JICKY のブログ

フォト
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

2017年2月12日 (日)

フキノトウ

 今週は家の雑事のため、山歩きはお休み。

今年も家の猫の額ほどの庭にフキノトウが顔を出した。
Rimg4237_640x480

2年前に川獺庵さんから分けてもらった根っこから、少しづつ増えている。
昨年は4個だったのが、今年は9個顔を出した。

来年あたり、少し収穫できそうだ。

2017年2月 5日 (日)

北尾根から蕎麦粒山

 五十肩だろうか、最近左肩が回らなくなってしまった。
左腕を後ろに回そうとすると痛みが走る。
 
上下左右に動かす分には問題ないので、日常生活では不自由しないのだが、問題はザックを背負う時だ。
私は右利きなので右肩から背負うのだけど、そうすると手が後ろに回せないので左腕をベルトに通す事が出来ないのだ。

仕方なく左手から背負うようにしたのだが、やってみるとこれが意外と具合が良い。
左手でザックを肩に乗せるのがちょっと難しいが、右手は利き腕なので肩ベルトに手を通すのが楽なのだ。
腕時計がベルトに引っ掛かる事もない。

ただ、長年の癖でつい右から背負ってしまうので、「あ、そうだった・・」と気が付いて、一度ザックを降ろしてから背負い直す、という事を何度もやってしまう。

そんな訳でザックの背負い方を矯正しながらの山行。
今週は都県界尾根の蕎麦粒山に北尾根から登ってみた。

ルート図
Kitaone
 
(安谷さんに地図表示のアドバイスを頂いたが、どうもHTMLの知識がないと簡単にはいかないようだ、何か上手く表示させる方法を考えたい。)

コースタイム
駐車地(8:00)-壊れた橋(8:22)-巡視路取り付き(8:30)-蕎麦粒山(10:55)-仙元峠(11:40)-大楢(12:40)-下降地点(13:00)-55号鉄塔(13:10)-駐車地(13:40)

浦山から名栗に抜ける広河原逆川林道は、冬の間は浦山側が通行止めになる。
 
丁度、目的地までは通る事が出来たので、ゲートの手前の駐車スペースに車を停めた。
Rimg4227_640x480
車を降りたとたん、滑って転びそうになった。

今日はここから一工場谷(たくみばだに)沿いに登って、蕎麦粒山と桂谷ノ峰の間の鞍部に詰め上がろうと思っていたが、この雪の量では無理そうだ。
とりあえず行けるところまで行ってみよう。 

橋の横に木製の階段が付けられており、ここから沢沿いの道に入る。
Rimg4228_640x480
今日は最初からアイゼンを付けて歩き出す。

道は雪に埋まっていたが、トレースがあった。
Rimg4229_640x480
この道は鉄塔巡視路になっているので、作業員が付けたものだろうか、複数の足跡がある。

沢沿いに掛けられた橋を使って上流へ。
Rimg4230_640x480

なかなかいい雰囲気の道。
Rimg4231_640x480

ワサビ組合のゲート。
Rimg4235_640x480

この先に、この辺で唯一残っていたワサビ田がある。
昨年、ここを管理していた老人が亡くなったという話を聞いたので、もうここでワサビを生産する人はいなくなってしまった事になる。
 
ゲートの隙間を抜けて上流へ。
 
二工場谷を分けた先で、橋が落ちて先に進めなくなっていた。 
Rimg4237_640x480
山側をヘツって通過できそうだったが、その先の橋も雪に埋もれている。
足跡もなく、誰も歩いていない様子。
無理して進んでも仕方ないのでここで引き返す。
 
この先は雪が消えた頃、釣り竿を持って来てみよう。
 
 
来た道を戻り、途中でチェックしていた東電ポールへ。
Rimg4238_640x480
対岸登って54号と書かれている。
 
表示通り、対岸の山腹には巡視路が切られていた。
Rimg4239_640x480
これを使って北尾根に乗り、山頂を目指す。
 
一度アイゼンを外して岩を飛び、対岸へ渡る。
モンベルの6本爪アイゼンを使っているのだが、片足10秒くらいで脱着できるのでこういう場面では重宝する。
 
この道にもトレースがあった。
Rimg4241_640x480
 
広い斜面を九十九折れで登って尾根に乗る。
Rimg4244_640x480
日の当たる所は雪が消えていた。
 
54号鉄塔への道を分けてさらに登ると、主尾根に乗り東側が植林帯になった。
Rimg4246_640x480
 
雪の上にはまだ足跡が続いていた。
どうやら鉄塔関係者のものではなく、ここを登った物好きなハイカーがいたようだ。
 
これは大きいけど人間のものではないな・・(^^;
Rimg4250_640x480
 
トレースを追ってひたすら登る。
Rimg4252_640x480
 
仙元尾根の向こうに浅間山が見えた。
Rimg4256_640x480
 
高度を上げて行くにつれて雪が増えてきた。
足跡が不鮮明になったと思ったら、大きな楕円の跡に変わっていた。
物好き氏はこの辺でワカンに履き替えたらしい。
 
山頂が近づき、東からの尾根が合わさると足跡が増えた。
Rimg4257_640x480
どうやら53号鉄塔の方から登ってきた人もいたようだ。
みなさん物好きだねえ・・(笑)
 
最後の方は膝までの積雪になり、足跡を踏んで登ったのだけど、みなさん大股で一歩一歩が離れていてえらく疲れた。
 
ようやく山頂に到着。
Rimg4260_640x480
取り付きから3時間半もかかってしまった。
あの程度の雪でも結構なロスになるのだなあ。
 
だれもいない山頂で早めの昼食を取っていたら、単独氏が日向沢ノ峰方面から登ってきた。
名栗の中尾根から歩いてきたという人は、3週間前は腰までのラッセルになり、ここまで辿り着けなかったと話していた。
今日は三ツドッケまで足を延ばしてきます、と元気に歩いて行った。
 
さて、ここまで登ったはいいが、帰りはどうしようか? 
当初はこの北尾根を下りに使う予定だったが、同じ道のピストンでは面白くないし、雪の残る中、あの急斜面を下るのは少々怖い。
 
他に考えられるルートとしては有馬山から西に降りるか、仙元尾根から東に降りるか。
地図とにらめっこしながら考える。
 
有馬ルートの場合、有馬峠から林道をちょっと下って、1103のピークから北西に伸びる尾根が使えそうだけど、末端はちょっと等高線キツそう。
最後の林道際も崖マークだし降りられるかどうか分からない。
ずっと林道で下れば安全だがそれはつまらない。
 
仙元尾根ルートなら、うまく55号鉄塔に下りる尾根に乗る事が出来れば、そこから巡視路で確実に駐車地点に降りられるはず。
時間的にもそちらの方が早い。
もし道が分からなかったり、雪が多くて鉄塔に下れなかったとしても、大日堂まで下って林道を戻って来れば良い。
 
という事で尾根道で仙元峠に。
Rimg4265_640x480
奥多摩側はきれいに雪が消えていた。
 
枝越しに富士山が見えた。
Rimg4267_640x480
 
仙元峠。
Rimg4272_640x480
 
ここからの下りもトレースがあった。
Rimg4273_640x480
 
が、この下りでまさかのルートミス。
広い尾根を右寄りに下るのだが、変な足跡を追って左に下ってしまった。
 
あれ?こんな所降りたっけ?と地図を見たら方向が微妙に違う。
尾根型が広くて現在地がはっきりしなかったので仕方なくGPSを見る。

やはりちょっと左にズレているようだ。
ほんの100mほどなのでそのまま斜面を右にトラバースしようとしたら、思ったより雪が深く、ズボっと膝上まで埋まってしまった。
余計に時間がかかりそうなので、無理せず30mほど登り返すと、やはり右方向に明確なトレースがあった。
正規のルートに戻って下る。
 
しかし、先ほどの足跡の主は登り返した様子がなかったが、無事に下山出来たのだろうか?
  
大楢で小休止。
Rimg4277_640x480

ここから道は植林帯のトラバース道になる。
この先で右に下る尾根をみつけて鉄塔を目指さなければならないので、右の斜面に注意しながら歩く。
 
少し行った所で、広い斜面の下の方に明確な尾根型が見えた。
テープの目印もついている。
これかな?と思ったが、トラバース道に入ってから最初の尾根なので、たぶん三工場谷に降りる尾根だろう。
 
再び右に注意しながらもう少し先へ。
 
先ほどと同じような広い尾根型があった。
やはりテープ目印がずっと下の方まで点々と付けられている。
Rimg4280_640x480
おそらくこれだと思われたが、今ひとつ確信が持てない。
 
高度も、尾根の形もさっきの尾根とほぼ同じ、樹林帯で周囲の地形もよく分からないので地図からは判別出来ない。
雪で踏み跡があるかどうかも分からない。
唯一、一番アテにならない私の直感だけが「この尾根で間違いない」と言っている。
 
まあ、間違ったとしても、100m下って鉄塔が見えなければ登り返せばいいだけの事なのだが、せっかく文明の利器を持っているのだから活用しない手はない。
再度GPSを見ると、やはりここで間違いないようだ。
 
それでも半信半疑で慎重に下る。
さすがにトレースは無し、所々で露出した地面にも踏み跡は見当たらない。
やたらと付けられたテープ目印のほとんどは山仕事用のものらしく、数字が書かれているが、灌木や小枝につけられたテープの中に「道」と書かれたものがあった。
私と同様、こんな尾根を使う好事家が付けたものらしい。
 
はたして、10分も下らないうちに鉄塔が見えてきた。
 
無事、新秩父線55号鉄塔に到着。
Rimg4281_480x640
鉄塔、下から見ると恰好いいな。

ここからは鉄塔巡視路で安楽に下れる、と思ったが、肝心の巡視路が見当たらない。
 
一面の雪に消されて、どこから道が下っているのか分からなくなっていた。
しばらく周囲をうろうろしたが見つけられなかったので、仕方なく再びテープ目印を追って尾根を下る。
Rimg4282_640x480  
この辺からはほとんど雪が消えたが、フカフカの斜面をしっかりとグリップしてくれるのでアイゼンは付けたまま下った。
 
10分ほど下るとポールがあり、立派な道が尾根を横切って下っていた。
Rimg4283_640x480
巡視路は斜面の右側を大きく回り込むように付けられていたらしい。
あちら側はチェックしていなかった。
 
テープ目印はさらに尾根を真っすぐ下るように付けられていたが・・
Rimg4284_640x480
どうもこの先は崖っぽい。
 
冒険はしたくないので、ここからは巡視路で下る。
Rimg4285_640x480
 
無事に広河原谷に降り立った。
Rimg4286_640x480
河原には三工場谷の大樽の滝への歩道が続いていた。
ちょっと寄り道して行こうかと思ったが、沢沿いの遊歩道は雪に埋もれていた。
 
沢を渡って対岸を登るとわさびやさんの廃小屋に出てしまった。
Rimg4287_640x480  
間近に見るとまだ人の生活感が残っている。
 
会ったことは無いが、ここで一人でワサビを栽培していた老人の事を思うと寂しい気持ちになる。
この小屋もいずれ朽ちて、忘れ去られてしまうのだろう。
 
さて、この小屋、沢からは上がってこれたが、道からは立入りできないよう柵で囲われていた。
どうやって外に出ようか?
辺りを見渡すと、小屋の脇に木の梯子が立てかけられている、あれを使えば上の林道に登れそうだ。
壊れそうで不安だったが、この梯子を使って無事に脱出する事ができた。
 
 
林道に出ればもうゲートはすぐそこ。
 
14時前に無事、駐車地に帰り着いた。
 
 
 
 

 

 
 

 

 

2017年1月29日 (日)

新柵山から姥樫

 安谷さんのHPを見て、以前から見たかった姥樫を見に行ってきた。

コース図(前半)
1
 
 
GPSログのコース図を上手くブログ上に表示できる方法は無いものか。

 

コースタイム
馬生バス停(9:20)-新柵山(10:10)-大杉(10:35)-姥樫(12:05)-飯盛山(13:10)-北川尾根下降点(13:40)-オバケ山(14:25)-車道(15:10)-西吾野駅(15:40)

 
志木から東上線に乗り、坂戸で越生線に乗り換え。
Rimg4228_640x480
懐かしいカラーリング。
 
この越生線は中学生の頃、高麗川に釣りに行くのに良く利用した。
当時はまだ床が木製の古い電車が走っていて、床に塗られた油の臭いとコンプレッサーの回るゴロゴロという音を懐かしく覚えている。

今は沿線に新しく学校が出来たらしく、朝の車内は高校生でにぎわっていて、その頃のローカル線のイメージは全くない。
 
終点の越生駅からバスで日向根に向かう。
直通のバスは無く、せせらぎバスセンターで乗り継がなければならない。
Rimg4229_640x480
小川町、武蔵嵐山、越生、明覚の各駅からのバス路線をここに集約する形で効率化を図っているようだ。
利用する側としては少々面倒なのだが、ほとんど赤字路線なのだろうから、走ってくれるだけでも感謝しなければいけない。
ただ、乗り継ぎの運賃清算だけはIC化してほしい。 
 
私はここで、たった今受け取ったはずの、乗り継ぎのハンコを押してもらった整理券を紛失してしまった。
乗る前に気が付いたので、停留所で世間話をしていた運転手さんに事情を話したら、ここまでのバスの運転手さんが「この人には間違いなくハンコ押しました」と証言してくれたので事なきを得た。
 
日向根行きのバスに乗ったのは私一人で、ちょっと申し訳ない気分。
ただ、私が乗らなくてもバスは走っていたはずなので、一人でも乗客がいて良かったということになるのだろう。
 

今回は姥樫に行く前に、地図で見て気になった新柵山に寄り道して行くため馬生バス停で下車。
バス通りから全長寺方面の道に入ってすぐの斜面から取り付く。
Rimg4234_640x480
 
深くえぐられたような道を登る。
Rimg4235_640x480
ネットで見た話では、バイクで入り込む輩が多いのでこのようになってしまったのだとか。
一般登山道をバイクで走ると怒られるから、こういうマイナーな山を選んで走るのだろう。
   
私もバイクに乗っていたので彼らの気持ちも多少は理解できるつもりだが、山道はやはり通るべきではない。
自然破壊云々の問題以前に、エンジン付きは歩道を走ってはいけない。
 
ちなみに山道に入り込むのは一般的なオフロードバイクではなく、トライアルという競技用のバイクである。
スピードが出ないので一般道を走るのには向いていないため、おそらく車に積んでくるのだろう。
 
荒らされていたのは最初の部分だけで、尾根に乗ると快適な道が山頂まで続いていた。
 
新柵山に到着。
Rimg4238_640x480
展望は全くないが、ちょっとした広場になっていた。
だれもいない静かな山頂でゆったりと一服する。
 
棒ノ折や蕨山あたりでタバコをふかそうものなら、「山頂の美味しい空気を汚すんじゃない!」とばかりに露骨にイヤな顔をされてしまうので、こういう静かな頂上は貴重である。
 
登山ルートにはなっていないようだが、ここから先は日向根までちゃんとした登山道が続いていた。
 
謎の標識
Rimg4242_640x480
それらしい岩はどこにも見当たらないのだが・・・
 
新柵山から30分ほどで日向根に着く。
大きなスギの木が出迎えてくれた。
Rimg4250_480x640
 
Rimg4253_640x480
 
 
杉の横にトトロのバス停。
Rimg4257_640x480
ここなら本当にネコバスが通りそうだ。
 
 
ここからは一度尾根を外れ、集落の中を下ってゆく。
 
日向根という名前の通り、南に向いた明るい集落で、この日は風もなくて春のような陽気。心の中まで暖まりそうな、のどかな風景の中を気持ちよく歩く。
Rimg4259_640x480
 
ロウバイが良い香りを放っていた。
Rimg4261_640x480
 
日向根から向尾根の集落を抜けて川沿いの道に降りる。
少々分かりにくそうだったのでスマホのGPSを使って歩いたが、迷うほどの道でもなかった。
 
泉川沿いの林道を歩いていたら腹が減ってきたので、途中で日当たりの良い河原に降りて早めの昼食を取る。
節分も近づき、ずいぶん日差しが力強く感じられるようになった。

川が二股に分かれ、支流の橋を渡って少し登ると姥樫が見えてきた。
Rimg4271_640x480
なるほど、これは確かにすごい。
単に大きい木というレベルではなく、木から強い妖気のようなものが発せられている感じ。
残念ながら柵が張られて近くには寄れなかったが、離れた場所からでもその迫力に圧倒された。
この木は一見の価値がある。
  
この日は他に人もいなかったので、静かに鑑賞することが出来た。
十分に老木の気を堪能し、ここから尾根を登る。
 
一応その上のカツラも見に行ったが、姥樫を見た後ではちょっと・・・
この山域では貴重なのだろうが、奥秩父では珍しくもない木なのであまり感動もなかった。
 
カツラまでの道は整備された遊歩道だったが、その先はかなり荒れている。
ほどなく道は消え、代わりに踏み跡程度の道が尾根筋を登ってゆく。
 
細いとは言え、よく踏まれた道を登ってゆくと、作業道のような広い道に出た。
Rimg4278_640x480
この道を辿ると林道につながっており、尾根筋を九十九に折れながら上に続いていた。
 
今日は散々車道と林道を歩かされたので、いいかげん嫌になって、道を無視して尾根筋を直登して頂上を目指す。
Rimg4279_640x480
踏まれていないので歩きやすいとは言えないが、こちらの方がずっと気分が良い。
植林帯と雑木林の境界を真っすぐに登る。
 
2回ほど林道を横切り、笹薮をよけて登った所で上から階段の歩道が降りてきた。
何事か?と辿ってみると大きなシロヤシオの木があった。
Rimg4288_640x480
ツツジでこの大きさはスゴイ。
 
歩道を登った上の林道は全面の雪。
Rimg4289_640x480
 
雪交じりの斜面をさらに登り、飯盛山に到着。
Rimg4293_640x480
飯盛山と表記されるピークがもう一つあるので注意せよ、との張り紙があった。
 
ここからは車道を少し歩き、北川尾根で吾野方面に下る。
  
コース図(後半)
2
 
奥武蔵グリーンライン沿いの歩道を歩くと、小さな岩場から枝越しに秩父方面の展望が望めた。
 
武甲山が間近に。
Rimg4297_640x480
この場所、足元の木々が伐られていた。
展望を得たいのはわかるが、そのために木を切るのは感心しない。
  
車道が大きく左に曲がる所から北川尾根に入る。
Rimg4299_640x480
 
この尾根、最初から二股に分かれていて、かなり手ごわいと踏んでいたのだが、入ってみたら意外にも立派な道がつけれていて拍子抜けしてしまった。
Rimg4301_640x480
もう登山道と変わりない。
 
この先で尾根が広がると踏み跡が乱れた、ここで初めて地図を見てコンパスをセットする。
目的の方向に下りて行くと、再び尾根が狭くなり明確な道に出た。
 
500m圏の小ピークに山名板が掛けられていた。
Rimg4302_640x480  
オバケ山って・・(笑)
 
ここまで、あまりに楽なルートだったので気が緩んだのか、この先の下りで道を間違えた。
比較的明確な尾根筋を疑いもなく下り、30mほど下った所で「あれ?この先で460mの小ピークに登り返すはずだけど・・?」と地図を広げて確認すると、何故か北西に下る尾根に乗っていた。
 
地形図上では絶対に間違えそうもない場所だったので油断してしまった。
 
反省しながら登り返す、傷が小さいうちに気が付いて良かった。
 
その先はアセビやアオキなどの灌木が少々藪っぽくなり、400m圏からの分岐はどちらの方行にもはっきりとした踏み跡があり、迷う。
 
おそらく、ここまで来ればどちらに行っても降りられるのだろうが、できれば藪漕ぎはしたくないし、民家の庭先や畑にも出たくない。
 
なので、唯一テープ目印の付けられていた、一番頼りなさそうな踏み跡を辿って下ってみる。

藪が切れた所で作業道の残骸のような道に出た。
Rimg4303_640x480
 
これを下ると、落ち葉や枯れ枝に埋もれた階段があり、無事に林道に出ることができた。
Rimg4305_640x480
はたして、このルートが正解なのかどうか自信が無いが、とりあえず里に下りる事は出来た。
 
あとは車道に出て、川沿いに歩き。
Rimg4307_640x480
 
西吾野駅に到着。
Rimg4308_640x480
 
ちょうど、駅の対岸を歩いているときに電車が行ってしまったので、次の電車まであと30分。
 
だいぶ傾いた日に当たりながらホームのベンチに座っていたら、危なく居眠りしてしまうところだった。
人身事故で所沢から先の西武池袋線は止まっているようだったが、多分着くころには動いているだろう。
 
 
 
 
 


 


 

 

«雪の大霧山