JICKY のブログ

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 久しぶりに勝った! | トップページ | 新緑のウノタワへ »

2015年4月25日 (土)

春の渓流

ようやく今季の開幕釣行。

最初なので安楽な渓で、足慣らしと腕慣らし。

ゆっくり出発して、朝7時に入渓点に着くと、駐車スペースには先行者の車が・・・
ここから入る人はあまりいないので油断していた。

さて、どうしたものか?
今から他に転戦するのも面倒だし、どこに行っても状況はあまり変わらないはず。
車のボンネットに手をかざしてみると、ほとんど熱は感じない。
多分、朝早い時間に入渓していると見て、後追いで入る事にする。

新緑の渓流。
この時期の山は本当に気持ちが良い。
Res05101

ミソサザイの囀りに気持ちを高ぶらせながら竿を準備し、遡行開始。
 
砂地に足跡があるが、濡れた足跡は見当たらないので、先行者が釣ってからかなり時間が開いていると思われる。
イワナだと厳しいが、この辺はヤマメ域なのでなんとかなるのでは?と淡い期待を抱いて竿を振る。
  
  

1時間経過。
全く反応無し。。
  
  

2時間経過。
全く反応無し。。
  
  

3時間経過。
上流から餌釣り師が下って来た。
先ほどの車の人だろうか?
話を聞こうとしたが、逃げるように下って行ってしまった。

相変わらず濡れた足跡は見当たらないので、ある程度は時間が経っているはず。
なのに全然反応もなく、魚も走らない。
 
  
ヤバい・・・・
今日は久しぶりのボウズか?
  
  
収穫のない哀れな釣り人をヒトリシズカの花が癒してくれた。
Res05102

広い瀞場で派手なライズを発見。
ようやくの魚の気配に興奮しながらそっと近づいて毛鉤を投げる。

竿を振った瞬間、チビヤマメがすっ飛んで逃げていった。。
 

4時間経過。
ポツポツと雨が落ちてきた。

これは「今日はもうあきらめて帰りなさい」と山の神様が言っているのだろうか。
 
実際、かなりやる気も無くなってきたので竿を畳んでもよかったのだけど、帰るにしても、ここからは脱渓出来ないので、もう少し遡行しなくてはならない。

思い出したように雨が落ちてくる中、半分あきらめモードで釣り上がる。

小さなポイントでようやく魚が出た。
一瞬竿先に重みを感じた途端・・・
バレた。。。

でも今日初めての魚からのコンタクトにちょっとやる気が出てきた。

少し先でまた毛鉤に反応! しかし、掛け損なった。
アワセが早すぎたか?毛鉤を見切られたか?
  
どちらにしても今のは結構良い型だった、なんとかしてアイツは釣りたい。
 
毛鉤を白系に変えて魚の目先を変える。
一服してポイントを落ち着かせてから再度流してみた。
毛鉤は逆光で見えないが、水面下で魚影がギラッと反転するのが見えた!

すかさずアワせると、ずしっとした重量感。
あ!これはデカいかも?
  
グングンと走る魚をなんとか手元まで引き寄せる。
  
ん!?何か変?
スレだ。。。
  
尻尾に鉤が掛かっていた、道理で引く訳だ。
  
スレで釣れた7寸。
Res05107
 
やっと釣れたと思ったらスレだったのでちょっとガッカリ。
しかも成魚放流のヒレボロ。
  
まあいいか、魚の手応えを味わえただけでも良かった。
  
 
どうやら、先行者の釣った区間を過ぎたようで、この辺から急に反応が良くなった。
 
しばらくして6寸が釣れた。
Res05115
今度はちゃんと口に掛かった。(笑)
 
その先でまた6寸クラスが出た、手元に寄せてカメラを出している間にバレてしまった。
  
すぐ上のポイントでもう1匹。
Res05118
 
  
急に反応が良くなって喜び勇んで釣り上がるが、爆釣モードはこれで終了。
その後はまた激シブになってしまった。
たま~に出ても掛からなかったり、毛鉤を見て引き返されたり。。
  
 
昼過ぎまで釣って納竿。
  
最初はボウズ覚悟だったので、まあ良い釣りが出来たというべきだろうか。
やはりヤマメは手強いなあ。
 
次回は源流でイワナに相手をしてもらおう。
   

ハウチワカエデの花。
Res05125

   
  

« 久しぶりに勝った! | トップページ | 新緑のウノタワへ »

釣り」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
解禁おめでとうございます。

こちらはもう新緑眩しい渓なんですね。
おっしゃる通り、この時期の山は本当に気持ちがいいです。写真からも伝わってきました(^^)

相変わらず植物にお詳しいこと。
写真と名前の記載を拝見するのも楽しいです!

次回は源流ですね。楽しみにしています。

JICKYさん
こんばんは。シーズン開幕ですね。
お疲れさまでした。
私も先日ようやく解禁できました。
里川の支流でしたがやっぱり渓流は気持ちがよいものですね。
そろそろ山奥もよい季節ですね。
今年も釣行記事をたのしみにしております。

釣り人は釣れないと風景写真を撮りに走るケースが多い様ですw

私の場合、風景写真で終わりますが、ちゃんと魚を撮ってるのが素晴らしいww

。。。羨ましい(TへT)

co-dropさん、こんばんは。
例年だとまだ芽吹いたばかりという感じなのですが、今年は少し季節の進むのが早いようです。
新緑の時期の山は本当に気持ちがいいですね。
植物は、釣れない時の慰めにと少しづつ名前を覚えました。(^^;
今の時期は花をつけている植物が多いので名前を覚えるには丁度いいです。
  
来月はいよいよ源流のイワナに会いに行こうと思います。

ジョニーさん、こんばんは。
おくればせながら解禁してきました。
どうも山の木々が動き出さないと出撃する気になれないもので。
やはり渓流はいいですね。
普通の釣りなら、3時間もアタリが無ければ竿を畳んでしまいますが、新緑の渓は歩いているだけで満足してしまいます。(笑)
次は源流で癒されてこようと思います。

かっしーさん、こんばんは。
今回は風景写真で終わる覚悟をしました。(笑)
あまり天気も良くなかったので、写真も今ひとつだなあ・・と思っていた所で魚が釣れてくれました。
どうにか釣りの記事になって良かったです。(^^;

こんばんは(^O^)/

解禁おめでとうございます。
途中まではどうなることかと思いましたが、
結果オーライですね。
源流釣行楽しみにしています!

farwaterさん、こんにちは。

遅ればせながらようやく解禁してきました。
なんとか魚の顔も見ることができて良かったです。
今年は季節の進むのが少し早い気がしますので、源流のシーズンインも早まりそうです。

渓流解禁、おめでとうございます^^
先行者は残念でしたが、しっかりと山女魚の顔を見られるところはさすがですね!
次回は岩魚とのこと・・・いよいよホームリバーの方面へ行かれるのですね。
今季も深山幽谷の釣行記を楽しみにしています。

JICKY さん、こんにちは!
文章を読み進めてゆくとJICKY さんの「ボ」との境の心のざわつきがよくわかり、
こっちもちょっとハラハラドキドキ。でも最終的には快釣ができ美しいヤマメと
対面されてとてもいい感じですね。次のイワナの記事も楽しみにしております。

JICKYさん、こんばんは。
解禁釣行おめでとうございます!! 綺麗なヤマメで羨ましいです!!
釣れない哀れな釣り人にヒトリシズカ・・・、実は私も漏れなく、ヒトリシズカを見ながらひとりブツブツ・・・が多いです。何だか妙な一致で嬉しくなりました・・・  (^^ゞ

しげさん、こんばんは。
おかげさまで、どうにかボウズは免れました。(^^;
やはりこういうプレッシャーの高い川は苦手です。
芝桜の騒ぎが治まったら、いよいよ源流に行こうと思います。

Gran Lussoさん、こんばんは。
釣れない時間が続くと、あれこれ考えてしまいますね。
今回のように先行者が確実なときは特にモチベーションが下がります。
反応が良かったのはホンの数100メートルの区間でしたが、おかげで良い釣りが出来たような気になれました。
次回はイワナに会えると良いのですが。。(笑)

Green Cherokeeさん、こんばんは。
型は今ひとつでしたけど、まあ顔が見れただけでも良かったです。
ヒトリシズカ、名前の通りひっそりと咲いている事が多い気がしてましたが、今回はかなり賑やかに咲き誇ってました。(笑)
今の時期は花が多いので、釣れない日でも癒されますね。(^^;


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1662162/59769511

この記事へのトラックバック一覧です: 春の渓流:

« 久しぶりに勝った! | トップページ | 新緑のウノタワへ »