JICKY のブログ

フォト
2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ

2018年2月12日 (月)

伊豆沢右岸尾根

 日曜日、またしても品刕の山域を歩いてきた。

前回ルートミスしたリベンジをかねて、十津川村さんオススメの武州日野に下る尾根を歩いて見たかったのだ。
前回は左岸尾根を歩いたので、今回は対岸の右岸尾根で品刕を目指す。
 
ルート図

朝7時西武秩父発のバスで小鹿野へ。
小鹿野警察署でバスを降り、赤平川を渡って小判沢の集落へ向かう。
Rimg4191_640x480
この時間でもほとんど寒さは感じない、今日は穏やかに山歩きが出来そうだ。

集落の外れにある神社にお参りして
Rimg4193_640x480

その裏の踏み跡で尾根を目指す。
が、踏み跡はしばらく沢沿いを辿った先で消えた。
仕方なく、いつも通り斜面をテキトーに登って尾根を目指す。
たまにはちゃんとしたルートで尾根に乗ってみたいものだ。
 
尾根に乗ってすぐの465ピークに祠があった。
Rimg4194_640x480
どこからか踏み跡が上がって来ていたが、この道はどこから来ているのだろう?
集落の中から上がれる道があったのだろうか。
 
この踏み跡を追って尾根を進む。
Rimg4195_640x480
登りの北向き斜面には雪が残っていたが、滑り止めを付けるほどではない。
 
この先、450m圏の破線分岐は慎重に。
分岐のピーク手前に巻き道があり、上手い事南に下るルートに乗る事が出来た。
 
小さなアップダウンを繰り返して南に進むと、右手に送電鉄塔が見え、ほどなく西から鉄塔巡視路が上がってきた。
これが地形図上の破線の道だろう。ここからは急に道が良くなる。
東電ポールのおかげで502ピークの分岐も迷わず南西に進み、黒部幹線651号鉄塔に到着。
Rimg4198_480x640
ここで小休止。
歩いていると暑いくらいの陽気で、春山の服装でも汗をかいた。
給水して、目の前の両神山を眺めながらタバコを1本。
 
先ほどから秩父市方面でヘリの音が続いている、何かあったのだろうか。
 
その先の小ピークに小鹿野町の図根点があり、伐採されて好展望。
Rimg4202_640x480  
 
春霞に浮かぶ武甲山と子持山大持山。
Rimg4204_640x480
 
ここから先、522峰で東に下る巡視路を分けると、今まで残雪に付けられていた足跡が無くなった。
どうやら足跡の主は鉄塔関係の人だったようだ。

521峰への登りは小動物のトレースを追う。 
Rimg4206_640x480
こちら側はまだ安曇幹線のバンザイ鉄塔が残っていた。
 
その先は単調な1本尾根。
何故かこの尾根上は所々皆伐されていて、無駄に展望が良い。
 
両神山と二子山。
Rimg4207_640x480
 
布沢峠への分岐。
Rimg4208_640x480
ここからはハイキングコースになる。
 
道は良くなるのだが、尾根筋を巻くルートは雪の残った斜面のトラバースで逆に歩きにくい。
Rimg4209_640x480
こんな道も動物がしっかり辿っているのが面白い。
 
大きなモミの木があった。
Rimg4210_480x640
 
すぐに神社があり文殊峠に到着。
Rimg4211_640x480
 
ここで一旦林道に出て少し歩いてから再び尾根に乗る。
一登りで日当たりの良い小ピークに上がり、品刕が目の前に見える場所で昼食休憩をとった。
今日は風も無くて本当に暖かい、このままここで昼寝をしたい気分である。

根が張る前に歩き出す。
ヤセ尾根を登って
Rimg4212_640x480
 
品刕に到着。 
Rimg4213_640x480
ここから先は慎重に。
 
先日間違って下ったルート。
Rimg4215_640x480
 
正解ルート。
Rimg4216_640x480
思い出した、ここでコンパスを見て一度は正しい方向に下ったのだった。
 
その後でこれを見て。
Rimg4217_640x480
82号を目指さなければいけないのに83号方面に向かってしまったのだ。
 
あれ?でも降りたの84号じゃなかったかなあ?
 
今回は正しいルートを辿って。
Rimg4218_640x480
 
82号へ。
Rimg4219_640x480

そのまま巡視路で81号へ。 
Rimg4221_480x640

安楽に行けるかと思いきや、この道は巡視路にしては荒れている。 
Rimg4222_640x480
 
この桟道、腐っていて渡れないし。。
Rimg4223_640x480
 
仕方なく尾根で巻くと祠があった。
Rimg4224_640x480
真新しいワンカップがひっくり返っていた、獣に飲まれたかな?
 
ここまでは問題なかったが、この先は本当に難しかった。

まず、すぐ先の小ピークで北東に延びる尾根に引き込まれそうになる。
が、ここは展望が良く、東の方に見えるゴルフ場と南東に下る尾根型が確認できたのですぐに修正。
正解方向のぼんやりした尾根型を下る。
 
こまめに周りの地形と地図を見て現在地を確認しながら進み、小さなピークに登る。
南西に下る明確な道をかろうじて見切り、東へ。
かすかな踏み跡を追って鞍部に下り、軽く登り返す。ここが521のピークのはず。
 
しかし、ここからの下りはほとんど迷路。
 
とりあえず南東方向の尾根にはどうにか乗れたが、そこからさらに南南東に下る所が難しい。
もうホントわかんない・・(泣)
Photo_2
目的のルートへの下り口が分からずに末端まで行ってしまう。
気が付いて引き返したまでは良かったが、戻ってみてもどこから降りていいのかさっぱり。。
 
もしかして全然違う場所にいるのでは?とGPSを見たくなるがガマン。

下に延びているはずの尾根型を探して、南側の斜面を覗きながらさまよった末、一番はっきりした踏み跡を信じて下ってみる。
結構な斜面、これ登り返すの大変だよ・・
 
もう、間違っててもこのまま行って地形図の破線を辿って下っちゃおう、という覚悟で降りてゆくと、やはり踏み跡は消えてフカフカの斜面になった。しかも沢に向かっている。
うわー、これ無理だ、ここは降りらんねー。
と左手を見ると、いつの間にか尾根型が現れて目的方向に続いているじゃないの!
 
くそー、あっちだったか。。
ちょっとトラバースできそうも無かったので泣く泣く登り返す。
と、10mほど登った所で正解尾根に向かって伸びる踏み跡を発見、これを辿って尾根に乗った。
 
ちょうど尾根の鞍部に乗って、そこから少し登った所がまた分岐。
これはコンパスを見て東へ。
 
その先はもう迷う事は無く、三峰線の41号鉄塔に到着。
ホッとしてへたり込んでしまった。
81号鉄塔からここまでの区間で何十回地図見ただろう?歩いている時間より地図とにらめっこしてる時間の方が長かった。難しすぎる。

このルート、初見で間違えずに歩けたら神だな。

鉄塔からは迷う事もなく、無事に麓の稲荷神社に下山。
Rimg4226_640x480
 
車道を越えて荒川左岸の歩道を東へ歩き、
Rimg4227_640x480
 
日野鷺橋で荒川を渡って武州日野駅に帰着。
Rimg4228_640x480
 
いやはや、予想通り手強いルートだった。
正直言って私の読図力では一杯いっぱいだった。

ただ、難しかったけど本当に面白かった。
何とも言えない充実感に浸りながら駅のベンチに座っていると、いくらも待たずに登り電車がやってきた。
 
 

 

2018年2月 6日 (火)

雪の低山縦走

 4日の日曜日、奥武蔵の低山を歩いてきた。
アップするのが遅れたのは飲んだくれていたからである。

ルート図

今回は直前まで行き先が決められなかった。
雪が残っているだろう中、ルート探しに難儀しそうな尾根歩きは躊躇われる。
あまり標高の高い山に登る装備もない。

なので今回は大人しく奥武蔵のハイキングコースを歩くことにした。
天覚山から飯能アルプスと呼ばれる稜線を歩いてスルギまで行き、ついでに子の権現で足腰の健康を祈願して来ようと思う。

今回は安楽なコースなのでゆっくり出発。
山歩きとしては遅すぎる9時過ぎに東吾野駅に降り立った。

駅前では高齢者の団体が準備運動中。
雪でハイカーも少ないだろうと踏んでいたのだが関係なかったようだ。
 
幸い団体さんは国道の方に歩いて行った、ユガテから北向地蔵の方に行くのだろう。
天覚山方面に行くのは私一人、とりあえずは静かな山歩きが出来そうだ。
 
思ったより雪は少ない。
Rimg4192_640x480
 
5分ほどで尾根ルートと沢沿いルートの分岐、なんとなく沢沿いルートに入ってみたが、どうも両ルートの中間に延びる尾根が気になる。
簡単に取り付けそうな緩い斜面が「こっちにおいで」と誘っているように見える。
すぐ先で尾根に向かう作業道を見つけ、吸い込まれるように入り込んでしまった。
 
今日は大人しく登山道を歩くつもりがいきなりの挫折である。
 
作業道は尾根を回り込んだところで消え、適当な踏み跡を拾いながら尾根に乗った。
Rimg4194_480x640
枯れススキが少々うるさいが雪も少なくて問題なく登れる。
 
少し登った所で鉄塔巡視路が右から上がってきた。
Rimg4195_640x480
 
71号鉄塔。
Rimg4196_480x640
 
さらに72号への道が続いており、これを辿るとすぐに尾根ルートの道と合流する。
Rimg4197_640x480
 
1時間で天覚山に到着。
Rimg4198_640x480
さほど広くない山頂は5人ほどのパーティに占領されており、写真を撮っただけで出発。
 
再び植林の尾根道を歩き
Rimg4199_640x480
 
大高山に。
Rimg4202_640x480
やけに立派な標識の裏で小休止。
タバコを1本吸っている間に少し雲が出てきた。
 
ここから北斜面の下りで雪が現れる。
Rimg4203_640x480
ここまでほとんど雪が無かったのでちょっと緊張する。
 
西に向かうにつれて雪が多くなってゆく。
標高は大して変わらないのにどういう訳だろう?
 
前坂に到着。
Rimg4205_640x480
 
ここからスルギ方面は誰も歩いていない様子。
Rimg4206_640x480
まっさらな雪の上にザクザクと足跡を残しながら歩くのは気持ちが良い。
 
林道に出る。
Rimg4207_640x480
車の轍の横に一人分の足跡が現れ、スルギへの破線路に向かっていた。
いつの間にか雲が厚くなり、チラチラと雪が舞いはじめる。
 
林道を外れて山道に入った所で長靴のオッチャンが下ってきた。
この先の雪の様子を尋ねると結構あるとの事。
まあ、長靴で歩ける程度なら問題ないだろう。
 
オッチャンのスパイク長靴の跡を逆に追いながら進む。
気が付くと林道から続いていた足跡は消えていた、途中で引き返したのかな。
ん?でも入り口には入って行く足跡しかなかったよなあ?

Rimg4208_640x480

次第に雪が強くなってきて合羽を着る。
予報では一日晴れのはずだったのに・・
 
あられ状の雪がパラパラと合羽を叩く。
気軽なハイキングのはずが修行のようになってきた。
出来ればどこかでエスケープしたい状況だが、スルギまで行かないとマトモなルートは無い。
途中から中沢の方に下るルートがあるにはあるが、そっちに降りると帰りが面倒だ。
仕方なく修行を続ける。
 
黙々と歩いてスルギに到着。
Rimg4209_640x480
時間は1時過ぎ、修行に専念していて昼飯を食っていなかった。
腹は減っているが、腰をおろせる乾いた場所が無い。
仕方なく立ったままエナジーバーを齧って空腹をしのぐ、ますます修行色が濃くなる。
 
ここから吾野の方に下ることも出来るのだが、それだと車道歩きが長くなってしまう。
もう子の権現までいくらも無いのでそのまま進む。
Rimg4211_640x480
多少空が明るくなり、雪も小降りになってきた。
 
最後の林道の手前が吹き溜まりになっていた。
Rimg4212_640x480
 
なんとか子の権現に到着。
Rimg4213_640x480
いつの間にか仁王像が派手になっているような?
 
無事に足腰の祈願も済ませ、お守りも購入。
これで今年一年無事に山歩きが出来るはず。
 
西吾野への下山路はたいした雪もなく、問題なく下ることが出来た。
 
国道から駅への坂道を歩いている途中で上り電車が出て行ってしまった。
前にも同じような事があった、どうもこの駅とは相性が悪いようだ。



 

 

2018年1月22日 (月)

三合落

 日曜日、両神の三合落(さんごうつ)という山に登ってきた。

ルート図
(*リンク先のURLが違ってました、スミマセン)

この山、昭文社の山と高原地図では両見山と記されている。
かの原全教氏も著書でそう記しているとの事だが、地元の両神村では昔から三合落と呼ばれていたそうで、両見山はそこから北北東に延びる尾根上の748ピークの事を指すそうである。
昔から住んでいた人たちがそう呼んでいたのに、後から余所者が勝手に呼び名を変えてしまうなどというのはヒドイ話である。
なので、この記事では三合落とさせていただく。

 
朝6時45分、薬師の湯バス停で日向大谷行きのバスを待つ。
Rimg4191_640x480  
・・・・・
またしてもバス来ないんだけど・・・(汗)
 
正月の事があったので、まさか日曜日は始発が無いなんて事はないよなあ?と時刻表を見るが何も書いてない。
スマホでネットを再度調べてみるもそんな事は書いていない。
電話して確認しようか、と思っていたら4分遅れでバスが来た。
ああ、良かった。
 
乗客は私一人。
浦島口で降車ボタンを押すと、運転手さんが怪訝な顔で「浦島口で良いんですか?」と聞いてきた。
山登りの恰好をしていたので、当然終点の日向大谷から両神山に登るものと思っていたようだ。
「ここから両神山に登るの?」と聞くので、「いえ、三合落から四阿屋山の方に戻ります」と答えたが、よく分からなかったようで不思議そうな顔をしていた。
 
バス停から沢沿いの林道で浦島を目指す。
Rimg4192_640x480
 
林道を延々と歩くのはかったるいので、この辺から適当に尾根に取り付いてしまっても良かったのだけど、昔の修験者たちは浦島の両神御嶽神社から両神山に登ったらしいので、その道を辿ってみたい。
 
氷点下の冷え込みの中、林道を歩いてゆくと三合落と思しき山が見えてくる。
Rimg4194_640x480
奥の稜線上の双耳峰が三合落。その手前に見えるのが両見山と思われる。
 
林道沿いの集落から薪を燃やす煙の匂いが漂ってくる、なんとも良い雰囲気である。
・・などと気分よく歩いていたのも最初のうちだけで、しばらく行くと林道は斜度を上げて山腹を登り始める。
山道と変わらないような急坂を登るうちにうっすら汗をかいてきた。一度ザックをおろして中に着ていた薄手のフリースを脱ぐ。
 
林道の終点の集落でちょっと迷いながら両神御嶽神社の里宮(金剛院)に到着。
Rimg4197_640x480  
登山の無事を祈願してから、登り口を探す。
 
民家の敷地のような所を通らせてもらって、神社の裏手に出ると小さな墓地があり、その上に藪に埋もれかけたブル道が上に続いていた。
これを使って尾根を目指す。
Rimg4200_640x480
 
予想通りこの道は林道の支線につながっていた。
Rimg4201_640x480
林道に上がった所でアウターシェルも脱ぐ。
気温は低いが風が無いので今日は薄着で歩いても問題なさそうだ。
 
ここから尾根に取り付いたが、
Rimg4202_640x480
 
尾根に上がってみたら、すぐ先のカーブから簡単に上がれる道が付いていた。
Rimg4203_640x480
 
大きなコナラの木。
Rimg4204_480x640
 
主尾根に乗るとちょうど二つのピークの鞍部に出る。
南側の748ピークに両神神社の奥の院が建っていた。ここが本来の両見山。
Rimg4206_640x480
 
ここからは明確な道が尾根上に続く。
Rimg4209_640x480
 
順調に歩いて、8時40分892ピークに到着。
ここで小休止。風が無いので日差しのぬくもりが感じられる。

目の前に見える三合落まではかなりの急坂。
Rimg4214_640x480
 
最初はこんな感じで普通に歩けたが・・
Rimg4215_480x640
 
二次曲線的に傾斜がキツくなり・・
Rimg4216_480x640
 
最後はほとんどクライミングになる。
立ち木や根っこに掴まりながら三点確保でなんとか登る感じ。
尖った尾根の右側は切れ落ちた崖で、落ちたらまず助からない。
正直、恐ろしくて写真を撮っている余裕も無かった。
 
「秩父藪尾根単独行」ではここを下っており、ネットでも下った記録が見られたが、マトモな神経でクライムダウンできるような所ではない。
高所平気症の人以外はここを下ろうなどと考えない方が良い。
 
どうにか三合落に辿り着いてホッと一息。
Rimg4218_640x480
拭った汗の半分は冷や汗だったかもしれない。
 
両神山が間近に見える。
Rimg4222_640x480
あのギザギザの稜線をあそこまで歩くのはまさに修行である。
あんなヤバい場所が出てくるようだと、私には絶対に歩けない。
山岳信仰恐るべし。
 
小休止の後、来た道を少し戻って四阿屋山に続く尾根を下ってゆく。

地形図ではかなりのヤセ尾根に見えるが、思ったほどではない。
950m圏の小ピークから下った鞍部に標識と石祠があった。
Rimg4226_640x480
ここが外山峠らしい。
尾根の両側に結構明確な踏み跡が下っていた。
 
その先、ピンクテープがやたらと付けられた鹿よけネットが出てきた。
Rimg4228_640x480
何のためにこんなにテープ付けてんだろ?と思いながら進み、あれ?ちょっと下り過ぎでは?とコンパスを見たら北に下っていた。
危ない危ない、ネット沿いに付けられた踏み跡に騙されるところだった。
正しいルートはネットの手前で右に下っていた。
 
相変わらずミスが多いが、多少はリカバリーが早くなったかも知れない。

その先、850m圏の小ピークで早めの昼食休憩。
植林帯であまり気持ちの良い場所ではないが、この先でちょっと面倒な場所があるのでその前に一服したかった。
 
小さな陽だまりに腰をおろしてコンビニおにぎりとカップうどんの昼食。
食後にインスタントコーヒー。
久しぶりにのんびり昼飯を食えた。
 
歩き出すとすぐに鈴の音が近づいてきた、こんな道を歩く物好きがいるのか?と思ったら猟犬である。首に発信機を付けた甲斐犬で、しばらく私の周りをウロウロしていたがいつの間にかいなくなった。やたらと吠え掛かってくるバカ犬じゃなくて良かった。
 
さて、ここからのルート取りがちょっと難しい。
この先で主尾根を外れて東の四阿屋山方面に向かう尾根に乗り換えなければならない。
Photo  
 
慎重に左側の斜面を見ながら歩いてゆく。
と、落ち葉に埋もれた踏み跡を発見。
Rimg4229_640x480
赤いプラ杭があったが、これはどうやら好事家がつけたマーキングらしく、この先正解尾根までの道筋に点々と設置されていた。
 
おかげで簡単に難所を通過、あとは尾根に付けられた明確な道を辿って行くだけだ。
Rimg4230_640x480
 
昼過ぎに四阿屋山に到着。
Rimg4231_640x480
 
入れ替わりで年配のパーティが下って行ったので静かな山頂でゆっくりと一服。
 
ここからの下りでまた膝が痛み出した。
前回までは右ひざが痛んだのだけど今日は左ひざ。
両方いっぺんに痛くなったらしばらく山には行けないなあ。などと弱気になる。
 
出来るだけ楽そうなルートで下ってゆくと、保護柵で囲まれた斜面に一輪だけフクジュソウが咲いていた。
Rimg4235_640x480
色の少ない冬の山で花に出会えると嬉しくなる。

膝をかばいながらゆっくり下って薬師の湯に下山。 
Rimg4237_640x480

 
春を感じさせるような陽気で気持ちのいい山行だった。
ただ、明日は関東でも雪が降るようなので、当分は残雪の様子を見ながら安楽な山を歩くことになりそうだ。
 
 




 


 

«高滝湖でワカサギ釣り

最近のトラックバック