JICKY のブログ

フォト
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月22日 (月)

三合落

 日曜日、両神の三合落(さんごうつ)という山に登ってきた。

ルート図
(*リンク先のURLが違ってました、スミマセン)

この山、昭文社の山と高原地図では両見山と記されている。
かの原全教氏も著書でそう記しているとの事だが、地元の両神村では昔から三合落と呼ばれていたそうで、両見山はそこから北北東に延びる尾根上の748ピークの事を指すそうである。
昔から住んでいた人たちがそう呼んでいたのに、後から余所者が勝手に呼び名を変えてしまうなどというのはヒドイ話である。
なので、この記事では三合落とさせていただく。

 
朝6時45分、薬師の湯バス停で日向大谷行きのバスを待つ。
Rimg4191_640x480  
・・・・・
またしてもバス来ないんだけど・・・(汗)
 
正月の事があったので、まさか日曜日は始発が無いなんて事はないよなあ?と時刻表を見るが何も書いてない。
スマホでネットを再度調べてみるもそんな事は書いていない。
電話して確認しようか、と思っていたら4分遅れでバスが来た。
ああ、良かった。
 
乗客は私一人。
浦島口で降車ボタンを押すと、運転手さんが怪訝な顔で「浦島口で良いんですか?」と聞いてきた。
山登りの恰好をしていたので、当然終点の日向大谷から両神山に登るものと思っていたようだ。
「ここから両神山に登るの?」と聞くので、「いえ、三合落から四阿屋山の方に戻ります」と答えたが、よく分からなかったようで不思議そうな顔をしていた。
 
バス停から沢沿いの林道で浦島を目指す。
Rimg4192_640x480
 
林道を延々と歩くのはかったるいので、この辺から適当に尾根に取り付いてしまっても良かったのだけど、昔の修験者たちは浦島の両神御嶽神社から両神山に登ったらしいので、その道を辿ってみたい。
 
氷点下の冷え込みの中、林道を歩いてゆくと三合落と思しき山が見えてくる。
Rimg4194_640x480
奥の稜線上の双耳峰が三合落。その手前に見えるのが両見山と思われる。
 
林道沿いの集落から薪を燃やす煙の匂いが漂ってくる、なんとも良い雰囲気である。
・・などと気分よく歩いていたのも最初のうちだけで、しばらく行くと林道は斜度を上げて山腹を登り始める。
山道と変わらないような急坂を登るうちにうっすら汗をかいてきた。一度ザックをおろして中に着ていた薄手のフリースを脱ぐ。
 
林道の終点の集落でちょっと迷いながら両神御嶽神社の里宮(金剛院)に到着。
Rimg4197_640x480  
登山の無事を祈願してから、登り口を探す。
 
民家の敷地のような所を通らせてもらって、神社の裏手に出ると小さな墓地があり、その上に藪に埋もれかけたブル道が上に続いていた。
これを使って尾根を目指す。
Rimg4200_640x480
 
予想通りこの道は林道の支線につながっていた。
Rimg4201_640x480
林道に上がった所でアウターシェルも脱ぐ。
気温は低いが風が無いので今日は薄着で歩いても問題なさそうだ。
 
ここから尾根に取り付いたが、
Rimg4202_640x480
 
尾根に上がってみたら、すぐ先のカーブから簡単に上がれる道が付いていた。
Rimg4203_640x480
 
大きなコナラの木。
Rimg4204_480x640
 
主尾根に乗るとちょうど二つのピークの鞍部に出る。
南側の748ピークに両神神社の奥の院が建っていた。ここが本来の両見山。
Rimg4206_640x480
 
ここからは明確な道が尾根上に続く。
Rimg4209_640x480
 
順調に歩いて、8時40分892ピークに到着。
ここで小休止。風が無いので日差しのぬくもりが感じられる。

目の前に見える三合落まではかなりの急坂。
Rimg4214_640x480
 
最初はこんな感じで普通に歩けたが・・
Rimg4215_480x640
 
二次曲線的に傾斜がキツくなり・・
Rimg4216_480x640
 
最後はほとんどクライミングになる。
立ち木や根っこに掴まりながら三点確保でなんとか登る感じ。
尖った尾根の右側は切れ落ちた崖で、落ちたらまず助からない。
正直、恐ろしくて写真を撮っている余裕も無かった。
 
「秩父藪尾根単独行」ではここを下っており、ネットでも下った記録が見られたが、マトモな神経でクライムダウンできるような所ではない。
高所平気症の人以外はここを下ろうなどと考えない方が良い。
 
どうにか三合落に辿り着いてホッと一息。
Rimg4218_640x480
拭った汗の半分は冷や汗だったかもしれない。
 
両神山が間近に見える。
Rimg4222_640x480
あのギザギザの稜線をあそこまで歩くのはまさに修行である。
あんなヤバい場所が出てくるようだと、私には絶対に歩けない。
山岳信仰恐るべし。
 
小休止の後、来た道を少し戻って四阿屋山に続く尾根を下ってゆく。

地形図ではかなりのヤセ尾根に見えるが、思ったほどではない。
950m圏の小ピークから下った鞍部に標識と石祠があった。
Rimg4226_640x480
ここが外山峠らしい。
尾根の両側に結構明確な踏み跡が下っていた。
 
その先、ピンクテープがやたらと付けられた鹿よけネットが出てきた。
Rimg4228_640x480
何のためにこんなにテープ付けてんだろ?と思いながら進み、あれ?ちょっと下り過ぎでは?とコンパスを見たら北に下っていた。
危ない危ない、ネット沿いに付けられた踏み跡に騙されるところだった。
正しいルートはネットの手前で右に下っていた。
 
相変わらずミスが多いが、多少はリカバリーが早くなったかも知れない。

その先、850m圏の小ピークで早めの昼食休憩。
植林帯であまり気持ちの良い場所ではないが、この先でちょっと面倒な場所があるのでその前に一服したかった。
 
小さな陽だまりに腰をおろしてコンビニおにぎりとカップうどんの昼食。
食後にインスタントコーヒー。
久しぶりにのんびり昼飯を食えた。
 
歩き出すとすぐに鈴の音が近づいてきた、こんな道を歩く物好きがいるのか?と思ったら猟犬である。首に発信機を付けた甲斐犬で、しばらく私の周りをウロウロしていたがいつの間にかいなくなった。やたらと吠え掛かってくるバカ犬じゃなくて良かった。
 
さて、ここからのルート取りがちょっと難しい。
この先で主尾根を外れて東の四阿屋山方面に向かう尾根に乗り換えなければならない。
Photo  
 
慎重に左側の斜面を見ながら歩いてゆく。
と、落ち葉に埋もれた踏み跡を発見。
Rimg4229_640x480
赤いプラ杭があったが、これはどうやら好事家がつけたマーキングらしく、この先正解尾根までの道筋に点々と設置されていた。
 
おかげで簡単に難所を通過、あとは尾根に付けられた明確な道を辿って行くだけだ。
Rimg4230_640x480
 
昼過ぎに四阿屋山に到着。
Rimg4231_640x480
 
入れ替わりで年配のパーティが下って行ったので静かな山頂でゆっくりと一服。
 
ここからの下りでまた膝が痛み出した。
前回までは右ひざが痛んだのだけど今日は左ひざ。
両方いっぺんに痛くなったらしばらく山には行けないなあ。などと弱気になる。
 
出来るだけ楽そうなルートで下ってゆくと、保護柵で囲まれた斜面に一輪だけフクジュソウが咲いていた。
Rimg4235_640x480
色の少ない冬の山で花に出会えると嬉しくなる。

膝をかばいながらゆっくり下って薬師の湯に下山。 
Rimg4237_640x480

 
春を感じさせるような陽気で気持ちのいい山行だった。
ただ、明日は関東でも雪が降るようなので、当分は残雪の様子を見ながら安楽な山を歩くことになりそうだ。
 
 




 


 

2018年1月15日 (月)

高滝湖でワカサギ釣り

 日曜日、farwaterさん、ジョニーさん高滝湖にワカサギ釣りに行ってきた。

久しぶりに釣りの記事。

今シーズンはいつもの円良田湖がワカサギ釣りの営業をしていないこともあり、行く機会をのがしてしまっていた。
山歩きや渓流釣りは一人で行くのが全く苦にならないし、むしろ楽しいのだけど、ワカサギを一人で釣るのはなんとなく寂しい。
寒い中での釣りは修行のようで辛い上に釣り場までの運転も億劫だ。
 
なので今回お二人にお誘いいただき、一も二もなくご一緒させてもらう事にした。
 
朝3時に出発して5時前に高滝湖に到着。
管理事務所前にはすでに順番待ちのクーラーボックスが20個ほど置かれていた。
ワカサギは朝一番が勝負なので皆さん気合が入っている。
 
6時過ぎに事務所が開くのを待って受付を済ませ、目の前の釣り場へ。
ここはボートかドーム桟橋での釣りになる。今回は安楽なドーム桟橋で釣る。
浮き桟橋をビニールハウスで覆っただけで暖房などは無いのだが、今の時期、風をしのげるだけでもずいぶん違う。
 
早速準備をして仕掛けを投入。
Dscf3519_640x480
 
すぐにアタリが出るがなかなか鈎掛かりしない。
 
なんとか1匹目。
Dscf3518_640x480
ワカサギ釣りをやったことのある人なら察しがつくと思うが、こういう写真を撮っているという事はあまり釣れないという事である。
本来なら朝一のこの時間は入れ食い状態で、写真など撮っている暇があってはならないのだ。
 
それでもポツポツと釣れ続けていたのだが、日が昇って明るくなってきたらパッタリとアタリが止まってしまった。
ここまでの釣果は20匹に満たない・・
Dscf3520_640x480
当初は1束を目標にしていたが、半束に下方修正。いや、それすらも危ういかも?

同じドーム内でも、反対側で釣っている人たちはしっかりと釣れている。
どうも、桟橋の影になる西側に群れが片寄っている様子。釣り座の選定を誤ったか。。
 
満席で移動もできないので我慢して釣っていたのだが、しびれを切らして外の桟橋の様子を見に行ったfarwaterさんがすぐに2匹のワカサギを手に戻ってきた。
周りに聞こえないように小声で「外の方が釣れますよ」と教えてくれた。
行ってみると、確かにアタリが多い。

気づかれないようにさりげなく3人で外に移動。
だが、この手の情報はあっという間に伝わってしまうらしく、すぐに外桟橋は釣り人で埋まってしまった。
 
外ではそれまでの沈黙がウソのような入れ食いで、ここで50匹ほど追加。
目標を一束に再修正する。
しかし、昼近くになるとここでも釣れなくなってしまった。
風も出てきて寒くなってきたのでドーム内に戻る。
 
もう反対側でも釣れなくなっており、昼を過ぎると帰り始める人が出てきた。
 
1時を過ぎて、また外の桟橋でアタリが出始めたが、移動してすぐに根掛かりで仕掛けを失ってしまい、気力も失せた。

結局私は88匹と目標に12匹届かなかった。
お二人はしっかり100匹以上釣っていた。さすがである。
 
釣果はすべてカラ揚げに。
Rimg4198_640x480
ほとんど子供に食われてしまった。(笑)
 

 
久しぶりの釣り。お二人のおかげでとても楽しい一日になった。
車を出して運転までして下さったfarwaterさん、ジョニーさん、どうもありがとうございました。
 
 
 

2018年1月 8日 (月)

釜ノ沢五峰

 7日、小鹿野の釜ノ沢五峰を歩いてきた。

ルート図

今回は先日の山行で置き忘れてきたストックの回収が主目的。
ただ、それだけのために秩父まで行くのは勿体無い。
どうせ車で行かなければならないので、久しぶりに家内を連れて半日コースのハイキングをしようと思ったのである。

まずはストックの回収。
数年前に秀山荘のワゴンセールで買った安物で、わざわざ取りに行かなくても良いのだけど、まだまだ使えるし、放置してゴミにしてしまうのは心苦しい。

大指集落から荒れた林道を進んで先日の下降点に。
私の車でも亀にならず、なんとか入ってゆく事が出来た。

尾根に乗るとやはりここに置き忘れていた。
Rimg4194_640x480
無事に回収完了。

車で山の反対側に向かい、札所32番法性寺へ。
駐車場に車を置いて歩き出す。
Rimg4196_640x480
花浄土協力金とやらを払って奥に。

岩を削って作られた足場を頼りに急斜面を登って行くと、奇岩がある。
Rimg4198_640x480
中はこんな感じ。
Rimg4199_640x480

さらに登って行くと奥の院。
お船岩という巨岩があって、鎖場を登った上に観音像があるらしい。
家内がこんな所登りたくない、というのでパスして先に。
Rimg4200_640x480
月光坂を登ると

再び岩窟があった。
Rimg4201_640x480

この辺は近年パワースポットとして人気があるらしいのだが、私はその手のモノに少々胡散臭さを感じてしまう。

樹林帯から岩尾根に乗る、結構な高度感。
Rimg4203_640x480

黒部幹線の鉄塔に到着。
Rimg4204_480x640

ハイキングコースはここから釜の沢へ下ってゆくが、そのまま尾根を登って行く。
道は多少悪くなるが、問題なく歩ける。

478の三角点から両神山と二子山が見えた。
Rimg4209_640x480
先日は雪化粧していたけど、もう普段の姿に戻っていた。
ここから見る二子山は、とても人が登れるような山に見えない。

565のピークでハイキングコースと合流。
Rimg4212_640x480
釜ノ沢五峰へ下ってゆく。

Rimg4213_640x480

五ノ峰
Rimg4214_640x480

 
四ノ峰
Rimg4215_640x480    
 
鎖場を登って
Rimg4216_480x640
 
三ノ峰。
Rimg4217_640x480
ここは好展望。
長尾根の向こうに武甲山と横瀬の二子山。
Rimg4220_640x480
長尾根はここから見ると平らな土手のように見える。
 
さらに鎖場を登って。
Rimg4221_480x640
 
ニノ峰へ
Rimg4222_640x480
三ノ峰に読めるが二である。
 
ここは家内は登れないというので巻き道でパス、私一人で登った。
 
最後の一ノ峰。
Rimg4224_640x480
 
この下りは雪があったら怖そう。
Rimg4225_640x480
 
ここからは植林帯の急下降。
どういう訳か途中で道を外してしまった。
明確な踏み跡とマーキングがあったので、ずいぶん荒れているな?と思いつつも下って行ったら、右から正規の道が降りてきた。
落ち葉が積もって分かりにくいとはいえ、ハイキングコースで道を失うとは情けない話だ。
 
ともあれ、無事に登山口に下降。
Rimg4227_640x480
 
ここは逆ルート(本来の順路)で歩いた方が良いかも知れない。
二、三峰の下りが鎖場になるが、どちらにも巻き道があるので戻って巻けば良い。
 
あとは車道を歩いて法性寺に。
家内と一緒なのでずいぶんゆっくり歩いても3時間のコースだった。
低山のわりに展望も良くてなかなか面白いコースだと思う。
 
品刕と絡めて横断ルートをいずれ歩いて見よう。
 
 
 

 

2018年1月 4日 (木)

品刕

 3日、品刕(しなしゅう?ひんしゅう?)という山に登ってきた。
 
ルート図

朝5時に家を出て6時48分西武秩父駅に到着。
7時発の小鹿野車庫行きのバスを待つ。
 
・・・・あれ?バス来ないけど。。

停留所の時刻表をよく見ると、今日までは特別ダイヤで小鹿野行の始発は8時25分なのだった。。
そういえばネットで乗り継ぎを確認した時に「年末年始の時刻表は運行会社に確認してください」って書いてあったっけ。
うっかりしていた、なんでこんな大事なことを確認しなかったのだろう。
 
後悔しても仕方がない。駅の待合室で時間をつぶして8時25分のバスに乗る。
 
9時に原町バス停着、ここから歩き出す。
 
風殿(ふっと)大橋で赤平川を渡る。
Rimg4194_640x480_2
目指す伊豆沢左岸尾根が見えてきた。
 
「続・秩父藪尾根単独行」の記述を頼りに突き当りを右に行くと、すぐに擁壁に付けられた階段があった。
Rimg4195_640x480_2
ここから尾根に取り付く。
 
藪っぽい踏み跡を登るとすぐに墓地があり、ここで道が消える。
右手のけもの道のようなうすい踏み跡を辿るが、すぐにこれも消えた。
大した傾斜でもないので、無理やり斜面を直登して尾根に乗る。
Rimg4196_640x480_2
尾根上には明確な道があり、一登りで立派な祠の立つピークに着いた。
Rimg4198_640x480_2
多分、もう少し尾根を回り込んだ所に正規の入り口があったのだろう。
ただ、この手の無駄足は嫌いではない。
 
その先も明確な道が続き、快適に歩ける。
Rimg4201_640x480
スタートで出遅れたので少しペースを上げて歩く。
日が短い時期なので、下山が遅くなってヘッデンで下降するような事だけは避けたい。
 
安谷さんはこの対岸のルートを半日コースだと言っていたが、鬼のような健脚を持つ人の話なのであまり信用しないほうが良い。
 
黒部幹線の鉄塔に到着。
Rimg4202_480x640
 
10時に安曇幹線の鉄塔跡地に到着。
Rimg4203_640x480
ここは大平戸山と言うらしい。
 
白く化粧した両神山が見えた。
Rimg4205_640x480
展望は良いのだけど、北西の季節風が強くて寒い。
休憩する気にもなれず先を急ぐ。
 
この尾根は里が近いので、かつてはかなりの往来があったのだろう。
小ピークや、かつての峠道だったらしい鞍部にはそこここに山の神が祀られていた。
これもその一つ。雨避けの波板で覆ってあって、今も大事にされている事が分かる。
Rimg4208_640x480
 
壊れたアンテナ。
Rimg4209_640x480
これは麓の集落の共同アンテナだったのだろうか。
 
矢印の刻まれた石標。
Rimg4210_640x480
 
屋根が無くなった石祠。
Rimg4211_640x480
 
山日神と読むのだろうか?
Rimg4214_640x480
 
道は明瞭だが、支尾根にも同レベルの道が付けられているので間違えないように慎重にルートを取る必要がある。
特に東方向に延びる尾根には何度か騙されそうになった。
今回は道に迷っている時間は無いので、怪しそうな分岐では必ず地図とコンパスで方向を確認したが、場所によっては5分おきに地図を見るようで忙しい。
その都度、強い風に地図を飛ばされそうになる。
 
11時半、空腹に耐えられず、天狗堂山と呼ばれるらしい616ピークの手前で小休止。
風裏になる斜面に寄り掛かるようにしておにぎりだけの昼食。
お湯を沸かして暖かいものを口にしたかったが、ストーブを置ける平地がない。

ここまで、急がなくてはという気が先に立って、一度給水しただけでほぼ歩き通しだったが、あらためて地図を眺めると品刕までもういくらもない。
気持に余裕が出て、今日初めてのタバコを1本。
 
昼過ぎに品刕に到着。
Rimg4216_640x480
風はさらに強くなって、冷たい風がこれでもかと吹き付けてくる。
 
寒いので地図で方向を確認しただけで出発。
あとは地図上の破線路を辿って白久まで降りるだけだ。
道を間違えなければ2時過ぎには駅に着けるだろう。
 
ところが、気が緩んだのかこの先でルートミス。
 
644ピークからの下りで東電ポールを見つけて、あとはこれを追っていけば良いと勘違いしてしまった。
Rimg4217_640x480
鉄塔に着いて地図を見ると方向が全然違う。
南に下っているはずが西に向かって歩いている。
軽く混乱して現在地が分からなくなった。
仕方なくスマホのGPSを見る。
やはり全然違う尾根に乗ってしまっていた。
 
ここまでしつこいくらい地図を見て方向を確認していたのに、なんでここで間違えてしまうかなあ・・
 
さて、どうしたものか。
時間はあるので引き返しても問題ないが、地図を見るとすぐ下に林道が通っている。
このまま下って林道に降りられれば、そのまま贄川に下山出来そうだ。
毒を食らわば皿まで、とそのまま進んでみる。
 
尾根の末端で真下に林道が見えた。
だがそこはザレた斜面でコンクリの擁壁もある。
落ちて死ぬような高さではないのでそのまま降りてしまおうかと思ったが、念のためにロープを使った方が良さそうだ。
 
ところが、ザックに入っているはずのロープが無い!
この所毎週のように山に行っていたので、中身を入れっぱなしで確認していなかった。
今日はうっかりが重なるなあ。。
 
無理して怪我をしては元も子もないので、登り返す。
と、右側の斜面の先、林道が右にカープする所は擁壁も切れて傾斜も緩そう。
そこまでは急斜面のトラバースになるが、幸い樹林帯なので立ち木に掴まりながら行けばさほど危険は無さそうだ。
 
慎重に斜面をヘツって進んでみると、藪に埋もれかけた踏み跡が下っており、難なく林道に降りることが出来た。
Rimg4219_640x480
ホッと一息。
林道を南に歩いてゆく。
地形図通り、その先少し行った尾根で林道は途切れていた。
 
地図には破線の表記があるがこれは使えるのだろうか?
とりあえず左手の尾根に乗ってみると、尾根には明確な道が付いていて、緩い傾斜で下に続いている。
破線は沢を上流から回り込むように斜面をトラバースしているが、ここは尾根道を下った方が早そうだ。
はたして少し下った先に沢を渡る橋が見えてきて、遊歩道のような道に降りることが出来た。
 
こんな標識があった。
Rimg4220_640x480
江戸巡礼古道?こんな道があったのか。
御岳山に続く道だろうか?
辿ってみたい気もしたが、これはまたの機会にとっておこう。
 
沢を橋で渡って舗装路に出ると、入り口にも同じ標識が立っていた。
Rimg4221_640x480
やはり一度歩いて見たい道だ。
 
時間も無いので今日のところはこのまま下山する。
 
道を下り始めてふと気が付いた。
「ストックが無い!」
どこで落としたのだろうか?記憶をたどってみる。
どうもロープを探してザックをおろした時にそのまま忘れてきたようだ。
つくづく今日はうっかりが続く。
 
戻って取りに行く気にもなれず、あきらめる事にした。
あの林道に車で入ることが出来れば近いうちに回収に行こう。
 
車道を歩いて三峰口駅に着くと、入れ替わりで電車が行ってしまった。
 
ここまで上手くいかないと、今日はそういう日なのだ、と開き直る余裕も出てくる。
駅前のベンチでシャツを着替え、のんびりタバコを吸いながら40分後の電車を待った。

 
散々な一日だったけど、久しぶりに地図を読みながらの面白い山歩きが出来た。
ここはいつかまた歩いてみたいと思う。
 
 
 







 

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »