JICKY のブログ

フォト
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« イブニングライズ | トップページ | 風の中 »

2012年11月 4日 (日)

清掃山行

 土曜日は瀬音 源流部会の定例清掃山行。

毎年釣りシーズン終了後、一年間遊ばせてもらったお礼に沢のゴミ拾いをしようという企画。
今年の参加者は安谷さん、なんさん、私の3人。

今回は荒川源流、滝川の久殿沢出合いから高滝までの区間を遡行しながらゴミを拾う。
 
西武線の人身事故で集合がちょっと遅くなってしまった、どうもこの企画は時間通りに集まれないことが多い。
30分ほど遅れて待ち合わせ場所に到着し、車1台を脱渓点にデポしてから入渓点に戻り、ようやく出発。
  
踏み跡を下って入渓し、遡行開始。
Res03880
 
最初はゴーロの河原が続く。
寒いので出来るだけ水に入らないように遡行する。
Res03881
  
倒木にヌメリスギタケが出ていた。
Res03883    
 
気温は低いが、天気も良くて日なたは結構暖かい。
Res03884
 
思ったよりゴミが少ない。
増水で流されてしまったみたいで、岩の隙間に引っかかっていたり、水のこない高い場所にしか落ちていない。

これはさすがに持ち帰れない 。
Res03885  
上流で工事した時の残骸だと思われる。
 
日当たりの良い場所の倒木にクリタケ発見!
Res03886  
 
と、思ったら地面から出ている。
チャナメツムタケだった。
Res03888
大量に採れた。
このキノコは線量が高いらしく、良い子は食べないほうが良いらしい。
私は悪い大人なので食べてしまう。(笑)
 
遡行するにつれて渓相は厳しくなってゆく。
 
Res03891
 
出来るだけ濡れないように歩いてきたが、いよいよそんな事も言っていられなくなる。
Res03893
膝上の渡渉は一気に冷たさが来る。
震えながらもさらに上流へ。
  
なんさんがオオズミを見つけてきた。
Res03897
かじって見たが、恐ろしく酸味と渋みが強い。
果実酒にすると良いようだが食用には向かない。
 
黄葉の木々。
Res03899
 
タカノツメの葉っぱ。
Res03900
  
古い堰堤、どちらから巻くのだったか?
Res03901
この区間を歩くのは私も安谷さんも10年ぶりくらい、遡行ルートの記憶がおぼつかない。
  
いよいよ、核心部。
「ミグロの通らず」と呼ばれるゴルジュ帯に入る。
Res03905
  
Res03906
 
滑沢が飛瀑で出合う。
Res03907
この下の狭間の通過は腰までの渡渉。
私は濡れるのが嫌で逡巡していたら、足を取られて半沈してしまった。
脳天まで冷たさが突き抜けて歯の根が合わなくなる。
 
素直に突っ込んでいれば腰までで済んだのに背中まで濡れてしまった。
  
結局、全員パンツまで濡れながらクリア。(笑)
Res03908
 
一度濡れてしまうと開き直れる。
渡渉も怖くなくなる。
ちょっとした無双状態。(笑)
Res03909
 
その次のゴルジュはさらに手強い。
水線で通過しようとすると泳ぎになってしまう。
さすがにこの時期の泳ぎは命にかかわるのでここは素直に高巻き。
Res03910
 
以前来た時より踏み跡が不明確になっていて怖い。
 
慎重に下降。
Res03912
 
なんとか通過。
Res03918
 
次は岩場を乗り越す。
Res03920
 
すでにゴミ拾いの域を超えて、完全な沢登り。(笑)
 
ここでようやくゴルジュ帯を抜けた。
最後の堰堤。
Res03922
左岸の残置ロープでよじ登る。
 
ナメコ!と思ったらヌメリスギタケ。
Res03927
 
同じ木にムキタケも発見。
Res03928    
このキノコはクセもなくて、ツルッとした食感で美味しい。
 
ジンジソウがまだ花をつけていた。
Res03929   

登山道の吊り橋を越えるとようやく目的の高滝。
Res03931
前は妖しげなロープがぶら下がって登れるようになっていたのだが、いつの間にか無くなっていた。
 
ここで本日の遡行は終了。
登山道で国道に上がる。
 
今日の収穫。
Res03936
思ったより少なかった。
年々、渓流のゴミは減ってきているような気がする。
喜ばしいことである。

 
天気に恵まれた秋の一日。
少々冷たい思いもしたが、久しぶりに沢を歩いてなかなか楽しかった。
やっぱり渓流は良いなあ。

« イブニングライズ | トップページ | 風の中 »

日常」カテゴリの記事

コメント

JICKYさん、こんばんは。
楽しく読ませて頂きました。クリタケらしきチャナメ。ナメコらしきヌメリスギタケ・・・どちらも美味しそうです!見つかるとたくさん採れますしね!
オオズミって知りませんでした。果実酒にすると良さそうですね! 山深いところのようなので、サルナシは時既に遅し・・・でしたでしょうか?

 Green Cherokeeさん、こんばんは。

キノコはあまり期待していなかったのですが、結構状態の良いものが出てましたね。
チャナメとムキタケだけ美味しくいただきました。

オオズミは私も初めて見ました。ヤマナシとよく似てますね。
サルナシは時期的には丁度いいくらいだと思いますが、見かけませんでした。
つるはいくつかあったのですが、実はついてなかったので全部雄株だったのかも知れません。
あれはそのまま食べても美味しいですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1662162/47714429

この記事へのトラックバック一覧です: 清掃山行:

« イブニングライズ | トップページ | 風の中 »