JICKY のブログ

フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

« 人見尾根から大遠見山、西平山 | トップページ | 酉谷山 檜尾根から立橋尾根 »

2018年5月13日 (日)

新緑の源流へ

 5月12日、今年初めての源流釣りに行ってきた。

朝4時半、車止めを出発。
もうこの時間でもヘッデンが必要無いほど夜明けが早くなった。

ヤマツツジは早くも散りかけ。
アオバトの目の回りそうな鳴き声が夜明けの森に響いている。
 
尾根への急登でコルリの囀りを聞いた。
スズタケが枯れてからあまり耳にしなくなったような気がしていたのだけど、ここ数年は毎年この時期に声を聞けている。
 
2時間少々の歩きで入渓点へ到着。
予想通り水が多い、10センチくらい高いだろうか。
遡行に手こずりそう。
 
最初のゴルジュは竿を出さずに遡行する。
Dscf3593_600x800
やっぱり沢歩きは面白い。
ツルツルの岩のわずかな弱点を探し、ギリギリのフリクションでヘツリ、登る。
適度な緊張感がこの沢の醍醐味だ。
 
山道では汗をかくほどだったが沢筋はヒンヤリとして少々寒い。
出来るだけ水に入らないように、と飛び石で渡渉しようとして滑った。
見事に半沈、パンツまで濡れて震えあがる。
 
どうせ濡れるのだから最初から水に入ってしまえばいいのに、毎回同じことを繰り返してしまう、どれだけ学習能力が無いのだか。。
ただ、一度濡れてしまえばもう怖いものは無い、ざぶざぶと沢に浸かり、飛沫を浴びながら小滝を登る。
楽しくなってきた、やっぱり沢はこうでなくっちゃ。
 
なんだか釣りをするのが面倒になってきたが、せっかく竿を持ってきたのでイワナの顔を拝んで行かなければ勿体ない。

渓相が落ち着いてきた所から竿を出す。
Dscf3595_600x800
水量が多くて毛鉤で狙えるポイントが少ないが釣りにならないほどではない。

しかし、まったく反応が無い。
しばらくはただ竿を振っているだけの遡行が続く。
Dscf3596_800x600
 
いつもはこの滝までで数匹は出ているのだけど。。
Dscf3597_800x600
 
水量が多いと、普段は水線で歩ける所も巻いたりヘツったりしなければならない。
Dscf3599_800x600
こうなると釣り竿が邪魔になってくる。
 
釣り始めて1時間くらいたってようやく最初の1匹。
Dscf3601_800x600
6寸のおチビちゃんが今年の初イワナだった。
 
こんなポイントで出た。
Dscf3603_800x600
いつもは飛ばしてしまう小場所だけど、今日はポイントが少ない。
 
ようやく谷に日が差し込んで、すこし暖かくなってきた。
Dscf3604_800x600
水生昆虫が飛び始め、やっと瀬尻から走るイワナを見るようになってきた。
 
2匹目。
Dscf3609_800x600
少しサイズアップしたけど7寸。

上流から生暖かい風が流れてくるようになった、気温が上がって来れば魚の活性も上がるはず。
 
このポイントで左のタルミに毛ばりを漂わせると、岩の下からイワナが浮かび上がって反転するのが見えた。
Dscf3618_800x600

8寸、ようやくこの沢らしいサイズが釣れた。
Dscf3615_800x600
 
滝に到着。
Dscf3627_600x800
奥秩父でも有数の美瀑、この滝を見るためだけでもこの沢を遡行する価値がある。

水量が多いので迫力満点、振動を感じるほどの瀑音と瀑風を浴びていると鳥肌が立ってくる。
 
滝を堪能し、巻きにかかる。
ここ数年、ここまでで満足して納竿することが多く、この上に行くのは久しぶり。
 
巻き道にひっそりとシャクナゲが花を咲かせていた。
Dscf3628_800x600
 
ここから魚の反応が良くなってきた。
Dscf3642_800x600
このサイズを数匹追加。
 
最後の悪場、ゴルジュの奥に2つの滝が懸かる。
Dscf3637_800x600
以前、友人と中央突破を試みた事があるが、2つ目がどうしても越えられなかった。
 
左岸から大巻き。
Dscf3638_800x600
なんかすごく怖いんだけど・・
巻き道薄くなった?
いや、年を取ったせいか。若い頃はこんな所鼻歌交じりで越えていた。
 
ここからは平坦な渓相になる。
Dscf3640_800x600
昔はひどく荒れた印象を受けた区間だったけど、現在は落ち着いていい感じ。
 
ここでまた数匹追加。
Dscf3651_800x600
今日最大、9寸にはちょっと足りないか。
この沢らしいきれいなイワナ。
 
支流が滝で出合う。
Dscf3643_800x600
今日は支流の方が水量が多そう。
 
この上は流れが細くなってポイントも小さくなる、少し釣り上がって納竿した。
 
最終的には十数匹釣れただろうか、型は8寸止まりで今ひとつ。
まあ贅沢は言えないか、条件を考えれば上々の釣果だと思う。
 
帰路は怪しい踏み跡を使って下山。
ミツバツツジが満開だった。
Dscf3665_800x600  
最後の林道で今年初めてハルゼミの声を聞いた。
一年で一番いい季節がやってきた。

 
 

« 人見尾根から大遠見山、西平山 | トップページ | 酉谷山 檜尾根から立橋尾根 »

釣り」カテゴリの記事

沢登り」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
今年初の源流釣りですか。新緑もイワナの色も巻き道の石楠花の色も実にいい。本当にいい季節です。
私もJICKY さんに刺激を受けて、昨年より山行時にリュックに竿と毛針を忍ばせることが多くなりました。釣果はなかなかJICKY さんのようにいきませんが(苦笑)。

十津川村さん
いい季節になりましたね、山を歩いているだけで幸せな気持ちになれます。
十津川村さんも毛鉤釣りをされるのですね、餌を用意しなくても良いので手軽ですよね。
私はもともと釣りが専門でしたけど、最近は山歩き沢歩きの方が楽しくなって、釣りは2の次になりつつあります。
源流のうぶなイワナばかり相手にしているので、腕の方は全く上達しません。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新緑の源流へ:

« 人見尾根から大遠見山、西平山 | トップページ | 酉谷山 檜尾根から立橋尾根 »