JICKY のブログ

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 天空のポピー | トップページ | 奇跡の渓 »

2017年6月18日 (日)

芋掘ドッケン

 土曜日、安谷さんにご一緒頂いて芋掘ドッケンという山を歩いてきた。

コース図はこちら

芋掘ドッケン、なんとも不思議な名前の山。
似たような名前で、雲取山の隣に芋ノ木ドッケという山があるが、これは芋の木=コシアブラが多い山という意味でつけられたと聞く。
(実際にはコシアブラはそんなに多くないらしい)

ドッケンはドッケと同意として、芋掘りってどういう意味だろう?
山芋が掘れる山ではなさそう。
滝沢ダムが出来た時につけられた新道に芋掘トンネルというのがあるので、この辺りの地名だったのかも知れない。
 
今回は車2台でのアプローチなので、私の車は下山予定の滝沢ダムに停め、安谷さんの車で登山口の中双里まで行く。
 
朝4時半に出発。
ここから両神山への登山道で白井差峠を目指す。
中津川にかかる橋を渡っていると鹿の群れが河原を駆け抜けて行くのが見えた。
 
集落の中を抜けると、立っているのがやっという斜面にわずかばかりの畑の跡があった。
よくまあこんな急斜面に畑を作ったものだ。
安谷さんの言う通り、この程度の畑で穀物を作ったとしても、集落の人が食っていくには全然足りなかったはずだ。
 
川沿いの集落からずっと尾根の急登。
100mに一度くらいの割合で一瞬傾斜が緩む程度で、終始一本調子の急斜面が続く。
 
こういう登りはひたすら足元だけを見て、1歩1歩地道に踏んで歩くしかない。
途中で上を見たり高度計を見たりすると、絶望感に襲われて余計に疲れてしまう。

標高差800mをたっぷり2時間かけて登り、白井差峠に到着。
Rimg4237_640x480
 
ここからは尾根道。
正規の登山道ではないが、薄く踏み跡もあり、秩父市と小鹿野町の境界標がつけられているので迷う事はない。
Rimg4242_640x480
 
ほとんど展望も無いが、途中の小岩峰から和名倉山が望めた。
Rimg4248_640x480
 
基本的に樹林帯のアップダウンの道だが、たまにこんな岩稜がアクセントを付けてくれる。 
Rimg4250_640x480
 
ミズナラの巨木があった。
Rimg4265_480x640
以前、突出峠で見たミズナラより大きい。
まさにこの尾根の主という風格だった。
 
ほどなく芋掘ドッケンに到着。
Rimg4267_640x480  
 
特徴的な三角点も
Rimg4268_640x480
 
ここで大休止してからさらに尾根を進む。
ここからの下りは尾根が広がって分かりにくい。
 
ここまで点々と続いていた境界標が見当たらなくなり、代わりに農工大の石票が目印になる。
Rimg4270_640x480

少し岩っぽくなり 
Rimg4271_640x480
 
小さな岩峰を登ると
Rimg4272_480x640
 
振り返った方向に登ってきた芋掘ドッケンが見えた。
Rimg4273_640x480
 
その横に両神山も。
Rimg4274_640x480
 
その先で前方に黒い獣が見えた、クマだ!結構でかい!
 
が、カメラをを構えるより早く逃げられてしまった、残念。。
 
さらに進み、岩がちの尾根を過ぎたら三角点があった。
Rimg4275_640x480
倉明山。(三角点名滝ノ沢)
 
あれ?ルートは間違っていないのだけど、ここは主尾根から外れていたはず?
という事はいつの間にか尾根を外していたことになる。
スッキリしないので、来た道を戻って確認に行く。
 
メインの尾根はここから左に下った所に続いていた。
Rimg4276_640x480
踏み跡はおろか、農工大の石票以外は目印の類も全くない。
ここはかなり注意しながら歩いていても見落としてしまうはずだ。
 
倉明山からは植林の尾根を下る。
Rimg4278_640x480
痩せた所は明確な踏み跡があるが、広がると分かりにくい。
 
安谷さんのペースが速く、ついていくのがやっとで地図を見る暇もなかったが、ほぼ予定通りのルートを下ることができた。
 
760m圏で、下に平坦地が見えてくると朽ちた社があった。
Rimg4279_640x480
旧滝ノ沢集落の稲荷神社と思われる。
 
その下に神楽殿跡。
Rimg4282_640x480  

Rimg4285_640x480
倒壊しているが2棟の建物跡があった。
 
ここから作業道のような荒れた道を下って集落跡に降りる。
ここは滝ノ沢望郷広場という公園になっており、看板が立っていた。
Rimg4287_640x480
昭和54年の撮影と書かれた写真には、先ほどの神楽殿がまだ立派な姿で写っていた。
これだけの人がこの集落に暮らしていた事に驚かされる。

そして、安谷さんも言っていたが、子供がいっぱいいる事に違和感というか、どこか異国の出来事であったかのような印象を受けた。
今は山里の祭りは年寄りばかりだという。
子供の数は地域の活性を示すバロメーターだ。
 
この滝ノ沢集落の人たちはダム建設に伴って横瀬に集団移転したそうだ。
ダムで水没する場所ではないので、ここに残るという選択肢もあったはずだが、山里に残って不便な暮らしを続けるより、保証金もらって便利な街に移り住むことを選んだのだろう。
多分、集落内でも数多の葛藤や軋轢があったのではないだろうか。
Rimg4288_640x480
 
この公園も、自分たちが暮らしていた場所を残したいという思いから整備されたのだと思うが、今は放置されて荒れ放題となっていた。
 

ここからすぐ下を走る国道に出て、駐車地の滝沢ダムまではいくらもなかったが、車道の脇に申し訳程度につけられた歩道は所々で夏草に塞がれていた。

 
 
 

 

« 天空のポピー | トップページ | 奇跡の渓 »

トレッキング」カテゴリの記事

コメント

 お声がけいただかなければ、このコースを歩くことができませんでした。ありがとうございました。
 あのミズナラに会えてホントによかったです。
 東半分にも何かあるかも、と期待されます。

安谷さん
こちらこそありがとうございました。
ミズナラの巨木に会えたのはラッキーでしたね。
残り半分の尾根道にも何かあるかもしれません。
煤川峠廃道の探索を兼ねて歩いてみましょう!


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1662162/70896168

この記事へのトラックバック一覧です: 芋掘ドッケン:

« 天空のポピー | トップページ | 奇跡の渓 »

最近のトラックバック