JICKY のブログ

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 子供と虫捕り | トップページ | 渓流デビュー »

2013年8月 4日 (日)

2部練習

今日もまた近所の川で釣り。

まず、早朝の部。
いつもどおりテンカラで、いつものポイントへ。
今日はアユの人が少ない、そろそろ釣れなくなってきたのかもしれない。
 
かなり涼しくて、サンダルで水に入るとひんやりする。
 
それでも反応はまずまず。
 
Res05157
良い型。
 
Res05164
追星がはっきり出た綺麗なオス。
 
2時間ほどで朝の部は終了。20匹くらい釣れたかな。
 
 
昼食を取ってから午後の部へ。
 
今度はアユ釣り。
 
ヤマベを釣っている時に、20センチくらいの良い型のアユが苔を食んでいるのが見えて、なんとかあれを釣ってやりたくなったのである。
 
とはいえ、あの大きさになると、もうオランダ仕掛けでは釣れない。
友釣りかコロガシで釣るしかないが、友釣りにはオトリが必要。
もちろんこの辺では売ってない。
かといって、単純に引っ掛ける釣りはやりたくない。
 
なので、アユルアーを使った友釣りを試してみようと思ったのだ。
 
アユルアーは専用の物が売られているけど、これは買うと結構いい値段がする。
釣り師の評価も「釣れない事はない」という程度。

なので、バス釣り用のアユカラーのミノーで代用してみた。
J州屋のワゴンセールで600円とかの安物。(笑)
パッケージにアントニオ猪木の写真が付いていて、本体に「闘魂ルアー」とか書いてある。(^^;
どう見ても釣れなさそうな代物。(笑) 

これのフックを外し、テールにハリス止めをつける。
ここに友釣り用の3本イカリの掛け針をセットする。
ルアーに付いているトリプルフックも似たようなものだが、あれでは多分掛からない。
 
竿は4.5Mの渓流竿。
早速やってみる。
 
ちょっと流れの速い瀬。運良く水遊びの子供は居ない。
  
.・・・・・・・

全然釣れない。(笑)
 
初めての釣り方は「本当にこんなもので釣れるのか?」
という不安がつきまとう。
特に疑似餌を使った釣りでは疑心に負けない強い精神力が必要となる。

20分ほど辛抱していたら、クンクン、と魚の手応え!
 
釣れた!
Res05176
小さっ!(笑)
ルアーと同じサイズ、これじゃオランダで釣った方が良い。
 
それでも、この釣り方で通用する事が分かって一安心。
 
程なくして、今度はグーン!と竿先を引き込むアタリ!
 
流れに乗ってグイグイと引き込んでくれた。
Res05178
20センチに足りないくらいだが、このサイズでもアユの引きはさすが。
 
さらに粘ると、また竿先を持っていかれるような強いアタリ!
 
さっきよりも力強く竿を絞り込んでくれた。
Res05181
 
アユの引きは病みつきになりそうな快感。
巷のアユ師たちが夏しか出来ない釣りに何十万もかける気持ちが理解できる。
 
 
だが、その後はパッタリとアタリが無くなってしまった。
これがルアーの限界だろうか?
 
今度は釣れたアユをオトリにして、普通の友釣りをしてみようかな。
でも、それをやるには玉網とか曳き舟とかが要るなあ。。。
 
 
 
 
追記。
 
もしかして、この記事を読んでやってみようかと思ってる人がいるかも知れないので、追記します。
 
ルアーに限らず、友釣りやコロガシ等で鮎釣りをする方にお願いです。
子供が水遊びをするような川で釣りをするときは

絶対に掛け針をロストしないようにして下さい!
 
根掛かりしたら、必ず回収するようにお願いします。

« 子供と虫捕り | トップページ | 渓流デビュー »

釣り」カテゴリの記事

コメント

JICKYさん
こんばんは^^
鮎ルアーで釣れてしまうんですね。
都心に近い場所で鮎が遡上してオイカワも釣れて。。。
なんて良い川なんでしょうね。
さぞ昔は凄かったんっでしょうね。
今日スーパーであゆが一尾130円で売っていました。
まるでさんまのような感じで売られてました(驚)
買えばよかったなぁーと帰宅してから後悔。。。
こんどは買います。おいしいですからね。

ジョニーさん、こんばんは。
予想通り「釣れない事は無い」というレベルでしたけどね。(笑)
ちなみにこの川は昔、といっても私が子供の頃は洗剤の泡が浮いてるドブ川でした。
今は下水道が整備されて、アユも遡上するようになりましたが、アユの味は・・・・(^^;
スイカのような甘い香りはしますが、味はスーパーの養殖物の方が上ですね。

アユルアー、毎年やろう、やろうと思いつつ、まだ試していない者です(汗笑)
鮎って全然引かない印象なんですが(尺アユも釣った事あります)囮やルアーだと一味違うんでしょうか?
ちょっと散歩ついでに、やってみようかなあ。

バス用ルアーの鮎カラーとは考えますね!
しかも、バッチリ釣られるなんて、流石ですね(^^)

ちなみに、バス用の鮎カラーって、何種類かあります。
半透明な「ゴースト鮎カラー」と言うのが一番の好みでした。
釣れます(^^)

siroyamasakuraさん、こんばんは。
まあ、本格的にやるほどのことでもないかな?という気はします。
あの川ではポイントも限られますし。
アユ、引きませんかねえ?私は国産の淡水魚最強ではないかと思ってますけど。

しげさん、こんばんは。
深い考えがあったわけではなくて、単純に投資をケチっただけです。(笑)
確かに鮎カラーは結構種類があったので驚きました、鮎の遡上量が多い川だと有効なんでしょうね。
私は良く見ずに値段で選んでしまったので、うっかりフローティングを買ってしまい沈めるのに苦労しました。

うらやましい釣りしてますな〜
わたしゃ、狩野川まで行って
釣れないばかりか、囮まで
リリースしてきたよ。(T_T)

鮎は苔を食んでてもオトリを
追うとは限らないからストレス
たまるぞ〜(笑)

かっちゃん、まいど。

狩野川まで行って「ボ」?
いや、オトリまでリリースしてるんだからそれ以下だね。(笑)

確かにナワバリ作ってない鮎も居るよね。
この川の鮎は群れ成して苔食んでるから、多分仲間だと思って
寄って来た所で掛かってるんだと思う。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1662162/52739526

この記事へのトラックバック一覧です: 2部練習:

« 子供と虫捕り | トップページ | 渓流デビュー »

最近のトラックバック