JICKY のブログ

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月22日 (月)

秋の恵み

 久しぶりに秩父の渓へ。

この時期になると、もう毛鉤釣りではあまりいい釣りができないので、ここ数年はすっかり秋の渓流釣りはご無沙汰していた。
今回は釣果はともかく、とにかく渓を歩きたかったので、今年のシーズンの締めくくりとして出かけてみた。
 
本当はいつものホームリバーに、と思っていたのだけど、夏の間の不摂生で体重が増えてしまったのと、しばらく歩いていないので脚力も落ちていると思い、無理せずに安楽な渓に入ることにした。

朝4時に入渓点に到着すると、2人組の釣り人が準備をしている。
話を聞くと、私の入ろうとしていた川とは別の支流に入るそうだ。

まだ真っ暗だが、とりあえず準備をして川に降りる。
ヘッデンの明かりを頼りに踏み跡を下っていたら、足を滑らせて2mほど滑落してしまった。
大きなダメージはなかったが、左手の薬指を突き指してしまったようで、ちょっと痺れている。

どうにか川に降り立ち、明るくなるのを待っていると先ほどの2人組も降りてきた。
夜明けを待つ間、しばし立ち話で時間をつぶす。
秩父の渓の情報交換、○○沢は良かった、□□川はさっぱりなど等。。
最近、決まった川ばかりしか足が向かなくなった私には貴重な情報である。

5時半ごろになり、ようやく遡行が出来るくらいまで明るくなってきた。
お互いの好釣を祈りつつ、其々の目的の沢へ向かう。
Res07949

予想通り、最初は全く反応が無い。
先行者はもちろん居ないのだが、砂地に真新しい足跡が残っていたので、昨日か一昨日あたりに誰かが入ったのだろう。
この時期は皆ラストスパートで釣りに行くのか、どこの沢も競争が激しい。
 
シラヒゲソウ。
Res07984

1時間ほど遡行して、ようやく瀬尻で魚の反応。
Res07951

6寸ほどのちびイワナ。
ボウズだけは逃れて一安心。

ここは落差の少ない瀬が続き、毛鉤で釣るにはいいポイントが続く。
Res07955

再び沈黙を守る川を、毛鉤を振りつつ遡行する。
最初の沢を過ぎた辺りで、熊鈴の音が!?

見ると上流にエサ釣りの先行者がいた。
間違いなく朝一番で歩き始めたはずなので、おそらく途中まで道を歩いてから入渓したのだろう。
こちらに気が付くと、バツが悪そうに竿をたたんで下ってきた。
 
「どこから入りました?」
責めるつもりは無かったのだが、無意識のうちに口調が厳しくなっていたらしい。
咎められていると思ったのか、「すみません、道を歩いて途中から入りました」と申し訳なさそうに言う。
「車には気が付いたのですが、沢に入っているかと思って・・・」
 
山道で先回りしたからと言って、頭をハネてはいけないという道理もないのだが、まだ若い釣り人はすっかり恐縮してしまって、どうぞ先に行ってくださいと、先行を譲ってくれた。
少しの間、立ち話をしてから、礼を言って先行させてもらう。
 
しばらくは竿を振らずに、出来るだけポイントを荒らさないよう気を付けながら遡行に専念する。
やはりこの時期はどこの沢も厳しいのだなあ。。
Res07972
 
再び竿を出して遡行。
すぐにイワナが出た。
ちょっとサイズアップ。
Res07959
底から浮かび上がってきて、大口を開けて毛鉤を咥え、反転するところまではっきりと見えた。
水面直下を自然に流す私のテンカラ釣りでは、まさに会心の1匹。
もうこれで十分満足である。心置きなく納竿できる。
 
倒木にキノコ発見。
Res07974
ツキヨタケの幼菌だった、残念。

気温が上がって虫が飛び始めると、少しづつ毛鉤への反応も良くなってきた。
 
落ち込みの巻き返しで、毛鉤をひったくる様な反応。
イワナにしてはよく走るな?と思ったらヤマメだった。
Res07960
 
8寸弱の精悍な顔つきのヤマメ。
こんないいヤマメは何年ぶりに釣っただろうか。
この体色は、もう産卵期が近い事を感じさせる。
 
その先でもまた7寸ほどのヤマメが出た。
これは撮影前に逃走してしまった。
 
大岩を乗り越えた所で、倒木に再びキノコ発見。
ナラタケ。
Res07979
 
美味しいキノコなので、これは嬉しい出会い。
秋の渓はこれが楽しみの一つでもある。
 
チャワンタケ。
Res08985
食毒不明。
 
ダイモンジソウ。
Res07986
禁漁間近の渓を彩る花。
 
これもいい出方をしてくれた。
Res07989
 
6~7寸のイワナを数匹追加したところで、最後の沢の出合いの淵。
Res07991
この淵は開けた場所にあるせいか、天気が良い日はエメラルドグリーンに輝いてとても綺麗なのだが、この日は生憎の曇り空で水色は今一つ。
 
その先はちょっと両岸が迫って、狭間が続く。
Res07995
急流に足を取られないよう、倒木の下をへツリ・・
  
Res07997
残置を頼りに右の大岩を這い登る。
 
楽しい~!(笑)
 
もう竿を出すのが面倒になってしまい、そのまま脱渓点まで沢歩き。
 
今日の終了点、ヤマメ止めの大渕に到着。
Res07998
時間はちょうど昼前、ゆっくりと昼食を取って大休止。
日差しはほとんどないが、暑くもなく寒くもない快適な気候。
大きな倒木の上に仰向けになって、自然の中に身を置く喜びを全身で感じる。
やっぱり渓流はいいなあ。 

ここから車までは約2時間の山歩き。
最初に尾根を急登するのだが、鈍った脚が増えた体重に悲鳴を上げる。
標高差にすれば250mほどの登りが、遥かな道のりに感じられた。
 
へろへろになりながらなんとか登り切り、あとは山道を下る。
 
倒木にブナハリタケが出ていた。
Res08008
乾燥して固くなっていた、食用にはなりそうもない。
 
ヒラタケ!と思ったが・・・
Res08011
違うキノコだった。。
傘の裏にひだが無い。
Res08013
不明菌、これはなんだろう?
 
途中の林道で見つけた山ブドウ。
Res08010
黒く熟した実を口に含んでみたが、恐ろしく酸っぱい。
これは果実酒にでもするしかない。(ブドウの果実酒は違法らしいが・・)
 
結構生っていたので、少し採って行こうかと思ったけど、鳥や動物たちの貴重な食料を横取りするのもどうかと思い、残しておいた。
 
林道に落ちていたサルナシの実。
Res08014
サルの落し物かな?
よく熟していたので、これも口に入れてみた。
甘くて美味しい。
一粒で幸せになれるような甘味だった。
  
 
キノコに野の花、木の実など。
魚はあまり釣れなかったが、秋の渓流を堪能した一日となった。

  
  
 

2014年9月17日 (水)

静岡遠征 2

 静岡2日目。

今日は足を延ばして浜松へ。
向かったのは航空自衛隊浜松基地の広報室「エアパーク」。

 
家内の希望なのだが、何で自衛隊?
まあ、私は特に行きたい所もないので、コースは家内の言いなりである。
 
ここは結構有名な観光スポットになっていて、バスツアーのコースにもなっているらしい。
こんな所、軍事ヲタクくらいしか来ないと思ったが、意外と家族連れやカップルなども多い。
  
戦闘機とか。
Res07900
 
ミサイルとか。
Res07899
 
対空砲とか。
Res07905
 
正直、全く興味がないのでかなり退屈。
 
屋内展示場。
Res07908
どうせなら零戦とか複葉機を間近に見たかったなあ。
 
戦闘機のコックピット。
Res07915
乗っただけで目が回りそう。(笑)
 
しかし、思ったより狭いのだなあ、これじゃ太めの人は乗れないよ。
 
個人的には最新の機体より、こういう機械っぽいのが好きだな。
Res07913
宮崎駿の作品に出てきそう、これって飛行艇のヘリコプター版かな?

一通り見て廻って、ここは終了。 
子供はフライトシミュレーターを体験して楽しんだようだ。
 
市内で名物のうなぎを食べてから、浜名湖へ向かう。
浜松のうなぎは確かに美味しかったけど、ここでなければ食べられない、というほどではないかな。
もちろん、他にも良い店は一杯あるのだろうけど、多分、浦和で食べても大して変わらないと思う。(当たり前か ^^; )
そもそも、今のうなぎって、値段に見合った食べ物ではなくなってしまった気がする。
 
今日は浜名湖の舘山寺温泉でもう一泊。
  
宿の前の海岸で釣りをしている人が結構いる、ハゼ釣りの家族連れや遠投でサヨリを釣っている人、黒鯛狙いの人など様々。
 
家内は温泉街を散策してくると言うので、私は子供と釣りをさせてもらう。
今回はあまり釣りの事は考えてなかったので、大した道具は持ってきていない。
ここまで来てハゼ釣りもどうかと思ったので、例によってお手軽にソフトルアーを投げてみる。
 
セイゴか何か釣れてくれれば、と思っていたのだけど、まったく反応なし。。。
 
子供のキャスティング練習になってしまった。
Res07930
2gのジグヘッドをずいぶん上手く投げられるようになった。
 
子供が飽きた所で、今度は私がやってみる。
 
何かヒット!
平べったい魚がくるくると回っている。
   
メッキかな?と思って巻き上げてみると、ソゲだった。
Res07927
 
浜名湖って汽水湖だと思っていたけど、ヒラメもいるのだなあ。
 
2時間ほどやってみたけど、結局釣れたのはこれ1匹。
ボウズでなかっただけでも良かった。
 
その後は宿で温泉に浸かって、久しぶりにゆっくりできた。
 
翌日は早めに出て、帰路へ。
帰りは新東名を使う。
  
インターに向かう途中で鍾乳洞に寄ってみた。 
Res07934
何でも東海地方最大の鍾乳洞らしいが、予想通り、わざわざ見に行くほどの事はなかった。
照明の色や当て方を工夫すれば、もう少し神秘的な雰囲気を出せると思うのだけど・・
 
  
渋滞を避けて昼前に浜松を出たのだが、やはり厚木でハマってしまい、6時間かかってようやく帰宅。
  
あ~疲れた!
家族サービスも楽じゃない。。(笑)

 

2014年9月16日 (火)

静岡遠征 1

 3連休は静岡に行ってきた。

  
目的の一つはエコパスタジアムでのサッカー観戦。
清水エスパルス対浦和レッズの試合を見に行くのだ。
 
レッズの試合を見に行くのは今年初めて。
 
開幕早々に起きた差別的横断幕事件。
史上初の無観客試合の処分を受け、世間をずいぶん騒がせてしまった。
そのせいで観客動員数もずいぶん減ってしまったらしい。
 
私は事件そのものに嫌気がさして、という訳ではなく、その後のフロントの対応に少々疑問を感じていたので、当分の間ホームゲームには参戦しないと決めていたのである。
  

東名をひたすら西へ。
出来るだけガソリンを使わないよう、8~90キロくらいでのんびりと走っていると、レッズのステッカーを貼った車が次々と追い越してゆく。
  
休憩を挿みながらのんびり行ったので、4時間近くかかってようやく掛川に到着。
今日はインター近くのルートインに泊まって、電車でスタジアムへ向かう。
宿から駅までは徒歩で15分ほど、駅に着いたらエコパ行のシャトルバスが出ていたので、それに乗ってスタジアムへ。
 
初めてのエコパ。
Res07835
天気が良くて暑い。
 
今回はビジター側の自由席での観戦。
前日にはチケットが完売していたので、席を確保するために早めにスタンドに入ったが、2層目はガラガラで余裕で席が取れた。なんでこれで完売なのだろう?
 
試合開始前になってもスタンドは空席だらけ。。
メインスタンドも、
Res07851
  
バックスタンドもガラガラ。
Res07852
  
今シーズンのエスパルスは成績がパッとしない事も影響しているのだろうが、やはり清水から50キロも離れた掛川での開催ではサポーターの足も遠のいてしまうのだろう。
これではあえて広いエコパを使う意味がなかったのでは?と思ってしまう。
     
もっとも、日本平でやられると、ビジター席はレッズサポ同士での争奪戦になってしまうので、我々としては少々遠くてもエコパでやってくれた方が助かるのだが。
  
 
件の事件以降、浦和フロントは当事者のグループのみならず、クルヴァと呼ばれるゴール裏の中心的なサポートグループを軒並み解散させ、横断幕や大旗、太鼓などの持ち込みも規制してしまった。
さらに、直接事件に関係のなかったコールリーダーまでスタジアムへの出入りを禁止されてしまったと聞く。
 
応援の中心を失ったゴール裏は、当初コールもチャントもバラバラで、太鼓も無いのでリズムやテンポも揃わずに、テレビで見ている限りでは、かつての迫力ある応援は見る影もなくなってしまっていた。
今回、事件後に初めて見たゴール裏は、新しいコールリーダーを中心に、手拍子でテンポを合わせながら、しっかりと統率の取れた応援をしていた。
Gura  
でも、やはり太鼓は欲しいなあ。
 
試合の方は、しっかりとブロックを作って守る清水と、ボールを保持しながら隙をうかがう浦和という展開。
なかなかフィニッシュまで持っていけない時間が続き、逆に速攻から相手に決定機を作られてしまう。
右サイドに開いた高木からのアーリークロスが、ゴール前でフリーになったノヴァコビッチに渡る。
「やられた!」と思った瞬間、鈍い音とともにシュートはクロスバーに弾かれた。
危ない危ない・・・
 
その数分後、今度は浦和のチャンス。
中央を駆け上がった李からサイドでフリーになった平川へ、さらに最終ラインから上がって来た森脇にパスをつなぎ、ミドルシュート。
当り損ねのボテボテのシュートだったが、何故かDFもキーパーも反応出来ないままゴールに転がっていった。
 
大歓声がゴール裏に湧き上がる!
 
この興奮は生観戦ならではのもの、スタジアムで歓喜の瞬間をみんなと共有出来るのは最高である。
 
幸先よく先制したが、得点直後に失点しない事と、追加点を奪うことが重要である。
今日は選手たちの動きが良く、パスがスムーズに回る。
球際も厳しく行けているので、効率よくボールを奪えている。

失点して清水の守備がまとまりを欠いてきたような感じがした。
ラインを高くしてコンパクトな布陣を敷いているが、前線からのプレスが連動しないので、パスが面白いように回る。
キーパーの西川も加わって、ボールを追う清水の選手を嘲笑うかのようなパス回しに、スタンドからも拍手と感嘆の声が上がる。
 
そして、森脇からの長いパスに、上手くラインの裏に抜けた李が2点目のゴールを決めた!
 
そのまま2-0で前半終了。
よし!今日は行けるぞ!
 
後半もレッズペース、コーナーキックから槙野が豪快にヘディングで3点目。
 
終盤に清水の猛攻を受けて、やはりコーナーキックから失点してしまうが、最後に相手キーパーのミスから興梠がシュート!キーパーに弾かれたかに見えたが、ボールはコロコロとゴールに転がりこんだ。これでダメ押しの4点目。
 
そのまま試合が終わって、4-1の快勝で首位を守った。
前節の大宮戦に続いての4得点、挨拶に来た選手たちに大歓声で応える。
Res07873  
 
そして We are diamondsの大合唱がスタジアムに響き渡る。
Res07887
至福のひと時。
  
興奮冷めやらぬスタジアムを後に、最寄りの愛野駅まで歩く。
清水サポはほとんど車で来ているようで、駅への道はレッズサポの方が多いくらい。
まったくアウェイという感じがしない。
 
あまりに不甲斐ない敗戦に足取りも重そうな清水サポが、歩きながら愚痴をこぼしているのが聞こえてきた。
「エコパって全然ホームじゃないよな」
「本当だよ、アイスタ(IAIスタジアム日本平)でやれば、もっとマトモな試合になったかも知れないのに・・・」
 
昔、オシムがジェフ市原の監督をしていた時、国立競技場でのホームゲーム開催に「うちのホームなのに浦和のホームで試合をする事になっている」と怒っていたが、観客動員数だけを考えて大きなスタジアムを使うというのは、地元サポーターを軽視していると言われても仕方ないと思う。

 
電車で掛川に戻り、駅前の居酒屋でささやかな祝勝会。
店に入ると、我々の他にもレッズサポが数組。
みんな快勝に気分を良くして、楽しげに杯を傾けていた。
この店は地方からの客が多いのか、浜松餃子とか静岡おでんなどのメニューがあったので家内も満足したようだ。
Res07895
浜松餃子と黒はんぺん、ビールが美味い!
  
  
勝利の余韻に浸りながら、美味しい料理とビールで最高の夜になった。
 
  
 
 

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »