JICKY のブログ

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 棒ノ嶺へ | トップページ | 雲取山へ »

2015年10月 4日 (日)

大満足のキノコ狩り

 日曜日、一度キノコ狩りに連れて行け、と家内に言われて、いつもの山へ行って来た。
  
お盆明けからキノコが出る場所なので、もう終わっているのでは?という気もしたが、山の下の方ならハナイグチか何かでているかも知れない。

人気の場所なので早朝出発で、7時前に現地に到着。
  
車を降りると寒い!!
多分、気温は一桁。
  
もう山はすっかり秋、木々が色づき始めていた。
Res05217

フリースとウインドブレーカーの冬装備で歩き出す。
先行車が一台あったので上には登らず、道路沿いの斜面をトラバースしてキノコを探す。
 
キノコは結構出ていたが、例によって不明菌がほとんど。(^^;
さすがにショウゲンジやヤマドリタケには遅すぎたようだ。 

苔むした林床を黄色いカベンタケが彩る。
Res05208
美味しい、という話だが小さくて採るのが面倒。
 
チャナメツムタケ。
Res05212
 
あちこちに出ていた。
Res05214
状態の良い物だけ選んで採ったが、結構な収穫になった。
 
クロカワもまだ出ていた。
Res05221  
 
あとはカノシタが少々。
チャナメでお土産は確保できたが、どうも今ひとつぱっとしない。
 
出来れば子供にキノコ採りの面白さを教えてやりたかったので、車で移動。
カラマツ林でハナイグチを狙う。
 
少し標高が下がったカラマツとモミの混生林。
ここは平坦で歩き易いし、ハナイグチは目立つので探し易いと思ったのだが。。
  
あまり出ていない・・・
 
正確には、出てはいるのだが、育ちすぎて呆けたものか、まだ小さい幼菌だけ。
多分、食べ頃の個体は採られてしまったのだろう。
 
なんとか食べ頃を発見。
Res05225
 
結局、これを入れて2つだけ。。
  
子供は早々に飽きて、もう帰ると言い出した。
 
最後のあがきで一番下の赤松林へ。
これでダメならあきらめて帰ろう。
 
この辺はすごい人出で、車を停められる場所には必ずキノコ採りらしい車がある。
  
こりゃダメかな?と思いつつ、とりあえず入ってみる。
  
アカマツ林なので、運が良ければマツタケが出ているかも?と、家内はかなり真剣に松の根本を探している。(^^;
 
私はこの山でマツタケ採りのプロの技を拝見した事があるが、あれはもう超能力である。
素人にはまず採れない。
  
それでなくても、先行者が採り散らかした跡だらけ。
半分あきらめモードで森の中を歩く。
 
ドクベニタケの輪生。
Res05231  
この種のキノコは放射状にシロを形成するので、条件が良ければ輪になって生えているのを見ることが出来る。
欧米では、妖精が踊りを踊った跡としてフェアリーリングと呼ばれるらしいが、これはリングまでは行かないのでフェアリートライアングルかな?
 
キノコは一杯出ていて、子供に「これは?」と聞かれるのだが、ほとんど分からない。
「ワカラナイタケ」と「タベラレナイタケ」ばかり。(^^;
 
もう父親の威厳も何もない。(笑)
 
と、ついに名前を知っているキノコを発見!!
 
ショウゲンジ!
Res05234

ひさしぶりの良い個体。
Res05238
 
その後もあちこちで発見。
Res05241
 
ここにも。
Res05243
 
見つけ始めると次から次へと見つかる。
Res05240
 
子供もコツを覚えてバンバン見つけ始める。
Rimg42352
 
調子が出てきたところで、反対側から来た人たちと出会う。
ここでタイムアップ。
 
ずいぶん歩いてしまって、車を回収に行くのに一苦労。
気温も20度以上に上がって大汗をかいてしまった。
 
今日の収穫。
Rot06248
ショウゲンジ一杯。
 
Res05251
チャナメツムタケ一杯とクロカワ、カノシタ、ハナイグチ少々。

食べきれないくらい採れたので、半分ほどkurooさんにおすそ分け。
 
 
期待していなかったショウゲンジが結構採れたのはラッキーだった。
何より、子供が最後は「まだ帰りたくない」と言うほど楽しんでくれたのが嬉しかった。
 
秋の休日、いい一日を過ごす事ができた。
 
 




 

« 棒ノ嶺へ | トップページ | 雲取山へ »

キノコ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、今日はおいしい茸をありがとうございました。
自分では採ったことのないショウゲンジをこんなにいっぱい味わって、幸せな夕飯でした。ショウゲンジパスタもチャナメのきのこ汁も絶品でした。本当にありがとうございました。

kurooさん、こんにちは。
喜んでいただけたようで良かったです。我が家だけでは食べ切れなかったので。
本当はクロカワもお分けしようと思っていたのですが、忘れてしまいました。(^^;
また大量に採れる事がありましたらお持ちしますね。

おはようございます。
家族でキノコ狩り、とても楽しい1日ですね。
とれたキノコもおいしそうです。

windknotさん、こんにちは。
家族連れのレジャーではないですよね。(^^;
でも、予想以上の収穫があって、子供も喜んでいたので良かったです。
ショウゲンジもチャナメツムタケも美味しくいただきました。(^^

JICKYさん、こんばんは。
ご家族と共に大量のキノコ、何とも羨ましいです!! 実はほぼ同じくして、私は圧倒的に近距離の山に入っていました。暑い日で汗が噴き出て来ましたが、近距離にしては素敵な雑木林で、小型ながらチチタケやフウセンタケがそれなりに出ていました。
私も、ちょっと凍えるような気温の中でフリースを着つつキノコを取りに行きたいです。チャナメとショウゲンジが過ぎ去り、あっという間にシモフリシメジの季節がやってきてしまいそうですね・・・ (^^ゞ

Green Cherokee さん、こんにちは。

同じ日に行かれてましたか、キノコは今が一番いい時期ですものね。
 
この所、針葉樹林のキノコばかり追いかけてましたが、そろそろ広葉樹林のキノコを探しに行きたいと思っています。
チャナメもまだ出ますし、クリタケやムキタケもいいですね。

シモフリシメジはまだ採った事がありません。
今度教えて下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1662162/61902290

この記事へのトラックバック一覧です: 大満足のキノコ狩り:

« 棒ノ嶺へ | トップページ | 雲取山へ »

最近のトラックバック