JICKY のブログ

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 梅雨の晴れ間に | トップページ | 子供とテナガエビ釣り »

2012年6月23日 (土)

ヤマベ釣りを堪能。

 午前中の仕事を大急ぎで片付け、家に帰り、釣り道具を持って近所の川へ。
梅雨の晴れ間は有効活用しなければ。

しかし、お目当てのポイントにはアユ釣りの先行者が。。
今の時期ヤマベ釣り向きのポイントはどこもアユ釣りの人で埋まっている。

諦めて、そのまま自転車を走らせ、隣町のK川へ向かう。
走ること20分でK川到着。

川沿いの遊歩道を走るとフライマン発見!

farwaterさんだ。
川に下りてしばし歓談。

今日はこの川の常連の皆さんがおそろいのようだ。

程なくmihiroさんも釣り上がってきた。

みなさん、すでに結構な釣果を上げられたとのこと。

さらに下流に向かうと、まさに今良型を釣り上げたばかりのGreen Cherokeeさん。
川遊びしていた親子連れに婚姻色の出たヤマベを見せてあげていたとのこと。
釣り人の鑑のような人である。

お話を伺うと、今日は活性が高そうで期待が高まる。

さらに下って、お目当てのポイントへ。

Res02889

この桑の木の上下が良い瀬になっている。
Res02890

一投目から反応、2投目で掛かる。

Res02894

まあまあの型。

その後も好反応は続く、が型は今ひとつ。

試しにウエットフライを投げてみる。

反応は多い、数流し目でヒット。

Res02897

やはり今ひとつの型。

魚の出が見えないと面白くないのでまたドライに変更。

反応は良くてバンバン出るのだけど、掛からない。
でも近所のY川に比べればヒット率は倍くらい高い。

下流へ移動。

時間切れで切り上げるGreen Cherokeeさんを見送った後も粘る。

流れの速い瀬の対岸の小さなたるみで好反応。
テンカラの射程距離一杯なので、ドラグフリーで流せる距離が短いが、上手く流すと確実に釣れる。

5匹くらい立て続けに釣って、さらに攻めていたら水面が朱色に光った。

すかさずアワセをくれると竿が満月にしなる。

魚の躍動を楽しみながら引き寄せると、待望の婚姻色オスヤマベ。
Res02905

記念に水中撮影。

Res02920_2

これを機に、爆釣タイムが始まる。

婚姻色出かかりのオス。
Res02901

Res02930

良型が次々と掛かる。
Res02931

標準サイズは写真を撮るのも面倒になるくらい釣れた。

30匹くらい釣ったところで満足して納竿。

この所、近所のY川で今ひとつ釣果を上げられなかったモヤモヤが一気に払拭された。

毛鉤のサイズも18番で問題なく釣れたし、パターンも選ばずに食ってきた。
反応が良ければあまり難しく考えることは無いのだ。

それにしてもこの川の魚影の濃さはスゴイ。

帰り際、橋の上から川を覗くと良型の婚姻色ヤマベがナワバリ争いをしているのが見えた。
良型のオスだけでも10匹以上いる。
もちろんメスはその数倍。
見える範囲に100匹以上のヤマベの群れ。
ちょっと壮観だった。


また・・・近いうちに来ようかな・・・(笑)

« 梅雨の晴れ間に | トップページ | 子供とテナガエビ釣り »

釣り」カテゴリの記事

コメント

これ水槽で飼ったら楽しいよね。
でもJicky家の水槽は海水だっけ?

こんばんは^^。
立派な婚姻色ゲット、お見事です!
その後の釣果を見ると・・・私ももう少し粘ればよかったかな~(笑)。

こんばんは
ブログのリンクありがとうございました!

JICKYさんもすばらしい釣果をあげていますね!しかもテンカラで。。。。。
婚姻色もすごくきれいですね。。。

 鵜住居さん。

子供の頃、水槽で飼っていた事があります。
婚姻色も最初は綺麗なんですが、2ヶ月くらいで色が褪せてしまうのですよね。
今の時期限定で飼育するのも良いかもしれません。
ウチは海水魚がいるので手が回りませんけど。(笑)

farwaterさん、こんばんは。

皆さんが釣られたと聞いて、なんとか1匹だけでも!と粘った甲斐がありました。
4時くらいからライズも増えて反応が良くなりましたよ。
夕方までやればもっと釣れそうな感じでした。が体力が持ちませんでした。(笑)

 mihiroさん、こんばんは。

おかげさまでなんとか満足する釣果が上げられました。

釣り方ですけど、あの規模の川なら、私的にはテンカラの方が慣れてるせいかストレスなく釣れます。
長靴履いて立ち込めればもう少し釣り易かったんですけどね。

またお邪魔しますのでよろしくお願いします。

JICKYさん、こんばんは。
見事な韋駄天さんですね。とても綺麗です!
JICKYさんのテンカラを見学させて頂きつつ、あんなに自然にフライを流せたら、もっと釣れるのに・・・、といつも思ってしまいます。
そういえば、テンカラって一度も試したことがありません。次回、少しだけ、竿を振らせてくださいね!

Green Cherokeeさん、こんばんは。

おかげさまで良い釣りができました。
もうすこし皆さんとお話しする時間が取れたら良かったのですが、川を見るとつい竿を振る方に頭が行ってしまいます。(笑)

テンカラは釣り場によっては、たしかにドラグフリーで毛鉤を流せる距離を稼げますね。
だから釣れる、と簡単にいかないところもまた釣りの難しさです。(笑)

私がやってるのはハエ竿を使った変則テンカラですのでちょっと疲れます。
次回はちゃんとしたテンカラ竿を持っていきますので、そちらで試してみてください。
Blue Heronのロッド振れる技術があれば簡単に振れると思いますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1662162/45806108

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマベ釣りを堪能。:

« 梅雨の晴れ間に | トップページ | 子供とテナガエビ釣り »