JICKY のブログ

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

2017年6月18日 (日)

芋掘ドッケン

 土曜日、安谷さんにご一緒頂いて芋掘ドッケンという山を歩いてきた。

コース図はこちら

芋掘ドッケン、なんとも不思議な名前の山。
似たような名前で、雲取山の隣に芋ノ木ドッケという山があるが、これは芋の木=コシアブラが多い山という意味でつけられたと聞く。
(実際にはコシアブラはそんなに多くないらしい)

ドッケンはドッケと同意として、芋掘りってどういう意味だろう?
山芋が掘れる山ではなさそう。
滝沢ダムが出来た時につけられた新道に芋掘トンネルというのがあるので、この辺りの地名だったのかも知れない。
 
今回は車2台でのアプローチなので、私の車は下山予定の滝沢ダムに停め、安谷さんの車で登山口の中双里まで行く。
 
朝4時半に出発。
ここから両神山への登山道で白井差峠を目指す。
中津川にかかる橋を渡っていると鹿の群れが河原を駆け抜けて行くのが見えた。
 
集落の中を抜けると、立っているのがやっという斜面にわずかばかりの畑の跡があった。
よくまあこんな急斜面に畑を作ったものだ。
安谷さんの言う通り、この程度の畑で穀物を作ったとしても、集落の人が食っていくには全然足りなかったはずだ。
 
川沿いの集落からずっと尾根の急登。
100mに一度くらいの割合で一瞬傾斜が緩む程度で、終始一本調子の急斜面が続く。
 
こういう登りはひたすら足元だけを見て、1歩1歩地道に踏んで歩くしかない。
途中で上を見たり高度計を見たりすると、絶望感に襲われて余計に疲れてしまう。

標高差800mをたっぷり2時間かけて登り、白井差峠に到着。
Rimg4237_640x480
 
ここからは尾根道。
正規の登山道ではないが、薄く踏み跡もあり、秩父市と小鹿野町の境界標がつけられているので迷う事はない。
Rimg4242_640x480
 
ほとんど展望も無いが、途中の小岩峰から和名倉山が望めた。
Rimg4248_640x480
 
基本的に樹林帯のアップダウンの道だが、たまにこんな岩稜がアクセントを付けてくれる。 
Rimg4250_640x480
 
ミズナラの巨木があった。
Rimg4265_480x640
以前、突出峠で見たミズナラより大きい。
まさにこの尾根の主という風格だった。
 
ほどなく芋掘ドッケンに到着。
Rimg4267_640x480  
 
特徴的な三角点も
Rimg4268_640x480
 
ここで大休止してからさらに尾根を進む。
ここからの下りは尾根が広がって分かりにくい。
 
ここまで点々と続いていた境界標が見当たらなくなり、代わりに農工大の石票が目印になる。
Rimg4270_640x480

少し岩っぽくなり 
Rimg4271_640x480
 
小さな岩峰を登ると
Rimg4272_480x640
 
振り返った方向に登ってきた芋掘ドッケンが見えた。
Rimg4273_640x480
 
その横に両神山も。
Rimg4274_640x480
 
その先で前方に黒い獣が見えた、クマだ!結構でかい!
 
が、カメラをを構えるより早く逃げられてしまった、残念。。
 
さらに進み、岩がちの尾根を過ぎたら三角点があった。
Rimg4275_640x480
倉明山。(三角点名滝ノ沢)
 
あれ?ルートは間違っていないのだけど、ここは主尾根から外れていたはず?
という事はいつの間にか尾根を外していたことになる。
スッキリしないので、来た道を戻って確認に行く。
 
メインの尾根はここから左に下った所に続いていた。
Rimg4276_640x480
踏み跡はおろか、農工大の石票以外は目印の類も全くない。
ここはかなり注意しながら歩いていても見落としてしまうはずだ。
 
倉明山からは植林の尾根を下る。
Rimg4278_640x480
痩せた所は明確な踏み跡があるが、広がると分かりにくい。
 
安谷さんのペースが速く、ついていくのがやっとで地図を見る暇もなかったが、ほぼ予定通りのルートを下ることができた。
 
760m圏で、下に平坦地が見えてくると朽ちた社があった。
Rimg4279_640x480
旧滝ノ沢集落の稲荷神社と思われる。
 
その下に神楽殿跡。
Rimg4282_640x480  

Rimg4285_640x480
倒壊しているが2棟の建物跡があった。
 
ここから作業道のような荒れた道を下って集落跡に降りる。
ここは滝ノ沢望郷広場という公園になっており、看板が立っていた。
Rimg4287_640x480
昭和54年の撮影と書かれた写真には、先ほどの神楽殿がまだ立派な姿で写っていた。
これだけの人がこの集落に暮らしていた事に驚かされる。

そして、安谷さんも言っていたが、子供がいっぱいいる事に違和感というか、どこか異国の出来事であったかのような印象を受けた。
今は山里の祭りは年寄りばかりだという。
子供の数は地域の活性を示すバロメーターだ。
 
この滝ノ沢集落の人たちはダム建設に伴って横瀬に集団移転したそうだ。
ダムで水没する場所ではないので、ここに残るという選択肢もあったはずだが、山里に残って不便な暮らしを続けるより、保証金もらって便利な街に移り住むことを選んだのだろう。
多分、集落内でも数多の葛藤や軋轢があったのではないだろうか。
Rimg4288_640x480
 
この公園も、自分たちが暮らしていた場所を残したいという思いから整備されたのだと思うが、今は放置されて荒れ放題となっていた。
 

ここからすぐ下を走る国道に出て、駐車地の滝沢ダムまではいくらもなかったが、車道の脇に申し訳程度につけられた歩道は所々で夏草に塞がれていた。

 
 
 

 

2017年6月 5日 (月)

天空のポピー

 4日の日曜日、ハイキングがてら家内と秩父高原牧場のポピー畑を見に行ってきた。

Rimg4282_800x600

ルート図はこちら

小川町からバスに乗り、打出のバス停で下車。
里山の風景を楽しみながら二本木峠に登り、尾根伝いに皇鈴山まで往復して、その後は車道を歩いて高原牧場の会場へ。
帰りは無料のシャトルバスで皆野に下った。

この辺の山はずっと植林帯だろうと思っていたら、二本木峠から皇鈴山までの尾根は自然林で気持ちのいい道だった。
峠から高原牧場への車道沿いには黄色く熟したモミジイチゴが沢山生っていて、思わぬイチゴ狩りも楽しめた。
 

私は全く知らなかったのだが、ここのポピーは以前から人気だったらしく、ひどく不便な場所なのに結構な人で賑わっていた。
いずれ羊山公園の芝桜のような観光名所になるのだろうか。

Rimg4290_800x600
 
 
 

2017年5月29日 (月)

椹谷

 週末、1泊でなんさんと奥秩父の椹谷に行ってきた。
 
コース図はヤマレコで。

今回の山行は秩父から入って丹波に抜けるというルート。
 
アプローチに車は使えないので、当初は電車とタクシーでの入山を考えていたのだが、丁度秩父に用事があるというkurooさんがサメ沢のゲートまで車で送ってくれる事になった。
これは本当に有難かった。
 
朝8時40分、kurooさんに見送られてサメ沢のゲートを出発。

最初はひたすら林道歩き。

歩き始めの30分は重たいザックが肩に食い込んでつらい。
ザックが体に馴染んで、歩くのが苦にならなくなって来ると荒沢橋に到着。
 
小屋が倒れ掛かっていた。
Dscf3218_640x480
 
この小屋裏にバラクチ尾根の取りつきと見られる踏み跡があった。
この尾根もいつか歩いてみようと思う。
 
さらに30分ほど荒れた林道を歩き、松葉沢から川に降りて、大洞川を遡行する。
 
朝方の雨も上がり、陽がさしてきた。
新緑のまぶしい渓を気持ちよく遡行する。
Dscf3225_480x640
 
Dscf3226_640x480
 
ゴルジュの通過も楽しい。
Dscf3231_640x480
 
Dscf3234_640x480
 
砂地に新しい足跡があった、誰か先行しているようだ。
そのせいか、イワナは全く走らない。
 
いつの間にか曇ってきて、少し寒くなってきた。
Dscf3239_640x480
 
昼を過ぎたあたりで上流から下ってきた釣り人と会う。
キンチヂミの滝まで釣ってきたそうだ。
 
どこかで見た人だな?と思ったら先週も秩父の渓で会った人だった。
好きだねえ・・って人の事は言えないか。(笑)
 
ほどなくキンチヂミの滝。
Dscf3242_480x640
水量が多めなので迫力満点。
大水で埋まってしまった釜も少し回復しているように見えた。
 
その先のゴルジュを抜けたところから竿を出して遡行。
 
すぐに9寸クラスが出た。
交代で釣り上がるが、ほとんどポイント毎に反応がある。
 
テン場の前の淵では尺上が出た。
Dscf3253_640x480
ピンボケ、せっかくの尺物が・・(笑)

こんな場所で大物が出るという事は、最近はあまり人が入っていないのかもしれない。
滝の巻道も前より薄くなっているような気がした。
 
3時前にテン場の栂沢出合に到着。
 
まだ時間は早いが、体が冷えてしまったのでこれ以上釣りをする気にもなれず、テントを張って焚き木集め。
 
濡れた焚き木に苦労しながら火を起こして、体を温めた。
Dscf3259_640x480
たき火にあたってしまったらもう行動する気にならない。
早いうちから酒を飲み始めてしまう。(笑)
 
たき火の横で酒を飲むという至福の時間。
やっぱり沢は楽しい。

途中から霧のような雨が降ったり止んだりとあまり快適なたき火にはならなかったが、とりあえず濡れた服を乾かせたのは良かった。
 
 
翌日は5時過ぎに起床、昨日の残り飯で朝食をとり、テントを撤収して7時に出発。
 
雨は止んだが相変わらず曇り空。
 
いきなり小ゴルジュ。
Dscf3264_480x640
 
椹谷出合。ここから椹谷へ入る。
Dscf3265_640x480
 
20年近く前に遡行した時の記憶とずいぶん違っていて、ちょっと戸惑いながら遡行。
Dscf3266_640x480
 
こんな高巻あったっけ?
Dscf3272_640x480

ホラの貝窪とアザミ窪の二股。
Dscf3274_640x480
ここから竿を出してホラの貝窪を遡る。
 
魚影は濃いが、水量が減ってポイントが小さくなるので型は小さい。
今日は魚止めの確認が目的なので、大きなポイントだけ狙って竿を出す。
 
数匹釣った所で滝に着いた。
おそらくこの滝がこの沢の魚止めだと思われる。
Dscf3277_480x640
 
ここで竿を仕舞って滝を巻く。
 
その先からは遡行に専念する。
 
40mホラの貝大滝。
Dscf3286_480x640
奥秩父有数の美瀑。
これが見れただけでも来て良かった。
 
しかし、この滝の巻きで手こずる。
 
右手の窪を登って最初のルンゼから乗り越せば滝上に降りられそうだったが、偵察に行ったなんさんが「登れそうだけど、ダメだったら降りてこられない」と引き返してきた。
地形図ではこのまま上まで登れば滝上の河原に出られるはずなので、大高巻になってしまうがそのまま真っすぐ登る。
 
沢の音が聞こえなくなるくらいまで登り、尾根までもう少し、という所が切り立っていて悪い。
 
落ちたらどうしよう?などと考えたら怖くて登れない、「大丈夫、行ける!」と自分に言い聞かせて、雨の後でグズグズの泥付きに無理やりつま先を押し込み、腐りかけた倒木を「お願いだから折れないでね」と騙しだまし掴んでなんとか登った。
あ~怖かった・・
 
幸い痩せ尾根を乗り越すとすぐ下が河原になっていて難なく降りることが出来た。
普通、あれだけ登ってしまうと降りるのに苦労するのだが、意外と沢床が上がっていて助かった。
 
その先はゴーロとナメの河原で、快適に遡行。
Dscf3289_640x480

この沢は奥秩父には珍しい花崗岩の沢で、ちょっと変わった造形のナメが続いていたりしてなかなか面白かった。
Dscf3293_640x480
 
1600m圏の二股を右へ行くと、ほどなく水が枯れ稜線が見えて来た。
Dscf3296_480x640
この沢は倒木も藪もガレも無く、快適に詰めあがれる。
 
あと少し。
Dscf3297_640x480
いつもの事ながら、空が見えてからが長く感じる。
 
ようやく主脈縦走路に到達。
予定通り大ダル付近の鞍部に出た、さすが!
Dscf3300_640x480
鹿剥ぎだろうか、モミの樹皮が剥がされて痛々しい。
 
稜線に出ると、曇っていたのは秩父側だけで、山梨側は晴れていた・・・
Dscf3303_640x480
 
飛龍山が目の前。
Dscf3302_640x480

時間は昼過ぎ。 
ここで靴を履き替えて、登山道で丹波へ下る。
と言っても、ここから飛龍権現まではダラダラとした登り坂で、なんだかんだで200m近く登らされた。
 
よっぽど普段の行いが悪いのか、さっきまで晴れてたはずが、禿岩に着くころにはガスがかかって展望が無くなっていた。
天気が良ければここから大菩薩方面が一望できるはずだったのに。。
 
ただ、この岩尾根ではシャクナゲが見事に咲き誇っていて、ずいぶん癒された。
Dscf3305_640x480
 
ここから「もしかしたら15時45分丹波発のバスに間に合うかも?」と考えて、ペースを上げて下山にかかる。
 
前飛龍、熊倉山、サオラ峠と駆け足で下る。
急いで通過するのがもったいないような気持ちのいい尾根道だが、その次のバスは18時20分まで無い。
 
なんとか間に合いたい。
 
満開のヤマツツジを愛でる間も惜しんで下る。
Dscf3312_640x480

かなりいいペースで歩いたはずだったが、山道を抜けて畑に出た所でタイムアウト。
結局20分ほど足りなかった。。
 
まあ、仕方ないか。
せっかくなので温泉に入って行こうと、道の駅の「のめこい湯」に寄り道。
Dscf3313_640x480
ゆったりと汗をながし、湯上りに冷たいビールで喉を潤す。 
この時ほど電車山行で良かった!と思った事はない。(笑)
 
結果的には、ここで汗をながして着替えられたのは良かった。
2日分の汗を吸ったシャツは自分でも閉口するくらい臭くて、あのまま電車に乗っていたらかなり迷惑だったと思う。
 
重たいザックを持ち歩きたくなかったので、「まさかこんな泥だらけのザックを持ち去る奴はいないだろう」と道の駅の裏に置いて行ったのだが、帰ってきたらこんな事になっていた。(笑)
Dscf3316_640x480
どうやら登山者ご用達の湯らしい。
 
ここからバスと電車を乗り継ぎ、残りHP1桁の疲れ果てた体を引きずってどうにか家に帰り着いた。 
あ~疲れた。。。
 
 
お世話になったなんさん、車で送っていただいたkurooさん、どうもありがとうございました。
 
 
 

 

 

«今年初のイワナ釣り