JICKY のブログ

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« またまたハゼ釣り | トップページ | 清掃山行 »

2012年10月21日 (日)

イブニングライズ

 土曜日は久しぶりに近所の川で竿を出した。

徒歩5分の釣り場なのでもっと頻繁に通ってもいいのだけど、夏の間は水遊びの子供が多くて竿を出しにくかったし、今年は秋になってもアユ釣りの人が多くて敬遠していた。
 
実はそれでも1ヶ月くらい前にちょっとやってみたのだが、反応は激シブで見事に「ボ」を食らってしまった。(笑)
 
今回はそのリベンジ。ひさしぶりにフライでやってみる。
 
夕方3時半くらいからスタート。
  
全く反応なし。。
  
瀬でも、瀞場でも音沙汰なし。
瀞場では思い出したようにライズがあるのだけど、キャストすると静まり返る。。
  
上流に移動しながらフライを振ること30分。
広い瀬の流芯の脇で、ようやく「ポツッ」と言う感じのやる気のなさそうな反応が出た。
 
再度その場所に投げる。
流芯の向こう側なので私のフライの腕だとドラグフリーで流せる距離が短い。
ラインが引っ張られて毛鉤が沈んでしまうので、すぐに浮力が弱ってしまう。
 
毛鉤を交換。
 
黒系の毛鉤から白系に変えてみる。
 
アイにハリスを通すのに手間取っていると、あちこちでライズが始まった。
焦りながらもどうにか毛鉤を結んでキャスト。 
 
毛鉤が水面に落ちると同時にヘッドアンドテールの派手なジャンプで良型がヒット!
Res03866
久しぶりに手にするヤマベ。
やっぱり綺麗な魚だ。
  
気をよくして2投目。
また派手に出た、これも良型。
Res03873
 
写真を撮っている間にもライズが頻発。
気が気ではない。(笑)
 
この後も1投1匹で釣れる。
Res03874_2
 
Res03875
 
どの魚も毛鉤が着水すると同時に食いついてくる。
しかも良型ぞろい。
Res03876
 
ヤマベとはいえ、ここまで入れ食いになるのは始めて。
あっという間にツ抜けする。
 
が、夢のような時間は20分ほどで終了。
その後はスイッチが切れたように反応がなくなってしまった。
 
薄暗くなって毛鉤も見えにくくなったので終了。
 
毛鉤でこんなスゴイ入れ食いは始めて体験した。
今回は慣れないフライだったので手返しに難があって10数匹の釣果だったけど、テンカラでやってればこの倍は釣れたと思う。
 
次回はテンカラでやってみよう。
 

« またまたハゼ釣り | トップページ | 清掃山行 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

JICKYさん、こんばんは。
良いですねー、爆釣!! 最近、爆釣からはちょっと遠ざかっているので、羨ましいです・・・
今年中には、一度、テンカラにも挑戦してみたいと思っています。

Green Cherokee さん、こんばんは。

爆釣って言ってもわずか20分足らずの出来事でしたので、ちょっと物足りなさは残りますね。(笑)
毛鉤釣りを始めて15年ほど経ちますが、あそこまで急に反応が良くなるというのは初めて経験しました。
まだまだ勉強することが多いです。
テンカラでのヤマベ釣りは私も試行錯誤を繰り返している最中です。一緒に精進しましょう!(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1662162/47539953

この記事へのトラックバック一覧です: イブニングライズ:

« またまたハゼ釣り | トップページ | 清掃山行 »

最近のトラックバック