JICKY のブログ

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月30日 (月)

曇りのち晴れ

 先日入れなかった沢へ再度足を運んでみた。

朝4時過ぎに車止めを出発。
すでに4台ほどの車が停めてあったので、もしかしたら目指す沢にも人が入っているかも知れない。

ヤマツツジは盛りを過ぎていたが、チチブドウダンが満開だった。
Rimg3222_640x480
今年はツツジの当たり年のようで、花の付きが良いみたいだ。

2時間半の行程で入渓点に到着。

が、目指す沢の入り口にはまだ水が滴る足跡が・・・

今回も先行者あり。。

落胆して、しばらく河原でへたり込んでしまった。

釣りだけが目的であればここから本流を釣れば良いのだが、今回は沢の遡行が目的だったのでショックが大きい。

しばし落ち込んでから竿を準備して本流を歩き始める。

前回と同様、足が痺れるほど水が冷たい。
昨日までは夏の暑さだったのに、今日は肌寒くて渡渉のたびに体がこわばる。

イワナの反応も全くなく、テンションがさらに下がる。

集中力を欠いていたのだろう、何でもないヘツりで滑って半沈。
胸まで水に浸かってしまう。

あまりの冷たさに声も出ない。
一気に歯の根が合わなくなるほどガタガタと震えあがる。

着替えなどは持っていないので、そのまま服が乾くのを待つしかない。
よっぽどたき火を起こして暖を取ろうかと思ったが、朝から一人でたき火というのも面倒だ。

とりあえず濡れた服を絞り、合羽を羽織って我慢する。

少しでも体を動かして温まろうと、ペースを上げて遡行。

一応竿は出しながら歩くが、かなりやる気も失って適当に毛ばりを投げていたせいか、全く魚も出ない。

「もう今回はボウズでもいいや、早く脱渓点まで行って帰ろう」

投げやりな気持ちで毛ばりを振っていたら、いつの間にかイワナが掛かっていた。
Rimg3230_640x480
一応ボウズは回避。
ただ、これは釣ったうちには入らないだろう。

日が高くなって少し気温も上がり、寒さも治まってきた。
魚の活性も上がってきたようで、渋いながらもポツポツと反応が出てくるようになった。

反転流に乗せ、岩のエグレに毛ばりを突っ込んで引きずり出した9寸。
Rimg3237_640x480
何か大きなものを飲み込んだようで、異様に腹が膨らんでいた。

予報では午後から晴れとなっていたが、相変わらず太陽は顔を出さない。
それでも少し空が明るくなり、ハルゼミが鳴き出した。
Rimg3241_640x480
やはりこの時期の渓流は気持ちがいい。

時間の経過とともにイワナの反応も良くなってきて、なんとかツを抜けたところで終了点に到着。

帰りの山道ではあちこちでヒラタケが出ていた。
Rimg3248_640x480
状態の良いものだけ選んで採ったが、結構な量になった。
汁物にしてもいいし、ニンニクをきかせてバターで炒めても美味しい。
帰宅後の楽しみができた。


 

散々な目に遭ったが、とりあえずイワナも釣れて、ハルゼミとヒラタケに癒された一日だった。

 
 


2016年5月23日 (月)

山下り

 日曜日、安谷さんが企画してくれた、三峰神社の表参道歩きに参加してきた。

今回はバスで神社まで登り、山道を下るという実に安楽な山行。
こんな山歩きはめったにないので家内と子供も一緒に参加させてもらった。

待ち合わせの大滝村営グラウンドに着くと、すでにkurooさんと安谷さんが準備を済ませて待っていた。

ここから荒川沿いの遊歩道を歩き、大輪のバス停からバスに乗る。
西武鉄道が大々的にPRしているおかげで観光客が増えたようで、バスは2台体制で運行していた。

30分ほどバスに揺られて三峰神社へ。
参拝客で賑わう境内はちょうどツツジが満開だった。 

目の前に和名倉山が見える。
Rimg4234
真ん中のピークの右側に見える沢形が和名倉沢。
たぶん、この写真に写っている辺りまでは遡行した事がある。

まずは神社でお参り。
Rimg4237
  
Rimg4241
観光客が増えたせいだろうか、ずいぶんケバくなった印象を受けた。

参拝を終えてから山道へ。
降り口の展望台から熊倉山方面がきれいに見えた。
Rimg4242

ハルゼミの声を聴きながら気持ちよく下る。
Rimg4245

神社の表参道だけあって、樹齢数百年の巨大な杉の並木が続く。
Rimg4247
 
Rimg4264
普段なら「おお~!」と感動してしまうような巨木だが、なにしろこのクラスの木が次から次へと出てくるので、最後は感覚がマヒしてしまった。

 

大きなトチの木も。
Rimg4266

下るにつれてカツラやシオジなど沢筋に生える木も多く見られた。
 
清浄の滝。
Rimg4257
この日は気温が高かったので、沢の涼風が気持ちよかった。
 
  
4時間ほどかかって最初の遊歩道まで下った。
家族連れなのでコースタイムの倍以上の時間がかかってしまったが、おかげで巨木の森をゆっくりと堪能することができた。
  
散歩感覚の山歩きもなかなか楽しい。


    
企画してくれた安谷さん、どうもありがとうございました。

2016年5月21日 (土)

初テナガ

 今シーズン初のテナガ釣りに行ってきた。

午前中、大潮の下げで釣りにはいい時間帯。
いつものポイントには他に釣り人なし、まだ時期が早いのかな?

仕掛けを用意してテトラの隙間に落とす、エサはホタテ。

すぐにウキが引っ張られる。
そーっと竿を立てるとビンッ!ビンッ!ビビビビッ!というエビ独特の引きが伝わってきた。
1
1匹目にしてはなかなかのサイズ。

今日は水が澄んでいて、浅い場所で沢山のテナガが目視できる。
そのせいか食いは今一つで、目の前にエサを落としても反応しなかったり、食ったと思ってもすぐに離してしまう。

アタリが出てもすぐには上げず、しっかり食わせてからゆっくりと上げる。
2
数は伸びないけど、型はまあまあ。

昼前までポツポツと拾い釣りをして16匹。
型がそろったので結構楽しめた。
3

今年は湧きが良さそうなので、これからのシーズンが楽しみだ。

  


*追記

一晩泥抜きして、美味しくいただきました。

Rimg4287_640x480
ビールが美味い!(笑)

2016年5月16日 (月)

奥多摩から秩父へ

 日曜日、奥多摩から都県境尾根を越えて秩父まで歩いてきた。

ルートはこんな感じ

Photo
 
*コースタイム
川乗橋BS(7:40)~笙ノ岩山(9:25)~蕎麦粒山(10:30)~仙元峠(10:50)~浦山大日堂(12:50)
  
  
前夜の飲み会で少々飲みすぎてしまい、朝4時に起きた時はまだ酔いが残っていた。
  
行くのを止めようか迷ったが、5月の天気の良い休日に家でゴロゴロして過ごすのというのは時間をドブに捨てるようなものである。
絶対に後悔すると思って無理やり家を出た。
  
フラフラしながら駅までの道を歩く。
駅に着いたら気持ちが悪くなって、トイレで嘔吐してしまった。。
 
山に登っている場合じゃないような気もしたが、吐いたら多少スッキリしたので電車で奥多摩を目指す。
 
武蔵野線から中央線に乗り換えると、今度はお腹の調子がおかしくなってきた。
脂汗を流しながら我慢し、立川駅でトイレに駆け込む。
 
あらためて山に登っている場合じゃないような気がしたが、今度こそスッキリしたので青梅線で奥多摩を目指す。
 
青梅で奥多摩行きに乗り換えると、乗客はほぼ登山客だけになる。
奥多摩駅には大勢のハイカーが降り立ち、東日原行のバス停にはあっという間に100人ほどの列ができた。
 
これは絶対1台じゃ乗り切れないだろ!?と思っていたら、バス会社の人が「川乗橋で降りる方はどれくらいいますか~?」と人数を確認して、川乗橋行きの臨時バスが出ることになった。

このバスもほぼ満員、この人たちはみんな川苔山に登るのだろうか?
 
10分ちょっとバスに揺られ川乗橋へ到着。
ゲートの前で準備を済ませて林道を歩きだす。
Res05231  

少し林道を歩いたところで、川苔山を目指すハイカーの列から離れ、鳥屋戸尾根に取りつく。
Res05232

最初は植林帯の急登。
Res05233
まだ頭がボーっとしていて、ペース配分を考える余裕もない。
かなりオーバーペース気味に歩く。
心臓の鼓動が早くなり、それに連動するように頭がガンガンと痛み出した。
 
やはり山に登っている場合じゃなかったと後悔したが、ここまで来たらもうどうしようもない。
  
頭痛に耐えながら急坂をひたすら登る。
  
何故かこの日は戦車道行進曲(^^;が頭から離れず、そのせいかいつもより歩くペースが早い。
 
いつの間にか西側の斜面が自然林に変わっていた。
Res05245
 
大きなブナも。
Res05252
 
だいぶ頭痛も治まって来たところで笙ノ岩山に到着。
Res05255
とんでもなくキツい登りの連続だったが、頭が正常に機能していなかったせいかあまり辛さは感じなかった。
体の代謝もおかしくなっていて、やたらのどが渇いて、かなり多めに水分補給をしているのにほとんど汗をかかなかった。
  
 
ここからはアップダウンを繰り返しながら、少しづつ高度を上げてゆく。
ブナやミズナラの大木の森もあってなかなか気持ちのいい道。
Res05276
 
ミツバツツジが満開! 
Res05303

新緑とツツジのコントラストが素晴らしい。 
Res05316
あまりの見事さに、思わず快哉を叫びたくなる。
自然と頬が緩み、気がついたらニタニタ笑いながら歩いていた。
誰かに見られたらアブナイ人だと思われたに違いない。
 
興奮気味に歩いていたら、あっという間に蕎麦粒山に着いてしまった。
Res05323
まだ10時半。
あれ?こんなに早く着ける筈はないんだけどなあ?
  
またどこかで道を間違えてしまったんじゃないか?と不安になるが、間違えたらそもそもここに着けるはずも無い。
少々飛ばしすぎてしまったみたいだ。
 
この分なら2時のぬくもり号に余裕で乗れそう。
ゆっくりと昼食をとって休憩する。
  
2週間前に来た時より緑が濃くなり、見晴らしは悪くなったが気持ちの良い山頂だった。
 
ここからは都県境の尾根道を西へ向かう。
Res05336  
自然林の気持ちの良い道。
樺の木が目立つ、特に秩父側に多いような気がした。
 
シロヤシオもちょうど見ごろ。
Res05338
 
仙元峠に到着。 
Res05348
 
なるほど、そうだったのか。
Res05350
二日酔いに苦しみながら酒の守護神を祀る山に登るというのも妙な感じだが、咲耶姫命のご利益か、もうすっかり回復して、早くも下山後のビールが頭をよぎる。(笑)
 
秩父へ向けて仙元尾根を下る。
Res05356
ブナやミズナラの森の急下降。
 
ここでも満開のシロヤシオとミツバツツジが目を楽しませてくれた。
Res05355
本当に良いタイミングで来たと思う。
 
少し下った所からは延々と植林帯を歩かされる。
正直、かなりつまらない道だった。
明治神宮の看板が立っていたが、神宮の所有林なのだろうか?
 
かなりゆっくり下って1時前に大日堂に到着。 
Res05381
 
急いだつもりは無かったのだが、予定よりずいぶん早く着いてしまった。
こんな事ならもっとゆっくりブナの森やツツジの花を楽しんでくるのだった。
 
  
二日酔いで行こうかどうか迷った山行だったが、本当に行って良かった。
やはりこの時期は無理をしてでも山に行くべきである。
 
  
  

 




 

2016年5月 9日 (月)

久しぶりのホームリバー

 今年初めてのイワナ釣りに行って来た。

荒川水系渓流保存会のみなさんとご一緒させて頂き、アプローチの山道を歩く。
Res03665
昨夜の雨も上がって、青空が気持ちいい。

他のメンバーは泊まりでさらに源流を目指していったが、私は日帰りなので途中でお別れ。
川への踏み跡を下る。
足跡は見当たらないので、どうやら先行者はいないようだ。

20分ほどの下降で川へ降り立ち、目指す沢へ入る。
と、最初のゴルジュの入り口で焦げたような匂いが!?

河原にさっきまで燃えていたような焚き火の跡を発見。
手をかざすとかすかに熱を感じる。
どうもここで誰かが野営したらしい。

おそらく沢登りの人だ。
下流から遡行してここで一泊し、沢を詰め上がるつもりなのだろう。

沢屋さんの後追いでは分が悪いので、この沢に入るのは諦め、本流を釣り上がることにする。

考えてみたら本流を釣るのは随分久しぶり。
去年も、たしか一昨年もここでは竿を出していないと思う。

ちょっと見ない間に渓相が随分変わってしまったような気がする。
気のせいだろうか?

最初の滝は以前と変わらず。
Res03672

まだちょっとシーズンには早いみたいで、ここまでイワナの反応は無し。
まあ、連休中にかなり叩かれたはずなので無理も無いか。。

足が痺れるほど水も冷たい。
瀬で走るイワナもいない。

1時間ほどして、ようやく最初の1匹。
Res03678  
この川の平均サイズの8寸。
ボウズにならなくて良かった。

日が高くなって少しずつ反応が出てきた。
Res03687
  
瀬では出てくれず、落ち込みの巻き返しや瀬脇のタルミで出る。
Res03692

こういうポイントで出てくれると楽しいのだが。。
Res03689

いつも良型がついている岩盤脇の流れ。
しつこく流していたらやっと出てくれた。
Res03701
今日最大、9寸にちょっと足りないかな?

最初の脱渓点に着いたところで納竿。
ツは抜けなかったが、まあまあ良い釣りができた。

新緑がまぶしい帰り道、早くもハルゼミの声を聞いた。
Res03708

やはりこの山域の森は素晴らしい。
この道を歩けただけでも来て良かった。
  
次はハルゼミの大合唱を聞きに来よう。
 
 

 


2016年5月 5日 (木)

連休後半

 まずは前回の続きから。
 
1日に蕎麦粒山から下山後、午前中に帰宅できたので、かねてからの懸案だったスマホへの切り替えに行って来た。
 
私などガラケーですらまともに使いこなしていないので、あえてスマホに換える意味はあまり無いのだけど、家内が「そろそろ外でガラケー使うのが恥ずかしくなってきた・・」と言うので、ちょうど2人ともドコモの契約が切れる事もあって、この機会にスマホデビューする事にしたのだ。
 
一番簡単なのは、そのままドコモのスマホにすることなのだが、通信料を毎月5~6千円も払うのは馬鹿馬鹿しいので、いわゆる格安SIMにした。
端末は買わなければならないけど、通信料が月1600円とガラケーよりも安いので、端末代など1年で元が取れてしまう。
ただ、通話料金が異様に高いので、仕事で使うなど通話が多い人はあまりお得ではないかもしれない。
あと、設定とかデータの移行とか後々のサポートとか、面倒な事を自分でやりたくない人にも向かないと思う。
 
ということで、今はアンドロイドの操作を覚えるのに四苦八苦している。
メアドも変わってしまうので、連絡のメールを送ったりしているのだが、ちゃんと送れているのかどうか。。(^^;
しばらくは不自由すると思うが、少しづつ慣れて行こうと思う。
 
 
さて、連休後半の3日。
なんとか天気が持ちそうなので、秩父の熊倉山に登ろうと計画を立てた。
が、例によって家を出るのが遅れ、所沢からレッドアローに乗ろうとしたら6時台なのにもう満席!
飯能まで行けば乗れるだろうと、各駅で飯能まで行ったら特急券の券売機には10人ほどの行列が出来ていた。
あわてて並んでみたけど、私の2人前であえなく満席。。
 
その後の普通列車は40分後、始発ではなく池袋からの直通なので、多分満員のはず。
ここから秩父まで立ち通しで行くのは辛いし、時間も登山口に着くのが9時を回ってしまう。
 
もう熊倉山はあきらめ、この辺の低山歩きにしようと、改札を出てバス乗り場に行ったらまたまた大行列!orz
 
連休恐るべし。。。
 
このまま帰るのも癪だしなあ・・と、駅前で地図を広げて一思案。
で、東飯能まで歩いて八高線に乗り、越生から吾野まで山道をつないで歩いてみようと考えた。
 
東飯能に着いたら弓を持った高校生が多数。
高麗川で弓道の大会か何かがあるらしくて、八高線は高校生で満員だった。
 
なんとか越生にたどり着き、歩き始めたのは8時半過ぎ。
ここまで来るだけで随分疲れてしまった。
Res05227  
今回は山と高原地図しか持ってきていないので、バリエーションルートは封印。
大人しく一般登山道を歩く。
まずは大高取山に登り。
Res05242  
  
桂木観音。
Res05244
 
鼻曲山。
Res05254
 
越上山へと歩く。
Res05260
 
ずっと植林帯であまり面白味は無いけど、さほど人も多くなくて静かに歩くことが出来た。
 
で、早速今回試してみたのが山アプリ。
実はスマホに換えた一番の理由がこれを使いたかったから。
Res05263
 
私のようにしょっちゅう道を失うような人間は、いざと言う時に現在地を把握できるアイテムを持っているべきだと思ったのだ。
本当はガーミンの専用機がいいのだけど、最近のスマホのGPSは十分山で使えるレベルになっているようで、実際i-phoneなどは高度計も連動してガーミンを超える精度らしい。
私の端末はそこまでの精度は無いと思うけど、この辺の山域なら全く誤差を感じないくらいの精度で動作していた。
画面も大きくて見やすいので、ちょっと感動するくらい便利なものだと思った。
 
ただ、これはあくまで保険として使うべきだろう。
こんなものに頼っていたら、いつまで経っても読図力が向上しない。
 
 
Res05265
残念ながら今日は見えなかった。
 
最後は顔振峠から吾野に下り、予想したよりは混んでいなかった電車で帰路に着いた。
 
 
そして連休最終日。
この日は家内を連れてまたまた低山ハイク。
Res05233
宿谷の滝から物見山、北向地蔵、鎌北湖と3時間ほどの周回コースを歩いてきた。
 
ということで、ほぼ山三昧の連休だった。
 
次はいよいよイワナ釣りに行かなければ。
 

2016年5月 2日 (月)

連休前半

 
まず、連休前の話から。
 
 
先日、ついにバイク手放す事にした。

理由はいろいろあるが、バイクが重荷になってきたというのが一番の理由。
私のバイクは250ccの軽二輪なので、車検も無くて経済的な負担は大したことは無いのだが、定期的に乗らなければならない事が結構な負担になっていた。

 
1ヶ月も放っておくとバッテリーが上がってしまうし、エンジンも掛かりにくくなってしまう。
休日に「ああ、今日はバイクに乗ってやらなきゃ・・・」と、義務的にバイクに乗っている事が疑問に思えてきたのだ。
多分こんな気持ちで乗るのはバイクに対しても失礼だと思う。
 
そんな事を考えていた矢先、ちょうどGreen Cherokeeさんがライダーへの復帰を考えておられるようだったので、「もし良かったら・・・」と打診してみたところ、とんとん拍子に話が進み、買い取って頂けることになったのだ。
 
いよいよ手放すと決まった時には少々寂しい気もしたが、楽しんで乗ってもらったほうがきっとバイクにとっても幸せなのだろうと思う。
 
20年物のバイクを快く引き取ってくださったGreen Cherokeeさん、ありがとうございました。
 
 
さて、そんな訳でバイクに乗ることもなくなった連休の前半。
 
29,30日と小菅の山小屋に行って来た。
  
今回は息子と同学年の甥っ子も連れて行った。
 
朝6時、2人を乗せて出発。
カードゲームの話で盛り上がって賑やかだったのが、青梅を過ぎて山道に差し掛かると2人揃って車酔いでダウン。(^^;
  
車の中で吐かれると面倒なので、奥多摩湖の駐車場で長めに休憩したが、それでも2時間ほどで小菅に到着。
Res03628
 
まずはトラウトガーデンでニジマス釣り。
Res03627
私は竿を出さずに子守に専念。
ここは子供でもバカスカ釣れるので取り込みと針外しで大忙し、正直まともに写真を撮ってる暇もないくらい。
2時間で30匹以上釣れたと思う。
4匹だけキープして小屋に向かう。
 
山は新緑が目にまぶしい。
Res03633
 
昼前に小屋に着くと、先に到着したkurooさんが掃除をしてくれていた。
早めに昼食をとってちょっとだけ私もお手伝い。
 
掃除を終えてから子供達に火起しをさせる。
昨日の雨で焚き木が湿っていて苦戦していたが、あえて手を出さずに2人にやらせてみた。
これくらいの状況で火が起こせないようでは、何かあったときに生きてゆくのにも困る。
 
無事に火起こし成功。
Res03635
 
その後は丸太の玉切りに挑戦。
Res03638
Res03639
都会では出来ない経験をして、子供達もそれなりに楽しんでくれたようだ。
 
Res03646  
 
その後白瀧さん、のさん、Kさんも合流し、kurooさんのイノシシ鍋と鹿肉、のさんの高級牛肉のバーベキューなどご馳走で宴会。
私は早々にダウンしてしまった。(^^;
  
 
(*子供たちにお菓子やお土産を下さったみなさん、どうもありがとうございました。)
 
  
翌朝、みんなで後片付けをして、私と白瀧さんは子供を連れてモロクボ平に登ってきた。
Res05248
 
新緑のモロクボ平、じつに気持ちが良かった。
Res05250

この日はそのまま下山して早めに帰宅。
帰り道も子供達の車酔いに悩まされながらの運転になってしまった。
  
 
そして5月1日。
 
この日は急遽予定が空いてしまったので、半日だけ山歩き。

以前から一度登ってみたかった蕎麦粒山に行ってきた。
 
奥武蔵や秩父の山を歩いていると、特徴的なその尖ったピークが良く目立つ山。
本来なら奥多摩、もしくは秩父の浦山から登るのが正しいのだろうが、今回は安楽に有馬峠まで車で行って、最短距離で登ってみた。
 
朝4時に家を出て、6時前に有馬峠到着。
Res05229
 
仁田山は林道で巻いて登山道に取り付き、急坂をひたすら登る。
いきなり汗が吹きだして来る。
 
40分ほどでオヤハシの頭に到着。
Res05245
前回、バラ尾根から登った時はここでかなりヘバってしまったが、今回はまだまだ余裕。
防火帯の広い尾根を西へ向かう。
 
桂谷の峰を越えると
Res05250_2
 
目の前に蕎麦粒山が見えてくる。
Res05251
 
最後は予想通りの急坂を登り
Res05253
 
山頂に到着。
Res05254
時間は7時10分。
2時間かかると見ていたけど、思ったより早く登れた。
 
あまり眺望の無い地味なピーク。
 
静かな山頂で休憩していると、一杯水方面から大きな荷物を背負った登山者が登ってきた。
話を聞くと酉谷小屋から歩いて来たという。
この時間にここまで来るって、一体何時に出てきたのだろう?
 
木々の合間から三ツドッケが見える。
Res05259
あそこまで歩いてくる時間は十分あるが、今回は見送り。
この稜線はいずれゆっくりと歩いてみようと思う。

しばらく山頂で休んでから来た道を戻る。
 
ムシカリの花が咲き始めていた。
Res05264
 
期待していたツツジはもう終わりが近い。
Res05273
ミツバツツジは終わって、アカヤシオがかろうじて残っていた。

最後に林道を歩いているとツーリング中のオフロードバイクが走り抜けて行った。
かつては私もこの辺の林道を良く走っていた一人だが、山歩きをするようになってからバイクの音が少々五月蝿く感じられるようになってしまった。
  
実はその事もバイクを降りる気になった理由の一つ。
多分、私はもうライダーには戻れないと思う。
 
静寂を取り戻した林道脇にウリハダカエデが芽吹いていた。
Res05294
この木は葉と花が同時に開くのだなあ。
 
山頂から1時間ほどで車に帰着。
ちょっと物足りないけど、少し早い新緑を楽しめたショートハイクだった。
 

連休後半は天気が心配だが、できればどこかの山を歩きたいと思う。
 
 

 





 

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »