JICKY のブログ

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 中尾根から日向沢ノ峰 | トップページ | 今年初のイワナ釣り »

2017年5月15日 (月)

今年も新潟へ

 今年も恒例の新潟遠征に行ってきた。

本来の目的は浦和レッズ対アルビレックス新潟の試合を観戦する事なのだが、実際にはそれにかこつけての観光旅行の意味合いが強い。(笑)

今年は日曜日の試合なので、前日から新潟入りして観光しようと土曜日の早朝に家を出た。
出発する時に降り出した雨が関越道を北上するにつれて強くなってゆき、花園を過ぎたあたりからは土砂降りになった。

連休明けで、しかも雨の予報とあって渋滞もなく、雨以外は快適なドライブで新潟へ。

幸い関越トンネルを抜けると雨も弱まってきた。
道路脇にはまだ雪が残っている所もあったが、湯沢まで下ると雪も消え、斜面にコゴミの群生が目につく。
山菜も今が良いシーズンだなあ。

最初は燕三条で高速を降りてイチゴ農園へ。
家内の希望で越後姫という新潟でしか食べられない品種のイチゴ狩り。
Rimg4254_640x480
ガラガラでほとんどハウス貸し切り状態。

イチゴを堪能した後は家庭用金物のアウトレットショップへ。
食器や調理用具が格安で売られていて、地元の人で結構賑わっていた。

燕と言えば刃物や金物で有名、確かsnowpeakの本社もこの辺だったはず。
snowpeakのアウトレットがあれば行きたかった。

市内で昼食をとり、下道で新潟市内へ。
街道沿いの大型店舗は地方色が薄れて、ほとんど家の近くを走っているのと変わらない。
コンビニも統合が進んで面白味が無くなった。

30分ほどで新潟に到着。
早めにホテルにチェックインして、夕方から学生時代の友人と市内の居酒屋で食事会。

新潟の食材と地酒を楽しめる店で、美味しい魚と日本酒を堪能した。
00370001_640x360

Dsc_0059_640x360

Dsc_0067_360x640
東京では味わえない地酒が色々とあって、端から飲んでいたので最後は記憶が怪しい。(笑)

翌日は市内の回転寿司で早めの昼食をとって、買い物をするという家内と子供を残して先にバスでスタジアムへ。
00390001_640x360

今回も自由席なので早めに行って席を確保しなければならない。

昨日とは打って変わって良い天気で強い日差しが照りつける中、二日酔いで入場待ちの列に並んでいたらフラフラしてしまった。

おかげで比較的早い時間に入場できたのだが、もう席はほぼ一杯でかなり焦った。
なんとか3人分の席を確保して一安心。

コンコースから飯豊方面の山並みが見えた。
00410002_640x360
 
しかし、今年はビジターエリア狭いなあ。
この時間で満席では席が足りないのでは?と廻りを見たら、いつもは解放されていない2層目のエリアも入れるようになっていた。
ゆっくり座って観戦するのならそちらの方が良いが、せっかくなので声を出して応援しようという事でここで観戦する。
 
00450001_640x360

試合前、コールリーダーが気合を入れる。
「俺たちの声で選手を後押ししよう!勝って浦和に帰ろうぜ!」
一気にテンションが上がり、鳥肌が立つ。

そしてキックオフ。

立ち上がり、なんとなくフワっとした雰囲気で試合に入って、早々に失点。
マークが外れて、簡単にゴール前にボールを入れられてしまった。

先制点に沸き立つスタジアムの空気を打ち消すように浦和レッズコール。
声のボリュームも1段上がって選手を鼓舞する。
 
一発やられて目が覚めたのか、すぐに武藤が同点ゴール!
あまりにも簡単にフリーになってゴールしたのでオフサイド?と思ったが線審の旗は上がっていない。やはりゴールが決まったようだ。
 
いつもはゴールが決まるとその選手のチャントが入るのだが、まだ同点、そのままコールが続く。

早い時間に追いついたことでゲームが落ち着いた。
いつも通りボールを支配して攻撃できるようになり、混乱気味の新潟ディフェンスを翻弄する。
20分に興梠の逆転ゴールが決まると、その後は面白いようにゴールが決まって、前半だけで5得点と試合を決めた。
 
後半も早々に遠藤のゴールが決まり、今日は一体何点取るのだろう?と思ったが、その後は新潟の守備が落ち着いてきて、逆に浦和のミスが目立つようになる。
徐々にゴールを脅かされるような展開に。
 
何度かカウンターのチャンスも作ったが決められず、そのまま試合終了。
 
結局6-1での大勝。
00510001_640x360
 
良かったよかった。
やはりゴール裏で声を出してサポートすると勝った時の満足感が違う。
喉も枯れて、ずっと手拍子していて手も痛むが、それもまた心地よい。
 
 
帰り道も渋滞もなくスムーズに走って3時間半で帰宅。
同志の車が多数走っていて、勝利の余韻に浸りながらのドライブだったので全く苦にならなかった。
 
同じ時間に試合があった鹿島が負けたので再び首位に返り咲き、最高の週末になった。
 
最下位に転落してしまった新潟が心配だが、新監督の下で立て直してなんとか来年もJ1に残ってほしい。
 
 

 

« 中尾根から日向沢ノ峰 | トップページ | 今年初のイワナ釣り »

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

新潟参戦お疲れさまでした。お土産ありがとうございました。
最初はどうなるかと思いましたが、最後は新潟が心配になるような試合でした。キーパーが大谷という事もあって、なんだか微妙な気分でした。
何にせよ、首位に返り咲いたのは良かったです。
このまま走りたいけど、難しいでしょうね。ものすごい団子状態なので、これから先もハラハラドキドキが続きそうです。

kurooさん
先制された時は、大宮戦のようにこのまま守り切られてしまうんじゃないか?と思いましたけど、早い時間に追いつけたので良い時のサッカーが出来ましたね。
今年は点も取るけど失点が多いのが気になります、この先も難しい試合が続くのではないかと思います。
試合後、大谷がゴール裏に挨拶に来てました。
良い選手なので、これからも頑張って欲しいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1662162/70571635

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も新潟へ:

« 中尾根から日向沢ノ峰 | トップページ | 今年初のイワナ釣り »