JICKY のブログ

フォト
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 三ツ山から和名倉山 | トップページ | 新緑の源流へ »

2018年5月 7日 (月)

人見尾根から大遠見山、西平山

 5月5日、奥武蔵の低山を歩いてきた。

先週の山行からちょっと風邪気味で体調が今ひとつ。
山歩きを始めてから体質が変わったのか、ほとんど風邪をひかなくなったのだが、今回は久しぶりに微熱と鼻水、のどの痛みに咳という典型的な風邪の症状が出た。

連休の後半も家で静養していたのだけど、残り二日になってだいぶ回復してきた。
なんとなく体が浮ついているような感じが残るものの、ほかの症状は治まってきたので、ここは一気に山に行って治してしまえと、リハビリを兼ねて半日コースの軽い山歩きに出かけた。

宿題として残っていた人見から蕨山に登る尾根を歩き、下りは以前登った西平山の尾根を下ろうと思う。

ルート図

ここは登山口も下山口もバスでアクセスできるのだが、名郷行きのバスは大混雑が予想されたので車を使った。
 
下山口の林道わきに車を停めて小殿バス停まで歩き、人見までバスに乗る。
5分遅れで来たバスは予想外にガラガラで5人くらいしか乗っていなかった、みんなさわらびの湯で降りたのだろうか?

人見でバスを降り、橋を渡って人見入り沿いの林道に入る。
Rimg4192_800x600

すぐに東電のポールがあり、鉄塔巡視路で尾根に取り付いた。
Rimg4193_800x600
 
明確な道を登って稜線に乗るとブル道が通っていた。
Rimg4198_800x600
 
植林の中1本だけ残っていた大きなコナラ。
Rimg4199_600x800
 
すこし行ったところでブル道は尾根を越えて下って行った。
Rimg4200_800x600
 
ここからは植林帯の急登が続く。
ここまで体調に不安があったのでゆっくりと歩いていたのだけど、どうやら問題なさそう。
今日は距離も短いのでここからペースを上げて登って行く。
 
尾根の左側は比較的手入れされたスギ林。
Rimg4201_800x600
 
右側は放置されて荒れ気味のヒノキ林。
Rimg4202_800x600
 
やがて両側ともスギ林になる、ずっと1本調子の急登で少々キツい。
Rimg4204_600x800
 
左に雑木林が見えてきたと思ったら再び植林になり、代わって右側が雑木林になった。
Rimg4205_800x600
 
アカドウダン。
Rimg4214_800x600
 
ヤマツツジが開き始め。
Rimg4218_800x600
 
ペースを上げているせいかやたらと喉が渇く。
思ったよりこの尾根の登りはキツい。
 
750m付近で右からの尾根を合わせるとようやく斜度が緩んで一息つける。
下山後にヤマレコを見たらこの支尾根も登れるらしい。
 
その先はまた急登、しかも尾根が広がって踏み跡が乱れるので余計に体力を使う。
 
木々の合間に名郷からの登山道の尾根が見えてきた。
もうひと踏ん張りで登山道に出るはず、と登って行くと・・・

白い花?あれはもしや?
 
シロヤシオだった。
Rimg4219_800x600
まさかこんな所で見られると思わなかったので嬉しい誤算。
 
さらに登ると
Rimg4247_800x600
 
Rimg4264_800x600
 
ちょっとした群落があってなかなか見ごたえがあった。
登山道から外れた所でこういう出会いがあると得をした気分になる。
 
ただ、花はもう盛りを過ぎて散り始め。
Rimg4252_800x600
タイミング的にはギリギリだった、本当に運が良かった。
 
ここから一登りで登山道に出る。
蕨山の展望台から下って最初の小さな登り返しが尾根の起点だった。
 
展望台まではすぐだが、人に会いたくなかったのでそのまま登山道を下る。
頂上に未練はないのだけど、こういう歩き方をしていると記事のタイトルに山名を載せられなくなってしまうのが困るといえば困る。
 
登山道を下って西平山への分岐へ。
Rimg4275_800x600
入り口が通せんぼされていた。
 
植林と自然林の境目を行く、以前より踏み跡が明確になっていた。
Rimg4276_800x600
 
大遠見山を過ぎて
Rimg4278_800x600
 
林道をかすめる所で今日初めての展望が開ける。
Rimg4281_800x600
武川岳から伊豆ヶ岳。
伊豆ヶ岳はここから見るとなかなか格好良い山だ。
 
西平山への登りで今日初めて人と会った。
ここは結構歩かれているので不思議はないが、私と同じライペンのザックを背負っていたのでちょっと嬉しくなった。(この日は私は違うザックだったが)
山でこのザック見たのは初めてかもしれない。
 
西平山から林道を越えて下ると右側が一瞬開ける。
金毘羅尾根と鳥居観音が見えた。
Rimg4284_800x600
 
植林帯を下ってゆくと、いつのまにか尾根に沿ってブル道が出来ていた。
かつての道も一応残ってはいるが、刈り捨てられた丸太や枝に塞がれて歩けなくなっており、仕方なくブル道を歩いて下る。

結局そのまま林道に降りた。
Rimg4290_800x600
残念な終わり方だが、他人様の山を勝手に歩かせてもらっている身分では文句も言えない。
各地で人工林が放置されている中、ここでは林業がちゃんと成り立っているのだ。
 
時間は1時、ちょうど半日の山行で良いリハビリになった。
まだちょっと喉がいがらっぽいが、これは帰ってアルコール消毒すれば問題ないだろう。
 


※今回のシロヤシオ、良い見つけものをしたと喜んでいたら、しっかりヤマレコに載っていた。行く前に目にしなくて本当に良かったと思う。
 

 

« 三ツ山から和名倉山 | トップページ | 新緑の源流へ »

トレッキング」カテゴリの記事

コメント

ダンボールとの格闘がまだまだ終りません。
人見からの上りでシロヤシオの群落に会われましたか。来週こそは歩きに行こうと思っていますが、行きたい場所が増えすぎて困ってしまいました。

おっしゃるように、軽い疾病には「軽めの山行+アルコール消毒」が一番効きますよね。でも一般の人にはお勧めできませんが(笑)。

十津川村さん
今回の山行でも貴著の記録を参考にさせて頂きました。
まさかシロヤシオに会えるとは思っていなかったので幸運でした。

実はこの後すこし症状がぶり返してしまいました、もしかするとアルコール消毒が充分でなかったのかも知れません。
昨日は少々ハードな沢に行ってきたので、今回は念入りに消毒しておきました。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1662162/73429932

この記事へのトラックバック一覧です: 人見尾根から大遠見山、西平山:

« 三ツ山から和名倉山 | トップページ | 新緑の源流へ »

最近のトラックバック