JICKY のブログ

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月29日 (水)

一里一匹

 日曜日、また近所の川で竿を出した。

 
前日、カチーフさんがいい釣りをされたと聞いていたので、期待しながら出かけたのだけど、とにかく渋かった。。
  
下流から釣り上がり、昨日良かったと聞いた場所で一度反応があったきり。
 
所々竿を出しながら、上流の合流点まで行ってどうにか1匹だけ釣れた。
  
Res06352
 
この日歩いた距離は6キロほど。
6キロ歩いて小型のヤマベ1匹。。。
 
まだまだ修行が足りないなあ。
 
 

2014年1月14日 (火)

厳しくなってきた

 日曜日、またまた近所の川へ。
時期的にはそろそろ「修行」と呼ばれる釣れない時期だが、今日は天気も良くて風も無く、条件としては文句なし。

今日は一日フリーなので、下流部からずっと釣り上がってみようと、フライロッドを片手にS橋まで歩く。
厚着をしてきたので、歩いていると暑いくらい。

橋が見えてくるとフライマンが一人竿を振っていた。
なんとGreen Cherokeeさんだった。

息子さんの送迎の合間に短時間だけ竿を出しに来たとの事。
ずっとウェットフライでやっていたそうで、反応は渋いらしい。
  
お話をしながら竿を準備していると、コカゲロウがハッチし始め、川面にライズが出始めた。
この分ならドライで出てくれそう。

1投目から反応があったが、フッキングせず。
その後も何度か出るのだが、掛かってくれない。
 
しばし河原でお話した後、時間切れのGreen Cherokeeさんを見送って再度挑戦。
  
数投目にようやくヒット。
Res06335
 
広い瀬の中で、1箇所だけ魚が溜まっているたるみがあり、そのポイントで連続して掛かる。
Res06337
教えて頂いたオオカワジシャをバックに。
 
どうやら、今日のところはまだ修行にならずに済んだようだ。(笑)

 
立て続けに4匹釣ったらパッタリと反応がなくなった。
Res06345
 
あきらめて上流へ。
 
団地前では結構なライズ、だがカワセミ狙いのカメラマンが多くて竿を振るのはためらわれる。
 
さらに上流へ。
 
何箇所か竿を出して見るが、全く反応がないままいつものK橋に。
公園前の瀬でやっと出た。
 
が、すぐに子供が横で石を投げ始めた。

子供に引っ掛けたりしたら大変なので上流へ移動。
 
上の瀬でも出た。
Rimg53421_2  
 
でも前回より渋い。
 
さらに上流へ歩く。
 
歩道のS橋付近、いつもライズがあるのだけど、今日は沈黙。
上に行くほど生命反応が薄くなる感じ。
 
夏の間バンバン釣れた区間も激シブ。
しつこく流すと思い出したように出るけど、小型ばかりで掛からない。
 
今日はここまで、と決めていた合流点のポイントには先行者。
あきらめて戻る事にする。
 
帰り道、再度公園前の瀬でやってみると、渋いながらもどうにかヒット。
が、手元でバレてしまった。
その後もさらに粘って、やっと掛けたと思ったらまたバレた。。
 
3時過ぎまでやって、風が冷たくなってきたので納竿。
出だしは良かったけど、後半はほぼ修行モード。
 
これからは型を見るのがやっとになりそうな感じだなあ。。
   
  

2014年1月 4日 (土)

初釣り2編

3日、毎年恒例になったかっちゃんとの新春爆釣大会に行ってきた。

場所は山梨のFISH ON鹿留という管理釣り場。

朝7時到着。すでにかっちゃんは準備をしていた。
私も早速支度をして釣り開始。
2人ともテンカラ。

河原はまだ雪が残っている。
Res06313

気温は氷点下で、朝のうちは糸が凍りつくほど寒い。
Res06314
それでも魚の活性は高くて、水面直下をソフトハックルの毛鉤で誘ってやると元気に飛びついてくる。
Res06321
サイズは20センチから40センチくらいまで、塩焼き用に小型のニジマスが欲しいのだが、一番釣れるのは30センチくらいのちょっと大振りのものばかり。

入れ食いと言うほどではないけど、時速10匹くらいのペースで釣れる。
反応が無くなったら毛鉤を換えるとまた釣れるという感じ。

尺イワナも1匹釣れた。
Res06312
ヤマメ(アマゴかも?)も1匹掛けたのだけど、途中でバレてしまった。


2時まで釣って50匹くらい、管釣りの釣りは半日もやっていると飽きてしまう。
大き目を数匹と小型を8匹だけ持ち帰り。
  
帰りはUターンラッシュにハマり3時間近くかかってしまった。。
 
 
 
翌日、釣った魚を捌いてから近所の川へ。
我ながら釣りバ○だなあ・・・(笑)
 
今日はフライで。
公園前の瀬から釣り上がる。
 
すぐに1匹目。
Res06325
まだ瀬でもドライに出てくれる。
 
上流の瀞場ではちらほらライズがあるのだが、小型ばかりのようで針掛かりしない。
 
さらに上の浅瀬。
Res06333
大晦日はこんな所で結構出たが、今日も好反応。
 
Res06330
飽きない程度に釣れる、型もまあまあ。
Res06331
小魚の釣りだけど、釣り堀よりもこっちの方が楽しい。
 
午後から風が出てきたので納竿。
 
2時間ほどでどうにかツ抜け。全部瀬で釣れた。
これだけ瀬で出るのならテンカラでやればもう少し釣れたかも。
 
 
そろそろこの川はキビシイ修行の季節。
次回はもう型を見るのがやっとかな? 
 
 

  
  

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

最近のトラックバック