JICKY のブログ

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 浅間嶺 | トップページ | グミの滝 »

2016年11月24日 (木)

大ドッケ

 23日勤労感謝の日、秩父の大ドッケ周辺を歩いてきた。

先日三ツドッケに登った後、どうせなら秩父の「ドッケ」を全部登ってみよう、と思ったのである。
 
そもそも「ドッケ」とは何か。
私は最初「峠」の転訛だと聞いたのだが、一般的には「尖った峰」の事だと言われているようだ。
ただ、昔の朝鮮語に由来するなどの説もあって何が正解か分からない。
 
そんな訳での大ドッケなのだが、この山には正規の登山道は通じていない。
ただ、地図に描かれていないだけで、川俣から峠の尾根を通って登る道があるというのは知っていた。
 
でもそのルートの往復では面白くないし、行程的に半日もかからないので、そのためにわざわざ行くのも勿体ない。
そもそも大ドッケなんて、最近でこそフクジュソウで有名になったが、本来そこだけを目指して登るような山ではない。
 
地図とにらめっこしながらあれこれ考えていると、細久保谷支流カラ沢右岸の大ネド尾根というのが登りに使えそうな事がわかった。
さらに、浦山大日堂からスタートして、大ネド尾根から大平山に登り、帰りに大ドッケを通って大日堂に下れば「大」づくしの山行になって面白そうだ、などと、例によって下らない事を思いついた。
 
こんなどうでも良い理由で山に登るのは、日本広しといえども私くらいのものだろう。

 
と、いうことでコース図。 
Oodokke
 
コースタイム
7:05(浦山大日堂)-7:25(大ネド尾根取り付き)-8:30(985圏台地)-9:45(大平山稜線)-10:20(大平山)-11:00(大ネド尾根分岐)-10:15(独標)-11:25(大ドッケ)-13:05(地蔵峠)-13:20(浦山大日堂)
 

浦山大日堂の駐車スペースから車道を少し戻り、川俣橋を渡って林道へ。
橋のたもとに置かれた木彫りの河童に「行って来るよ!」と声をかけて橋を渡る。Rimg4232_640x480
ビール片手に釣りをしながら「おお!気をつけてな!」

と言ってくれた・・・ような気がした。

紅葉の細久保谷。
Rimg4233_480x640
しばらく沢沿いに林道を歩く。

カラ沢にかかる橋を渡ると、水道施設がある。 
Rimg4237_640x480
私は小心者なので、初めて歩くルートは事前にネットで調べて行くのだが、それによると、ここの階段から大ネド尾根の派生尾根に乗れるらしい。
取り付きに階段を使えるというのはとても魅力的だが、ここから取り付くと途中で岩場にブチ当たって難儀するとも書かれていた。
 
なのでここはスルーして・・
ここから取り付く。
Rimg4238_640x480
だが、思ったより傾斜がキツくて登れない。
斜面に這いつくばっていたら、丁度通りがかった軽トラのおっさんが不審な顔をしてこちらを見ていた。
軽トラが行ってしまった後、どうにか斜面をトラバースする踏み跡を見つけ、これを使って林道をすぐ下に見ながらしばらく進む。
すると、つぶれた小屋があって、そこからつづら折れで上に登る作業道に乗ることが出来た。
最初からこの廃小屋から取りつくのだった。
 
それでも、この道を使って取り付きの急斜面を越えられたのでずい分楽ができた。
 
途中から道を外れて尾根筋を行く。Rimg4243_640x480
スギとヒノキの境界の尾根を直登。

植林帯の急登を過ぎると自然林になる。 
Rimg4255_640x480
 
あと2週間早ければ紅葉のプロムナードだったのに・・
Rimg4253_640x480

カジカエデ発見。 
Rimg4266_640x480
秩父では見たことが無いと思っていたが、単に私が気が付いていなかっただけだった。

1時間少々の登りで985圏の平坦地に到着。
Rimg4267_640x480
自然林の広い台地が広がっていた。

わずかに残った紅葉の向こうに三ツドッケ方面が見える。
Rimg4271_640x480
尖った山の右が三ツドッケのピークの一つだと思われるが、頂上は雲に隠れていた。

ここからは自然林の中の気持ちよい尾根歩き。
さほど傾斜もキツくなくて、新緑の時期に歩いたら最高だろう。
 
ミズナラの巨木。
Rimg4281_480x640

こんなにいい森なら、野生動物にとって絶好の生棲地だろうなあ、と上を見たら。。 
Rimg4284_640x480
クマ棚多数。
やっぱり。(笑)

この辺りはクマとの遭遇話を多く聞くので、用心のためホイッスルを吹きながら歩く。
 
緩い斜面を過ぎると、一気に100mくらい高度を稼げそうな急斜面になり、そこを登りきると傾斜が緩んで大平山のピークが見えてきた。
Rimg4285_640x480
 
ほどなく大ドッケから続く稜線に出た。
Rimg4290_640x480
稜線に乗った途端、西からの冷たい風が吹きつけてきた。
今まで風裏を登ってきてちょっと汗をかいていたのが、一気に冷やされる。
ウインドブレーカーを着こんで大平山へ向かう。 

この稜線、以前はスズタケの藪をかき分けるように進む道だったらしいが、今は枯れて快適に歩ける。

すぐに登りになり、1465mのピークを越えると左手に林道が見えた。 
Rimg4295_640x480
天目山林道の支線だろうか?

その先の平坦地で道は林道と並行する。 
Rimg4296_640x480

大平山に向かって最後の登りにかかると、林道は山を巻くように左に逸れていった。
おそらくそのまま回り込んで、大平山のさらに先、七跳山に向かう途中の大クビレと呼ばれる鞍部で天目山林道につながっていると思われた。
 
ここで「どうせならそのまま大クビレまで行って、この林道で戻って来ようか?」という考えが頭をよぎった。
そうすれば今回の山行に、さらに「大」を一つ追加できる。
 
そう考えたらなんとなくワクワクしてきて、足取りも軽く大平山へと登る。
 
が、見えてきた山頂付近はガスってる感じ。
Rimg4298_640x480

大平山に到着。 
Rimg4300_640x480

三角点と小さな標識だけの地味な頂上。
Rimg4307_640x480
私はひねくれ者なので、展望も無くほとんど人も来ない、こんなひっそりとしたピークが好きである。

満足感に浸りながら山頂タバコを吸っていたら、パラパラと雨が落ちてきた。
稜線に出てから、ここまでも何回か雨粒が落ちてはきたが、今回はちょっと降りが強い。
急に風も強くなり、一気に寒くなってきたので慌てて合羽を着る。
 
だが、手がかじかんでファスナーがなかなか掛けられない。ついさっきタバコに火をつけた時には何ともなかったのに。。
指先を息で暖めながらなんとか閉めたが、その間にも雨風がさらに強くなってきて、雨に混じって小さな氷の粒がパチパチと合羽を叩き始めた。
 
ふと見ると、たった今登ってきた道がガスに巻かれて消えかかっていた。
「これはマズい!」
直感的に身の危険を感じ、すぐにザックを背負って出発。
逃げるように来た道を下る。
 
もう大クビレどころではない、今はとにかく一刻でも早く下山する事しか考えられない。
恐怖に駆られて早足で歩くと、50Mも下らないうちに雨は止んで視界も開けてきた。
荒天は頂上付近だけだったようだ。
 
それでもまだ雨雲が追いかけてくるような気がして、足を止めることが出来ない。
林道と並行する辺りまで戻ったところで、ようやく少し落ち着きを取り戻して歩をゆるめた。
 
動転していて気が付かなかったが、指先が冷え切って刺すように痛い。
手を擦りあわせたり、息を吐きかけたりして指先を暖めるがなかなか回復しない。
結局、右手の親指だけは家に帰っても痺れたままだった。
もうすこし長くあの状況にさらされていたら凍傷にかかっていたかも知れない。
やはり山は怖い。
  
平常心を取り戻したところで、ゆっくりと大ドッケ方面に歩き始める。
この先は道を外さないよう気を付けて行かなければ。
 
落ち葉に埋もれてはいるが、なんとか道は判別できる。
林野庁の境界標や石標、所々に新しいテープの目印もつけられていて、さほど難しくはない。
ただ、この手の目印だけに頼って歩くと痛い目に遭うので、要所々々で地図とコンパスを出して確認しながら進む。
 
無事に1315の独標に到着。
Rimg4311_640x480
ここが本来の大ドッケだとの説もある。

矢岳の向こうに両神山が見えた、あっち方面は晴れているような感じ。
Rimg4318_640x480

ちょっと下って登り返す小さなピークが
Rimg4321_640x480

大ドッケだった。
Rimg4322_640x480
思ったよりも小さなピークで、大ドッケという感じがしない。

武甲山から大持山の稜線が見えた。
Rimg4326_640x480_3

ここから東側の尾根を下る。
Rimg4327_640x480
間違えないようコンパスで方向を確認しながら下るが、方向的には正面に見える大持山を目指して進めば良いわけで、ここまで来ればもう間違いようもない。

鹿避けネットがあったが、これはあまり意味をなしていないような・・ 
Rimg4328_640x480
 
右側の視界が開けたところで、登ってきた大ネド尾根が見えた。 
Rimg4330_640x480
自然林の良い尾根だ、今度は新緑か紅葉真っ盛りの時期に歩いてみたい。

1050m付近でまた尾根が分かれる。 
Rimg4331_640x480
ここはマーキングが無かったら間違えそう。

  
標高900mくらいから紅葉が戻ってきた。 
Rimg4333_640x480

目に鮮やかな紅葉でなくても、色づいた森を歩くのは気持ちがいい。 
Rimg4336_640x480

新秩父線61号鉄塔。 
Rimg4338_480x640

春に歩いた高ワラビ尾根が見える。 
Rimg4340_640x480
あまり楽しい尾根ではなかったが、遠目に見ると恰好良い。
 
ここからは鉄塔巡視路を下って、地蔵峠へ。
Rimg4345_640x480
ここまで下ればもうすぐ。

林道手前の倒木にムキタケが出ていた。 
Rimg4349_640x480

無事に登山口に到着。
Rimg4350_640x480

ただいま~! 
Rimg4351_640x480

13:20分、駐車地の大日堂に帰着。 
Rimg4352_640x480
 
予定より早く下山することができた。
 
山頂の天候急変でちょっと怖い目に遭ったが、無事に下山出来て良かった。
大クビレに寄れなかったのが心残りだが、この山域は良い時期にもう一度歩いて見ようと思う。
 
 
 
 
 

« 浅間嶺 | トップページ | グミの滝 »

トレッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1662162/68551463

この記事へのトラックバック一覧です: 大ドッケ:

« 浅間嶺 | トップページ | グミの滝 »

最近のトラックバック