り師のはしくれとしてはシビアなヤマメを相手に腕を磨くべきだ。」などと偉そうな事を考え、あえて激戦区のヤマメ域に出かけたのである。

結論から先に書けば見事に撃沈した。
やはり秩父のヤマメはそんなに甘くなかった。

朝5時に車止めに着くと先行者の車は無し。
この時点で、「しめしめ、今日は爆釣間違いなしだ。」などと浮かれてしまう。

小1時間歩いて入渓。
 
倒木にマスタケが出ていた。
Sdscf3668
ちょっと育ち過ぎて硬く、食べられそうもない。

しばらくは全く反応無し、だがあきらめて立ち上がるとそこここからチビヤマメが走る。
丁寧に流したはずなのに、こんなチビにまで見切られるとは。。
 
「まあ、まだ時間も早いし良型は出勤していないのだろう。」と楽観して釣り上がる。
 
しかし、その後も苦戦が続く。
魚の反応はそこそこあるのだけど、出ても見切られたり、掛け損なったりといつものパターンでヤマメに遊ばれる。
 
毛鉤のサイズも落として、ポイントへのアプローチも振り込みも細心の注意を払って釣っているのに全く歯が立たない。
 
1時間ほどして、ようやく釣れたのは5寸ほどの赤ちゃんヤマメ。
かろうじてボウズは免れた・・・

毛鉤の流し方に問題があるのだろうか、出方が早すぎて合わせられない事が多い。 
「ここで出るはず」と予想通りに出ても掛けられないのだから話にならない。
 
しかもヤマメは一度掛け損なうと、もう2度と出てくれない。
イワナのように落第点を取った生徒に追試をしてくれるような優しい先生ではないのだ。
 
行程の半分ほど来たところでようやく2匹目。
Sdscf3674
6寸のチビヤマメがこんなにうれしく感じられた事は無い。
結果的にはこの1匹が今日最大にして最後のヤマメになった。
 
4時間釣って予定の脱渓点に到着。
時間も早いのでさらに奥まで歩いてイワナに癒してもらうことも出来たが、なんとなくそんな気になれなかった。
スポーツで言えば、強い相手にチンチンにされた憂さ晴らしに、弱い相手を選んで試合をするようなもので、屈辱的な感じがしたのだ。
 
今日のところはおとなしく負けを認めて素直に帰ることにしよう。
 
Sdscf3679
 
天気が良くて、ハルゼミの声を聴きながら竿を振れたのが唯一の収穫だった。
 

 

« 酉谷山 檜尾根から立橋尾根 | トップページ | 大ドッケ バラモ尾根から峠ノ尾根 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤマメに遊ばれる:

« 酉谷山 檜尾根から立橋尾根 | トップページ | 大ドッケ バラモ尾根から峠ノ尾根 »

最近のトラックバック