JICKY のブログ

フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

2024年2月11日 (日)

雪の丸山へ

やっとまとまった雪が降ったので、横瀬の丸山へプチスノーハイクに行って来た。
赤谷から登って、日向山経由で横瀬に下った。

ルート図

秩父や奥多摩の山ばかり歩いていると、なかなか雪の山を歩く機会がない。
月曜日の雪が、多分今年最初で最後のチャンスになると思って出かけた。
本当は奥多摩の石尾根辺りを歩きたかったが、あの辺りはかなりの積雪がありそうだ。
ワカンくらい持っていないと大変な目に遭いそうなので、近場の丸山で手を打つことにした。

朝8時40分、芦ヶ久保駅をスタート。
ここは日が当たらないので雪がかなり残っている。
Img_8691
 
赤谷までしばらく車道歩き。しっかり除雪されていて、橋の上以外はほぼ雪が消えていた。
Img_8693
 
集落の外れから山道に入ると雪が出てくる。チェーンスパイクを履いて入山。
Img_8694
雪は消えたり残っていたりだったが、沢を渡って尾根を登り始めると少しずつ深くなっていった。

大野峠に到着、ここまで登ると一面雪景色。
Img_8695
 
林道も全面雪。
Img_8696
 
ここからは本格的に雪道を登る。
Img_8697
 
途中、北側が開けて堂平山が見えた。
Img_8698
 
頂上に近づくにつれ雪が深くなる。深いところで30センチくらい。
トレースはあるが、ツボ足の跡を踏んで歩くので結構体力を使う。
しかも雪玉がついて足が重くなるので、かなり疲れた。
Img_8699

 
無事に山頂展望台へ。ちょっと霞んでいたが良い展望。
Img_8701c_20240211142201

写真では霞んでいるが、両神山の横に八ヶ岳、北に浅間山まで見えた。 
Img_8703
展望広場で、ベンチに積もった雪を払いのけて昼食休憩。
風が無かったので日なたは結構暖かかった。

ここからの下りは良く踏まれて歩きやすい道。グリップも良いのでスパイクを外して歩けた。
急斜面でちょっと道を外れ、ザクザクと雪を踏みながら下る感覚が気持ちいい。
Img_8704
 
ここから左の日向山方面へ下る。
Img_8705
 
一度車道に出て、駐車場の上の斜面に出るとロウバイが良い香りを放っていた。
Img_8706
 
日当たりの良いベンチに腰掛けて休憩。
冬山から一気に春の里に迷い込んだような不思議な感覚。
Img_8709
 
山頂へはまた雪道で
Img_8710
 
日向山に到着。
Img_8711
 
二子山が目の前に見えた、ここからだと双子に見えない。
Img_8712
 
さらに下って
Img_8713

琴平神社へ。
Img_8714_20240211142401
 
まだ時間も早いので六番峠コースで横瀬に下ってみる。
Img_8715
 
下るにつれて雪が減っていき
Img_8716
 
苅米のマス釣り場に下山。
Img_8717
 
ここから駅までの車道歩きが長かった。
ちょうど駅に着いたタイミングで登り列車が出て行った。


2024年2月 4日 (日)

天地山

奥多摩のマイナールートを歩いてきた。
江戸小屋尾根を登り、天地山経由で下った。

ルート図


登計の奥多摩町総合運動公園に車を停め、奥多摩病院まで車道を歩く。
薄着で歩き出したら震えが止まらないくらい寒い!

病院の横の道を登り、墓地の中を登ると明確な踏み跡があり、これを登ってゆく。
Img_8661
白いスズランテープがやたらと付けられていた。
何だろう?

若い木が多いと思ったらドコモが植林したらしい。
Img_8663

100mほど登ると林道に出て
Img_8664

左に回り込んだこの梯子から尾根に取りつく。 
Img_8665

そこからは急な尾根の直登、かなりキツい。
Img_8668
 
いつもの事だが、計画段階だと等高線の間隔を錯覚してしまうようだ。
現地で「あれ?こんなに登りキツかったっけ?」と地図を確認して後悔するという事を繰り返している。
Img_8666
 
400mほど登った所でようやく傾斜が緩み、今日初めての展望。
奥多摩湖の奥に大菩薩から黒川鶏冠山の山並みが見えた。
Img_8670
 
すぐに九竜山。
Img_8671
 
その先は緩いアップダウンで快適な尾根道。
右側が伐採された所で御前山が見えた。
Img_8674
あれ?このルート初めてのはずだけど、この角度からの御前山は既視感があるな?

と、下の栃寄の集落を見て思い出した。
Img_8675
一昨年、あそこに車を置いて山ビコ尾根からここを登ったのだった。
すっかり忘れていた。。

江戸小屋山。
2年前にはこの山名版は無かったので、最近掛け替えられたのだろう。
先ほどの九竜山も「九重山」という古い山名版だったと思う。 
Img_8676
 
950mを過ぎた辺りでこのトラバース道に入る。
前回「何だこの道?」と思ったのだった。
Img_8679
 
思ったよりちゃんとした道。
この道は途中から下の遊歩道に下ってしまうが、上に続く踏み跡を追って
Img_8680
 
登山道に出た。鞘口山を巻けたのでずいぶん楽が出来た。
Img_8681

しばらくは一般道歩き。
鋸山の山頂はパスして奥多摩駅方面に下り、最初のコルから天地山の尾根に乗り換える。

下ってゆくと天地山が見えてきた。
奥多摩の町から見てもとんがり帽子の様な山だが、ここからだとさらに鋭鋒に見える。
Img_8684
 
山頂への登りは岩場が続く。
ずっとロープが張られており、ホールドが多いのでさほど怖くは無い。
Img_8685
 
山頂に到着。
Img_8686

都県境の山々が望めた。右端の三ツドッケが目立つ。
Img_8687

下りは平和な尾根で 
Img_8689
 
無事に林道に降りた。
Img_8690
 
ここからの車道歩きが長かった。

2024年1月15日 (月)

吾野の低山を徘徊

タイトルの通り、吾野の低山を彷徨ってきた。

ルート図

今年初めての山歩きは、干支にちなんで龍のつく山に登ろうと考えた。
真っ先に思い付いたのは奥秩父の飛龍山だけど、日帰りはかなりキツいし、あそこまで行って日帰りは勿体ない。
・・などと考えているうちに時間が経ってしまった。

とっくに松も明けてもう新年という感じではなくなってしまったが、
手近な奥武蔵にも龍崖山という山があるので、その辺でお茶を濁すことにした。

ちなみに飯能にも同じ名前の山があって、そちらの方が一般的なようだ。
その他にも龍谷山とか竜ヶ谷山とか、この辺には同じような名前の山が多い。
これは山城の要害から転訛したらしい。

今日は行程もさほどではないので、ゆっくり家を出て9時過ぎに吾野駅に到着。
駅から道に降りる急階段が昨夜の雪で凍結していて気を使った。

道からちょっと入った白髭神社にお参りして山に入る。
Img_8616
 
線路をくぐり、作業場のようなプレハブの建物の裏から藪っぽい踏み跡を登る。
Img_8617
 
すぐに愛宕山という平地に出る。
ここは館の跡地だったようで、大岩の裏に小さな祠が祀られている。
Img_8618
 
さらに踏み跡を追って急斜面を登ると
Img_8619
 
龍崖山に到着。
Img_8622
一応今日の目的地なのだが、ここだけで帰るのは馬鹿馬鹿しいので、近くのマイナーな山をいくつか回ってみる。
 
山頂から踏み跡を追って西に下った鞍部から、東南に広がる窪を下ると
Img_8623
 
荒れた道が続いていた。
Img_8625
 
倒木を乗り越え
Img_8626
 
細い道を追って
Img_8627
 
水が出てきた沢を小堰堤で渡り
Img_8628
 
左岸に続く道で堰堤を巻き越えると林道に出た。
Img_8629
 
林道を進んで舗装路に出た所にこんな碑が建てられていた。
Img_8631
明治43年に土石流災害があったというむじな久保。

ここからしばらくは退屈な車道歩き。
国道299号に出ると、目指す鷹ノ巣山が見えてくる。
Img_8632

国道からこの清美橋を渡り 
Img_8634

川沿いの道を進むといきなり竹藪。 
Img_8635
 
藪を抜けて廃屋の横を進むと尾根に踏み跡があった。
Img_8636

一登りで鷹ノ巣山へ 
Img_8639
 
糸引き山とも言うらしい。
Img_8640_20240115140601
 
ここからは踏み跡もあるような無いような。。
Img_8641
 
吾野線の鉄塔はススキの藪こぎで越える。だんだん楽しくなってきた。(笑)
Img_8643
 
薄い踏み跡を追って鎌倉峠へ。
Img_8645
ほとんど通る人もいないようで、荒れた道が横切っていた。

さらに獣道程度の踏み跡でひと山越えて林道に出る。
Img_8647
 
ここから尾根末端まで林道歩き、日陰はまだ雪が残っていた。
Img_8648
 
取りつきが分からなかったので、適当にここから取りつく。
Img_8649
 
尾根上は割としっかりした道。結構坂がキツイ。
Img_8651
 
傾斜が緩んで、小ピークを越えた先に日和岳。ここで昼食休憩。
Img_8654
 
さらに岩がちな痩せ尾根を登って
Img_8655
 
天狗嶽へ。
Img_8658
 
ここから大高山の稜線までがキツかった。
Img_8659
 
ヒイヒイ言いながら登山道に出て、天覚山経由で東吾野に下山した。

 


 

«蕎麦粒山