JICKY のブログ

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 高ワラビ尾根から大持山西尾根へ | トップページ | 春色の川で »

2016年3月22日 (火)

ノポット

 昨年末の忘年会で、安谷さんにその名前を聞いてからずっと気になっていた「ノポット」という里山を歩いてみた。
  

何を勘違いしたか飯能駅に6時半に着いてしまい、40分ほどバス停で待つ事になってしまった。

だが、7時10分発の湯ノ沢行き始発バスが来た時には、登山客の長い行列が出来ていたので早く着いて正解だったかも知れない。

30分ほどバスに揺られ、原市場中学校で下車。
Rimg41931
今回初めて「ヤマノススメ」のラッピングバスに乗ることが出来た。
外装だけでなく、内部もラッピングされていてなかなか華やかだった。

バス停から飯能方面に少し戻り、尾根の入り口となる周助山へ。
Res05195

犬に吼えられながら民家の脇を抜けて、
Res05196

植林帯を急登すると
Res05198

20分ほどで山頂に着く。
Res05203
 
ここから明確な尾根道を西へ向かって
Res05205
 
15分ほどであっけなくノポットに到着。
Res05207
地形図の表記はノポットだが標識はノボット。
  
地図に描かれていないが、ここまでは完全に整備された登山道だった。
 
さらに西方向に尾根を進む。
道は多少悪くなるが、目印もあちこちにあって迷うような事は無い。
 
展望のない道を進み、急坂を登ると林道に出る。
  
道路脇にキブシの花が咲いていた、もう春だなあ。
Res05221
 
林道を越えてさらに西へ。
Res05228
雑木林が混じりだす。標高が低いせいか、アセビやカシなどの常緑の潅木が少々藪っぽい。
 
ノポットから1時間少々で奥秩父線47号鉄塔に到着。
Res05232
ここからは登山道を進む。
 
と、いきなりルートミス。。
何も考えずに歩いて仁田山峠方面に下ってしまった。
車道が下に見えるまで気がつかなかった。
  
これだけ下ったら途中で気がつくだろう、普通・・・
 
登山道に出た途端に気が緩んでしまったらしい。
自分の注意力の無さに呆れ返りながら来た道を登り返す。
このミスで30分ほど余計な時間と体力を使ってしまった。
 
正規ルートに戻り、送電鉄塔を数えながら竹寺方面へ。
Res05239
 
44号鉄塔でこの日初めて展望が得られた。
Res05242
正面に武甲山と武川岳。
  
1月に登った西平山と蕨山。 
Res05244
 
鳥居観音と金比羅尾根。その奥に蕎麦粒山の尖ったピークが見える。
Res05246
冬の間にこの辺の山を歩いていたおかげで、かなり正確に山座同定が出来るようになった。
 
ここから北へ歩き、580ピークを越えた鞍部が竹寺方面の分岐。
Res05249
 
道を越え、そのまま尾根を直進すると、竹寺の鐘撞堂に出る。
Res05251
日当たりの良いベンチに座って小休止。
時間は10時20分、ルートミスをしたが結構良いペースで歩けている。

謎の標識 
Res05256
たまに登山道沿いでこの手の宗教系?の標識を見かけるのだが、誰が何の目的で付けているのだろう?
 
電波塔のある天王山という小ピークを過ぎ
Res05259
  
再び登山道を横切って
Res05261
 
豆口山へ。
Res05263

ここから豆口峠に下りて子の権現に行っても良かったのだが、昨年も行ったので今回は途中から北東方向に伸びる尾根に入ってみた。
Res05265
 
案の定途中で道を失い、植林帯の踏み跡をたどって中藤川沿いの林道に下りた。
Res05266
今回は早い時点で気が付いたので引き返しても大した事は無かったのだが、薄いながらもちゃんと踏み跡が続いていたし、地形図を見てもこの先は尾根が広がって緩い傾斜のまま林道に出られそうだったので、そのまま下ってしまった。
  
道に迷って遭難する人の多くが、状況を自分に都合の良い方向に解釈して行動し、取り返しのつかない事態に陥るのだ、という事は頭では分かっていたが、ダメなら引き返せばいいや、という考えと、この踏み跡がどこに続いているのか確かめてみたい、という好奇心が勝ってしまった。
 
下山してから思うには、やはり気が付いた時点で引き返すべきだった。

この辺の尾根には大概踏み跡が付けられているので、注意していないと簡単に迷い込んでしまう。
踏み跡を外さなければどこかには出られるので、致命的なトラブルになる事はまず無いと思うが、自分の考えたルートを正確にトレースできないようでは、いずれ痛い目に遭うはずである。
もっと読図力を高めなければいけない。
 
もっとも私の場合、読図力以前に注意力と集中力にも相当問題があるのだが。。

  
予定よりかなり上流に降りてしまったので、川沿いに車道を10分ほど下って久々戸沢林道へ入る。
Res05268
 
沢沿いに登る林道がUターンする所を、そのまま真っ直ぐ山道に入るはずだが・・
Res05269
どうみても民家の庭先。(^^;
怒られやしないかドキドキしながら進むと、沢に沿って道が続いていた。
Res05270
この道を登ってスルギ尾根に取りつく。
 
ここまで一人も会わなかったのに、尾根道に乗った途端5人ほどのハイカーとランナーにすれ違った。
一応この道は破線路なのだが、結構歩いている人が多いのに驚かされた。
 
四本松という522の小ピークを過ぎ、北側が切れ落ちた崖沿いの道を恐る恐る下っていたら、ダンコウバイの花が咲き始めていた。
Res05282
Res05280
早春の花が山を彩り始めると歩く楽しみが増える。
この日は北よりの風が冷たかったが、日差しはずいぶん力強く感じられた。
 
吾野に下る道で最後の冒険。
Res05293
登山道は右に下るが、そのまま尾根を直進してみると
 
昔の索道の残骸があった。
Res05295
 
その下に廃道化した作業道があり、倒木を乗り越えながら下って
Res05296
 
登山道に戻る。
Res05297
 
下りた所は吾野の霊園。
Res05298
ちょうどお彼岸でお墓参りの人が多数。
一面に線香の香りが漂っていた。
 
ガードをくぐって、1時20分に吾野駅に到着。
Res05299
 
ほとんど展望の無い藪尾根歩き。
単純なピークハントよりも神経を使うが、不思議な面白さがある。
相変わらずルートファインディングに課題が残ったものの、春の足音を感じられて良い一日だった。

 

 

 





« 高ワラビ尾根から大持山西尾根へ | トップページ | 春色の川で »

トレッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1662162/64569116

この記事へのトラックバック一覧です: ノポット:

« 高ワラビ尾根から大持山西尾根へ | トップページ | 春色の川で »

最近のトラックバック