JICKY のブログ

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ハス釣り | トップページ | 短時間の釣り »

2013年10月17日 (木)

連休の釣り

 3連休の日曜日、飽きもせずにまたハゼ釣りに行ってきた。

 
朝7時にいつもの釣り場に到着。
もう朝の気温は肌寒いくらい、風もあって上着を着ないと震えてしまう。
 
丁度引き潮のソコリから上げ始めの時間。
少し遠めに仕掛けを入れるとすぐにアタリがあって1匹目。
Res05930
まあまあのサイズ。
 
先月よりもアタリは遠いけど、飽きない程度には釣れる。
10センチ以下のチビもまだまだ混じる。
 
ハゼのアタリはよく「ブルブルッ」と表現されるけど、実際にはそのようなアタリが伝わってきた時点では、すでに針掛かりしているか、もしくはエサを取られて逃げられているかのどちらかである。
 
ブルブルと来る前の「クッ」とか「モヤッ」とかのアタリで合わせてやらなければ、なかなかハリに掛かってくれない。
 
特に大きなハゼになると、エサを咥えてもほとんど動かずに居食いしている事が多いので、かなり集中していないと気がつかずにエサを食われてしまう。
 
逆にアタリがなくても、誘いをかねて聞き合わせしてやると掛かってきたりする。
 
潮が満ちてくるにつれて反応も良くなってきた。
Res05931
 
良い型
Res05935
 
今日の大物賞は子供に取られた。。(笑)
Res05936
 
水面が波立つほど風が強くなって来たので、昼過ぎに納竿。
2人で70匹ほど釣れた。
 
そろそろハゼも終盤戦。
もう一回くらい行けるかな?
 
 
 

 
翌月曜日は午後から近所の川へ。
 
散歩がてら下流から様子を見ながら歩いてみた。
まだアユ釣りの人が結構いた。
コロガシの人だけでなくオランダ仕掛けの人もいる。
この時期でもまだ釣れるのだろうか?
 
団地前の緩い瀬で活発なライズがあったので竿を出してみる。
今日はテンカラで。
 
竿を延ばした途端、ライズが遠ざかる。(笑)
スレてるなあ・・・
なんどかアタックはあったけど、1匹も掛けられず。
 
あきらめて上流へ。
 
途中の歩道の橋の上でテンカラを振っている人を発見。
この川でテンカラ師を見たのは初めてかも。
しばらく見ていたが、釣れてない様子。
 
さらに上流へ。
 
Res05917
ここの瀬は夏の間良い型が結構出たのだけど、もう時期的に厳しいかな。
釣れない事はない、という程度。
 
さらに上流へ。
 
合流点のポイント。
アユ釣りの人が3人、護岸の上からコロガシ釣りをしている。
 
少し上流の対岸で竿を出してみた。
 
1投ごとに反応があって、少し緩めの流れから大小取り混ぜて飛び出してくる。
 
写真ではあまり綺麗に写っていないけど、赤い婚姻色が残ったカワムツ。
Res05940
 
これもまた婚姻色を残したオスヤマベ。
Res05941
 
夕マズメにかけて、好反応でなかなか楽しめた。
こちらの方はまだまだいい感じ。
 
今度はフライで狙ってみようかな?
 
 

 

« ハス釣り | トップページ | 短時間の釣り »

釣り」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
ハゼ、さらに大きくなりましたね!
このサイズなら、手応えも相当ありそうですね^^
僕も行きたいのですが、なかなか時間がつくれません(涙)

しげさん、こんばんは。
だいぶ良いサイズが混じるようになって来ました。
竿を絞り込むような横走りはやみつきになります。(笑)
でも、朝の寒い時間はアタリも遠かったので、そろそろのべ竿での釣りは終わりかもしれませんね。
シーズン中にもう一回位行きたいのですが、私もなかなか時間が取れません。

JICKYさん、おはようございます。
ハゼにZacco、良いですね! なるほど・・・ハゼのアタリってそうやって取るのですね。道理で針を飲まれることが多い訳で・・・ ^^;;

Green Cherokeeさん、こんにちは。
ハゼ釣りは仕掛けとかアタリの取り方、誘いのかけ方など、細かいところにこだわってみるとなかなか奥が深くて面白い釣りです。
あと一回くらい行きたいのですが、もう厳しいかも知れませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1662162/53636071

この記事へのトラックバック一覧です: 連休の釣り:

« ハス釣り | トップページ | 短時間の釣り »