JICKY のブログ

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« ナシ尾根から仁田小屋尾根 | トップページ | ハゼ釣り2戦目 »

2017年7月16日 (日)

ハゼ釣り開幕戦

 日曜日、今年初めてのハゼ釣りに行ってきた。

ここ数年、ハゼ釣りは浦安にばかり行っていたのだけど、今年は今のところあまりパッとしない様子。
なので今回は久しぶりに京浜運河に行ってみた。

釣り場は以前よく行った大井ふ頭海浜公園。

涼しい朝のうちに勝負しようと、朝4時に家を出発。
この時間だと下道利用でも1時間で大井に着く。

この時間でもハゼ付き磯は早くも結構な釣り人で賑わっていた。

ここは立ち込まなければならないので足回りは沢靴を履いた、以前サンダル履きで岩場で滑って怪我をしたので用心のため。
 
今話題のヒアリ対策にもなる。かも?(笑)

 
準備をして早速竿を出すと1投目から釣れた。
00010001_360x640
これくらいがアベレージサイズ。
うっかりカメラを忘れてしまってスマホの写真のみ。
 
ハゼの湧きは順調のようで、ほぼ一投一匹で釣れる。
一か所で数匹釣るとアタリが無くなるので、ちょっとポイントをずらすとまた釣れる。
サイズは今ひとつだが、ポンポン釣れるので面白い。
 
今まで仕掛けはハゼスイベルを使っていたのだけど、今回は塙式という仕掛けに替えてみた。
江戸川放水路で10束釣るという名人も使っている伝説の仕掛けらしい。
基本的な形はスイベルと変わらないが、金具を介さない分感度が良くなるはず。
  
使ってみると、確かに感度が良い。
ハゼがエサを咥えた瞬間の微妙なアタリがとれる。
(実際に私がとれているのは半分にも満たないと思うが・・(^^;)
 
スイベル仕掛けに比べると鈎やオモリの交換が面倒なので、根掛かりが多い場所は辛いが、それでもこの仕掛けを使うだけの価値はある。
 
竿尻に伝わる、かすかな「コッ」というアタリで掛ける事が出来ると実に気持ちが良い。
 
 
今日は小潮の上げの時間で、釣っている間にゆっくりと潮が満ちてくる。
それに乗ってハゼが次々と足元に寄ってくるのが見えるので、少しずつ後退しながらの釣り。
 
10匹に1~2匹くらいこのサイズが混じる。
00020001_360x640
掛かった時にキューンと横走りしてくれて楽しい。
 
7時半になると、釣り船が続けて運河を通過してゆく。
波が押し寄せてくるので岸に一時避難。
ザブンザブンと波に洗われ、水が茶色く濁ってしまって、この後はしばらくは釣りにならない。
これを機に引き上げてゆく常連さんが多数。
みんな早朝から来てこの時間まで釣るのが基本らしい。 

濁りが取れるとまた釣れ出したが、そろそろ左手の指先が痛くなってきた。
袖2号の小さな鈎を使っているので、ハリを外す度に強くつまんでいると痛くなるのだ。
フォーセップとかを使えば良いのだろうけど、いちいち面倒だし、手返しも悪くなる。

櫛の歯が抜けるように釣り人が減ってゆき、逆にバーベキューの客が集まり始めてにぎやかになってきた所で納竿した。
 
数えてないが束は超えたはず。
捌けるサイズだけ4分の1ほどキープしたが30匹以上いた。
 
 
来月になればもう少し育って、面白くなると思う。
今年はここをメインに釣ってみよう。

 
釣果は天ぷらで。
Rimg4245_640x480
カラ揚げサイズも頑張って開いていただきました。
 
ハゼの天ぷら最高!(笑)

« ナシ尾根から仁田小屋尾根 | トップページ | ハゼ釣り2戦目 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

ハゼの天ぷら最高!
僕も今年は塙式やってみます。

ダブルさん
ハゼの天ぷら美味しいですよね!
今度はご一緒しましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1662162/71155163

この記事へのトラックバック一覧です: ハゼ釣り開幕戦:

« ナシ尾根から仁田小屋尾根 | トップページ | ハゼ釣り2戦目 »

最近のトラックバック