JICKY のブログ

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

2017年10月 9日 (月)

大洞林道から白岩山周回

 日曜日、秩父の白岩山に登ってきた。
  
大洞林道の荒沢橋から桂谷の右岸尾根で白岩山に登り、登山道でお清平まで歩いて猿鼻ノ尾根で大洞林道に下るという周回ルート。
 
ルート図

 
今回は続・秩父藪尾根単独行という本に載っていたルートをそのままトレースしてみた。
 
白岩山には全く興味は無かったが、お清平から大洞林道に下る猿鼻ノ尾根を歩いて見たかったのだ。
この尾根を下りで使えれば雲取山方面からの下山がかなり便利になる。

 
朝6時40分、サメ沢のゲートに車を置いて歩き出す。
Rimg4233_640x480
 
この林道を歩くのは今年3回目、さすがに食傷気味だ。
軽いはずの日帰り装備のザックがやけに重く肩に食い込んでくる。
荒沢橋まで車で入れた頃が懐かしい。
 
1時間の歩きで荒沢橋に到着。
Rimg4235_640x480
橋の手前から荒沢谷沿いに続く踏み跡を使って尾根に取り付く。
 
最初は釣り人の残した派手な目印が付けられた明確な道だが、これはすぐに沢に沿って斜面を右に逸れてゆく。
ここからは急斜面の直登。
Rimg4241_640x480  
 
予想通りの急坂で、立ち木や根っこに掴まりながら這うようにして登る。
Rimg4244_640x480
ごく薄い踏み跡が途切れ途切れに拾えるが、ほとんど役に立たない。
 
途中、ちょっとした岩場があり、沢の感覚で取り付いて行き詰ってしまう。
登山靴だと細かいスタンスが拾えないし、沢筋の岩と違ってボロいのでどうにもならなかった。
以降、岩場は全部巻いて登る。
 
上から斜面を振り返ってみる。
Rimg4246_640x480
写真だとなんて事なさそうだけど、絶対に下りたくない急坂。
この尾根は下りでは使えない。
 
30分ほど格闘すると多少傾斜が緩んだ。
急斜面は相変わらずだが、とりあえず二足歩行できるレベルになる。
 
緊張感がゆるんだ所でベニテングタケに癒される。
Rimg4251_640x480  
 
950m圏で地形図に現れない小ピークに乗った。
Rimg4252_640x480
ここで小休止、早くも500mLのペットボトルが空になる。
 
この辺からアセビがちょっと煩くなって、藪尾根らしくなってきた。
 
1119点で地図を確認して高度計を補正。
尾根型は明確で間違いようもないが、まだ白岩山までの行程の4分の1も来ていない上に、これからさらに800mも登らなければならないという事実を突きつけられて気が遠くなりそうになる。
 
キツい登りと緩い下りを繰り返しながら高度を上げてゆく。
Rimg4253_640x480
 
Rimg4264_640x480
 
チャナメツムタケがチラホラ出ていた。
Rimg4266_640x480
余裕が無くて採る気になれない。
 
標高1500mを越えたあたりで右側の視界が開けて、今日初めての展望が得られた。
Rimg4270_640x480
仙波尾根の上にカバヤノ頭、その右に東仙波。
2年前、背丈を超えるスズタケの迷路にハマって四苦八苦しながら下った。
遠景では実に優しそうな尾根に見えるがとんでもなく手強い。
 
色づいたオガラバナの横に、雲に隠れた三ツ山とバラクチ尾根。
Rimg4272_640x480
あそこもいつか歩いて見たい。

最後はダケカンバの広い尾根の急斜面。
Rimg4274_640x480
地形図どおり、ここを登りきると・・
 
あっけなく縦走路に出た。
Rimg4278_640x480
高度計が30mほど誤差っていたので、何だこの道?と思ってしまった。
 
5分も歩かずに白岩山に到着。
Rimg4282_640x480
下の方で苦しんだのでどうなる事かと思ったが、登ってみれば思ったより楽だった。
 
時間は昼前、登山道脇のテーブルとベンチで早めの昼食休憩。
 
この辺の樺は黄葉を終えて早くも散り始めているようだ。
Rimg4276_640x480
 
休憩中、雲取山に向かう登山者が続々と通り過ぎてゆく。
女性の歌声が近づいてきたので何事かと思ったら、大音量で音楽を鳴らしながら歩いている奴がいた。
クマ避けのつもりなのだろうけど、こんなに人が多い道にはクマだって近寄らないだろう。
実に迷惑な話である。 
 
休憩を終えて、登山道を一気にお清平まで下る。
今まで歩いてきた道(道は無いが)に比べると高速道路のような道で快調に歩ける。
 
前白岩を過ぎたあたりで東側の展望が開けた、あれは酉谷山と小黒かな?
Rimg4291_640x480
 
樹間から三峰神社も。
Rimg4290_640x480

それにしてもこの道、連休中とあってハイカーの数がハンパではない。
お清平までの間に100人くらい(大げさ)とすれ違った。
この分じゃ雲取山の山頂は登山者でごった返しているのではないだろうか。
 
みんな何が楽しくて山になんか登るのだろう?
 
人酔いしそうになりながらお清平に到着。
Rimg4293_640x480
やっと人のいない道を歩ける(多分道は無いが・・)。
 
広場のテーブルで中高年のパーティーが食事中。
見つからないようこっそりと道を外れて猿鼻ノ尾根に向かう踏み跡に入る。
Rimg4294_640x480
入り口には新しいマーキングが付けられており、広い斜面をトラバースするように続いていたが、途中からそれを無視して薄い踏み跡(多分鹿道)を追って下り気味に歩いて見た。
 
緩い尾根型が現れた所で先ほどのマーキングと埼玉県の石標を発見。
Rimg4299_640x480
 
問題なく猿鼻ノ尾根に乗れたようだ。
Rimg4298_640x480
 
広い尾根だが、新しい赤テープと古いピンクのリボンが点々と付けられており、迷うことなく下れる。
ただ、この手の目印だけに頼って歩くと痛い目に遭う事もあるので、一応コンパスをセットして下る。
 
傾斜も緩く、2次林だが自然林の気持ちの良い尾根。
木の幹にクマが引っ掻いたような傷跡が散見されるのでホイッスルを鳴らしながら歩く。
 
順調に高度を下げてゆくと、1100m付近でマーキングが左の植林帯へ下るように誘導していた。
Rimg4300_640x480
 
どうしようか迷ったが、「藪尾根単独行」によると935m付近で尾根を横切る踏み跡に乗った、と書かれていたので、これも無視してそのまま尾根を下ってみる。
 
そこからは傾斜が急になり、下るのに難儀する。
やはりマーキングに従った方が良かったかな?と思いつつ、植林帯の中の踏み跡の残骸のようなものを拾いながら下ってゆく。

高度計が950mを指した所で、薄い踏み跡が斜面を横切るように南方向に下っていた。
おそらくこれで間違いないはず。
 
辿るうちに道型は明確になり、これで林道に降りられる、と思ったら・・
Rimg4301_640x480_2
すぐ下に真新しいブル道が切られていた。。
 
実を言うと、これはある程度予想していて、往路で下山口を確認した時に、降り口の廃小屋の先に重機が停まっていて、作業道が上に続いているのを見ていたのだ。
ただ、こんなに上まで伸びているとは思わなかった。
 
なんか拍子抜けしてしまったが、踏み跡はほどなくブル道に吸収されてしまったので、これをたどって下るしかない。
すぐにマーキングの踏み跡が左から斜面を下ってくる。
これも分断されてしまっているが、この踏み跡で九十九折れのブル道を横切りながら下って行くと大洞林道が下に見えてきた。
 
最後、廃小屋脇に下る道は伐採された丸太で塞がれており、結局ブル道で林道に降り立った。
Rimg4303_640x480
 
本当はここに降りたかったのだが。。
Rimg4304_640x480
 
まあ、問題なく下山できたのでよしとしよう。
猿鼻ノ尾根が下りでも十分に使える事が分かったのは収穫だった。
 
あとは林道を歩いて2時過ぎにゲートに帰着。
サメ沢の冷たい水で顔を洗い、ついでにぬかるんだブル道で泥だらけになった登山靴も洗って帰路に着いた。
 
140号は秩父市内で大渋滞、龍勢の影響かと思ったら市内でもお祭りがあったらしい。
 

2017年10月 1日 (日)

キノコリベンジ

 先日のキノコ勉強会で惨敗したので、なんさん、鵜住居さんと3人でリベンジに行ってきた。

この所の冷え込みで、おそらく標高の低い所に出ているはず、と一番下のアカマツ林から攻めてみると、予想通りショウゲンジが一杯出ていた。

Rimg4235_640x480

Rimg4245_640x480

Rimg4248_640x480

木曜日の雨の影響か地面がかなり湿っていて、大きいものは痛んでいる個体も多かったが、 出始めの幼菌も多くて結構な収穫になった。
Rimg4241_640x480

籠がずっしりと重くなるくらい採れた。
もうショウゲンジはいいかな?ということで、標高の高い針葉樹林帯に移動。

シラビソとカラマツの混交林ではハナイグチがちらほら。
Rimg4253_640x480

ナラタケも多数。
Rimg4255_640x480

あとはカノシタと
Rimg4263_640x480

チャナメツムタケが少々。
Rimg4264_640x480

こちらでもそこそこの収穫があって楽しめた。

  

前回の不作を補って余りあるくらいのキノコが採れ、見事にリベンジ成功。
良い秋の一日となった。

 

2017年9月25日 (月)

一工場谷から蕎麦粒山

 日曜日、秩父の沢を歩いてきた。

ふと気が付けばキンモクセイが香る季節になってしまった。
そろそろ山歩きにも涼しくて良い季節だが、夏の名残を惜しんで今回は沢を辿ってみた。

冬に積雪で断念した広河原沢の一工場谷(たくみばだに)から蕎麦粒山に登り、下山は稜線を有馬山方面に歩き、支流のサゼッコ谷を下降するコース。
 
コース図
 
朝7時半に林道が沢を渡る地点から歩き出す。
一台車が停まっていたので、おそらく釣り人の先行者がいるはず。
秩父はまだ禁漁になっていないので、竿を持って来ても良かったのだけど、竿を出しながらの遡行は面倒だ。
今年は十分良い釣りができたし、正直、もう釣りはいいかな、という気になった。
 
歩き始めてすぐ、最初の堰堤の下のプールで釣り人発見。
しばらくは作業道で沢から離れて歩けるので、この辺で竿を出していてくれれば遠慮なく先に進める。
 
沢沿いにつけられた道を気持ちよく歩く。
Dscf3426_640x480
 
マタタビの実が熟していた。
Dscf3427_640x480
 
所々で桟道が落ちていたけど、今回は沢装備なので沢に降りれば問題なし。
Dscf3428_640x480

ワサビ田の跡に着くと、古ぼけたシャツがぶら下がって風に揺れていた。 
Dscf3432_640x480
物の怪の類かと思って、かなり驚かされた。
ここを管理していた老人のものだろうか。
 
左から入る窪にもワサビ田があった。
Dscf3433_640x480

二工場谷出合 
Dscf3435_640x480
 
立派なワサビ田が続く。
Dscf3436_640x480
80歳を過ぎた老人が一人で手入れしていたとは思えない規模だ。
 
ワサビ田はサゼッコ谷出合まで続いていた。
Dscf3438_640x480
その先にも荒れてはいるが作業道が沢に沿っている。
 
ジンジソウ、久しぶりに見た。
Dscf3442_640x480
最近はこの時期に沢を歩いていなかったからなあ。
 
進むにつれて落差が増してくるが
Dscf3443_640x480

上にもまだワサビ田の跡があった。 
Dscf3453_640x480
こちらは放棄されてかなりの年月が経っている様子。
 
Dscf3466_640x480
 
ここを過ぎると急に水が細くなり、一気に源頭の雰囲気になる。
Dscf3465_640x480
苔むした沢を気持ちよく遡る。
 
ツキヨタケ
Dscf3462_640x480
 
ブナハリタケが甘い香りを放っていた。
Dscf3461_640x480
ブナハリはあちらこちらに「これでもか!」というくらい出ていた。
良い状態のものもあったけど、私はこの香りがちょっと苦手。
 
一度茹でこぼせば香りが抜けるらしいけど、そこまでして食べるほど美味しいとは思えないし、なによりこのキノコは水分が多くて重たいのだ。
これからまだ400mくらい登らなければならないのに、こんなものを担いでいくのはバカバカしい。(マツタケやマイタケなら喜んで担ぐけど・・(^^;)
 
最後の滝らしい滝、4m。
Dscf3470_480x640
どちらからでも巻けたが、せっかくなので水流脇を直登。
見た目より簡単だった。
 
1100m圏の二股を右に、すぐにまた二股。
Dscf3475_640x480
これも右。
幸い地形図に無い分岐は無かったので迷う事なく詰めあがる。
 
スギタケかな?
Dscf3476_640x480
 
稜線が見えてきた、この辺で水が枯れる。
Dscf3478_480x640
 
最後は右の尾根に逃げて、グズグズの急斜面を這いあがる。
Dscf3481_640x480
沢タビだと踏み出した歩幅の3分の1くらい滑るのでキツさ倍増。
 
やっと頂上!と思った所は北尾根の稜線で、そこからまだ一登りしなければならなかった。

正直、この登りでかなりヘバった。
尾根から登っても急な山なのに、沢から登るなんて無謀すぎた。
山頂なんか目指さず、下の二股を左に行って、桂谷の峰との間のコルに詰め上がるべきだった。
 
倒れ込むようにして山頂に到着。
Dscf3482_640x480
キツかった~。。

しかし、蕎麦粒山何回登ってんだか・・・
 
 
山頂でトレランシューズに履き替えて一服。 
 
これから向かう稜線、川苔山の方はガスってるなあ。。
Dscf3484_640x480
 
汗が引くと急に冷えてきた。
一枚着こんですぐに出発。
 
防火帯の開けた尾根道を東へ進む。
 
道端の倒木にヌメリスギタケ発見。
Dscf3485_640x480
結構虫が入っていたが、状態の良いものだけでもそこそこの収穫になった。
 
オハヤシの頭から有馬山方面に向かい、鉄塔巡視路の分岐から左に下る。
Dscf3486_640x480
 
適当な所で巡視路を離れ、広い沢形を下る。
Dscf3487_640x480
 
意外と簡単にサゼッコ谷に降りることが出来た。
ここで再度沢タビに履き替えて下る。
 
と、すぐに右に東電ポールが!?
Dscf3489_640x480
なんと51号鉄塔への巡視路がこの沢沿いにつけられていたのだった。

そうと知っていれば沢タビに履き替える必要はなかった。
後悔したが、もう一度履き替えるのも面倒なのでそのまま下る。
 
ただ、この道はかなり荒れていて、水線通しで下った方が楽な場所も多かったので、結果的には沢タビで正解だった。
考えてみれば、51号鉄塔に行くのなら有馬峠から林道と登山道で行った方がずっと早くて楽なわけで、わざわざこんなルートから行く必要は無いのだ。
だから放置されて荒れているのだな。
 
少し下った所に炭焼き窯の跡があった。
Dscf3491_640x480
その横に小屋跡らしい平地。
炭焼き小屋があったのだろう。

すぐ下にはやはり放置されて久しいワサビ田跡。
Dscf3495_640x480
浦山川源流のワサビ栽培は、全盛期はかなりの生産量があったのだろうなあ。
 
沢と道とを交互に歩いて一工場谷出合に到着。
Dscf3500_640x480_2
道が使えたおかげで思ったより早く下れた。

あとは来た道を下り、昼過ぎには車道に降りた。
Dscf3502_640x480
 
今回のルート、どちらの沢にも奥まで道がつけられていて、登山靴でも歩けそうな感じだった。
危険な所も全くなく、ちょっとしたゴルジュや滝も道で巻けるので沢登り的には物足りないかも知れない。

でも沢を歩くのは藪尾根歩くよりずっと気持ちが良い。
本格的に寒くなる前にもう一度くらい沢ルートを歩いて見ようかな。
 

 
駐車スペースに咲いていたツリフネソウ。
Dscf3504_640x480
これも久しぶりに見た気がする。
沢筋で普通に見られる花だと思っていたけど、一部では絶滅危惧種になっていると聞いて驚いた。
 

 

«キノコ勉強会

最近のトラックバック