JICKY のブログ

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« またまたテナガ釣り | トップページ | 連休は家族サービス »

2014年7月13日 (日)

久しぶりの船釣り

土曜日、久しぶりに船での釣りを楽しんできた。

行ったのは、以前よく行っていた葛西橋の荒川屋さん。
狙うのは今が旬のシロギスである。

久しぶりに行って見たら、船代が8800円に値上がりしていた。
原油高と円安の影響なのだろうけど、やはり高いなあ・・・
この値段だと、キスじゃなくてタイとかヒラメ釣らないと割が合わない。
 
いきなり話が貧乏くさくなってしまった。。(笑)
 

 
前夜は今年初の熱帯夜で、寝苦しくて朝2時に目が覚めてしまった。
もう一眠りするには中途半端なので、少し早めに家を出る。
途中、都心は土砂降りの雨!
大丈夫かなあ?

4時に船宿に着く頃には雨もほぼ上がった。
この時間で、すでに先客がいる!
気合入ってるなあ。。

 
早く着いたおかげで、右舷の大ドモの席を確保できた。
胴の間は正面にしか投げられないし、隣の人とのオマツリが多い。
ミヨシは揺れる上に海面から高くて釣りにくい。
やはりトモの席が一番釣り易い。
 
出船まで1時間以上あるので、船に乗って一眠りしていると、友人も到着。
いつもは前祝などと言って、朝からビールなど開けてしまうのだが、寝不足気味なので今回は遠慮しておいた。
 
定刻どおり6時半に河岸払い。
Res07188
スカイツリーを後ろに見ながら出船。
 
船からはまた一味違った東京の景色が見える。
 
ゲートブリッジと都心を望む。
Res07194
前に来た時はまだこの橋は建設中で、何を作っているのだろう?と思っていた。
 
アクアラインをくぐって木更津の沖へ。 
Res07204

この辺は盤洲と呼ばれる浅瀬。
この時期のシロギスは産卵のために浅場に集まっている。
 
7時過ぎにポイント到着。
早速仕掛けを投入する。
   
私のタックルは1.8mのキス竿に1000番のスピニングリール、PE1号のラインに15号のオモリ、片天秤2本鉤の仕掛け。
エサはアオイソメ。
 
アンダースローで20mほど投げ、着水と同時にベイルを返してカーブフォール気味に落とす。
水深は6~8mほど。
  
着底と同時にコンコンとアタリ。
巻き上げると外道のヒイラギ。。
今年の東京湾はヒイラギが多くて釣りにくいと聞いていたけど、いきなり洗礼を受ける。
 
気を取り直して2投目。
誘いを入れながら引いてくると、船下で竿先をひったくる様な強烈なアタリ。
先ほどとは明らかに違う力強い引き込みで上がってきたのは本命のシロギス。
Res07208
キスはこれくらいのサイズでもかなり引いてくれるので面白い。
昔から人気のターゲットである理由が良く分かる。
 
その後もほとんど1投1匹で釣れる。
時速20匹くらいの良いペースで数を伸ばす。
  
今日は大潮で潮の流れが速い。
この場所では抱え込みの潮で、仕掛けを沖に投げても、すぐに足元に寄ってきてしまう。
といっても、実際に流れているのは仕掛けではなく舟の方なのだが。

私はこの潮は苦手。
放っておくと船の下に仕掛けが入って、反対舷の人とオマツリしてしまったりする。
なので、こまめに上げて投げ直さなければならず、忙しい。
 
釣りとしては、まだ竿が入っていないポイントに向かって進んでいる訳なので、この流れの方が釣果は上がると言うのだが。。

 
1時間ほどすると、食いが落ちてきてアタリもまばらになってきた。
ここで小移動。
アクアラインの北側に移る。
Res07213
雲が切れて快晴、暑くなって来た。
 
アクアラインを見ながらの釣り。
Res07217
ここでは、先ほどとは逆の払い出しの潮流れ。
多少はやりやすい。
 
場所換えしてまた順調に釣れだした。
一荷も度々。
Res07211
20センチオーバーがダブルで掛かるとドラグが鳴る。
 
フォールでアタリが出ることは少なくて、ゆっくり引きずっている時か止めている時にアタリが多い。
払い出しの潮なので、竿を大きくあおるように誘った後、ちょっと送り込んでからそっと聞いてみると「ググッ!」とアタリが出る。
 
水深が浅いのでアタリもダイレクトに出てくれて面白い。
 
途切れることなく釣れ続けて、10時過ぎには50匹を超えた。
過去に一番釣った時で70匹くらいだったので、それよりは多く釣れそう。

心配されたヒイラギはあまり混じらず、メゴチもチビが1匹だけ。
釣れるのはほとんど本命のキスばかり。
  
一度、強烈な引きで上がってきたのはホウボウ。 
Res07220
美味しい魚なので、嬉しい外道。
 
あまり順調に釣れ続けると、贅沢な話だがだんだん飽きてくる。
沢山釣っても、帰ってから捌くのは自分である。
適当な所で切り上げようかとも思ったのだが、昼くらいに80匹に届いたら欲が出た。(笑) 
 
一回くらい束釣りをしてやろうと思ったのだ。
こんなチャンスはもう二度と来ないかもしれない。

残り時間は1時間少々。
気合を入れなおして、本気で釣りはじめる。
 
数を釣るにはとにかく手返しを良くする必要がある。

エサなどはあらかじめ切っておいて、上げたらすぐに付けられるようにして置く。
古いエサは食いが落ちるのでこまめに換える。
あまり遠くに投げず、できるだけ船の近くで釣る。
1匹掛けたら、しばらくそのままにして追い食いを狙う。
仕掛けが絡んだら迷わず切って交換する。
 
昼飯も食わず、タバコも吸わず、ひたすら釣りに集中する。
 
その甲斐あって、1時を少し回ったところで、どうにか束に到達!
あ~疲れた・・・・(笑)
 

正直に言うと、こういう競技的な釣りはあまり好きではない。
遊びで来ているのに、仕事をしているみたいに忙しくて、楽しくないから。
 
でも、長年あこがれていた「束釣り」という目標に届いた事で、達成感は得る事が出来た。
 
その後は急に集中が切れてしまったが、1時半の沖上がりで最終的な釣果は108匹。
もちろん自己最高。
 
帰ってから捌かなければならない事を考えると少々気が重いが、いい釣りが出来てよかった。
やっぱり海の釣りは面白いなあ。

  
  
  
-----------------------------------------------------------------------
 
帰港して聞いてみたら、この日のトップは154匹だとか。。
さすがというか、どうやったらそんなに釣れるんだか。
手返しの早さとか技術もあるけど、それだけ集中力を切らさずに釣りを続けられるのはすごいと思う。

------------------------------------------------------------------------ 

追記 

食べる編。
 
釣ったキスは我が家だけでは食べ切れそうも無かったので、帰りにkurooさんの家に寄って30匹ほどおすそ分け。
 
残りは20匹ほどをその日のうちに天ぷらにして頂いた。
Res07225
天ぷらは釣りたてがホクホクして一番美味い。
 
残りは翌日捌いて、大き目の数匹とホウボウを刺身で頂く。
Res07231
左がホウボウ、右がキス。
どちらも美味しいが、食べ比べると、やはりホウボウが上かな?
キスは淡白なので、昆布締めとかにするとまた旨みが増す。
 
捌いた中骨は2度揚げして骨煎餅に。
Res07236
カルシウムたっぷりのおつまみ。
子供も大好きであっという間に無くなった。
 
  
釣って楽しみ、食べて楽しむ。
釣り本来の楽しさを満喫した週末だった。
 





 

« またまたテナガ釣り | トップページ | 連休は家族サービス »

釣り」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
アクアラインの南側は、僕も10年くらい前に何度か行きました。
でも、100匹オーバーなんてぜんぜん届かなかったです^^;
メゴチとかも混ざりましたし・・・(これはこれで美味しいですが)

キスは天ぷらでも刺身でも大好きです。
海釣りは、渓流つりとはまた違った面白さがありますよね。
もう少し舟代が安ければ、海釣りも増やしたいのですが・・・なかなか^^;

こんばんは。

キスの束釣り!ウワー!!!
フライで渓流とZacco釣りしかやらない私としては、いろんな釣りを楽しまれる人がうらやましい。
船は苦手でだめですが、海の釣りは「釣って楽しみ、食べて楽しむ。」まさに釣り本来の楽しみですね。

おはようございます。

いろいろな釣りをされるんですね。
船釣りは楽しそうですが、僕は船が全く駄目で。すぐに酔ってしまいます。

料理もお上手!いつも良いパパされてますね(^-^)

JICKYさん、こんばんは。
キスの束釣り、凄すぎです・・・!! それに、70匹を美味しく食べてしまうあたりも凄いです!!
昔、千葉の金谷港でホウボウが釣れたことがありました。もちろん、美味しく刺身にして頂きました。魚を水に入れて子供に鰭の美しさを見せてあげたら喜んでいました。 (^^ゞ
ちなみにヒイラギですが、これも金谷で良く釣れて、一夜干しにして食べちゃいました。高知ではニロギと呼ばれて重宝されています。私も食べたことありますが、美味しかったですよ!! けど、キスと比べてしまうと、やっぱりね~ですよね!! (^^ゞ

しげさん、こんばんは。
東京湾のキスはここ10年ほどでものすごく魚影が濃くなっているようです。
以前は束釣りなんて一部の名人だけでしたけど、今は普通になってます。
産卵期のキスを大量に釣っていてこの状況ですから、東京湾の豊かさをあらためて感じますね。
逆にメゴチは減っているようです、一説ではアクアラインの工事の影響と言われてますが、どうなんでしょう?

windknotさん、こんばんは。
ワカサギやハゼでは束釣りがありましたけど、キスでは初めてでした。
最初に行ったのが中学生の頃でしたので、35年目にしてようやくです。(笑)
海の釣りは何かとお金がかかりますが、食べる楽しみがあるのでいいですね。

co-dropさん、こんばんは。
私も船はそんなに強くないです、外海の釣りは出来ません。
料理に関しては、カミさんがやってくれないので仕方なく、という感じです。
釣った魚を全部処理してもらえたら、思う存分釣れるのですけどね。(笑)

Green Cherokeeさん、こんばんは。
今の時期の東京湾でしたら、束釣りは大した事じゃないです。
釣る人は3束4束釣りますから。
http://shirogisu-fune.blog.so-net.ne.jp/

ちなみに、まだ釣果の半分近くが冷凍庫に入ってます。(笑)
ヒイラギ、食べられるというのは知っていますが、ぬめるし刺さるしで、持ち帰る気になりませんね。
メゴチは美味しいのでそれでもキープしますが、最近はあまり釣れなくなってしまって残念です。

おはようございます^^。

素晴らしい釣果!
そして素晴らしい調理!!
船は無理かもしれませんが、食べるのは大丈夫です^^。
次回は食べる編にお誘いください(笑)。

JICKYさん こんにちは

束釣りすごい!
と思ったら、さらに上がいるのですね・・・
天ぷら、骨せんべい美味しそう。
でも捌くの大変ですねf(^_^;

farwaterさん、こんばんは。
おかげさまで良い釣りが出来ました。
やはり、食べるためにはご自分で頑張って釣らなければ・・(笑)
ハゼも美味しいので、またご一緒しましょう!

ナシオさん、こんばんは。
沢山釣れたのは良かったですが、さすがに少々忙しかったです。
でも、もっと釣る人たちからすれば、多分束なんて余裕なのだと思います。
釣りも仕事と一緒でスキルアップするのでしょうね。
 
私は捌くのが面倒なので、これ以上はいいかな?と思ってますが。(笑)

 東京湾は豊かですね。
 釣って、残らず美味しくいただく、これが一番です。
 北九州に住んでいた時のキス釣りは友人の船に乗せてもらい、ガソリン代500円で一日楽しんでいました。
 こちらは素朴なもので聞き合わせもなしどっかんとすぐかかりました。
 肘たたきも必ず釣れるし、刺身がおいしかったなーと記事を見て思い出しました。
 最近は海に行ってないです。

jetpapaさん、こんばんは。
海の釣りは面白いですね、食べる楽しみもありますし。
肘たたき、羨ましいです。
東京湾ではまずお目にかかれないサイズですね。
20センチのキスであれだけ引くのですから、釣り味は最高でしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1662162/56778236

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの船釣り:

« またまたテナガ釣り | トップページ | 連休は家族サービス »

最近のトラックバック