JICKY のブログ

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月25日 (月)

秩父B級グルメ

 土曜日、荒川水系渓流保存会の総会に出席するため、秩父まで出かけた。

ここ数年、活動の方はすっかりご無沙汰で、完全に幽霊会員状態である。

なので、年に一度の総会くらいは顔を出さなけば、と末席を汚させてもらっているのだが、
おそらく「あの野郎、飲み会の時しか来ねえ・・」と思われているはずである。
 
2時間ほどの会合の後、場所を変えて懇親会。
市内の「焼肉一番館」でホルモン焼き。
Res04354
秩父はホルモン焼きが名物で、美味しい店が多い。
普段は「高砂ホルモン」という店に行く事が多いが、ここも負けずに美味しい。
  
たらふく食べて飲んで、2次会へ。

次に向かったのは「餃子菜苑」という中華料理店。
お母さんが一人で切り盛りしている小さな店で、名前の通り餃子が美味い。
 
注文すると皮から手作りして焼いてくれる。
Saienn
いつもながら見事な手際。
 
で、焼き上がり。
Res04361
 
小ぶりの餃子で、ビールを飲みながら10個くらいはペロっと食べられてしまう。
車の運転がなければ毎回でも寄りたいくらい。
 
実は私はここまでで、かなり酔っ払ってしまっていて、この写真撮ったのも覚えてなかったくらい。(笑)
 
ここの勘定、ちゃんと払ったかなあ?
 
 

 

2013年2月18日 (月)

川の散歩

 日曜日、午前中に雑用を済ませて、午後から散歩がてら近所の川の偵察に。

今日は竿を持たずに出かける。
どうせ釣れない・・・もとい、久しぶりに上流の方まで足を延ばして、川の様子を見に行きたいと思っていたから。

 
川に着くと、フライマン発見。
よくお会いする地元の方だった。
今日は全然ダメとの事。
 
すぐ上にもう一人。
おや?あの人は・・・
やはりカチーフさんだった。
 
ちょっと前に始めたばかりで、ライズはあったけど、相変わらず反応はシブい様子。
 
お話しながら川を眺めていると、結構大きなカゲロウがハッチしている。
朝からの風も止んで水温も12度と、条件は決して悪くない。
でも毛鉤には全く反応無し。
 
しばらく後ろで見学させてもらったが、「あれで出ないんじゃ、魚居ないだろ・・」という感じ。
 
「下流の方に移動してみます」というので、ここでお別れして上流へ向かう。
 
日当たりの良い河原をてくてく歩くと、まるで道案内でもするように、先へ先へとツグミがホッピングしてゆく。
Res04352
 
程なく川が大きくカーブして歩道の橋がかかる。
橋の下でわずかなライズを発見。
そっと近寄ってみたけど、メダカサイズばかり。
 
去年はこの辺、釣れないまでも、群れがかたまっているのが見えたのだが・・
 
さらに上に。
K橋下の瀞場も、合流点の瀬も見えるのはコイだけ。
 
ここから支流のK川沿いに歩く。
工事中で、ちょっと景観が悪い。
 
冬でもライズが見られた場所も、生命反応無し。
  
この川は渇水時は伏流して、所々流れが途切れてしまう。
流れが無いせいか、水が残っている場所ではうっすらと氷が張っていた。
 
とても釣りが出来る状況じゃないなあ、と思っていたら、橋の下の大淵で餌釣りをしている人が居た。
しばらく見ていたけど、浮きが動く気配はなし。餌でも状況は変わらないか。
 
西武線の橋まで来たところでUターン。
また川沿いに来た道を戻る。
 
地元のボランティア団体が植林している場所でジョウビタキが羽を休めていた。
Res04346
 
K公園まで戻って来る頃には、大分日が傾いていたが、まだカチーフさんが辛抱強く竿を出されていた。
聞くと、1匹釣れたとの事。
この状況で、さすがである。
 
歩き詰めで少々疲れたので、河原に座って釣りを見させてもらう。
 
丁寧にポイントを流すと、たまに反応がある。
残念ながらフッキングには至らなかったのだが、魚の気配が感じられただけで私は十分満足してしまった。
 
竿を納めて帰路に着かれたカチーフさんとお別れして帰宅。
 
なかなか有意義な散歩になった。
  

今日、釣りを見ながら宝石箱のようなフライケースを拝見させてもらったのだが、緻密というか精巧というか、よく考えられているというか、とにかく感心させられた。
同じパラシュートでも、ハックルの巻き方でシルエットが変わるとか、フロータントの付け方も状況で変えるとか、色々と教えていただいて本当に勉強になった。
 
一応私も、かれこれ10年以上毛鉤釣りをしているのだけど、この知見の差はなんだか・・・
 
源流のイワナばかり追いかけてないで、今年は真面目にヤマメ釣りをしてみようかな。
 

 

2013年2月11日 (月)

連休

 3連休。

といっても、私は土曜日が仕事だったので2連休。
日曜日は午後からまたまた近所の川へ。
 
ちょっと足を伸ばして下流部の探索に行ってみる。
気温は低いが天気も良くて風も無く、陽だまりは結構暖かい。
 
下水処理場の下の広い瀬で竿を出してみることに。
水温計は無いが、手を入れてみるとはっきりわかるくらいに水温が高い。
この辺は処理場からの排水で年間を通して温かくて、野生化したグッピーまで生息しているらしい。
 
この水温なら瀬で釣れるはず。今日はテンカラで。
 
が、反応は今ひとつ。
 
たまに出るけど掛からない、チビが突いているような反応もあるけど、結構いい出方をしても針掛かりしない。
 
腕か・・・
 
しばらく粘ってみたけど、ここは処理場からの排水で、水が臭う。
いわゆるドブの臭い。
ずっと居ると気分が悪くなりそうなので1時間ほどで撤収。
 
水温が高いせいか、河川敷も上流よりちょっと季節が進んでいるような感じ。
オオイヌノフグリがたくさん花を咲かせていた。
 
Res04336  
 
帰り道、川沿いに自転車を走らせていると、団地前の広い緩瀬でライズ発見。
射程距離内でパシャパシャやってるので、たまらず竿を出してみる。
 
毛鉤が先行するようにそっと流してみたけどガン無視。(笑)
何回かやってるうちに群れも散ってしまった。
 
届かない距離では相変わらずライズが頻発している。
完全に魚体を見せて派手に跳ねてる奴もいた。
フライでやればもしかしたら取れたかも知れない。
 
ということで、この日は玉砕。。。
 
 
月曜日。
2日連続の「ボ」は避けたかったので、今日はO川へプチ遠征。
 
川沿いに自転車を走らせていると、珍しくテンカラを振っている人を発見。
声を掛けてみると、今日はあまり反応が良くなくて、朝からやって5匹との事。
 
さらに上流へ。
途中にフライマンが3人。
あれはもしかしてnishi君だったかな?
 
もう少し上に走ったところから川に下りる。
今日もテンカラ。
 
1投目から出た、が掛からない。
何回かアタックがあったところでようやく1匹目。
Res04339  
 
その後も立て続けに掛かる、やはりこの川の活性の高さはすごい。
 
3匹釣った所でライントラブル、手間取っているところで声を掛けてくる人が。
 
monkey-siteさんだった。

何度か近所のY川でお会いしていて、もしかして?と思っていたのだが、今日、ブログに書かれていたタナゴ竿を持っているのを見て、初めてご本人だった事を確認した次第。
朝からやって、かなりの大漁だったとの事。
しばらくお話して再度釣り上がる。
 
どこでも出る、という訳ではなくて、ピンポイントで固まってる感じ。
場所を外すと全く反応しないが、出るところではまとまって釣れる。
 
結構良い型。
Res04340
 
Res04341
どうも今日はピントが今ひとつだなあ。。
 
1時間弱でツ抜けして、まだまだ釣れそうだったが、12時を過ぎた頃から急に北風が強くなってきた。
ラインがあおられて毛鉤が浮き上がってしまう。
風の止み間を狙って竿を振ると反応はあるのだけど、どうにも釣りにくい。 
 
寒くなってきた事もあって納竿。

 
帰り道、フライロッドに持ち替えたmonkey-siteさんと再会。
下流でもしっかり釣果を上げられたそうだ。
帰りにY川をのぞいて見ると言っていたが、その後どうだったろうか?
 
 
ちょっと物足りなさが残る1日だったが、そこそこ楽しめた。
次回からはもっと早くから出撃しよう。

2013年2月 4日 (月)

レッズフェスタ

 日曜日はレッズフェスタへ。

 
毎年シーズン開幕前に開催される、浦和レッズのファン感謝イベントである。
私はかれこれ10年以上レッズのサポーターをしているが、フェスタに参加するのは初めて。
正直、あまり興味がなかった。(笑)
 
今回、行ってみようと思ったのは、「エンジョイ・ハートフルサッカー」という小学生限定のサッカー教室が開かれると聞いて、子供を参加させてみようと思ったからである。
 
Jリーグは各クラブにユースチームを持たせて、中高生の若い選手の育成を義務付けているが、レッズはさらにハートフルサッカーという名前で、子供向けのサッカー教室を開いている。
「育成」よりも前の「普及」、いわばサッカーという競技の底辺を広げる活動であって、これは大いに評価されていいと思う。
 
このイベントは朝10時からなので、8時半に家を出る。
天気は良いが、北風が強くて寒い。。
 
浦和駅に到着。
見違えるように綺麗になった東口。
Res04234
最近は埼玉スタジアムがメインになって、浦和に来ることがなくなってしまったが、
かつて駒場で試合があった頃はよくここから歩いたものである。
当時はもっとゴチャゴチャした古くさい繁華街だった。
 
徒歩30分弱で駒場スタジアムに到着。
Res04324
改修工事をしたと聞いていたが、以前とあまり変わっていないような。。。(笑)
 
サッカー教室の受付が始まるまで、子供向けのアトラクションをのぞいて見る。
 
野田選手発見。
Res04242
 
やけににぎやかなブースがあると思ったら槙野選手発見。
Res04246
サービス精神旺盛な槙野は子供と一緒に大盛り上がりしていた。さすが!
 
こちらのブースは原口元気選手。
Res04248
元気、もうちょっと愛想良くしようよ。。。
 
会場内のあちこちに何気なく選手がウロウロしていて結構楽しい。
 
さて、時間になったので受付に。
参加無料なので結構な人数が集まっている。
学年別に分けられて、ピッチへ。保護者は外の陸上トラックで待機。
 
いいなあ~聖地駒場のピッチ。。
 
ウチの子の組には岡本選手と新加入の那須選手が来てくれた。
Res04267
 

人数が多いのでボール2つ使ってミニゲーム。
低学年のクラスなので、ボールの周りにみんなが集まる、いわゆる小学生サッカー。
もう何がなんだか分からない状態。(笑)
 
Res04266
サボってないで走れ!>息子よ!
 
私は右手でビデオカメラ回しながら左手で写真を撮るという忙しさ。
子供を追いかけるのに精一杯でかなり消耗してしまった。
 
終了後、後片付けをしているハートフルのスタッフ。
Res04311
現役を引退した元選手も混じっている。
室井市衛と、あれはだれだっけ?えーと左サイドでショボいクロス上げてた・・・
あ!城定だ、懐かしいなあ。
 
ピッチサイドに何故か折りたたみ椅子が?
Res04320
 
Res04319
なるほど、腰を悪くしていたミシャ監督がテクニカルエリアで座ってた椅子だったのね。(笑)
 
今シーズンのユニフォーム。
Res04322
写真では今ひとつな感じだったけど、現物はなかなかカッコ良いかも。
 
さて、本来は午後からがメインのイベントなのだが、そちらの方はあまり興味が無いので、ここで撤収。
 
思っていたより楽しめた。
来年もまた・・・行かないだろうなあ。。(笑)
 
 
 

2013年2月 2日 (土)

春の陽気

 2ヶ月ほど季節が早送りしたようなポカポカ陽気。

前日から釣りに行くと決めて毛鉤を巻いていたが、

午前中は買い物に付き合わされて、午後からの出撃。
 
家から徒歩5分のいつもの場所。
 
Res04216
 
ウインドブレーカーを着てると暑いくらい。
あちこちにユスリカの蚊柱が立ち、コカゲロウのハッチもすごい。
が、ライズはちらほら見られるくらい。
 
小さなライズを狙って竿を振ってみたけど、キャストした途端に静まり返る。(笑)
 
やはりこの川でライズを拾えるほどの技術はなかったか。。
 
ちょっとコーヒーブレイク。
土手で日向ぼっこしながら一服。
 
川から離れた途端、「やっとどいてくれたか・・」とばかりにカワセミ君が現れた。
 

Res04219
 
この枝から2回、対岸から2回、さらに空中をホバリングしながら2回と、
私の目の前で、計6回のダイブを繰り返したが、全部空振り。
 
君が捕れないんじゃ、私の竿に掛かる訳ないよね。
 
カワセミ君が諦めていなくなってからも、目だったライズは無し。
あれだけ飛び込んでいたのだから魚影はあるのだろうし、
水面には大小さまざまな虫達が乱舞しているのに。。
 
たまに目視できる小さな群れを追い払うように、鯉だけが元気よく泳ぎまわっている。

 
ひょっとして、この陽気なら瀬に出てるかも?とダメ元で瀬を流してみる。
 
瀬尻で毛鉤が消えた!
アワせると魚の手ごたえ。
おお!やった、久しぶりにヒット~。
 
が・・・寄せながらカメラを出そうとしたらバレた。。。
 
 
掛けただけでも良しとするか。。と
再度同じ流れにキャスト。
 
!?また出た!
 
お?結構いい引き。
今度は慎重に寄せて、しっかりフッキングしているのを確認してからカメラを出す。
 
Res04223
 
良型とは言えないが、この時期にしてはまあまあの型。

その後は全く反応なし。
夕方まで粘ったけど、結局この1匹のみで終わってしまった。
 
この好条件で1匹だけとは、まだまだ修行が足りないなあ。。
 
 
 

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »