JICKY のブログ

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月21日 (日)

イブニングライズ

 土曜日は久しぶりに近所の川で竿を出した。

徒歩5分の釣り場なのでもっと頻繁に通ってもいいのだけど、夏の間は水遊びの子供が多くて竿を出しにくかったし、今年は秋になってもアユ釣りの人が多くて敬遠していた。
 
実はそれでも1ヶ月くらい前にちょっとやってみたのだが、反応は激シブで見事に「ボ」を食らってしまった。(笑)
 
今回はそのリベンジ。ひさしぶりにフライでやってみる。
 
夕方3時半くらいからスタート。
  
全く反応なし。。
  
瀬でも、瀞場でも音沙汰なし。
瀞場では思い出したようにライズがあるのだけど、キャストすると静まり返る。。
  
上流に移動しながらフライを振ること30分。
広い瀬の流芯の脇で、ようやく「ポツッ」と言う感じのやる気のなさそうな反応が出た。
 
再度その場所に投げる。
流芯の向こう側なので私のフライの腕だとドラグフリーで流せる距離が短い。
ラインが引っ張られて毛鉤が沈んでしまうので、すぐに浮力が弱ってしまう。
 
毛鉤を交換。
 
黒系の毛鉤から白系に変えてみる。
 
アイにハリスを通すのに手間取っていると、あちこちでライズが始まった。
焦りながらもどうにか毛鉤を結んでキャスト。 
 
毛鉤が水面に落ちると同時にヘッドアンドテールの派手なジャンプで良型がヒット!
Res03866
久しぶりに手にするヤマベ。
やっぱり綺麗な魚だ。
  
気をよくして2投目。
また派手に出た、これも良型。
Res03873
 
写真を撮っている間にもライズが頻発。
気が気ではない。(笑)
 
この後も1投1匹で釣れる。
Res03874_2
 
Res03875
 
どの魚も毛鉤が着水すると同時に食いついてくる。
しかも良型ぞろい。
Res03876
 
ヤマベとはいえ、ここまで入れ食いになるのは始めて。
あっという間にツ抜けする。
 
が、夢のような時間は20分ほどで終了。
その後はスイッチが切れたように反応がなくなってしまった。
 
薄暗くなって毛鉤も見えにくくなったので終了。
 
毛鉤でこんなスゴイ入れ食いは始めて体験した。
今回は慣れないフライだったので手返しに難があって10数匹の釣果だったけど、テンカラでやってればこの倍は釣れたと思う。
 
次回はテンカラでやってみよう。
 

2012年10月14日 (日)

またまたハゼ釣り

 またハゼ釣りに行ってきた。
シーズンとはいえ、よく飽きもせずに毎週行けるものだと我ながら感心する。

 
今日は潮周りがあまり良くなくて、着いたときは丁度ソコリの時間。
この釣り場、干潮時は長めの竿で沖目の深い場所を釣らなければならないのだけど、風が強くて長い竿だとアタリが取りづらい。
 
子供は早々に飽きて竿を放り出して遊び出してしまう。
 
私もポツポツとは釣れるのだけど、上げたら掛かっていたような釣れ方で全然面白くない。
やはりしっかりとアタリを取って釣らなければ満足感が得られない。
 
大きなアタリで上がって来たのはキスの子供。
Res03857
派手なアタリで針掛かりしなかったのはこの子達だったようだ。
 
昼近くなってようやく潮位が上がり、足元で釣れる様になって来たので7尺の竿に代える。
小物釣りは出来るだけ短い竿で釣った方が楽しいし手返しも良くなる。
 
良型も足元に寄って来た。
Res03858
 
Res03861_2

 
満潮に向けて良い感じで釣れ始めて、子供も夢中になって釣っている。
しばしの入れ食いを楽しむ。
  
が、ここは満潮時には足場が水没してしまう。 
浸水し始めた釣り場に後ろ髪を引かれながら撤収。
 
釣果は2人で70匹くらい、潮周りを考えても前回よりも渋かったかな。
  
大き目のものは刺身で。
Res03850
 
小ぶりなものは唐揚げに。
Res03854

相変わらず美味しい。
 
 
さすがに捌くのも慣れてきて早くなったかな。(笑)

2012年10月 9日 (火)

ハゼ大漁

 連休はまた子供を連れてのハゼ釣り。

渋滞を避けて朝早く出て、7時前に釣り場到着。
もう朝の気温は涼しいを通り越して寒いくらい。
しかも海が近いせいか風も強くて、上着を着ないと震えてしまう。
 
「こんな寒くて果たしてハゼが釣れるのか?」
と思ったが、1投目からすぐにアタリがある。
 
良い型。
Res03832
 
子供の竿にもかかる。
Rimg2833t
 
朝のうちはちょっとした入れ食い状態。
上げ7分くらいの丁度いい時間だったせいもあってアタリが途切れない。
 
サイズは10センチから12センチが平均。
たまに15センチクラスが混じる。
  
Res03836
 
Res03838
  
このくらいになると、合わせた瞬間にグッと重みが乗って、キューンと竿先が絞り込まれる。
クセになりそうな快感。(笑)

潮止まりでちょっと食い渋って、小休止。
その後、潮が動き出しても入れ食いにはならず、サイズも落ちてきた。
 
それでも飽きない程度に釣れて、昼まで釣って2人で150匹くらい。
小型はリリースして80匹ほど持ち帰った。

捌くのに1時間以上かかってクタクタ。(笑)

そろそろハゼ釣りも終盤戦、今週末も行けるかな?

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »