JICKY のブログ

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

2017年4月17日 (月)

夏日の解禁釣行

 早いもので4月ももう半分が過ぎてしまった。
今月は仕事やら家の雑事やらに追われ、さらに悪天候にも邪魔されてなかなか釣りに行けなかったのだけど、ようやく今期の初釣行に行くことが出来た。

今回は初めての沢に入ってみた。
20年も秩父に通っていながら、まだまだ竿を出したことのない渓が多い。

 
ようやく空が白み始めた4時半、ヘッデンを点けて車止めを出発。
20分ほど歩いて入渓点に降り立つ。
 
まだ薄暗くて毛鉤も見えないので、パンをかじり、ゆっくり釣り支度を整えながら夜明けを待つ。
今日はこの時期としては気温が高く、夏の服装でも寒さは感じない。
 
明るくなった5時過ぎに釣り開始。
毎年の事だが、朝一番最初に冷たい水に足を漬ける時は勇気がいる。
 
最初は巨岩と小滝の連続で、落差のある釣りにくい渓相が続く。
魚の反応もないのでこの辺は飛ばして遡行。
 
連瀑帯を過ぎ、渓相が落ち着いたあたりからじっくりとポイントを探りながら釣りあがる。
Dscf3083_640x480  
 
散々釣り人に攻められて魚影が薄いのか、まだ魚が水面をみていないのか、全く反応がない。
 
それでも、久しぶりの沢歩きは気持が良い。
ミソサザイのけたたましい囀りに渓に立っている喜びを感じる。
 
1時間ほど遡行したこのポイントで最初の反応があった。
Dscf3087_640x480
 
岩の脇でオレンジ色の魚体が反転!
 
・・・・・が、空振り。。
 
今のは多分イワナ。
タイミング的にはドンピシャだったはずなので、咥え損なったのだろう。
毛鉤操作が上手くいかず、自然に流れていなかったのだと思う。
 
いつも源流のイワナ釣りで使う10番とかの毛鉤と違って、16番の小さな毛鉤は水を噛む力が弱いので、ラインの重さで引きずられてしまうのだ。
ドライフライでは不自然な流し方をすると魚が出ないが、水面下に毛鉤を沈めていると逆に誘いになるのか、関係なく出る。
ただ、出ても掛からない事の方が多いので、私は出来るだけ自然に流すように心がけている。

 
少し行ったポイントでまた反応があった。
派手に飛沫が上がったのでチビが飛びついてきたのだろう。
Dscf3094_640x480
 
1歩進んでその奥に毛鉤を振り込むと、水面下で銀色の魚体が反転するのが見えた。
 
今度はしっかり掛けることができた。
6寸ほどの小型だが今年の初ヤマメ。
Dscf3091_640x480
とりあえずボウズは回避できた。。
今日初めてのタバコに火をつけて満足感に浸る。
 
この辺りからは飽きない程度に反応が出るようになった。
ただ、どれも小型ばかりのようで、派手に飛びついては来るがなかなか掛からない。
 
ちょっと水深のある緩い瀬で、流芯の脇からゆっくりと浮かび上がって毛鉤を咥える魚が見えた。
落ち着いて合わせると、結構いい引き。
手尺で20センチほどのヤマメ。
Dscf3103_640x480
理想的な出方で釣れた今日会心の1匹。

その先でも同サイズ。
Dscf3112_640x480
大きな魚にでも食われかかったのだろうか、尾びれが半分ちぎれていた。
 
標高が上がると、まだ日陰に雪が残っていた。
Dscf3108_640x480
 
遡行するにつれ反応は良くなっていくが、水量が減ってポイントも小さくなる。
慎重にアプローチして丁寧にポイントを探ってゆく。
Dscf3122_640x480
 
絶好のポイントで一度毛鉤を見切られた。
いつもはあきらめて先に進むのだが、もう魚止めが近い。
毛鉤をカディスに変えて再度流してみる。
 
先ほど出た場所を毛鉤が通過し、ダメか・・と思ったところでバシャ!と出た。
やはりこのサイズのヤマメ。
Dscf3119_640x480
私はテンカラらしく釣りたくて、水面下を流す釣りにこだわってしまう傾向があるが、やはりドライフライを使った釣りはスリリングで面白い。
 
その先で何度かチビが出たが掛けられずに魚止めの滝に到着。
 
底が見えるほど浅い滝壺を覗き込むと、25センチほどのイワナがゆっくりと岩の下に逃げ込んでいった。
 
今日はここまで。
 
型も数も出なかったが、まあ良い釣りが出来た。
まだ10時前なので他の渓に転戦してもいいのだが、なんだか満足してしまってそんな気になれない。
 
帰路、日当たりの良い斜面でハシリドコロが花を咲かせていた。
Dscf3123_640x480
 
この日は夏のような陽気で、早春の花どころかハルゼミが鳴き出すのではないかと思うほど。
 
芽吹き始めた山の木々ときれいなヤマメに癒された一日だった。
 

 

2017年4月 2日 (日)

春の散歩道

 先週からちょっと風邪気味で、大事を取って今週は山歩きはお休み。

近所の川原で桜が咲き始めたので、家内と花見がてら散歩をしてきた。

この所の冷え込みで、桜の開花は遅れ気味。
Rimg4260_640x480
 
まだ1~2分咲きといった感じ。
Rimg4265_640x480
今年もマルタが遡上してきて、釣り人がチラホラ。

少し離れた瀬で、カチーフさんが竿を振っていた。
久しぶりにお会いしたのでちょっとだけ立ち話、今日はあまり反応が良くないみたい。

カンゾウがずいぶん育っていた。
Rimg4263_640x480
柔らかそうなものを選んでいくつか採取。

雑草に埋もれかけていたクレソンも少々。
Rimg4271_640x480

調整池では柳が芽吹き始めていた。
Rimg4286_640x480

雑木林がモヤモヤしている。
Rimg4303_640x480

コナラやクヌギが芽吹き始めていた。
Rimg4274_640x480

林床ではカタクリが見ごろ。
Rimg4289_640x480

以前はチラホラ程度だったのが、ずいぶん増えた。
Rimg4293_640x480
いずれ一面の花畑になるかもしれない。
 
2時間ほどの散歩で春を満喫、
身近にこれだけ自然が残っている事に感謝である。
 
 
 


 

2017年3月20日 (月)

ツツジ山

早いもので3月も中旬を過ぎてしまった。
今年も秩父の年券を購入したのだけど、まだ水が冷たいこの時期に川に入る気にもなれないので、相変わらずの藪尾根歩き。

今回は西吾野からツツジ山に登ってきた。
地図とコースタイムはヤマレコで。

ヤマレコは、スマホで取ったGPSのログをGPXファイルでアップロードするだけで、地図とコースタイムまで表示してくれるのでとても便利。
これからは山行データの記録はこれを活用しようと思う。

このルート、事前に地形図でチェックしたら等高線が迷路のように入り組んでいて、目が回りそうになった。
「こんな尾根、絶対に迷うだろ!」とワクワクしながら 緊張しながらの山行。

朝8時半に西吾野駅を出発。

Rimg4227_640x480
ハイカー多数、ほとんど高山不動方面に向かっていった。
 
私は一人その列から離れて、駅からほど近い天神社にお参り。
Rimg4230_640x480
 
その横から民家の前を通り、墓地の脇から尾根筋に続く道があった。
Rimg4234_640x480
 
予想に反し、しっかりとした道が付けられていた。
 
急斜面にはロープが張ってあったりして、もう立派な登山道。
Rimg4245_640x480
 

ほどなく、403の小ピークに着くと、天久保山という表示板があった。 
Rimg4248_640x480

このルート、道ははっきりしていて迷いようもないのだが、所々林道が尾根を分断している。 
Rimg4255_640x480
この通過が一苦労。
 
こんな所を登らされたりする。 
Rimg4263_640x480
 
所々、木の切れ間から、左手に伊豆が岳が見えたり、右手に高山不動から飯盛山のグリーンラインの稜線が見える他は、ほとんど展望も無い。
 
ただ、こんな痩せ尾根の通過があったり。
Rimg4258_640x480
 
ちょっとした岩場もあって、結構変化に富んだ面白い道だった。

 
手製の標識もあったりして、
Rimg4266_640x480
もう登山地図に載せても良いようなルートだと感じた。
 
酉谷山から大血川へのルートが破線で載っている事を考えれば、この道など実線表記されていいレベルである。

 
・・・・が、最初の舗装路が横切る所で迷う。(笑) 
Rimg4271_640x480
ここを乗り越すのに右往左往。
 
しばらく迷った末、車道沿いに右に歩いて行ったら、擁壁に階段があった。
Rimg4274_640x480
ここからは昭文社マップで破線表示の登山道になっているが、ここまでの道より分かりにくく、手ごわいルートだった。
 
突然ブル道に出て、横切って直進するのかと思ったらそのまま道をたどるとか、地図とコンパスが無いと迷うのではないだろうか。
 
三田久保峠。
Rimg4278_640x480
立派な道標が建っていたけど、正丸方面も北川方面も道がかなり荒廃してマトモに歩けそうな感じはしなかった。
人が歩かなくなると山道はすぐに荒れてしまう。
 
ここからの登りがキツかった。
Rimg4283_640x480
植林帯を一気に200mほど直登する。

この小ツツジ山の直下が絶望的な急斜面だった。 
Rimg4286_640x480
ひさしぶりの山歩きで足が攣りそう。
水分を補給してタバコを一本。

さらに一登りして小都津路山。 
Rimg4289_640x480
昭文社のマップではここがツツジ山となっている。
 
そしてツツジ山。
Rimg4293_640x480
昭文社マップでは横見山(二子山)。
混乱するので統一して欲しい。
 
その後は関東ふれあいの道で刈場坂峠へ。 
Rimg4295_640x480
軽ワゴンの売店が出ていた。
この日は風が強かったが気温も高くて結構汗をかいたので、ここで冷たいコーラでのどを潤した。
山で炭酸飲料を飲めるのはありがたい。

後は一般登山道で下るだけ。 
Rimg4298_640x480
 
Rimg4299_640x480

旧正丸峠から沢沿いの道で下る。 
Rimg4300_640x480
沢音を聞きながら歩くのは気持ちよい。
 
やはり沢を見ると渓魚に会いたくなる。
来月になったら里川で竿を振ってみよう。

民家の脇でフクジュソウが咲いていた。 
Rimg4308_640x480

ゴールの正丸駅に到着。 
Rimg4318_640x480
ジュースでも買って一服しようと思ったら、すぐに電車が来てしまって、あわただしく帰路についた。
 
 

«秩父御岳山