JICKY のブログ

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月26日 (火)

見に行くと負ける。。

 土曜日、久しぶりに埼玉スタジアムへレッズの試合を見に行ってきた。

数日前に浦和のレジェンドとも言える山田暢久選手が来期は戦力外というニュースがリリースされた。
最終節は見に行けないので、せめてその前にレッズのユニを着た暢久の姿を見ておきたいと思ったからである。

家内は「見に行くと負ける!」と乗り気ではない。
たしかにここ2年ほど、埼スタで観戦した試合はことごとく負けている。
去年などJ2に降格したガンバにチンチンにやられてしまったし・・

だが、今のレッズは首位と勝ち点1差で優勝争いをしているさなか、ここは是非スタジアムへ足を運んで選手達の後押しをしたい。
試合前にサブグラウンドで行われるハートフルサッカーに子供を参加させると言う事で、どうにか家内を説得した。

ということで、少し早めにスタジアムへ向かう。
浦和美園駅はまだ人も少ない。
Res06154

スタジアムへの道。
ここを歩いていると自然と気持ちが高揚してくる。
Res06159

スタジアム到着。
Res06161

南広場ではちょうどハートフルコンサートが始まっていた。
Res06162

コンサート鑑賞もそこそこにサブグラウンドへ。
受付まで時間があったので、近くの屋台でビールとタコライスを買ってきて昼食。
昼間から飲むビールって何でこんなに美味いのだろう?(笑)

ハートフルのコーチ陣。室井市衛と城定がいた。
Res06166

学年別に分かれてグラウンドへ。
ウチの子は城定のクラスへ。
Res06176
内容はボールを使ったゲームやミニ試合など。
このくらいの年になると普段サッカーやっている子との差がかなり大きくなる。
 
1時間ほど楽しくあそばせてもらって終了。
スタッフの皆さんありがとうございました。

さて、いよいよスタンドへ。

Res06188
入り口で配っていたミサンガ、ただのテープだけど。(笑)

家内が買って来たレディア焼き。
Res06187

試合前のウォーミングアップで選手達がピッチに出てきた。
Res06182
良かった、暢久の姿が見える。
ベンチ外だったらどうしようかと思った。

ウォーミングアップ中に散水してる、選手達に掛かってるんだけど。(笑)
Res06192
 
いよいよ試合開始、選手達の入場に合わせてスタンドではコレオグラフィーが描かれる。
Res06196
これ全てがサポーター有志の企画によるもの。
試合前に手作業で手旗やシートを配置している人たちには本当に頭が下がる。
 
さて、肝心の試合の方は前半にまたまたセットプレーから失点。
ずっと追いかける展開のまま後半へ。
 
いやなムードが漂い始めた頃、ようやく左サイドの崩しから槙野が同点ゴール!
 
スタジアムが沸騰する。
Res06200
 
よし!行ける!この勢いで勝てるぞ!
 
・・・・・・と、思ったのもつかの間。
すぐにオウンゴールで突き放されてしまった。orz
 
その後は選手達の緊張感が一気に切れてしまったような感じ、最後にダメ押しの追加点まで奪われて3-1の完敗。。。。
 
試合終了後に他会場の結果が流され、首位横浜の勝利が伝えられるとスタジアム中にため息と落胆の声が溢れた。
これでもう今年の優勝は絶望的。
 
4万人の負のオーラに包まれながらスタジアムを後にした。
  
  
 
 
ホームゲーム見に行くと負けるジンクス継続中・・・

  
  

 

2013年11月17日 (日)

ワカサギ釣りで撃沈・・・

 子供を連れてワカサギ釣り。

 
行ったのは久しぶりの宮沢湖
数年前はよく行ったのだけど、ここの所あまり良い釣果が出ていなかったので足が遠のいていた。
今年は解禁からそこそこ釣れているらしいので、子供でも何匹かは釣れるだろうと期待して出かけて見た。
 
朝7時、ボートを漕ぎ出す。
手漕ぎボートは初めての子供は、最初は怖がっていたがすぐに慣れた様子。
適当なポイントで竿を出す。
 
ハゼやテナガエビ釣りではエサ付けや針外しまで出来るようになったが、ワカサギの5本針の仕掛けは難しいかな?と思ったら案の定、エサをつけるだけでぐちゃぐちゃにしてしまった。。。
 
なんとか直して投入。先が思いやられる。
 
調子のいい時は入れてすぐにアタリが出るのだけど、今日は沈黙。。
 
自分の竿も2本用意して次々に投入するが、全く反応無し。
 
湖畔は紅葉が見ごろ。
Res06132
風も無くて絶好の釣り日和。
 
Res06134
湖面も竿先も静まり返る。。
 
周りのボートではチラホラと魚が上がっているが、群れが小さいのか続けて釣れている様子は無い。
 
20分ほどして、ようやく1匹。
とりあえずボウズだけは回避したが、この分ではまともな釣果は期待できそうも無い。
 
何度か移動しながら竿を出していると、やっと群れに当たったようでアタリが出始めた。
 
子供にもヒット。
Res06135
 
ここで10匹ほど釣ったらまたアタリが無くなってしまった。
 
タナを変えたり、誘い方を変えたりしながら探ってみてもダメ。
時たま強いアタリでギルが掛かってくる程度。
 
移動しながら昼まで釣ってギブアップ。
 
今日の釣果。
Res06137
12匹・・・
 
ワカサギ釣りで12匹って。。。。
  
 
貴重な釣果を唐揚げに。
Res06149
 
一瞬で無くなってしまった。(笑)
 
寒くならないうちに、どこかでリベンジしたいなあ。。

2013年11月11日 (月)

清掃山行2013

日曜日、毎年恒例の瀬音源流部会の清掃山行に参加した。

一年間遊ばせてもらった秩父の渓流への感謝をこめて、川のゴミを拾うイベント。
今回は荒川支流の大血川下流部を掃除してきた。

参加者は安谷さん、なんさんと私の3人。
年々参加者が減ってゆくのが寂しいが、これだけはたとえ一人になっても続けて行きたいと思っている。

 

天気予報では午後から雨、降りだす前に終わらせてしまいたい。
朝9時半に集合して、早速川へ降りる。

秩父の渓はちょうど紅葉が見頃。
Res06096

ヤマナシ?と思ったらマメガキだった。
Res06091

Res06097
久しぶりの沢歩きは結構気を使う。
慣れない内は何度か滑って冷や汗をかいた。

Res06098
この川は車道に沿っているため、シーズン中は釣り人銀座。
魚は居るが、スレまくっていて私の腕では歯が立たない。

Res06099
当然、ゴミも多い。
すぐにゴミ袋が一杯になる。

Res06100
思ったより水温は低くなくて、渡渉もさほど辛くなかった。

Res06101
久しぶりの渓流。歩いているだけで心が洗われる。

Res06105
チドリノキ、こんなに小さいのにちゃんと黄葉している。

Res06104
河原の岩に測量の跡らしいマーカーがあちこちにつけられていた。
Res06108
なんとなく嫌な予感。
良からぬ計画が進行していなければ良いのだが。。

Res06109

Res06110
この川は石灰岩で、結構滑り易い。
この時期に川に落ちたら大変な目にあうので、遡行は慎重に。
と、言っても写真のなんさんはベテランの沢屋さん、このくらいの沢なら目をつぶっても遡行できる。

Res06113

Res06115
マムシ草の実。
きれいだが有毒、食べると口の中が爛れてしまうらしい。

Res06118
カツラの黄葉。

Res06121
ムキタケ。
ちょっと古くて腐りかけていた。

Res06124
青く澄んだ淵に色づいた木々が映える。
竿を持っていないと、逆に渓の美しさが強く感じられる気がする。


 

向沢出合いで昼食休憩。
雨が降りそうな気配も無く、雲の切れ間から薄日もさしてきた。

昼食後、遡行開始してすぐに道路側から入る沢沿いに大量のゴミを発見。
3人で拾い集めるが、あっという間にザックが一杯になってしまった。
これ以上は拾えないので、ここで今日の行動は終了。

杉の植林帯を登って脱渓。
Res06125
最後はこんな所を這い登って強引に車道に戻る。

対岸の紅葉が美しい。
Res06126

今日の収穫。
結構な量になった。3人の手作業ではこれくらいが限界かな。
Res06130

 
釣り人のゴミ以外に山仕事の人が残していったものや、道路から投げ捨てられたと思われるゴミも多くて、非力さを痛感させられてしまった。
 

なんさん、集めたゴミを処分してくださった安谷さん、どうもありがとうございました。


2013年11月10日 (日)

TNKミーティング

 土曜日、近所の川で雑魚のフライフィッシングをする人達の集まり、「TNKミーティング」に参加させてもらった。

私は2度目の参加。
今回は、会長のカチーフさんをはじめ、windknotさんfarwaterさんGreen Cherokeeさんジョニーさんダブルさんmihiroさんと私の8人という大人数の参加で大盛況のイベントとなった。

今回は我が家のすぐ近くを流れる川での開催なので、私は自転車で釣り場へ。
 
みなさんとご挨拶を交わして、早速川へ。
急に冷え込んだせいか、魚の活性は今ひとつ。
私は久しぶりにフライでチャレンジしてみたが、見事撃沈。。。
 
他の皆さんは快調に釣果を上げておられたので、自分の未熟さを再認識した次第。
 
 
昼食時、気がつくと私の自転車はロッドスタンドに・・・(笑)
Res06085
 
その写真を撮るfarwaterさんと、その様子を撮影するGreen Cherokeeさん、さらにそれを写真に収めるダブルさんの図。(笑)
Res06088
 
夕方まで釣りをして、その後は新座市内の中華料理店で打ち上げ。
楽しい時間を過ごさせてもらった。
 
参加された皆さん、どうもありがとうございました。

2013年11月 5日 (火)

雨の合間に

 祝日の月曜日。

 
午後から雨が止んだのを見て、久しぶりに近所の川へ。
 
向かったのは家から最も近いポイント。
この天気なら河原でBBQやってる人も居ないだろう、と思ったら、橋の下で設営しているグループが居た。
こんな天気でも楽しいのだろうか?
 
河原で遊んでいる人も居なかったので、久しぶりに広い河原で竿を出してみる。
今日はテンカラで。
 
橋から釣り上がるが、反応ナシ。
おかしいなあ、ここの瀬は人が居なければ結構出るのだけど。。
 
上の瀞場でライズがチラホラ。
これはテンカラではまず取れないのでさらに上流へ。
 
Res06067
ここの瀬尻はいつも裏切らない。
 
水量は多少増水気味。
 
1流しごとに2~3回のアタックがある。
が、なかなかフッキングしない。
数投目にやっとチビがヒット。
 
数匹掛けた所で、また雨が降ってきた。
雲が切れているのですぐに止むはず、と思って木の下に一時避難。
 
10分ほどして小止みになったので、釣り再開。
 
いきなり良型がヒット。
Res06074
このくらいになるとヤマベとはいえ、結構いい引きをして楽しい。
 
雨でスイッチが入ったのか、いい型が続けて掛かるようになった。
Res06075
 
ずっと一箇所で同じ毛鉤を振っていたせいか、20匹ほど釣った所で反応が無くなって来た。
 
ふと下流を見るとフライマンが数人竿を振っている。
 
あれ?あの人はもしかして?
 
やはりmonkey-siteさんだった。
お会いするのは久しぶりだったが、前に子供
を連れて川に来た時にすぐ隣にいらしたとの事。
全然気がつかなかった、申し訳ない。
 
今回はコイのタックルを持っていらしたので、ちょっとだけ振らせてもらった。
目の前のコイの前に上手く流したつもりだったがガン無視。(笑)
最近はここのコイもスレてしまってなかなか釣れなくなってしまったらしい。
 
少しお話して、上流の様子を見に行ってみた。
 
前回、結構良かった合流点のポイント。
 
入りたかった場所では子供が石を投げて遊んでいる。。
 
仕方がない、川遊びの優先度は子供の方が上。
 
しばらくして子供が居なくなったところで竿を出す。
先ほどまで石の雨が降っていたとは思えないほど好反応。
しかも型が良い。
 
あっという間に10匹ほど良型を掛け、良い気分になっていたらまた雨が降り出した。
今回は大粒の雨。
橋の下に避難したが、結構な降りで止みそうもないので、ここで納竿。
 
土砂降りの中、ずぶ濡れで自転車を走らせて帰宅した。
 
天気が今ひとつ安定しなかったが、魚の反応は良くて楽しめた。
週末もこの調子で釣れてくれれば良いのだが。
 

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »