JICKY のブログ

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月26日 (日)

秩父源流へ

 ようやく今年初めての源流釣行に行く事が出来た。

 
朝4時、白み始めた空の下を歩き出す。
気温は9度、吐く息が白い。
 
遠くでジュウイチの鳴き声が聞こえる、何故この鳥はこんなにも苦しげに「十一!」と連呼するのだろう?
 
釣り場まで約2時間半の山歩きだが、久しぶりにイワナに会える期待感と高揚感からか、あまり苦にならない。
 
途中の休憩場所で先行の2人組に追いついた。
聞くと別の沢を目指すとの事。
今日の私の目的の沢も先月釣りに入ったそうで、色々と情報を教えてもらう。
同じフィールドで竿を振る人の話は貴重である。

急坂を上りきった所でようやく日がさして来た。
 
チチブドウダンの花。
Res04814
 
登山道からの下降道、地面が乾燥しているせいか、やたらと滑って2回も尻餅をついてしまった。
 

どうにか川に降り立つ。
Res04816
沢を渡る風が汗をかいた体に心地よい。
 
最初のゴルジュ帯。
竿を出さずに遡行に専念。
Res04817  
 
巻き道もあるが、平水なら水線で通過できる。
だが、滑りやすい岩場のヘツリなので、沢歩きに足が慣れない最初はかなり気を使う。
Res04819
 
去年と同じ場所で滑って川に落ちる。
だが土砂で埋まっていたのであまり濡れずに済んだ。
どこかで軽い崩落があったようだ。
 
ゴルジュを抜けたところから竿を出して遡行。
一投目からいきなり出る。
が、バレた。
 
2投目、また出た。
7寸クラス、小ぶりだが最初の1匹は嬉しい。
Res04821
 
すぐ上のポイント、岩の横でゆっくりした反応。
アワセるとゴンッ!と竿先が引き込まれる。
やり取りを楽しみながら引き上げると、いきなりの良型。
Res04823
メジャーを当てると、31センチ。
2年ぶりの尺上!
 
気分を良くしてさらに上流へ。
また良い型。
Res04826
28センチ。
 
さらに続けて。
Res04828
尺か?と思ったが29センチ。
 
良型連発で、ちょっと怖いくらいの出だし。(笑)
 
ツルツルのナメ滝を越えると、ちょっと渓相が落ち着いて釣りやすくなる。
Res04832
木漏れ日がまぶしい新緑の沢。
源流釣りは歩いているだけでも癒される。
 
反応が良いので、細かいポイントもじっくりと攻めてゆっくりと釣り上がる。
小さな落ち込みからも9寸クラスが飛び出してくる。
Res04831  
 
今日はどうしてしまったのだろう?と思うくらいイワナたちの機嫌が良い。
 
Res04833
8寸が平均で、3匹に1匹くらい9寸が混じる。
Res04835
 
ウツギの花が渓を彩る。
Res04864
 
もう何匹釣ったか忘れてしまった。(笑) 
Res04854
 
途中から毛鉤をカディスに換える。
Res04855
反応は変わらず、イワナ達は元気に毛鉤に飛びついてくれる。 

去年、竿をたたんだポイントに到着。
Res04856
良い型が出たが、バラしてしまった。
時間は11時、そろそろ下降を考えなければならない時間だが、この状況で納竿出来るほど大人ではない。(笑)
 
次の大場所、反応が無かったので巻いて上がろうとしたら、落ち込み横の巻き返しの岩陰に、どうみても尺超え、という大イワナが定位しているのが見えた。
そっとカディスを送り込む。
 
が、反応しない。
もう一度。
一度は見送ったが、我慢できなかったのか、ゆっくりとUターンして毛鉤を追い、大きな口をあけて吸い込むように毛鉤を咥えた。
 
一連の動きがスローモーションのように緩慢だったので、ちょっと早合わせになってしまったが、しっかりとフッキング。
キンッ!という糸鳴りがしてゴンゴンと強烈に竿が絞り込まれる。
軟調のテンカラ竿ではためるのが精一杯。
落ち込みの白泡の下に潜り込まれ、ハリスが岩を擦っている嫌な感触が竿を通して伝わってくる。
 
時間にして1分くらい耐えただろうか、観念してゆっくりと水面に上がってきた。
が、足場が悪いので取り込みをどうしようか考えてしまう。
ハリスは1.5号なのでこのクラスでも抜き上げられないことは無いが、竿が心配。
 
下流の瀬まで引きずりおろして取り込むことにして、ゆっくりと下流に誘導する。
だが、その途中、岩に引っかかってしまい、アッ!と思ったとたんに鉤が外れてしまった。。。
 
ショックで呆然と河原にへたり込む。
 
あの魚体と引き。
「逃がした魚」係数を割り引いても余裕の尺上だったのに・・・
 
どうせリリースするとはいえ、計測して写真に収めたかった。。

これで頭の中で何かが切れてしまった。 
時間的にはいいかげん下降を始めなければならないのに、取り付かれた様にさらに遡行してしまう。
 
魚は相変わらずよく釣れる。
Res04857
 
Res04859
8~9寸が続けて出てくれるが、どうにも満足できない。
Res04860
 
ようやく我に返って時計を見るともう1時近い。
ヤバい、いいかげん帰らないと。
後ろ髪を引かれながら、どうにか理性を奮い立たせて下降する。
 
緊張の糸が切れてしまったのと、膝が言う事を聞かなくなってしまったのとで、下降中2度も滑って転んでしまった。
 
意識して所々で足を止め、ゆっくりと慎重に下る。
 
クワガタソウ。久しぶりに見たかも。
Res04863
 
沢を無事に下りきり、急坂を直登して登山道へ。
早くもハルゼミが鳴きはじめて、森の中は初夏の様相。
モミの大木が倒れて出来た樹冠のギャップ、日の当たる梢でオオルリが囀っていた。
まるで何かに話しかけているようだ。
 

乾燥ヒラタケ。
Res04861
そろそろ一雨欲しい。
  
フタリシズカ。
Res04866
3、4人バージョンも多数。
 
下降開始から3時間少々で車止めに帰着。
今回は良い釣りが出来たせいか、山歩きがさほど苦痛に感じられなかった。
いや、むしろ森の中を楽しんで歩けたくらい。
野鳥のさえずりや草木の緑と可憐な花との出会いは釣果と同じくらいの価値があったと思う。

久しぶりに奥秩父の自然にどっぷりと浸って、最高の一日を過ごす事ができた。

惜しむらくは、あの大物。
なんとか取り込みたかったなあ。。。
  
  

2013年5月 6日 (月)

テナガエビ開幕戦。

 5月5日、子供の日。

 
家内が子供を連れて実家に帰っているので、今日は一日フリー。(^_^)v
 
まだ早いかな?と思ったが、今年のテナガエビの状況を確認に行ってみた。
場所はいつものA川某所。
 
朝8時、釣り場に到着。
シーバス狙いのルアーマンが居るだけで、テナガ釣りの人は居ない。
 
早速竿を出す。
遠目を狙うための1.8mの竿と近場用の1.2mの竿2本、エサは赤虫。
 
1投目からウキがヒョコヒョコ動く。
ちょっと糸を張ってしばらく待つ。
この間の駆け引きがテナガ釣りの醍醐味。
 
そろそろ食ったかな?というタイミングでゆっくりと竿を上げる。
何回やってもドキドキする瞬間。 
 
ビン!ビンッ!フッ・・・・
バレた。。。
 
エサを付け替えて再度同じポイントへ投入。
 
その間に2本目のウキが行方不明に。
 
そっと聞きあげてみる。
ビン!エビの反応。
慎重に引き上げる。
ビン、ビンッ、ビビビビビッ!掛かった!
 
Res04765
キュンキュンと竿を絞り込んでくれたのは、いきなりの良型!
シーズン1発目にしては出来すぎなくらいの大きさ。
 
最初から良いポイントに当たったらしく、次々と釣れる。
Res04767
これは標準サイズ。
 
まだ活性が今ひとつなのか、十分食い込ませたつもりでもバラシが多いが、どうにか5匹釣ったところでパッタリとアタリが止まってしまった。
時間を見ると、丁度下げ止まりの時間。
 
これから潮が上げてくればまた釣れ始めるはずなので、今のうちにポイントの選定。
テナガが集まりそうなテトラの隙間をチェックして、ついでに根掛かりしそうな障害物も退けておく。
 
一発目のボートの波が岸辺を洗ったのをきっかけに、また釣れだした。

Res04768
これも結構良い型。
 
これくらいが今日の標準サイズ。
Res04769
この時期としてはまずまずかな?
 
Res04770
良い調子で釣れる。
久しぶりのエビの感触を楽しみながら、昼まで釣って20数匹釣れた。
 
泥抜き中の今日の釣果。 
Res04783
開幕戦にしては上出来。
 
去年は、今ひとつ良い釣りが出来なかったが、今年は楽しめそうな予感。
 

で、1晩泥抜きして、唐揚げに。
Res04789
 
ビールが美味い!(笑)

久しぶりのツーリング

 連休後半、好天に恵まれて、予定通り友人とツーリングに行ってきた。

 
朝8時、途中のコンビニで待ち合わせ。
 
時間より少し遅れて見慣れないバイクで友人が到着。
Res04720
 
「何このバイク?」
「WR250」
「見れば分かるよ、XRはどうした?」
「パワー無いから買い替えた。」
「・・・・・・」 
 
この友人、2年前のツーリングの時に新車のXR230で現れて驚かせてくれたが、今回もまた新車で登場してきた。
ちなみにこのバイク、新車で70万以上もする。
しかもETCとナビまで付けてる・・どんだけ金持ちなんだか。
こっちは20年近く前のバイク、一生懸命直して乗ってるのに。。。
 
この積み方じゃ、林道走ったら絶対に荷物が落ちるだろうな、と思ったが、悔しかったのでそのまま出発。(笑)
 
ちょっと気温が低めとはいえ、五月晴れで暑くもなく寒くも無い絶好のバイク日和。
 
整備したばかりで調子よく回るエンジンの排気音を楽しみながら、気持ちよく走る。
 
途中から山の中へ。
 
新緑がまぶしい。
Res04731
 
予想通り、荷物が不安定で林道走行が辛いらしく、なかなか追いついてこない。
 
秩父の林道から見た武甲山と秩父の町並み。
Res04735

こんないい景色の中を走っていると言うのに、友人はあまりにも走り辛くて、気持ちが折れてしまったらしく、もう走りたくないと言う。
仕方なく、予定よりも早く行動を終了して野営する事にした。
 
野営地は秩父某所の河原。
 
友人はこんなものまで積んできていた。
Res04740
ダッヂオーブンとBBQコンロ。
そりゃ荷物が振られるよ。(笑)
 
私は、何故か荷物の中にテンカラ竿が入っていたので(笑)ちょっとだけ目の前の川で毛鉤を振ってみる。
 
夕マヅメなので好反応。
Res04738
チビヤマメばかりだが、5匹ほど遊んでくれた。
 
鶏が焼けた。
Res04743
 
ビールで乾杯して、肉を頂く。
最高に美味しい。
ダッヂオーブンってすごいなあ。
 
Res04763
私は米を炊く。
もう25年も使っているオプチマス8R。
普段はガスストーブだが、ツーリングの時は燃料をバイクと共有できるコイツを使う。
少々火力に難があるが、飯を炊くには十分。
 
星空の下、瀬音をBGMに飲んで食って、最高に贅沢な夜になった。

 
翌朝、二日酔いの頭を抱えながらまた竿を振る。
またチビヤマメが遊んでくれた。
Res04758
昨晩、酔っ払ってカメラの設定をいじっていたらしく、色がおかしい。(笑)
 
2人とも酒が残っていて、体調が万全ではないので、今日はまっすぐ帰る事になった。
 
芝桜で大渋滞の秩父市内と299号を抜けて昼過ぎには帰宅。
 
ちょっと走り足りないような気もしたが、これくらいのゆるいツーリングが年相応なんだろうなあ。
 

2013年5月 4日 (土)

オーバーホール

 一ヶ月ほど前の話になるが、連休に友人とツーリングに行く事になったので、ずっと埃をかぶっていたバイクを手入れする事にした。

まず洗車、カバーを掛けておいたのでさほど汚れていない。

次にエンジンをかけて見る。
バッテリーはとっくに上がってしまっているので、キック始動。

思ったより簡単に数発のキックで無事エンジンがかかった。

ところが、暖機してチョークを戻すとエンスト。
何度やっても同じ。

以前にもこの症状は経験があって、スロージェットが詰まっている可能性が高い。

キャブレター分解してジェット類を掃除してやる必要がある。

ジェットの掃除自体は簡単なのだが、問題はキャブレターを外す事。
このバイク(XR250)はキャブが簡単には外れないのだ。
前にやったときも外すまでに1時間以上かかってしまった。

タンク、シート、サイドカバーを外し、マフラーも外す。
リアフレームのボルトを下の2本だけ外して、フレームを上に持ち上げた状態で紐でしばって固定しておく。
さらにリアショックの上のボルトを外して、横にずらす。
ここまでやって、ようやくキャブが外せる。。

Res02922
やれやれ・・・

 
外したキャブ、汚すぎ。(笑)
Res02925  
 
フロートチャンバーを開け、メインジェットとスロージェットを外してキャブレタークリーナーで徹底的に掃除する。
もう一つの名前不明ジェットは特殊工具がないと外れないので、そのままクリーナーを突っ込む。
  
Res02926

スロージェットは予想通りガム状の汚れが詰まっていたので、細いワイヤーを突っ込んで汚れを取り除く。(良い子はマネをしてはいけないらしい)
 
後は元通りに組み上げて作業終了。
Res02929
 
バイクに取り付けて、エンジンをかけて見る。
 
・・・・・・・・全然かからない。(笑)
 
キャブレターに問題があるのは明らかだが、今からまたバラすのは。。。
とりあえず、今日はここまで。
 
 

で、翌週。
気を取り直して、再度キャブをバラす。
 
前回と同じ手順で分解清掃。
と、ここで重大なミスをしていた事に気がついた。
前回、ジェット類だけでなくパイロットスクリューも掃除したのだけど、その時に目いっぱい締めこんだ状態で組んでしまっていた。
確か2回転くらい戻さなければいけなかったはず。
 
今回はちゃんと規定位置まで戻して、再び組み上げる。
 
今度はちゃんとかかるはず。
 
・・・・・・・まだ掛からない。orz
 
おかしいなあ。。
チェックしてみると、キャブまでガソリンが来ていなかった。
タンクにはまだ少し入っているが、コックのついている方には残ってないようだ。
確かリザーブになったばかりくらいだったような気がしたのだが。。
 
バイクを傾けてガソリンを左に寄せ、再度キック。
 
今度は無事始動、あーよかった。(笑)
 
 
こまめに乗っていたほうが良いだろうと、1週間ほど通勤に使ったりしていたのだが、ふと気がついたら何だかキャブが濡れているような。。。
 
なんと、ガソリンが浸み出していた!
多分、キャブレタークリーナーの溶剤で、ガスケットが劣化してしまったのだろう。
道理で、ガソリンが減っていたわけだ。
 
ガスケット交換はいいけど、またキャブバラすのか。。。
 
 

始めてから3週間目。
取り寄せたガスケットを交換する。
 
ネットで同じバイクのオーナーの整備記録のブログなどを見ていたら、どうも横からキャブが取り出せるらしい。

なので、試してみる。
ケーブルやホース類を外した後に、クルクル回すと知恵の輪のように外れるポイントがあると言うのだが、どうやっても外れそうに無い。
1箇所、この位置でハンマーで叩けばあるいは?という状態にはなったが、怖いのでやめた。
 
というか、別に外さなくてもフロート室だけ開けられれば済む事なので、横に向けた状態で作業する。(良い子はマネをしない方が良いと思う)
Res04712
フロートチャンバーを外して、新品のガスケットに交換。
Res04710
メインのガスケットの他に、ドレンとパイロットスクリューのOリングもセットになっているのでこれも交換。
 
フロートチャンバーのガスケットは劣化して固着してしまっていて、なかなか取れなかった。
仕方なく、細いドライバーでほじくって、ワイヤーブラシで削り取る。(恐らくこの辺も良い子はマネをしない方が良いと思う)
  
なんとか交換終了。
Res04711


ついでに、バッテリーも交換。
Res04707
ネットで見つけた1700円くらいの格安品。
YUASAと書いてあるが、台湾製なので、説明書が読めない。(笑)
 
さらに前回いつ変えたかも思い出せないオイルも交換。
 
これでようやくバイクの整備は完了。
まさか、ここまで手間を取られるとは思わなかった。
やはり一つ一つの作業をしっかりとやらなければダメだなあ。

ともあれ、どうにかこれで準備は整った。 
あとはツーリングの日に雨が降らないように祈るだけである。
 
 
 

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »