JICKY のブログ

フォト
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

2018年7月16日 (月)

鉄砲沢から新山沢

 7月14日大血川の沢を歩いてきた。

 
西谷の支流鉄砲沢(桶木沢)を詰めて東谷支流の新山沢を下降するルート。
 
ルート図
  
早々に梅雨が明けて連日の猛暑。
この暑さの中、低山の尾根歩きは熱中症が怖い。
やはり夏は沢だろう。
 
本当は釣りがてら奥秩父の沢を歩こうと思っていたのだけど、好天の連休はどこの沢も人が入っているはず。先行者を気にしながら窮屈な沢歩きはしたくない。
ならば、釣り人の入らないマイナーな沢を歩こうと考えたのである。

朝7時に林道の駐車スペースを出発。
 
車道を少し歩いてから西谷に降りる。
取水施設の橋を渡ると対岸に滝が落ちているのが見える。
Dscf3688
一見、沢に見えるが、これは東谷で取水した水の放水口。
 
そこから少し上流に歩いた所が鉄砲沢の出合い。
ここから沢を遡行する。
Dscf3690
すぐにでも流れに浸かりたくなるが、左岸の作業道を辿ってもう少し上流へ。
 
支沢に拓かれたワサビ田跡がある。
Dscf3693
ここから沢に降りる。
冷たい水が気持ちいい。
 
最初の小滝は右から越える。
Dscf3698_2
 
この辺は植栽地、昭和20年に広葉樹を植えるというのは実験的な意味合いがあったのだろうか。
Dscf3701
 
日が差してきた。
Dscf3704
まだ気温も低くて快適。
 
ゴルジュの入り口。
Dscf3708
倒木を使って登れそうだが、右から巻く。
 
次の滝。
Dscf3710
釜をヘツって突っ張りで登れるようだが、ここも左から巻く。
 
ゴルジュ出口のスダレ状滝。
Dscf3712
ここは巻くと大変そうなので右から登る。
簡単だが、上が滑りやすいナメになっていて緊張した。
 
その先は平坦な渓相。
Dscf3715
上流からヒンヤリとした風が流れてきて涼しい。
休憩していると汗が冷えて寒さを感じるほど。やっぱり夏は沢に限る。
 
Dscf3717
 
滝も簡単に越せるので超安楽。
Dscf3718
 
Dscf3720
気持ちよく遡行していると、かすかに生臭い匂いが流れてきたような?
念のためホイッスルを・・・・
 
あぁっ、いけね~!ホイッスル忘れた!
・・というか、先日大ドッケに行った時に紛失してそのまま忘れてた。。

仕方なく手を叩きながら遡行する。
なんかあまり効果なさそう。。
 
少し行ったところで上から落石の音。
慌てて木の陰に身を隠すと、10mくらい先をガラガラと石が飛んで行った。
大きいものは漬物石くらいあった、あんなのが直撃したらタダでは済まなかった。
 
ひょっとして、さっきの匂いはカモシカだったのだろうか?過去にも何度か石を落とされた事があるが、沢ではクマより性質が悪いかもしれない。

炭焼き小屋の跡。
Dscf3727

徐々に水が細くなってゆく。 
Dscf3729
 
日が高くなるとハルゼミが鳴きだした、そろそろ終わりが近いようで今一つ元気がない。
Dscf3731
 
二股を右へ。
Dscf3734
この辺で水が枯れる。
 
次の二股、水は無いが沢型は右。
Dscf3737
 
また分岐、左の沢床が低いが地形図を見てこれも右。
Dscf3738
 
すぐに枯れ滝。
Dscf3742_2
楽勝で登れる、と思ったら最後の1mでホールドがグラついた。
ビビってしまい、戻って右から巻く。
 
その上で一瞬水が復活、この先取れるかわからなかったので一応汲んでいく。
Dscf3744
 
この日はあちこちでウスヒラタケが腐っており、これは唯一マトモな個体。
Dscf3750
量が少ないので採らなかった。
 
こういう感じのガレた登りが延々と続く。
Dscf3753

退屈な上に、水が枯れてからは暑さがこたえる。
Dscf3754
直接日が当たらない分多少はマシだが、風も通らず湿度も高くてツラい。
 
本筋は右だが、ガレを歩くのに疲れたので左の窪から尾根に逃げる。
Dscf3755  
 
ひと登りで長沢山の北東尾根に乗った。
Dscf3756
予定通り、1590を過ぎて最後の登りにかかる手前の平坦地に乗ることができたようだ。
我ながら上出来。(笑)
 
時間は11時、長沢背稜に登るつもりはないのでここで早めの昼食。
 
・・しかし、ここはハエが凄い!
羽音がうるさく感じるくらいの数がいる。顔の前で手を振ると簡単に2~3匹のハエが捕まる。
去年和名倉山に行った時もすごかったがここも負けていない。
どうやらこの時期の秩父の尾根はハエが大発生するらしい。

あわただしくおにぎりを食べて、タバコに火をつけたら3分の1ほどに減った。
タバコの毒性って相当なものなんだろうな、と改めて思う。
 
休憩の後、尾根の反対側を下ってゆく。
Dscf3758
いい具合に斜面を斜めに下って行く踏み跡があった。
これを拾って電光形に斜面を降りてゆく。
 
広い斜面を下ってゆくと
Dscf3759
 
緩い窪状に導かれ
Dscf3760
 
そのまま沢になった。
Dscf3762
 
こちらもガレ気味だが、すぐにしっかりと水が流れ出した。
Dscf3765
水が出てくると急に涼しくなる。
 
傾斜も緩くて快適に下れるが、浮石が多いので足を捻らないよう慎重に下った。
 
支流を合わせると水量が増えて
Dscf3767
 
最初の滝。
Dscf3771
 
特に危険なところも無く、簡単に下って本流との出合いに到着。
Dscf3773
 
この下からは演習林の作業道が拾えるのでこれを辿る。
Dscf3777
 
堰堤で沢を渡るとすぐに林道に出て
Dscf3780
 
あとは林道を下ってゆくだけ。
Dscf3781
この道で今年初めてヒグラシの声を聴いた。
 
林道入り口のゲートに「立ち入り禁止」の札がこれでもか、と貼られていた。
これは通行禁止になった酉谷山への登山道に入らないように、との事だと聞いたが、釣りなどで通る際も注意した方が良いかもしれない。あくまでも自己責任で。
 
14時すぎに車に帰着。
思ったより簡単なルートで、沢登りとしてはちょっと物足りないかな。
保険で持っていったザイルもハーネスも全く出番がなかった。

それでも、この時期に低山で涼をとれるのは沢ならでは。
この夏は安楽な沢をいくつか歩いてみようと思う。
 
 


 

2018年7月 3日 (火)

栗原川 ツバメ沢からケヤキ沢へ

 フライング気味に梅雨明け宣言が出された6月30日~7月1日、一泊で足尾の沢を歩いてきた。

栗原川を遡行し、支流のツバメ沢を詰めてケヤキ沢を下降する周回コース。

ルート図

今回はなんさん、Sさんと3人での山行、Sさんとは以前井戸沢でご一緒させていただいた事がある。お二人ともベテランの沢屋で、私は2人に連れて行ってもらう形。
 
金曜の夜に東京を立ち、白沢の道の駅で入山祝いをしてから仮眠して早朝に出発。
栗原川林道を走って入渓点へ。

ちょうど下降点にある駐車スペースから沢への踏み跡を下って行く。
00180001
この道、尾根伝いに下ってしまうと末端が崖になっているらしい。なんさんは昨年来た時に3ピッチの懸垂を強いられたそうである。
今回は尾根の左側の広い斜面につけられた踏み跡を辿って問題なく沢へ降り立った。

急斜面を下った先は意外に広い河原。
00220001_0001
 
毛鉤を振ったら気持ちよさそうなゴーロと、白い岩盤のきれいなナメが続いていた。
00270001

明るいナメ床の沢を気持ちよく遡って行く。
00240001
天気も良くて実に気持が良い。

いつも秩父の井戸の底のような沢ばかり歩いているので、こんなに明るく開放的な沢は異次元の世界である。

美しいナメを堪能しながら歩いてゆくと右岸の台地に石垣が見えた。源公という集落の跡だそうだ。
 
源公の滝。
00310002
 
遡るにつれ、川幅が狭くなって落差が出てくる。
00350001
 
不動沢出会いが近くなるといよいよゴルジュ帯の入り口。
ここは手前から大高巻きになるのだが、せっかくなので大膳の滝を見にゆく。
 
大膳の滝。
Dsc_0016  
胸まで浸かって左から取りつけば登れるそうだが、その先にも難しい滝があるらしい。
我々はゴルジュ突破が目的ではないので、大人しく戻って右岸の斜面に取りつく。
00360002  
結構な急斜面をヒイコラ登ってゆくと古い道が現れて集落跡へ導かれた。
ここが円覚集落の跡。かなり大きな集落であった事がしのばれる。
 
そこから尾根を少し登ると右手に大きな滝が見えてくる。
00370001_0001
これが円覚の滝。地形図では不動滝と記されているが円覚滝が正しいようだ。
 
滝の上が円覚停車場跡の平地。
ここに索道の基地があったとの事、なんでも水車の動力で索道を動かしていたのだとか。
作られたのは明治の頃だそうだが、よくそんな技術があったものだと思う。
昔の人はすごい。

滝上、ここに水車があったのだろうか。
00380001_0001  

この不動沢から尾根越えで本流を目指す。
対岸に古いロープが下がっているが、ここから上ると1105のピークに登らなければならないので、不動沢を少し遡行し、1105峰の南東のコルを乗り越して本流に降りる事にする。
 
その前に、ここまで良いペースで来れているので、不動沢を釣り上がってみた。
00390001_0001
そこそこ反応は良いが、釣れてくるのは7寸平均で少々物足りない。
ここは釣り人が多いのでかなり抜かれているのだろう。
 
適当なところで切り上げて本流へ移動。
 
左岸の斜面を上がって尾根に乗ると、明確な道が通っていた。
道は栗原川本流の右岸沿いに斜面をトラバースしており、これを少し辿った先の広い尾根を下って沢床に降りる。
降りたところが滝の上のテン場適地。

早速ビールを冷やしてタープを設営。
00430001_0001  

その後、なんさんと2人で、夕食用のイワナを釣りに行く。
00440001_0001  
すぐに7寸クラスが続けて釣れた。
これは楽勝だと余裕ぶっこいてたら、その後はバラしたり掛け損なったりで、結局なんさんが釣った良型1匹だけしかキープできなかった。。

貴重な1匹はSさんが刺身にしてくれた。
 
夜は焚き火を起こして、飯を食い酒を飲む。
00450001_0001
火を囲んで酒を飲むという至福の時間、やっぱり沢は楽しい。
 
日が暮れた頃から雷鳴が聞こえてきて、一雨来るかな?と思ったら猛烈な雷雨に見舞われた。
タープに避難して飲み続けたが、外が白く見えるほどの雨で、帰って聞いたらこの辺りは時間100㎜級の豪雨だったらしい。
 
明らかに大きくなった沢音を聞きながらシュラフに入るとすぐに眠ってしまった。
 
翌朝は5時起床。昨夜の雨もすっかり上がって青空が広がっている。
 
早起きしてSさんが焚いてくれたご飯を食べて7時に出発。

すぐに右から入るツバメ沢を遡行する。
00480001_0001   
 
広い二股を右へ、特に難所も無く順調に遡る。
Dsc_0036
 
上部はV字状の狭い谷。
Dsc_0037
 
地形図を見て現在地を確認しながら歩くが、沢は尾根を歩くのとは勝手が違って難しい。
Dsc_0038  
稜線が見えてきた辺りから左手の尾根状に逃げ、最後は低い笹の繁る斜面を登ってあっけなく林道に出た。
Dsc_0039
ちょうど9時。
予定通り林道ツバメ沢支線の入り口付近に出ることができた、いつもながら沢屋さんの読図力はすごい。
 
小休止の後、林道を少し下ってケヤキ沢へ。
Dsc_0040  

広い窪を下ってゆくと沢型が現れ
Dsc_0042
水が出てきて沢になる。
 
この沢も所々でナメがある、下りは滑りやすいので注意しながら歩く。
Dsc_0043  
水量が増えてきた沢を下り、視界が開けたところが大滝。
 
ここは一度右に巻いてから懸垂で右岸のガレたルンゼに降りた。
Dsc_0048
 
Gr001320
(なんさん撮影)

30mの大滝、下部がナメになっていてなかなかの美瀑である。
Dsc_0052
 
さらに下ってゆくと水が消える、ゴルジュやナメ床も涸れていて、さっきまでの水はどこを伏流しているのだろう?と不思議に思う。
Dsc_0053
 
しばらく涸れ沢を下ると突然といった感じで水音が聞こえてきて、一気に流れが復活する。
ここから全水量が流れ出ていた。
Dsc_0054  

ここからは特に悪い所も無く、最後はきれいなナメを下って、
Dsc_0055  
 
本流に出合う。
Dsc_0057

昨日の下降点まで美しいナメを楽しみながら歩いて
Dsc_0063  
踏み跡を登って駐車地点に帰りついた。
 
まだ14時半、予定より早く下山できたが、帰りは関越の事故渋滞にハマって、家に着いたのは19時を過ぎてしまった。
 
 
夜に雷雨があったが、行動中ずっと好天に恵まれたのは良かった。
関東髄一と言われるきれいなナメを堪能した2日間、実に楽しい沢旅だった。
 
 
連れて行ってくれたなんさん、Sさん、どうもありがとうございました。



 

2018年6月25日 (月)

大ドッケ バラモ尾根から峠ノ尾根

 6月23日、大ドッケに登ってきた。

午後から雨の予報だったので、半日だけ山歩き。
以前から気になっていたバラモ尾根から大ドッケに登り、峠ノ尾根を下る安楽コース。
これならゆっくり歩いても午前中に下山できるだろう。
余裕があれば、途中から細久保集落跡に降りる支尾根を下って見ようと思う。

ルート図

朝6時半に浦山大日堂に到着。
ここに車を置いて、自転車で旧浦山中学校跡まで戻る。
Rimg4191

6時50分スタート、校舎の裏から尾根に取りつく。
 
薄い踏み後を拾いながら斜面を登ってゆく。
Rimg4193
湿った森の匂いが充満していて、吸い込む空気も重く感じられる。
 
すぐに植林帯に入るがふたたび雑木林になる。
この辺り、踏み跡は見当たらず、広い斜面を適当に登ってゆく。
Rimg4196
鹿の踏んだ跡を追ってゆくと多少は楽だ。
 
息が上がったところで主尾根に乗ると鹿よけフェンスが現れた。
Rimg4198

これに沿って登ってゆく。すぐに林道に出た。
Rimg4200
対岸の斜面、登れないこともなさそうだったが、すぐ上に立つ鉄塔に向かう巡視路があるはず、と思って林道を左に進んでみた。
 
これが失敗だった。
取りつける場所が見つからないまま進んでゆくと、鉄塔を過ぎたところで上に鹿避けフェンスが現れた。
この時点で引き返せばいいものを、何を考えたかそのまま進んでしまう。
 
と、ようやく登れそうな場所があった。
Rimg4203
しかもいい具合にその上のネットに穴が開いていた。

ご丁寧に穴の周りにテープで目印がしてあり、「ここから入れます」と誘っているよう。
Rimg4204
作業用の入り口にしてはお粗末だ、まさか私のように尾根に戻れずに窮した登山者の仕業だろうか?
 
少々後ろめたい気もしたがここから入らせてもらう。
気になったので穴をふさげないものかとネットを寄せてみたが、穴が大きすぎて無理だった。
 
穴をくぐったところにキノコが出ていた。
Rimg4205
ヤマドリタケモドキかと思ったが、柄がヤマイグチっぽい。
良くわからなかったので採らなかった。
 
尾根に復帰するべく斜面を登ってゆくと、尾根筋にもフェンスが張られていた。
Rimg4207
考えてみれば当然で、囲いの中に入れば今度は出るのに苦労するに決まっている。
何も考えずにネットをくぐってしまった自分の浅慮に腹が立つ。
 
戻るのも面倒なのでそのまま出口を探しながらネット沿いに歩いてゆくと、再び穴が開いているのを発見。
Rimg4208
ここから外に出る事ができた。
 
ただ、あまりにも都合よく出口があるのが気になる。
やはりこれは意図的に開けられたものではないだろうか。
開いていたものを利用しただけとはいえ、なんだか申し訳ない気がしてきた。
 
せめてもの罪滅ぼしにこの穴はふさいでおこう、とネットを縛ろうとしたら指に何かが刺さった。
よく見るとこのネット、ただのナイロンではなくステンレスのワイヤーが縒り込んであるのだった。
ナイフとかで簡単に切断できるものではないので、どうやって開けたのだろうか。
 
ともあれ、なんとか尾根に戻ることができた。
ここからフェンス沿いの踏み跡を登ってゆく。
Rimg4209
左に逸れていった林道の方から重機の音が聞こえてくる。
あの林道はどこまで続いているのだろう?もしかして尾根をくぐるトンネルとかで大久保谷側の林道に繋がっているのだろうか。
 
植林帯に入り、傾斜が緩んだ小平地につぶれた小屋の跡があった。
Rimg4210
 
植林帯の上はまた雑木林、うっすらとガスが出てきた。
Rimg4214
 
登るにつれガスが濃くなってゆく。
Rimg4218
晴天で木漏れ日の森もいいが、こういう山も悪くない。
 
登るにつれ空気がヒンヤリとしてきた。
結構な急登で息が上がってきたが、気が付けばやはりキツい登りを楽しんでいる自分がいた。
下山後のアルコールも当然楽しみだが、純粋に坂を上ることが心地よく感じられる。
 
もちろん、まだ体力に余裕があるからの事で、これがあと何時間も続いたらそれどころではなくなるのだが。。

この尾根は踏み跡も薄くて目印の類も見当たらない。
ほとんど歩く人もいないのだろう、静かで気持ちのいい尾根だ。
 
そのせいか所々で熊の糞を見かけた。比較的新しいものが多く、小さな種が多く混じっていた。
今の時期はヤマザクラの実を食べているのだろうか。 

傾斜が緩み、気が付いたら踏み跡が濃くなって、古いマーキングが散見されるようになった。
Rimg4219
地図を見ると、いつの間にか栗山尾根に合流していたようだ。
 
尾根型を判別できないほど見通しがきかないわけではない。
漫然と歩いていて分岐に気が付かなかったのだろう。
登りはどうしても注意が散漫になる。
 
そして、小ピークを乗り越して下り始めたところでハっと気が付いた。
あれ?今のピークが大ドッケだったのでは?
 
戻ってみるとやはりここが大ドッケだった。
Rimg4220
うっかり目的地を素通りしてしまうところだった。
相変わらず名前に似合わない地味なピークである。
 
時間は9時40分、ほぼ予定通り。

まだ時間も早いので大平山まで行く事も出来るが、雨が降るのがわかっていて寄り道をするのも気が乗らない。
おそらく帰路の支尾根で道を失うだろうし、余裕をもって下山したほうが良さそうだ。 

静かな山頂で一服していたら寒くなってきた。
膝サポーターとストックを装備して下りにかかる。
Rimg4221
峠ノ尾根は踏み跡も明瞭、マーキングは以前よりおとなしくなっていた。
誰かが間引いてくれたのだろう。
 
倒木にはキノコが出始めていた。
ホウキタケ系の不明菌。
Rimg4226
そろそろヒラタケなど出ていないか?と探しながら歩いたが、こちらの方は見当たらなかった。
 
1000mを切るとガスが晴れてきた。
Rimg4229

まだ余裕があるので、予定通り900m圏から南東に伸びる広い尾根を下ってみる。
ネットでは歩いた記録が見つからなかったが、地形図を見た限りでは問題なく下れるはずだ。
 
高度計が950を指した辺りで尾根を外れ、右の植林帯へ降りてゆく。
Rimg4230
 
下り始めてすぐ右手に目的の尾根が伸びているのに気が付いた。
ちょっと下りすぎてしまったようだ、山頂で高度計を補正したのに50mくらい狂っていた。
天気が安定していればほとんど誤差がでないが、こういう日は全然頼りにならない。

ちょうどいい具合の作業道が斜面を横切っており、登り返す事も無く、すんなり尾根に乗れた。
 
尾根上の踏み跡は明確で、これは思ったより簡単かも?と思ったが。。

800m付近から尾根が広がると右側にまたネットが現れ、何故か急に藪っぽくなった。
Rimg4233  
藪を漕いだり避けたりしながらフェンス沿いに下る。
 
標高にして50mくらい下った所でフェンスは右に逸れて行き、同時に藪から解放されて雑木林の静かな尾根になった。
Rimg4238
広い尾根をコンパスを見ながら下ってゆくと
 
再び植林帯になり、下に廃屋が見えてきた。
Rimg4240
予定通り、地形図の破線の末端にある家屋記号に降りられたようだ。
 
ここが旧細久保集落の最奥の家だろう。 
比較的新しい廃屋の前に面白い形のケヤキの大木が残っていた。
Rimg4247
枝が変形したのだろうか、幹に穴が開いているように見える。
 
ここからはいい道で川俣を目指す。
Rimg4248
まだ新しい電柱が残っていた。
この道、今は通る人もほとんどいないはずだが、ずいぶんしっかりしている。
細久保集落に一人だけ暮らす老人がいると聞いた事があるが、今でも住んでいるのだろうか?
 
11時過ぎに大日堂に帰着。
 
車で着替えていると、ポツポツと雨が落ちてきた。
ちょうどいいタイミングで下山出来たようだ。
山歩きとしてはちょっと物足りないが、雨に降られずに済んだのはよかった。

 
新ぬくもり号はポテくま君。
Rimg4250
 
 


 

«ヤマメに遊ばれる

最近のトラックバック