JICKY のブログ

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« テナガエビ開幕戦。 | トップページ | テナガエビミーティング »

2013年5月26日 (日)

秩父源流へ

 ようやく今年初めての源流釣行に行く事が出来た。

 
朝4時、白み始めた空の下を歩き出す。
気温は9度、吐く息が白い。
 
遠くでジュウイチの鳴き声が聞こえる、何故この鳥はこんなにも苦しげに「十一!」と連呼するのだろう?
 
釣り場まで約2時間半の山歩きだが、久しぶりにイワナに会える期待感と高揚感からか、あまり苦にならない。
 
途中の休憩場所で先行の2人組に追いついた。
聞くと別の沢を目指すとの事。
今日の私の目的の沢も先月釣りに入ったそうで、色々と情報を教えてもらう。
同じフィールドで竿を振る人の話は貴重である。

急坂を上りきった所でようやく日がさして来た。
 
チチブドウダンの花。
Res04814
 
登山道からの下降道、地面が乾燥しているせいか、やたらと滑って2回も尻餅をついてしまった。
 

どうにか川に降り立つ。
Res04816
沢を渡る風が汗をかいた体に心地よい。
 
最初のゴルジュ帯。
竿を出さずに遡行に専念。
Res04817  
 
巻き道もあるが、平水なら水線で通過できる。
だが、滑りやすい岩場のヘツリなので、沢歩きに足が慣れない最初はかなり気を使う。
Res04819
 
去年と同じ場所で滑って川に落ちる。
だが土砂で埋まっていたのであまり濡れずに済んだ。
どこかで軽い崩落があったようだ。
 
ゴルジュを抜けたところから竿を出して遡行。
一投目からいきなり出る。
が、バレた。
 
2投目、また出た。
7寸クラス、小ぶりだが最初の1匹は嬉しい。
Res04821
 
すぐ上のポイント、岩の横でゆっくりした反応。
アワセるとゴンッ!と竿先が引き込まれる。
やり取りを楽しみながら引き上げると、いきなりの良型。
Res04823
メジャーを当てると、31センチ。
2年ぶりの尺上!
 
気分を良くしてさらに上流へ。
また良い型。
Res04826
28センチ。
 
さらに続けて。
Res04828
尺か?と思ったが29センチ。
 
良型連発で、ちょっと怖いくらいの出だし。(笑)
 
ツルツルのナメ滝を越えると、ちょっと渓相が落ち着いて釣りやすくなる。
Res04832
木漏れ日がまぶしい新緑の沢。
源流釣りは歩いているだけでも癒される。
 
反応が良いので、細かいポイントもじっくりと攻めてゆっくりと釣り上がる。
小さな落ち込みからも9寸クラスが飛び出してくる。
Res04831  
 
今日はどうしてしまったのだろう?と思うくらいイワナたちの機嫌が良い。
 
Res04833
8寸が平均で、3匹に1匹くらい9寸が混じる。
Res04835
 
ウツギの花が渓を彩る。
Res04864
 
もう何匹釣ったか忘れてしまった。(笑) 
Res04854
 
途中から毛鉤をカディスに換える。
Res04855
反応は変わらず、イワナ達は元気に毛鉤に飛びついてくれる。 

去年、竿をたたんだポイントに到着。
Res04856
良い型が出たが、バラしてしまった。
時間は11時、そろそろ下降を考えなければならない時間だが、この状況で納竿出来るほど大人ではない。(笑)
 
次の大場所、反応が無かったので巻いて上がろうとしたら、落ち込み横の巻き返しの岩陰に、どうみても尺超え、という大イワナが定位しているのが見えた。
そっとカディスを送り込む。
 
が、反応しない。
もう一度。
一度は見送ったが、我慢できなかったのか、ゆっくりとUターンして毛鉤を追い、大きな口をあけて吸い込むように毛鉤を咥えた。
 
一連の動きがスローモーションのように緩慢だったので、ちょっと早合わせになってしまったが、しっかりとフッキング。
キンッ!という糸鳴りがしてゴンゴンと強烈に竿が絞り込まれる。
軟調のテンカラ竿ではためるのが精一杯。
落ち込みの白泡の下に潜り込まれ、ハリスが岩を擦っている嫌な感触が竿を通して伝わってくる。
 
時間にして1分くらい耐えただろうか、観念してゆっくりと水面に上がってきた。
が、足場が悪いので取り込みをどうしようか考えてしまう。
ハリスは1.5号なのでこのクラスでも抜き上げられないことは無いが、竿が心配。
 
下流の瀬まで引きずりおろして取り込むことにして、ゆっくりと下流に誘導する。
だが、その途中、岩に引っかかってしまい、アッ!と思ったとたんに鉤が外れてしまった。。。
 
ショックで呆然と河原にへたり込む。
 
あの魚体と引き。
「逃がした魚」係数を割り引いても余裕の尺上だったのに・・・
 
どうせリリースするとはいえ、計測して写真に収めたかった。。

これで頭の中で何かが切れてしまった。 
時間的にはいいかげん下降を始めなければならないのに、取り付かれた様にさらに遡行してしまう。
 
魚は相変わらずよく釣れる。
Res04857
 
Res04859
8~9寸が続けて出てくれるが、どうにも満足できない。
Res04860
 
ようやく我に返って時計を見るともう1時近い。
ヤバい、いいかげん帰らないと。
後ろ髪を引かれながら、どうにか理性を奮い立たせて下降する。
 
緊張の糸が切れてしまったのと、膝が言う事を聞かなくなってしまったのとで、下降中2度も滑って転んでしまった。
 
意識して所々で足を止め、ゆっくりと慎重に下る。
 
クワガタソウ。久しぶりに見たかも。
Res04863
 
沢を無事に下りきり、急坂を直登して登山道へ。
早くもハルゼミが鳴きはじめて、森の中は初夏の様相。
モミの大木が倒れて出来た樹冠のギャップ、日の当たる梢でオオルリが囀っていた。
まるで何かに話しかけているようだ。
 

乾燥ヒラタケ。
Res04861
そろそろ一雨欲しい。
  
フタリシズカ。
Res04866
3、4人バージョンも多数。
 
下降開始から3時間少々で車止めに帰着。
今回は良い釣りが出来たせいか、山歩きがさほど苦痛に感じられなかった。
いや、むしろ森の中を楽しんで歩けたくらい。
野鳥のさえずりや草木の緑と可憐な花との出会いは釣果と同じくらいの価値があったと思う。

久しぶりに奥秩父の自然にどっぷりと浸って、最高の一日を過ごす事ができた。

惜しむらくは、あの大物。
なんとか取り込みたかったなあ。。。
  
  

« テナガエビ開幕戦。 | トップページ | テナガエビミーティング »

釣り」カテゴリの記事

コメント

平均で8寸とは夢のような釣果でしたね。逃した尺上は残念でしたが、きっと「またおいで」ということでしょう(笑)。何度も滑ってコケたようですが、怪我がなくて何よりでしたね。素晴らしい釣行記でした。羨ましいです。

こんにちは^^

それにしても怒涛の良型イワナ連発!すごいですね~!興奮しました!
バラした尺上は残念でしたが、怪我なく、無事ご帰還されてなによりです^^。
渓流に立つと、子供に返ってしまうのはよく分かりますが(笑)、くれぐれもお気をつけて!

カチーフさん。
年に一度あるかないかの爆釣でした。
入梅前のこの時期は、イワナ達の活性が一番高くなるようですね。
今回、かなり遡行に手こずったので、次はもう少し安楽な沢に行こうと思います。(笑)

farwaterさん、こんばんは。
往復5時間歩いた甲斐がありました。(笑)
でも以前より釣行回数が減ったせいか、何でもない所で転んでしまうようになったのはちょっとショックでしたね。もう歳なのかな?と。
自重して、無理はしないようにします。

JICKYさん、こんにちは。そして、今日は本当にありがとうございました。
遅いコメントで申し訳ありません・・・ 物凄い爆釣!そして、8寸で満足できなくなるくらいに、逃がした一尾は凄かったようですね・・・
クワガタソウ、綺麗ですね。フタリシズカの数人バージョン・・・静かを通り越して賑やかですね ^^;;

Green Cherokee さん、こんばんは。
昨日はありがとうございました。
 
逃がしてしまった大物は残念でしたけど、まあそれまでに良い釣りが出来ましたし、花や鳥などに癒されて良い一日でした。
森が生命感に溢れている今のうちに、もう一回くらい行ければいいなと思ってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1662162/51781108

この記事へのトラックバック一覧です: 秩父源流へ:

« テナガエビ開幕戦。 | トップページ | テナガエビミーティング »

最近のトラックバック