JICKY のブログ

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

2017年5月29日 (月)

椹谷

 週末、1泊でなんさんと奥秩父の椹谷に行ってきた。
 
コース図はヤマレコで。

今回の山行は秩父から入って丹波に抜けるというルート。
 
アプローチに車は使えないので、当初は電車とタクシーでの入山を考えていたのだが、丁度秩父に用事があるというkurooさんがサメ沢のゲートまで車で送ってくれる事になった。
これは本当に有難かった。
 
朝8時40分、kurooさんに見送られてサメ沢のゲートを出発。

最初はひたすら林道歩き。

歩き始めの30分は重たいザックが肩に食い込んでつらい。
ザックが体に馴染んで、歩くのが苦にならなくなって来ると荒沢橋に到着。
 
小屋が倒れ掛かっていた。
Dscf3218_640x480
 
この小屋裏にバラクチ尾根の取りつきと見られる踏み跡があった。
この尾根もいつか歩いてみようと思う。
 
さらに30分ほど荒れた林道を歩き、松葉沢から川に降りて、大洞川を遡行する。
 
朝方の雨も上がり、陽がさしてきた。
新緑のまぶしい渓を気持ちよく遡行する。
Dscf3225_480x640
 
Dscf3226_640x480
 
ゴルジュの通過も楽しい。
Dscf3231_640x480
 
Dscf3234_640x480
 
砂地に新しい足跡があった、誰か先行しているようだ。
そのせいか、イワナは全く走らない。
 
いつの間にか曇ってきて、少し寒くなってきた。
Dscf3239_640x480
 
昼を過ぎたあたりで上流から下ってきた釣り人と会う。
キンチヂミの滝まで釣ってきたそうだ。
 
どこかで見た人だな?と思ったら先週も秩父の渓で会った人だった。
好きだねえ・・って人の事は言えないか。(笑)
 
ほどなくキンチヂミの滝。
Dscf3242_480x640
水量が多めなので迫力満点。
大水で埋まってしまった釜も少し回復しているように見えた。
 
その先のゴルジュを抜けたところから竿を出して遡行。
 
すぐに9寸クラスが出た。
交代で釣り上がるが、ほとんどポイント毎に反応がある。
 
テン場の前の淵では尺上が出た。
Dscf3253_640x480
ピンボケ、せっかくの尺物が・・(笑)

こんな場所で大物が出るという事は、最近はあまり人が入っていないのかもしれない。
滝の巻道も前より薄くなっているような気がした。
 
3時前にテン場の栂沢出合に到着。
 
まだ時間は早いが、体が冷えてしまったのでこれ以上釣りをする気にもなれず、テントを張って焚き木集め。
 
濡れた焚き木に苦労しながら火を起こして、体を温めた。
Dscf3259_640x480
たき火にあたってしまったらもう行動する気にならない。
早いうちから酒を飲み始めてしまう。(笑)
 
たき火の横で酒を飲むという至福の時間。
やっぱり沢は楽しい。

途中から霧のような雨が降ったり止んだりとあまり快適なたき火にはならなかったが、とりあえず濡れた服を乾かせたのは良かった。
 
 
翌日は5時過ぎに起床、昨日の残り飯で朝食をとり、テントを撤収して7時に出発。
 
雨は止んだが相変わらず曇り空。
 
いきなり小ゴルジュ。
Dscf3264_480x640
 
椹谷出合。ここから椹谷へ入る。
Dscf3265_640x480
 
20年近く前に遡行した時の記憶とずいぶん違っていて、ちょっと戸惑いながら遡行。
Dscf3266_640x480
 
こんな高巻あったっけ?
Dscf3272_640x480

ホラの貝窪とアザミ窪の二股。
Dscf3274_640x480
ここから竿を出してホラの貝窪を遡る。
 
魚影は濃いが、水量が減ってポイントが小さくなるので型は小さい。
今日は魚止めの確認が目的なので、大きなポイントだけ狙って竿を出す。
 
数匹釣った所で滝に着いた。
おそらくこの滝がこの沢の魚止めだと思われる。
Dscf3277_480x640
 
ここで竿を仕舞って滝を巻く。
 
その先からは遡行に専念する。
 
40mホラの貝大滝。
Dscf3286_480x640
奥秩父有数の美瀑。
これが見れただけでも来て良かった。
 
しかし、この滝の巻きで手こずる。
 
右手の窪を登って最初のルンゼから乗り越せば滝上に降りられそうだったが、偵察に行ったなんさんが「登れそうだけど、ダメだったら降りてこられない」と引き返してきた。
地形図ではこのまま上まで登れば滝上の河原に出られるはずなので、大高巻になってしまうがそのまま真っすぐ登る。
 
沢の音が聞こえなくなるくらいまで登り、尾根までもう少し、という所が切り立っていて悪い。
 
落ちたらどうしよう?などと考えたら怖くて登れない、「大丈夫、行ける!」と自分に言い聞かせて、雨の後でグズグズの泥付きに無理やりつま先を押し込み、腐りかけた倒木を「お願いだから折れないでね」と騙しだまし掴んでなんとか登った。
あ~怖かった・・
 
幸い痩せ尾根を乗り越すとすぐ下が河原になっていて難なく降りることが出来た。
普通、あれだけ登ってしまうと降りるのに苦労するのだが、意外と沢床が上がっていて助かった。
 
その先はゴーロとナメの河原で、快適に遡行。
Dscf3289_640x480

この沢は奥秩父には珍しい花崗岩の沢で、ちょっと変わった造形のナメが続いていたりしてなかなか面白かった。
Dscf3293_640x480
 
1600m圏の二股を右へ行くと、ほどなく水が枯れ稜線が見えて来た。
Dscf3296_480x640
この沢は倒木も藪もガレも無く、快適に詰めあがれる。
 
あと少し。
Dscf3297_640x480
いつもの事ながら、空が見えてからが長く感じる。
 
ようやく主脈縦走路に到達。
予定通り大ダル付近の鞍部に出た、さすが!
Dscf3300_640x480
鹿剥ぎだろうか、モミの樹皮が剥がされて痛々しい。
 
稜線に出ると、曇っていたのは秩父側だけで、山梨側は晴れていた・・・
Dscf3303_640x480
 
飛龍山が目の前。
Dscf3302_640x480

時間は昼過ぎ。 
ここで靴を履き替えて、登山道で丹波へ下る。
と言っても、ここから飛龍権現まではダラダラとした登り坂で、なんだかんだで200m近く登らされた。
 
よっぽど普段の行いが悪いのか、さっきまで晴れてたはずが、禿岩に着くころにはガスがかかって展望が無くなっていた。
天気が良ければここから大菩薩方面が一望できるはずだったのに。。
 
ただ、この岩尾根ではシャクナゲが見事に咲き誇っていて、ずいぶん癒された。
Dscf3305_640x480
 
ここから「もしかしたら15時45分丹波発のバスに間に合うかも?」と考えて、ペースを上げて下山にかかる。
 
前飛龍、熊倉山、サオラ峠と駆け足で下る。
急いで通過するのがもったいないような気持ちのいい尾根道だが、その次のバスは18時20分まで無い。
 
なんとか間に合いたい。
 
満開のヤマツツジを愛でる間も惜しんで下る。
Dscf3312_640x480

かなりいいペースで歩いたはずだったが、山道を抜けて畑に出た所でタイムアウト。
結局20分ほど足りなかった。。
 
まあ、仕方ないか。
せっかくなので温泉に入って行こうと、道の駅の「のめこい湯」に寄り道。
Dscf3313_640x480
ゆったりと汗をながし、湯上りに冷たいビールで喉を潤す。 
この時ほど電車山行で良かった!と思った事はない。(笑)
 
結果的には、ここで汗をながして着替えられたのは良かった。
2日分の汗を吸ったシャツは自分でも閉口するくらい臭くて、あのまま電車に乗っていたらかなり迷惑だったと思う。
 
重たいザックを持ち歩きたくなかったので、「まさかこんな泥だらけのザックを持ち去る奴はいないだろう」と道の駅の裏に置いて行ったのだが、帰ってきたらこんな事になっていた。(笑)
Dscf3316_640x480
どうやら登山者ご用達の湯らしい。
 
ここからバスと電車を乗り継ぎ、残りHP1桁の疲れ果てた体を引きずってどうにか家に帰り着いた。 
あ~疲れた。。。
 
 
お世話になったなんさん、車で送っていただいたkurooさん、どうもありがとうございました。
 
 
 

 

 

2017年5月21日 (日)

今年初のイワナ釣り

 土曜日、プラントFさんと一緒に今シーズン初のイワナ釣りに行ってきた。

ようやく空が白み始めた朝4時に車止めを出発。
プラントFさんとは何度かお会いしたことがあったが、釣りにご一緒するのは初めて。
それでも、お互いにブログを読んでいたりするせいか話が弾む。

おしゃべりしながら歩いていたら、あっという間に最初の休憩点に着いた。
 
プラントFさん、噂にはは聞いていたがさすがの健脚で、最初の尾根の急登も呼吸一つ乱れない。
普通の人は、最初に連れて来た時は「何で釣りをするのにこんなに苦労しなきゃいけないんだ!」と不機嫌になるのだけどなあ。。(笑)
 
順調に歩けて、予定通り2時間半で入渓点に到着。
 
時間はたっぷりとあるのでゆっくりと朝食をとり、釣り支度をする。
プラントFさんがコーヒーを淹れてくれて、朝から優雅にコーヒーブレイク。
釣り場でコーヒーなんて考えもしなかったけど、これくらいの余裕をもって釣りをした方が良い。
 
準備を済ませて釣り開始。
 
早々に私の竿にチビイワナが掛かった。
この辺りから反応がある日は良い釣りが出来る。
 
最初の大場所でプラントFさんが9寸を掛けた。
Dscf3187_1280x960
さすが。
 
しかしこの渕、ずいぶん埋まってしまった。
以前ここで尺2寸を釣ったことがあるのだが、当時の面影は全くない。
Dscf3189_960x1280
このアングルで写真が撮れるなんて考えられなかったのだが。。
 
その先も8寸クラスが平均でそこそこの反応。
 
私にも9寸が出た。
Dscf3201_1280x960
 
プラントFさんはフライマンだが、源流慣れしていて実戦的な釣りをする。
フライの長所を生かして大場所から小さなポイントまで実に上手く攻めて行く。
 
ポイントの見切りも早く、それでいて隅っこの、いかにもイワナが潜んでいそうな細かい場所も丁寧に叩いて釣り上がって行くので、見ていて気持ちが良い。
 
テンポ良く遡行出来るので一緒に釣りをしていて全くストレスを感じなかった。
Dscf3204_1280x960
 
途中でちょっとシブい区間があったが、最初の脱渓点を過ぎたあたりからまた好反応。
ちょっとサイズが落ちたが、終了点までずっと釣れ続けた。
Dscf3207_1280x960
 
Dscf3214_1280x960
 
ちょうど昼に終了点に到着。
最終的には2人で30以上釣れたと思う。
私はおなか一杯、プラントFさんも満足していただけた様子。
 
ゆっくりと昼食を取って大休止してから下山。
ハルゼミが鳴き始めていた。
 
帰路、後ろから煽られるように感じてついついハイペースで歩いていたら、普段3時間かかる道を2時間半で歩いてしまった。
速過ぎ!(笑)
 
途中で見つけたキノコ。
Dscf3215_1280x960
前に名前を聞いたはずだけど思い出せず、帰ってから調べてみた。
フチドリツエタケだった。

 
まぶしい新緑の中、好天に恵まれて良い一日になった。
 
プラントFさん、お付き合いいただきどうもありがとうございました。
 

 
 

 

 

2017年5月15日 (月)

今年も新潟へ

 今年も恒例の新潟遠征に行ってきた。

本来の目的は浦和レッズ対アルビレックス新潟の試合を観戦する事なのだが、実際にはそれにかこつけての観光旅行の意味合いが強い。(笑)

今年は日曜日の試合なので、前日から新潟入りして観光しようと土曜日の早朝に家を出た。
出発する時に降り出した雨が関越道を北上するにつれて強くなってゆき、花園を過ぎたあたりからは土砂降りになった。

連休明けで、しかも雨の予報とあって渋滞もなく、雨以外は快適なドライブで新潟へ。

幸い関越トンネルを抜けると雨も弱まってきた。
道路脇にはまだ雪が残っている所もあったが、湯沢まで下ると雪も消え、斜面にコゴミの群生が目につく。
山菜も今が良いシーズンだなあ。

最初は燕三条で高速を降りてイチゴ農園へ。
家内の希望で越後姫という新潟でしか食べられない品種のイチゴ狩り。
Rimg4254_640x480
ガラガラでほとんどハウス貸し切り状態。

イチゴを堪能した後は家庭用金物のアウトレットショップへ。
食器や調理用具が格安で売られていて、地元の人で結構賑わっていた。

燕と言えば刃物や金物で有名、確かsnowpeakの本社もこの辺だったはず。
snowpeakのアウトレットがあれば行きたかった。

市内で昼食をとり、下道で新潟市内へ。
街道沿いの大型店舗は地方色が薄れて、ほとんど家の近くを走っているのと変わらない。
コンビニも統合が進んで面白味が無くなった。

30分ほどで新潟に到着。
早めにホテルにチェックインして、夕方から学生時代の友人と市内の居酒屋で食事会。

新潟の食材と地酒を楽しめる店で、美味しい魚と日本酒を堪能した。
00370001_640x360

Dsc_0059_640x360

Dsc_0067_360x640
東京では味わえない地酒が色々とあって、端から飲んでいたので最後は記憶が怪しい。(笑)

翌日は市内の回転寿司で早めの昼食をとって、買い物をするという家内と子供を残して先にバスでスタジアムへ。
00390001_640x360

今回も自由席なので早めに行って席を確保しなければならない。

昨日とは打って変わって良い天気で強い日差しが照りつける中、二日酔いで入場待ちの列に並んでいたらフラフラしてしまった。

おかげで比較的早い時間に入場できたのだが、もう席はほぼ一杯でかなり焦った。
なんとか3人分の席を確保して一安心。

コンコースから飯豊方面の山並みが見えた。
00410002_640x360
 
しかし、今年はビジターエリア狭いなあ。
この時間で満席では席が足りないのでは?と廻りを見たら、いつもは解放されていない2層目のエリアも入れるようになっていた。
ゆっくり座って観戦するのならそちらの方が良いが、せっかくなので声を出して応援しようという事でここで観戦する。
 
00450001_640x360

試合前、コールリーダーが気合を入れる。
「俺たちの声で選手を後押ししよう!勝って浦和に帰ろうぜ!」
一気にテンションが上がり、鳥肌が立つ。

そしてキックオフ。

立ち上がり、なんとなくフワっとした雰囲気で試合に入って、早々に失点。
マークが外れて、簡単にゴール前にボールを入れられてしまった。

先制点に沸き立つスタジアムの空気を打ち消すように浦和レッズコール。
声のボリュームも1段上がって選手を鼓舞する。
 
一発やられて目が覚めたのか、すぐに武藤が同点ゴール!
あまりにも簡単にフリーになってゴールしたのでオフサイド?と思ったが線審の旗は上がっていない。やはりゴールが決まったようだ。
 
いつもはゴールが決まるとその選手のチャントが入るのだが、まだ同点、そのままコールが続く。

早い時間に追いついたことでゲームが落ち着いた。
いつも通りボールを支配して攻撃できるようになり、混乱気味の新潟ディフェンスを翻弄する。
20分に興梠の逆転ゴールが決まると、その後は面白いようにゴールが決まって、前半だけで5得点と試合を決めた。
 
後半も早々に遠藤のゴールが決まり、今日は一体何点取るのだろう?と思ったが、その後は新潟の守備が落ち着いてきて、逆に浦和のミスが目立つようになる。
徐々にゴールを脅かされるような展開に。
 
何度かカウンターのチャンスも作ったが決められず、そのまま試合終了。
 
結局6-1での大勝。
00510001_640x360
 
良かったよかった。
やはりゴール裏で声を出してサポートすると勝った時の満足感が違う。
喉も枯れて、ずっと手拍子していて手も痛むが、それもまた心地よい。
 
 
帰り道も渋滞もなくスムーズに走って3時間半で帰宅。
同志の車が多数走っていて、勝利の余韻に浸りながらのドライブだったので全く苦にならなかった。
 
同じ時間に試合があった鹿島が負けたので再び首位に返り咲き、最高の週末になった。
 
最下位に転落してしまった新潟が心配だが、新監督の下で立て直してなんとか来年もJ1に残ってほしい。
 
 

 

«中尾根から日向沢ノ峰