JICKY のブログ

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月23日 (土)

キノコ勉強会

今年初めてのキノコ勉強会に行ってきた。
   
今回の参加者は安谷さん、鵜住居さん、私の3人。

私は鵜住居さんと同行させてもらい、朝7時半に現地に到着。
ここは標高1800mくらい。
天気は曇りで、長袖を着ていても肌寒い。  

安谷さんの到着を待つ間、車の近くで早速キノコを探す。
 
あまり目ぼしいキノコは無くて、タマゴタケの幼菌と名前不明イグチ数個、やはり名前の分からないハツタケを見つける。
 
9時前に安谷さんが到着。
採ったキノコを見てもらうと、イグチの一つはヤマドリタケだそうだ。
これは初めて採ったが、美味しいキノコだと聞いていたので嬉しい収穫。
  
山に入ってすぐに立派なヤマドリタケを発見。
Res07582
今日は期待できるかも?
  
が、その後はさっぱり。。
 
窮屈そうなタマゴタケ。
Res07592
 
感想気味のタマゴタケ。
Res07597
この辺は雨が少ないのだろうか?
  
歩き回ってやっと見つけたショウゲンジ。
Res07601
今日の本命だったのだが、結局これ1本だけ。
  
雲が低く、いまにも雨が降り出しそう。
Res07603
 
目ぼしい収穫の無いまま下山してくると、道路のすぐ近くでヤマドリタケが結構出ている。
Res07608
これも。
Res07617
  
これはコガネヤマドリ。
Res07606
今日はイグチの活性が高い。
 
午前中の収穫。
Res07621
キノコビクが結構な重さになった。
 
昼食を取ってから、ハナイグチを探しにカラマツ林に移動したが、こちらは空振り。
全く出ていなかった。
時期が早いのだろうか?
 
まだ時間は早かったが、3人ともお土産には十分な収穫があったので、ここでお開きとなった。
 
帰宅後、ヤマドリタケを調理。
このキノコはイタリア料理で出てくるポルチーニである。美味しくない訳がない
  
ベーコンと野菜と一緒にオリーブオイルで炒めてみた。
Res07633
美味い!
 
残りはパスタにしてみようかな?
  
  

2014年8月17日 (日)

久しぶりの小菅

 木曜日、久しぶりに小菅に行ってきた。
10年くらい前までは、シーズンオフは毎月通っていたが、最近はすっかりご無沙汰していた。

今回、久しぶりに来ようと思ったのは、子供が「釣った魚を焼いて食べてみたい」と言っていたため。
家でガスで焼くのではなくて、串に刺して焚き火で焼いて食べたいという。

せっかく焚き火をするならキャンプをしようと思ったのだが、夏休みはどこのキャンプ場も予約で一杯。
そもそも、最近のキャンプ場は直火は禁止だし、テント持ち込みでも6~7千円くらい取られる。
ギュウギュウ詰めのテントサイトで隣に気を使いながら泊まっても、正直楽しくない。

それなら、小菅の山小屋に泊まった方が快適なのでは?と考えたのだ。
すぐ近くにニジマスの釣り堀もあるし。

白浜に行ったときにkurooさんにその話をしたら、小屋のメンテナンスをしたいから、行くなら一緒に泊まろう、という事になった。

この日も予報は午後から雨。
火曜日に秩父に行った時みたいにずっと雨に降られるのでは?と嫌な予感が頭をよぎる。

朝7時に家をでて、9時半ごろに小菅に到着。
天気はどうにか持ってくれている。
まず、トラウトガーデンに行って見たら定休日で誰もいなかった。
お盆休みなのに休業って。。

仕方なく村営の釣り場に行く。
ここは昔ながらのニジマス釣り場と思っていたのだが、今はルアー・フライ・テンカラのエリアも併設されていた。
ただ、半日券というのはないので日釣り券を購入し、早速川に降りる。
  
予報が悪かったせいか、釣り客はルアーの人がちらほらいる程度。
エサ釣りエリアは家族連れで結構賑わっていた。

子供の竿にはとりあえずビーズヘッドのニンフをつけて渡す。
Res07555
空いているので廻りに気を使わなくても済む。

軽いテンカラ竿だが、子供にはちょっと重いのかダブルハンドキャスト。(笑)
Res07556

自分の竿を用意していたら、早速1匹目を釣り上げてきた。
Res07554_2
やるじゃん!なにも教えてないのに。

鹿留のようにウジャウジャ魚がいて、次から次に食ってくる、という訳ではないので、ヒットパターンを見つけては子供の毛鉤を取り替えて釣らせる。
毛鉤交換とオマツリ直しで自分の竿を振る暇がない。

たまにライズしている奴もいるので、試しにカディスをつけてやったら、ヘッドアンドテールで派手に飛びついてきた。
「ウワーッ!」と歓声を上げながらファイト。
Res07562

釣果はウエットフライに劣るが、やはり水面を割って飛びついてくるのがスリリングで楽しいらしく、その後はずっとドライフライで釣っていた。

私はドライフライをあまり巻かないので、以前に人に頂いた毛鉤を色々と使わせてもらった。
いわゆるモライフライ。(笑)

2時間少々で10匹ほど釣って満足したようで、ここで納竿して小屋に向かう。
5匹だけ捌いて夕食のおかずに持ち帰った。

先に小屋に行ったkurooさんから連絡があって、炭が切れているので調達してくるように、との事だったので、釣り場で仕事をされていた漁協の加藤さんに聞いてみたら、「ああ瀬音の方ですか、いつもお世話になってるから、これ差し上げますよ」と楢炭を分けてくれた。
ありがたい事である。

釣り場を後にして山小屋へ。

登山道の入り口に車を停め、山道を登る。
久しぶりにザックを背負っての急登坂、一気に汗が噴き出してくる。

子供が途中で音を上げたので、休憩を取りながら30分ほどかかって小屋に到着。
kurooさんは、すでに小屋の掃除を終え、焚き火の脇でビールを飲んでいた。
私も汗を拭い、早速冷えたビールを頂く。
至福の一時。(笑)

私は多分ここに来るのは10年ぶりくらい。
焚き火の火を眺めながら、小屋作りの事や、山仕事の事を懐かしく思い出した。
大勢の仲間がここに集まって、あの頃は本当に楽しかった。

程なく雨が落ちてきたので、ブルーシートで雨除けをしてウッドデッキに移動。
Res07569

炊き火台で小さな火を燃やしながら、早めの夕食。

ニジマスとウインナーを焚き火で焼く。
Res07572
魚はこうして焼くと一味も二味も違う。

Kurooさんが作ってくれたツマミとビールで乾杯。
Res07574
森の中で飲むビールは格別!

子供は念願の串焼き魚を食べてご満悦の様子。
ビールのあとは芋焼酎を山の湧き水で割って頂く。
美味い!

早起きしたせいか、私は早々に撃沈、(笑)
早めに寝床につく。
小屋の中はネズミに荒らされて大変な事になっていたそうだが、kurooさんが綺麗に掃除してくれたおかげで快適だった。
子供は始めての寝袋に大はしゃぎしていたが、疲れていたのかすぐに寝入ってしまった。

  

翌朝、子供にせかされて虫捕りに行く。
ここからさらに30分ほど山道を登ると、モロクボ平という広葉樹の林がある。
コナラやミズナラが多いので、もしかしたらミヤマクワガタが見つかるのでは?と思ったのだ。

予想通り途中で子供が音を上げ、休み休み登る。
30分以上かかって、どうにか到着。
Res07579
朝の森はひんやりとした空気が流れていて気持ちがいい。

あちこち探し回ったが昆虫の気配は無し。。
私はキノコも探したのだが、見つかったのはこれだけ。
Res07576
ドクツルタケ。
猛毒菌だが、妖しげな美しさを持っている。

30分ほど探し回って小屋に戻る。
kurooさんは朝からビールを開け、ゆったりと山の時間を楽しんでいた。

私も焚き火の横で贅沢な時間を楽しませてもらう。

しばらくまったりとしてから撤収。   
後付けと掃除をして、小屋を後に。
Res07580

久しぶりの小屋泊まり。
以前は大勢でワイワイと賑やかに過ごすのが常だったが、少人数でゆっくりするのもいいものだった。

次はいつ来ようかな?

 
 





 

2014年8月16日 (土)

雨のヤマメ釣り

 火曜日、子供を連れて秩父に釣りに行ってきた。

天気予報では午後から雨という事だったが、山の方はどうだろうか。
とりあえず行くだけ行ってみようと出かけた。

秩父に近づくにつれて雲が厚くなる。
正丸トンネルを抜けたらとうとう降り出した。

今回は道路沿いの安楽な釣り場で子供を遊ばせるつもりだったので、多少の雨なら合羽を着てやり過ごそうと思っていた。
が、釣り場に着いたらかなり本格的な雨になってしまった。

どうしようか?と迷ったが、小止みになったところで、とりあえず竿を出してみる事に。

川に降りるとちょっと増水して濁りが入っている。
これくらいなら意外と活性が上がって良いかも?
Res07539

竿を出してすぐに1匹目。
Res07537
ヤマベサイズ。(笑)
合わせたらすっ飛んできた。

流れはいつもより強いが、流芯で反応がある。
すぐに2匹目。
Res07541
7寸弱、結構いい引きをしてくれた。

子供が騒いでいたので見てみると、ヒバカリを捕まえていた。
Res07545
初めてヘビを捕まえて大興奮。

ヌメリツバタケかな?
Res07546

その後も良い反応で、200mくらいの区間で4匹釣った所で雨が強くなり、川もさらに増水してきたので納竿。
実質1時間ちょっとの釣りだったが予想外に良い釣りが出来た。
雨に感謝である。

ギボウシの花。
Res07551

2014年8月12日 (火)

白浜海遊び

土日は毎年恒例、瀬音の白浜海遊びに参加してきた。

よりによって台風が接近して天気予報は最悪。
多分海は大荒れで、行っても何も出来ないだろうなあ・・と思ったが、宿を確保してあるので行かないわけにはいかない。

kurooさんと一緒に現地に向かう。
毎年この時期の週末は千葉方面に向かう道は渋滞が酷いのだけど、今年はガラガラ。
たしかにこの状況で海に行こうなどと考える人はいないよなあ。。。

家から2時間ほどで白浜に到着。早い!

雨は降っていないが、風が強く波も高い。
5

大潮で、午前中は干潮なので岩場の岸よりなら波が来ないよ、と言うことなので、とりあえずいつもの海岸へ行ってみる。

たしかに沖の岩場が露出して波除けになっていて、手前のほうまでは大きな波は来ない。
私は何時ものように、短竿で岩陰を探る。

岩と岩の隙間にワームを落とし、チョンチョンと誘いを掛けると、「ガツン!」と強烈なアタリが来て竿先が引き込まれる。
4
良い型のムラソイ。

 
続けて。
3
これは小さいのでリリース。
このサイズは結構釣れる。
 
これはまあまあの型。
2
カサゴと同じで味噌汁に入れると良いダシが出て美味しい。
 
子供は波の来ない岩陰で泳いだり。
1
 
岩の隙間でカニ捕り。
6
 
普段より1m近く水面が低いので、こんな浅場で色々な生き物が見られる。
ウツボやタコ、綺麗なピンクのイソギンチャク、ケヤリ、珍しいエビなど、実に面白い。
 
天気も、風は強いものの雨はほとんど降らず、午後からは日も差してきてかなり焼けてしまった。
 
夜は盛大なBBQ,kurooさんが持ってきてくれたイノシシの肉が美味しかった。
  
綺麗な満月の下で花火も出来て子供達は大喜び。
月の光に青白く輝く波が幻想的で美しかった。
 
 
翌日はさすがに何も出来ないだろうと思っていたが、風も波も昨日より強いけど、なんとか海に入る事ができた。
私もいい釣果を上げる事ができて大満足。
 
午前中、目いっぱい遊んでから帰路に。
帰りも全く渋滞が無く、あっという間に家に帰り着いた。
  

 
最悪の中の最善というのだろうか、予想以上に楽しめた週末だった。
 

 

2014年8月 5日 (火)

近所で虫捕り&釣り

 日曜日、子供を連れて虫捕りに行った。

家の近くの雑木林。
早朝なのでまだ涼しくて気持ちよい。

早速発見。

Res07492
群れで樹液を吸っている。

ここでも。
Res07485

カブトムシはいくらでも捕れるので、この辺の子供はあまり捕らない。
ウチの子供ももう興味が無いみたいである。

 
1時間ほど探し回って、ようやくクワガタを見つけた。
Res02595
ノコギリクワガタ。
この大あごの曲線はいつ見ても美しい。
 
けっきょくこの1匹だけ。
 
近くにヒガンバナが咲いていた。
いくらなんでも早すぎでは?
Res07487
黄色いのもあるので、多分種類が微妙に違うと思われる。
  
午後から、ちょっとだけ近所の川でヤマベ釣り。
アユ釣りの人がいなくなった場所でテンカラを振る。
Res07493
 
・・・・・・反応が無い。。。
 
移動しながら2時間ほどやってみたけど、見事にボウズ。。。
正確にはチビムツが1匹だけ釣れた、、、スレで。。。
 
この時期に「ボ」って。。。
 
 

 

2014年8月 2日 (土)

ハゼ釣査

 今年初めてのハゼ釣りに行ってきた。
 
行ったのはいつもの浦安、今年の湧きはどうだろうか?
 
朝6時に家を出たのだけど、渋滞とルート選択ミスで2時間半もかかってしまった。
9時前にようやく竿を出す。
 
1投目からアタリが連発。
Res07471  
  
予想通り、まだちょっと小さい。
Res07473
型は今ひとつだが、ほとんど入れ食いで釣れる。
この時期はなにより数が出るので退屈しない。
おそらく海底はデキハゼでびっしりなのだろう。
 
 
1時間ほどやっていたが、とにかく暑い!
子供が真っ赤な顔をしていたので、危険を感じて橋の下の日陰に避難する。
 
ここなら熱中症の心配もない。
Res07480
 
まあまあ育ったハゼも混じる。
Res07475
 
これくらいのサイズでものべ竿で釣ると、小気味よく竿先を引き込んでくれる。
Res07477
  
子供が飽きた昼まで釣って、2人で70匹くらい釣れた。
型のいいのを選んで半分ほど持ち帰り。
 
もう一潮回ればもっと育っていると思う。
今年も楽しめそうだ。
 
 
 

 

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

最近のトラックバック